世界の裏側ニュース

日本であまり報道されていなさそうなニュースで、おもしろい視点の英語の記事を翻訳した記事がメインです。

いろいろな情報がありますので、判断はご自由にどうぞ (・∀・)


テーマ:
フランスでは今年、「公債の多く(60%)は違法なものであるから、それを破棄しよう(the guardian)」という革新的な動きがありましたが、一方、海を渡った反対側のイギリスはこんな情けない状況だったようです。


下の本文によると、お金と言われているもの全体のうち、実体を持たない数字としてでしか存在していないお金が、全体の97%を占めているということ。


「国の負債が膨れ上がっているから大幅な増税・支出カットする必要がある」、なんて詐欺行為が世界中で行われており、イギリスではその不必要な「支出削減」が原因で、お年寄りなどを中心に亡くなっている方もたくさんいらっしゃいます。


実体を持たない単なる抽象的な概念に過ぎないもの(お金)のために、実体も生命もあるもの(人)が破壊されるなんて、本当に狂った世の中です。




****

新調査:銀行がお金を創出していることを理解している国会議員は10人に1人(英国)
(New Poll: only 1out of 10 MPs understand that banks create money)

8月19日【Positive money】http://www.positivemoney.org/2014/08/7-10-mps-dont-know-creates-money-uk/ より翻訳




私たちの国会議員にはお金の原理に関する基礎的な知識が欠けており、近い将来に起こりそうな住宅価格の再沸騰、あるいは二回目のクレジット・バブルに関する危険性を十分に理解する能力に欠けているということが、新しい調査によって判明しました。

私たちポジティブ・マネーは、私たちのお金や銀行のシステムを根本的にリフォームしようという運動を行っている団体です。そして私たちは、Dods Monitoringという調査機関に独占的な調査を委託した結果、上記のことが判明しました。


イギリス国内の国のお金を作っているのは誰かと質問したところ、国会議員の4分の3近くの答えは不正解でした。国会議員の71%は、政府だけがお金を作る権限を持っていると考えていたのです。

実際には、政府はコインや紙幣などのお金しか作っていません。これは経済に占めるお金のほんの3%程度に過ぎないのです

他の97%は、たとえばあなたの銀行口座にある電子的な数字
、つまり銀行預金として存在しています。このような種類のお金は、政府ではなく大手銀行によって作られているものなのです。

銀行が新規貸付を行うたびに銀行が新しい「お金」を作り出していること、あるいは個人や事業体が貸付金を返済するたびにそのお金が失われるということを正確に理解している議員は、10中1人をわずかに上回る程度でした。


ポジティブ・マネーの創始者、ベン・ダイソン氏;

「お金に関するこれらの基本的な事実を知らない限り、国会議員が住宅価格のバブルについて理解することは絶対にありえません。

財政・金融の危機的状況は、向こう見ずにお金を作りすぎて貸し付けた銀行によって引き起こされたものです。そして私たちは今、同じ過ちが繰り返される危険に直面しているのです」


国会議員はイングランド銀行のお金の創出に関する報告書を読むべき


お金の作られ方に対する
国会議員の認識は、2014年3月にイングランド銀行が公開した文書とは正反対のものです。

近代経済におけるお金の創出(
Money creation in the Modern Economy )」という記事では、次のように述べられています。

「近代経済のお金の大部分は、民間金融機関が貸付を新規開設することで作られています。(略)

銀行が融資を行う際、例えて言えば誰かが住宅を購入するために抵当権を設定するために、銀行は一般的には、何千ポンドもの価値のある紙幣を手渡すことで融資を行ったりはしません。

その代わり、その貸付金の大きさにあった銀行預金を、借主の銀行口座に入れるのです。その時点で、新しいお金が作られたことになります。(略)

新しい貸付(ローン)によってお金が作られ、銀行からのローンを返済するたびにお金が破壊されるということなのです」


国会議員が次の財政危機を避けることは不可能


銀行が新規で貸付を行うことで新しいお金が創出されることを理解しないことには、国会議員は次のことを正しく理解する下準備ができていないといえるでしょう。

*2007年までの経済の急成長は、民間金融機関が新しいお金を作り出していたことで加速された。銀行が貸付のやりたい放題したために1兆ポンド(約177兆円)の新しいお金が作り出されている。

*住宅(不動産)バブルは、住宅の不足ではなく、銀行がお金を創出することで推進されている。2013年に220億ポンド(約3.9兆円)の新規ローンが行われ他結果、銀行が220億ポンドの新しいお金を創出したことになり、それが住宅市場に送り込まれている。

*政府が、各家庭に対し負債の額を増大するよう推奨することによって、短期的な経済成長を起こすことが可能。新しい貸付が行われるたびに、銀行が新しくお金を作ることになるからだ。しかしそうすることによって、最終的にはさらなる財政危機を迎えるリスクを増加させていることになる。

*一般家庭が負債に対して支払いをすると、経済からお金が消える。それにより、不況が起こる原因ともなりうる。


まずは国会議員を教育することから

まず、お金を創出する力が、財政危機の原因となっている同じ銀行にシフトしていることを国会議員が理解することが不可欠です。

私たちは、お金がどのように作り出され、なぜそれが重要なのかを国会議員に教育しようという運動を行っています。


アンケートに関する注記事項

2014年7月にDods Monitoringが行ったアンケートでは、国会議員100人が回答を行いました。議院はいくつかの文章を読み、それが真実か間違いかを答えるよう求められています。また、「わからない」という回答も選択肢にありました。


「政府だけが、イングランド銀行あるいは王立鋳貨局を通じてお金を作る権力を有している。これには小銭、紙幣、およびあなたの銀行口座にある電子的なお金も含まれる」という文章の回答として、71%がこの文章は「あっている」と答えました。正解は、「間違っている」でしたが、20%がこの答えを選択しています。「わからない」と答えた議員は9%でした。各政党間に目だった違いは見られませんでした。


「銀行が新規貸付を行う際に新しいお金が創出され、国民が貸付の返済を行うことで既存のお金が消えてなくなる」という文章に対しては、正解の「
あっている」を選択した議員はほんの12%に過ぎず、「間違っている」と答えた議員は64%。24%は「わからない」を選択しました。


回答した議員(政党別)
保守党39人、労働党45人、自由民主党10人、その他6人


アンケート回答内容の完全版はこちらから
https://www.positivemoney.org/wp-content/uploads/2014/08/Positive-Money-Dods-Monitoring-Poll-of-MPs.pdf
 



(翻訳終了)


******


AD
いいね!(77)  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。