先日、トランプ氏が「失言」したとして西側のメディアで派手に取り上げられていました。

 

【時事ドットコム】スウェーデンで移民テロ?=トランプ氏発言が物議-米

 

(トランプ氏発言直後に起きたスウェーデンでの暴動の画像 

http://macedoniaonline.eu/content/view/31339/53/

 

フロリダ州での集会でトランプ氏は、ドイツやフランスでイスラム過激派が起こしたとされるテロ事件を挙げ、イスラム圏の一部からの入国禁止措置を正当化。

その中で「スウェーデンで昨夜起きたことを皆さんも見ただろう。あの国は(移民を)大勢受け入れている」と述べた。

 

問題だったのは、この発言の前夜にスウェーデンで起きた移民による事件は、あったとしても特に目立って報道はされていなかったということです。

 

本文によれば「昨夜、テレビで放映されていたスウェーデンで起きたこと」を、トランプ大統領が報道当日に起きたものと勘違いしていた様子。

 

一部ではスウェーデンでは移民が頻繁に多くの問題を起こしている、ということも知られていますが、トランプ大統領のこの発言が「失言」だったと、世界中のメディアで大笑いされていました。そんないじめのような揚げ足取りなレベルの報道よりも、もっと重要な問題もあると思うのですが。

 

それに業を煮やしたのか、アメリカの極右系陰謀論サイトのInfowarsでアレックス・ジョーンズ氏に次ぐ存在のポール・ジョセフ・ワトソン(Paul Joseph Watson)氏が次のようなツイートを発信しました。

 

 

https://twitter.com/PrisonPlanet/status/833648208249249793

 

ポール・ワトソン:「スウェーデンが安全だと主張するジャーナリストがいるなら、移民による犯罪で溢れるMalmoの郊外への旅費と宿泊費を私が払いますよ」

 

そしてこのツイートに対し、世界中の自称も含めたジャーナリストたちが一斉に反応。みんなこぞって、「じゃあ、俺が行く!」「パスポートも準備して、待ってます!」などとノリノリで返し、その様子までもがマスコミで取り上げられるほどでした。

 

その記事を見て、「ワトソンさんも地雷を踏んだな」と思っていたら!なんとそれを逆手に取ってか、もう引き返せないと思ったのか、その「スウェーデンの移民による被害を確認する旅」企画を実施することにしたようです( ´艸`)

 

 

 

ツイート:「私が支払うMalmoでの滞在時には、このようなフレンドリーなホストがあなたのお世話をしてくれます。申し込みのあった人全員の中から、くじ引きで当選者を決めますね( ´艸`)」

 

 

 https://twitter.com/PrisonPlanet/status/833722583317114880

 

ツイート:「スウェーデンでの移民の犯罪の大流行に関する調査実施希望のジャーナリストのため、個人的に2,000ドルを寄付しました」

 

興味のある方は、彼のツイートに対して「私も参加したい!」と返事をしたらよいのかと思います。絶好の機会です。奮ってご応募ください!どんなメディアで見るよりも、自分の目で見聞きしたものほど確実なことはないでしょう。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

先日の記事「ドイツの「難民の集団性的攻撃」は作り話だったことが明らかに・警察の発表」などでも取り上げたように、移民や難民関連に関する情報やニュースの一部は、移民肯定・否定派の両サイドから偽物の主張によるものであったこともたびたび確認されてきましたし、すべての報道をそのまま鵜呑みにはできないなと思います。

 

しかし先日の記事にリンクを貼っておいた「ケルン大晦日集団性暴行事件( 2015年の大みそかにドイツ全国などで起きた集団性暴行事件 )」の情報にも、非常に興味深い一文がありました。

 

「スウェーデンでは2014年、2015年の夏季音楽祭We Are Sthlmにおいて大勢の10代の少女たちが移民によって性的暴行を受けていた警察は隠蔽して起訴も報告も行わなかった

 

本事件が社会の注目を集めたことによって、事件後の2016年1月11日にスウェーデンのステファン・ロベーン首相が「少女たちへの二重の裏切りである」と警察を非難する事態となった。

 

本事件勃発前に東ヨーロッパ諸国はイスラム難民の受け入れに反抗していた。」

 

この情報に限らず、私が普段目にしているメディアからも、最近特に「スウェーデンでは大量に受け入れた移民・難民による事件・事故が多発しているが、政府や警察がそれを隠している」という情報が目立ち、気になっていました。

 

私が見たものでは、たとえば学校に多数の移民の子供が通うようになり犯罪が深刻化したために学校周辺のセキュリティが厳しくなったとか、スウェーデンの警察は「 Code 291 」という内密の規則に従い、移民関連の事件を隠匿しているという内部告発が相次いでいた、などのニュースがありました。

 

もちろん右傾化の激しい一部の国で移民に対するイメージを悪くするために存在していない「犯罪」を主張している「被害者」も一部に含まれる可能性もありますが(過去にそういった事例があったため)、すべてがでっちあげだと考えるのも難しいでしょう。

 

*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

さらに、トランプ氏の発言直後には、RTが間接的にトランプ氏の発言を裏付けするかのような記事が公開されていました。

 

2月21日【RT】

スウェーデンの首都ストックホルム郊外で、暴徒が車両を燃やし、店舗から略奪を行う(動画・画像)Rioters set cars on fire, loot shops in Stockholm suburb (PHOTOS, VIDEOS)

https://www.rt.com/news/378071-stockholm-riots-police-shots/

 

 

 

 

 

 

 

https://www.instagram.com/p/BQwKGrejWCD/

 

 

 

© TT News Agency / Fredrik Sandberg / via REUTERS

2017年2月21日 ストックホルム郊外で燃やされた車両を検証する警察官

 

この事件を受け、一部のトランプ支援者は「トランプの発言が正しかったのでは?」とも考えているようです。

 

ただこの記事を見ても、現時点では「犯人は30~50人程度で身元は不明」とされており、犯人が移民なのか、あるいは移民の存在をよく思わない極右が移民の責任にしようと行ったものか、他の勢力が移民に責任をかぶせようと起こした偽旗の暴動なのか、またはまったく移民とは無関係の事件なのかについては不明なままです。また犯人が移民であったとしても、再びスウェーデン政府が隠蔽しようとする可能性も考えられます。(あるいはすでに犯人は移民であることが判明しつつも、その点を公開していない可能性も)

 

しかしフランスのパリでは移民系の人を中心にまた大規模な暴動も起きていますし、欧州全体で、特に移民の存在について情勢が不安定になってきていることだけは確かに言えるかと。実際、政府が極右化し、警察国家化しているケースも増えてきていますし。

 

やはり真実を確認するにはワトソン氏のオファーを受け取り、現地に自分で行くしかないかもしれませんね。

 

 

AD

コメント(6)