トランプが大統領として初めてプーチンに電話・ISISや貿易、ウクライナなどの露米関係について会談
 Putin & Trump signal new Russia-US partnership with 1st phone call on ISIS, trade & Ukraine



1月28日【RT】

ロシアのウラジミール・プーチン大統領とアメリカのドナルド・トランプ新大統領が初めて電話で会談を行い、一時間近く続いた。その中で両大統領はイスラム国の討伐や二か国間の経済的な関係を修復するなど幅広い問題において協力し合う意志が強調された。

会談後、ロシア政府が公開した声明文によれば、「ロシア・アメリカ間で建設的で公平、そして両国にとって有益な関係を安定化、展開させることに対し、積極的に共同した努力をする準備ができていること」、そして幅広い国際的な問題について「パートナーとしての協力を構築」することを明らかにしたとされている。

一方、ホワイトハウスもこの「ポジティブな」会話は「修復の必要なアメリカとロシアの間の関係を改善する、重要な始まりでした」と述べている。

ホワイトハウスの声明文:「今日の電話の後、テロリスト問題及びその他両者に共通の問題に取り組めるよう、迅速に動いていくことをトランプ大統領およびプーチン大統領の両者が望んでいます」

ロシア政府の声明文:「(二人の)大統領は、ISISおよびシリア国内の他のテロリスト組織を撲滅するため、米露間で本物の協調関係を構築することに賛同しています」

またイスラエル・パレスチナの紛争、イランの核開発計画について議論を行った。ロシア政府は「ウクライナ危機についてもまた触れられていた」としている。

両国家間の関係の発展を「刺激する」ために経済的なつながりを回復させる必要性があると両者は言及した。そしてプーチンとトランプの両氏は、「面談実現のための可能な日程や場所について検討」するプロセスを開始することに合意。ロシア政府によると、両大統領は「定期的な面談を維持する」ことを希望していると表明したとしている。

またトランプ大統領はプーチン大統領に対して「ロシアの方々の幸福と繁栄をお祈り」しており、アメリカの国民は「ロシアとその国民の方々に暖かい気持ちを持っている」と伝えた。それに対しプーチンはそれはロシア側もアメリカに対して同様に感じており、歴史的にもこれまでロシアとアメリカは一度のみならず緊密な同盟国であったと強調した。

プーチン大統領:「二世紀以上に渡り、ロシアはアメリカ合衆国を支援してきました。二つの世界大戦の間は同盟国であり、現在はアメリカは(ロシアにとって)国際的テロリズムと戦う主要なパートナーです」

27日の金曜日、イギリスのテリーザ・メイ首相と共同説明会を開催したトランプ氏は、その場でロシアの大統領と「素晴らしい関係」を持つことを希望しているが、それが起こらない可能性もあることは理解していると話していた。

トランプ氏は以前、イスラム国(IS、ISIS/ISIL)と戦うためにロシア政府が関与して共同作業として行うことを歓迎する意志を表明していた。

トランプ氏(FOXニュース):「プーチン氏がどうお考えかわかりませんが、ロシアと一緒にやっていけたら素晴らしいことです。

ISISは本当に病んだ奴らですから、一緒になってあいつらをやっつけることができれば、ロシアにとっても、私たちにとっても望ましいことですから」

ロシア政府側はシリア国内でのロシアとアメリカの空軍の間で緊密な協力関係を構築することを提案してきたが、以前のオバマ政権はアメリカ側の懇願に対してロシアが適切に対応しなかったとして非難している。

ここ数年の間、シリア危機での分断や2016年11月のアメリカ大統領選挙にロシアが干渉したという容疑の件などで二か国間の関係は完全さが損なわれていた。

ウクライナ危機を理由にアメリカがロシアに対して経済制裁を行ったことは、トランプ・プーチンの会談で話されることが期待されていた問題の一つであった。しかし二人の会談を要約したロシア政府による発表の中に、この問題は言及されていなかった。

大西洋評議会の分析センターの研究員Fabrice Pothierは、ホワイトハウス内の匿名の人物からの情報だとして、トランプ政権はロシア政府に対する制限を撤回する「大統領命令の準備ができている」と26日、ツイッター上で明らかにした。しかし翌日、トランプ氏は「その件についてはお話しするのは時期尚早」と返している。

しかし一月、ロシア政府がアメリカ政府に対して核兵器の削減など特定の問題で協力を得ることができた場合には(経済的制裁としての)制限を取り下げる可能性があるとトランプ氏は述べていた。

トランプ氏の発言(Times紙):「彼ら(オバマ政権)はロシアに制裁を設けました。私たち(トランプ政権)がロシアとよい取引ができるか見てみましょう。例えば核兵器はずっと大幅に削減されるべきだと考えていますが、それもその一部です」

トランプ氏はツイートで「ロシアと良好な関係を築くことはよいことで、悪いことではありません」とし、「愚か者」だけがそう考えないと警告を発した。

しかし先週、議会の承認がなければアメリカ大統領が経済的制限を取り下げることを不可能にする法案を、アメリカの複数の上院議員が提出している。

新政権の下のアメリカと「リセット」する見込みについて、ロシア政府は慎重な姿勢を維持している。ロシアは(両国間の関係の改善について)「考えの甘い期待」はしておらず、「幻想」は抱いていないとラブロフ外相は考えを明らかにしている。


【参考】https://www.rt.com/news/375416-putin-trump-telephone-call/


(翻訳終了)
 
*-*-*-*-*-*-*-*-*

【コメント】

トランプ大統領については、私自身はまだ様子見程度ですが、最近の一連の報道を両サイドから見ていると、現在のところ、個人的にはがっかりする内容の方が多いです。

もちろんマスコミ系の報道は、トランプ氏の発言の一部などだけを取り上げたり、あるいは一部の情報だけを提示するなどして、事実を大きく歪曲して悪い印象を与えていることは明白ですが。

ロシアはトランプ氏に対してこれまでと同じく、「ロシアとアメリカが仲良くできるならそれに越したことはないし歓迎だが、介入もしなければ、期待もあまりしていない」という冷静な立場を維持していますね。





 
AD

リブログ(4)

コメント(10)