1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-09-24 15:53:03

#33 坂本の現在 後編

テーマ:ブログ
皆さんこんにちは。背番号33番3年の坂本之麿(さかもとゆきまろ)です。

前編いかがだったでしょうか。思った以上に反響があって驚いていますし、改めて励ましのメッセージを戴きました。ありがとうございます。
(まだ前編をお読みになっていない方は是非前回のブログを読んでいただければ話の流れが分かりますし、私としても嬉しいです。) 

「#33坂本の現在」の後編ということで、前編では主に怪我について書いてきましたが、今回は入院生活についてご紹介していこうと思います。

{CAFE684F-9BB8-457D-9D3D-60436BAA7504}


これが私の病室です。個室なのでほかの患者さんに気を遣うことなく、割と快適に過ごせています。 
簡単に1日のスケジュールを紹介すると、6:30起床。7:00朝食。9:00診察。11:00点滴。12:00昼食。14:00入浴。16:00点滴。18:00夕食。21:00消灯。といった感じです。

暇です。

空いている時間は何をしているかというと、ネットでドラマや映画を見たり、読書したり、病院の中や周りを散歩したり、顎に負担がかからない程度の筋トレをしています。就活で必要なSPIの勉強もしています。毎日30分くらい…。
つまらないですね。
毎日早く過ぎないかなと思っていましたが、今考えると入院からすでに一か月も経ち、時が経つのは早いなあと改めて実感しています。

{1EB98369-57FD-4AF9-A594-DEDA83182F62}


これは顎間固定期間中の冷蔵庫の中身です。飲み物はなんでもOKなので果物ジュースやお茶、炭酸水が入っています。また、軟らかいゼリーやプリンは固定している状態でも食べることができたので、常にストックしていました。前編でご紹介したエンシュアも入っています。食べられるものが限られていたのでなんとも寂しいですね。
{E32B7271-951A-494D-805A-49374FF4139B}


この写真はデイルームです。ここでは食事をしたり、面会をしたり、雑談したり、いわば患者さんたちの憩いの場です。大画面のテレビもあり、昼はニュース、夕方は大相撲を見ながら皆さん盛り上がっています。

八戸合宿の時、チームのみんなが練習の合間を縫って面会に来てくれたのですが、その時はデイルームが早稲田スケート部の貸し切り状態になってしまい病院に少し迷惑をかけました。笑
みんなの顔を見て少し泣きそうになったのはここだけの秘密です。




そんな入院生活の中で学んだことがあります。

「後悔しないように生きる」ということです。
かなり臭い言い方ですが、何が起こるか分からない人生において、出来ていたこと、やりたいことが突然出来なくなることがあります。今回私は、練習中の事故で一時的ではありますが、ホッケーはできなくなり、普段当たり前のようにしていた食事や会話もできなくなりました。
退院したら健康な体に感謝し、食べたいものを食べ、やりたいことに全力で取り組み、すべてにおいて後悔しないように行動したいと思います。


また、皆さんにお伝えしたいエピソードとして、私が入院に至るまで3件の病院をまわりました。どの病院でも同じようなレントゲン検査なのに、診断結果はバラバラで、1件目では1箇所骨が折れているかもしれない、と曖昧な診断。2件目では骨折箇所が2箇所見つかったが、2週間の安静で治るだろうという診断。そして3件目では100パーセント手術が必要という診断結果でした。どの医者が正しいのか未だに分かりませんが、このまま手術しないと噛み合わせが一生治らないこと、骨折部分から細菌が入り込み、骨の感染症である骨髄炎を引き起こすリスクが高いことなど、3件目の病院では今まで聞かなかった話を長時間説明して頂き、説得力もありました。また、周りにも相談したところ、みんな手術した方がいいと口をそろえて言っていたので自分も納得し、3件目の病院で入院、手術をすることにしました。
何を言いたいかというと、病気やけがをした時、いろんな医師の意見を聞いた方が良いということです。私の場合、もしあのまま2件目の病院で治療を受け、2週間何にもしなかったら、感染症を引き起こしていたかもしれませんし、噛み合わせも治っていなかったかもしれません。しかし、人によってはリスクが伴う手術より2週間の安静を選ぶ方もいると思います。要は自分自身が納得のいくまで複数の医師の意見を聞き、信頼できる医療機関で治療を受けるべきだということをこの経験から学ぶことができました。



