イギリスのある病院ではなんと、医療関係者にはインフルエンザの予防接種が推奨されているにもかかわらず、実際に摂取する医師・看護婦は10~20%だそうです。

以下の記事は、アメリカをベースにした情報でしょうね。
日本の医師はどうなんでしょうか?


****


「インフルエンザの予防接種を受けない医師は60%。理由は?


【Natural Cures Not Medicine】http://www.naturalcuresnotmedicine.com/2013/07/sixty-percent-of-doctors-refuse-to-get.html


2008年に行われたアンケートによると、昨年インフルエンザの予防接種を受けた医療関係者は10人中4人であった。


次回、内科医に予防接種を勧められたら、特に有害な副作用があるワクチンであれば(現代の医薬品のほとんどがそうであるが)、こう聞いてみるといい。


「もしあなたが患者の立場だったら、予防接種を受けますか?」と。もし受けないというのであれば、その理由を聞いてみよう。


もし、あなたとワクチンの供給者(医師)がなんでも話せる間柄であったとしたら(そうあるのが望ましいのだが)、医師は個人としての立場から本当の意見を聞かせてくれるだろう。


そうでないなら政府の保健機関や製薬会社、医療審議会などが医師に教育している通りのセリフをオウム返しに言うだろうが。


私たち自身や家族の健康は、それぞれが個人的に責任を持つべきものである。積極的に健康を維持し、病気を防ぐために学習するのは私たち次第だ。
 

自分のことをよく理解してくれて、私たちの特別なニーズにもっとも効果の高い健康維持法を知っているような健康・医療のプロとつながりを持つことも重要だ。


あなた自身の「健康哲学」に共鳴してくれる人が望ましい。栄養学を用いて病気の予防することや、健康でいるためのライフスタイルの選択に焦点を合わせている人であれば、さらによいだろう。



2008年12月9日
「医師の60%はインフルエンザの予防接種を拒否」


ヘルス・レンジャー マイク・アダムズ著


もしインフルエンザの予防接種がそんなにいいのなら、どうして医師や看護婦の60%が接種を拒否するのだろう。ABCの報道によれば、昨年インフルエンザワクチンを受けた医療関係者は40%に過ぎないという。


医療関係者が患者にあることを勧めておいて、自分達はまったく逆のことをしている一例に過ぎないのだろう。


例えばアンケートによれば、ガンの専門医は、自分では絶対に化学療法を受けようとしないという。


医師の多くはビタミンや栄養サプリメントを摂取しているが、患者にそうは勧めない。なぜなら、国の医療関連の委員会で、医師が栄養学に基づいた療法を勧めることが違法にされているためだ。


だから医療専門家が患者に指導することの多くは、専門家らが実際に健康上ベストと考えるものと矛盾しているのだ。


「人間の免疫システムは感染病を防ぐために十分に機能しないので、適正に機能するためには侵略的な医学的プロセス(つまり予防接種)によって人工的にハイジャックしなければならない」

という現代医学のインチキ療法がインフルエンザ予防接種だ。


それに関連した研究が今日発表されていたが、それによればワクチンを半分にした場合も、全量を接種した場合と同様の結果が出たという。しかしなぜ、「インフルエンザ予防接種はなしで、ビタミンDを追加する」というオプションを試さないのだろう。もっといい結果が出そうなものだが。


インフルエンザ予防接種など、巧みな商業主義とタッグを組んだ単なるインチキ療法に過ぎない。


もし信じないというのなら、医者の医療記録をチェックすればよい。ほとんどの医師はインフルエンザの予防接種は受けていないから。医者はバカではない。医者が予防接種を受けていない、というところからそんなものが時間の無駄遣いであることがわかるだろう。


*****


【コメント】

インフルエンザワクチンに関連した記事:



【THINKER】
わかりやすくまとまっています!

インフルエンザワクチンはうってはいけない



Kazumoto Iguchi's blog
がっちりまとまっています!

米国の医師・学者83名が署名した「ワクチンのすべて」日本語版リリース:為清氏の快挙!」


AD

コメント(10)