ロシア政府が福島原発の原子炉閉鎖に助けを出すと日本政府に申し出る
Russia offers to help Japan shut down Fukushima reactors

11月26日【RT】https://www.rt.com/business/323544-fukushima-russia-japan-nuclear/ より翻訳



(画像 © Yomiuri Shimbun / Reuters                                                         )



日本政府による福島原子力発電所の原子炉の閉鎖に対して、
ロシアの国立原子力エネルギー企業ロスアトム(Rosatom)が支援を行う準備ができているという。

2011年3月に起きた大地震とそれに伴う津波により炉心融解(メルトダウン)が引き起こされ、大規模な放射性物質の漏洩が起きた。しかしこの原子力事故が起きてからも、日本政府は除染作業に難航している。

2015年3月時点で、約60万トンの汚染水が現場のタンク内に貯蔵されており、除染作業には40年が必要と見積もられている。



(画像 © Kimimasa Mayama / Reuters)



ロスアトム社のキリル・コマロフ(Kirill Komarov)副長:

「ロシアが日本に協力できる新しい分野が浮上しています。

福島のメルトダウンからもたらされた結果を一掃するために、日本の仲間を支援することをロシア政府は望んでいます」


協力内容には、日本が将来使用しないその他の原発の閉鎖も含まれている





(ツイート:「福島の避難作業に当たった職員の40%近くは、一年分に相当する放射能を浴びているという調査結果
https://t.co/B81R6AoZKt pic.twitter.com/nOTn6HC2iW」)



「ドイツにある子会社Nukem Technologiesを含めたロスアトム社のサービスを申し出ることができ、喜ばしいことです」

コマロフ副長は上記の発言を行い、交渉は現在、進行中だと付け加えている。

「Nukem社は、すでにドイツのカール(Kahl)とフィリップスブルク(Philippsburg)の原子力発電所を緑地に戻すことに成功しています」



(ツイート:「福島原発から、1時間で致死量に到達する記録的な放射性物質が検知される ニュース
https://t.co/9S8L9mf4Ut pic.twitter.com/vvCekY5DLB



日本政府が
福島原発の閉鎖についてロシア政府の援助を求める計画があると今週木曜日にロシアのメディアが伝えている。

福島原発の大事故は、チェルノブイリに次いで2番目に最悪の原子力事故であると考えられている。






(翻訳終了)


****


【コメント】

最近、ロシア政府の回し者のような記事が続いていますが、チェルノブイリや、ドイツの原発閉鎖を経験しているロシアの支援の申し出はありがたいですね。

どんどん閉鎖していただきたいくらいです。


【追記】

11月26日付けのニュースで、上記ニュースを裏付けるものがありました。


日本、福島第1原発の事故処理でロシアからの支援に期待
【ロシアNow】 http://jp.rbth.com/science/2015/11/26/544615






AD

コメント(20)