だらだらと書いてきましたが、私が皆さんにお伝えしたいことはこんな感じです。
前編を読んだ友達から長すぎると指摘をいただいたので、ここら辺にしておきます。
(これでも長いわ!学習しろ!というツッコミ待ち)


入院生活も残り数日。復帰まではもう少し時間がかかりますが、退院後は体力、筋力づくりをはじめとした氷上練習、陸上トレーニングを頑張り、来月中にはプレーしている元気な姿をお見せしたいと考えています。もうしばらくお待ちください。


最後になりますが、この入院生活、応援、心配してくれたチームのみんな、お見舞いに来てくださった方々、励ましのメールやラインをしていただいた方々、本当に力になりました。また、お医者さんをはじめ、看護師さん、近くで支えてくれた家族、特に忙しい中、毎日顔を出してくれた母には感謝の気持ちでいっぱいです。この場を借りてお礼させてください。本当にありがとうございます。
そのような方々への恩返しとして、少しでも早くリンクの上に立ち、精一杯のプレーをすることをお約束いたします!
そして、このブログを読み、応援して頂いている方の心配が解消され、同じ怪我をされた方にとって少しでも参考になることを願っています。
拙い文で分かりづらかったかと思いますが、ご精読ありがとうございました。
それでは皆さん、今度はリンクでお会いしましょう!!


おまけ
退院後したいことベスト3
第3位 散髪
実は怪我をしたときそろそろ髪を切りたいと思っていて、怪我をした翌日に美容院の予約をしていました。もちろん予約はキャンセルしましたが、それから1か月以上経っているのでボーボーに伸びています。早くスッキリしたい…

第2位 スポーツ観戦
入院中色んなスポーツを見ました。先月だと甲子園。埼玉代表の花咲徳栄強かったですね。さらに野球U18ワールドカップ。清宮くんはプロ志望らしく少し残念。サッカーのW杯最終予選。見事W杯出場を決めましたね。大相撲秋場所。相撲は小さい頃から好きです。柔道の世界選手権とグラチャンバレーも見ていました。後はプロ野球。巨人ファンなのでDeNAとの3位争いから目が離せないです。
アイスホッケーも面白いですが、改めて色々なスポーツの面白さに気づきました。ぜひ直接見に行きたいと思っています。

第1位 食べる
アバウトな表現ですがやはり1位はこれ。寿司、焼き肉、かつ丼、ラーメン、ピザ……食べたいものを挙げたらキリがないです。笑
今までよく行っていたお店はもちろん、行ったことのないおいしいお店もいろいろまわってみたいです。皆様、食事のお誘いお待ちしております!!
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2017-09-22 17:46:33

#33 坂本の現在 前編

テーマ:ブログ

皆さんこんにちは。背番号33番3年の坂本之麿(さかもとゆきまろ)です。

当ブログ前回の投稿は1か月前、ブログ係#12飛田の「バシバシ更新していく」という言葉(彼の初ブログから参照)は何処へやら。いつものさぼり癖を発揮してしまっているので、飛田に喝を入れる意味で代わりにブログを更新いたします。



しかし彼を擁護する訳ではありませんが、確かに今月はブログを書けないほど忙しかったかもしれません。月初めには苫小牧で行われたサマーカップ、そして休む間もなく翌週から関東大学リーグが開幕。恐らく心身ともに疲労が溜まる中、戦績としてはサマーカップ4位、リーグ戦は4試合を終え3勝1敗。満足できる結果とは言えませんが、それらの反省を生かし、来週から始まる上位校との対戦に向けて練習に取り組んでいる状況だと思います。

ここでお気づきになられた方もいるかと思いますが、なぜ選手である私が「かもしれない」「恐らく」といった推察するような言葉を使っているのか。

それは入院中でチームを離れているからです。

でも今に始まったことではありません。入院中ではありますが、手術はとっくに終了し、現在はほぼ完治している状態です。ご安心ください。

8月中旬、東京での練習中のこと。シュートがあごに当たり、下顎の骨を2箇所折る怪我をしてしまいました。ちなみに実際のレントゲン写真がこちらです。(矢印がついている箇所が骨折部分です。)
{C3CD2D44-D7B6-4C28-A34C-1B0881385261}


入院日が8月18日なので入院から1か月、手術から3週間が経過し、今更何を言うという感じでしょう。自分の近況報告なんか需要がないだろう、皆さんに発信する意味はあるのか、後は単純に恥ずかしいし…。という思いで私自身もこのブログ発信に少し抵抗がありました。
しかし、チームのみんなをはじめ、ご父兄の皆さん、早稲田を応援していただいている方々が、試合中氷上にいない私を心配してくださっているという話を聞きました。どんな怪我をしているのか、どのくらいで復帰できるのか、中には怪我をしていることを知らない方もいるのではないでしょうか。ごく少数でもそのように思ってくださる方々へしっかり報告をしなければならないという義務を感じ、このブログを書こうと決心しました。

また、私自身入院、手術ともに生まれて初めての経験だったので、大きな不安を感じていたところ、同じ怪我をした知り合いの話やネット上の記事は非常に参考になり、励みにもなりました。そのように、同じ怪我をしてしまった方々がこのブログを目にして、少しでもその方の為になれば嬉しく思います。
なお、これまでの1か月間いろいろありすぎて、1つのブログにまとめるのが難しかったので、前編、後編と二つに分けさせて頂きます。

前編の今回は主に怪我の状況について書いていこうと思います。

そもそも顎の骨折というのはアイスホッケーや野球などスポーツの世界ではあまり珍しくない話ですが、一般的にはほとんど耳にしない怪我でしょう。一言でいうと非常に厄介な怪我と言えます。腕を骨折したら物を掴めない。足を骨折したらまともに歩けない。といった骨折部位によって起こる障害は違いますが、顎を骨折すると、「食べられない」「まともに喋れない」この二つが主な障害だと思います。

でもこれらの障害は痛みが原因ではなく、「顎間固定」によるものです。聞いたことある方もいるかと思いますが、簡単に言うと顎を一切動かさないようにする方法です。

いろいろ方法があるらしいのですが、私の場合は上下の歯茎6箇所にボルトを打ち込み、そこにワイヤーを通し固定されました。唇は動くけど顎は一切使えなくなります。イメージが沸きにくい方はネットで検索してみてください。

なぜそのようなことをしなければならないかというと、例えば腕を骨折した時、腕を吊って固定しますよね。それと同様に顎の骨も治すためには動かさないように強制的に固定する必要があるからです。固定期間は怪我の度合いによって異なりますが、私の場合は手術から3週間でした。

では、ものを噛めないのにどうやって栄養を取っていたかというと、手術から1週間は鼻から管を通し、直接胃に栄養を取り込む経管栄養を行い、2週目からは口から流動食を食べました。というか飲みました。流動食はこんな感じです。
{55E5D511-EAB5-4B2A-B817-69930CBC16D9}


飲むだけだし、量も少ないので5分もあれば完食できます。満腹感は全然ありません。
これだけでは栄養は足りないので、エンシュアという栄養剤も1日3回飲んでいます。
{2D48F810-0DCF-4B41-AF82-E594D7324577}


1缶250㎖で375キロカロリーという高カロリードリンクです。薬と同じように先生から処方されたもので、栄養成分もたくさんはいっています。甘ったるくて最初は飲みづらかったですが、慣れると食後のデザート感覚で飲めるようになりました。経管栄養の際も、このエンシュアを管から通していたそうです。非売品です。

そんな食生活を送っている中で、ある習慣が身に付きました。それはグルメ番組をよく見るようになったことです。具体的に言うと、情報番組のグルメロケをはじめ、Zipの「MOCO‘Sキッチン」、「キューピー3分クッキング」、土曜日夕方放送の「満天青空レストラン」、これはグルメ番組かわかりませんが、大食い番組も好きになりました。怪我の前は見向きもしなかったのですが、自分が口を固定されて食べることが出来ないので、余計美味しそうにみえ、退院したら絶対食べてやる!と、よだれを垂らしながら見ていました。

後は1階の食堂にある食品サンプルを毎日のように眺めていました。特にかつ丼なんかは神々しく思えてくる程です。
{BD7518E6-0AE0-4075-A61F-F1CFC620859E}


実際の写真。一見普通だと思いますが、私にとってはどれも絶品に思えます。
といっても実際にたべているのは流動食だけなので、体重は入院時より7キロ減り、かなり痩せてしまいました。また、1週間前に貧血か立ち眩みかわかりませんが、トイレに行く途中いきなり目の前が真っ白になり、気が付いたら床に倒れていたという経験もしました。個人的には入院生活の中で一番ショッキングな出来事です。

そんなこんなで3週間を乗り切り、つい2日前に顎の固定を外す手術を行いました。
3週間前の手術とは違い全身麻酔ではなく、局所麻酔と睡眠薬で眠らせるという簡単な手術でした。手術自体は30分くらいで終わり、その日の夜にはご飯も食べることができました。その時の食事がこちらです。
{1EA0BA9B-48BA-41D4-A538-7A3BD26768C2}


刻み食とはいえ、約一か月ぶりの咀嚼には少し恐怖感がありましたが、1時間くらいかけて完食することが出来ました。痛みは全然なかったです。
これから様子を見ながら食べ物もレベルアップしていくみたいなので、早く普通のご飯が食べられればいいなと思っています。

しかし、3週間も固定していたので、口が全然開きません。自分では精一杯口を開けているつもりでも開いているのは指一本分程度。数字にするとわずか18mmです。一般男性の健康的な開口量が50mmくらいと言われているので、その半分にも達していないことが分かります。
先生曰く、元通りに大きく口を開けられるまで2,3か月かかるらしく、普通に生活していくうちにだんだん良くなるそうです。意識的に口を動かす開口訓練のようなものをするとさらに良いそうです。
私が行っているのは、ハンバーガーにかぶりつくイメージで口を開け閉めしています。いつかは美味しい本物のハンバーガーを食べる時が来るのを信じて……。


だらだらと書いてしまいましたが、怪我については大体お分かり頂けたと思います。
これまで読んでくださった方からすると、結構な重傷に思われがちですが、現在は痛みもありませんし、経過も順調だということです。繰り返しになりますがご安心ください!!

次回の後編は入院生活についてお話させていただこうと思いますので、興味のある方は後編もお付き合いください。
それでは!!



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2017-08-22 22:39:47

八戸合宿 BBQ

テーマ:ブログ
みなさん、こんばんは。

今回のブログは写真を多めで選手のみなさんのオフショットをお届けしたいと思います。

というのも、昨日は八戸の稲門会スケート部OBの方のご支援のもとBBQを開催することができました。
ご支援を頂いた関係者のみなさま、誠に有難うございました。



1年生は自主的にお肉焼いてくれました。
後ろの伊東くんは少し面倒そうですが。笑



この3年生2人は座って待っているだけのようですね。



マネージャーさんもBBQを楽しんでいたようです。
僕がカメラを向けると快く笑顔で映ってくれました。
やはり最近優しいですね。





選手たちは美味しいお肉を食べ、よくリフレッシュできたようです。


トレーニングの様子も少し紹介します。
この日は坂ダッシュと10kgのプレートを使ったトレーニングをしました。



大石くんも必死に懸垂をしていまた。



すみません、写真を貼り間違えました。



では、今回はこれぐらいで。
長々とすみませんでした。
これからも選手たちのオフショットをお届けしていきたいと思います。

最後は真面目に失礼します。








AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。