1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2017-05-26 16:34:45

こんなに素晴らしいヒーリング‼️

テーマ:お知らせ
{7C54E71A-D43B-4CA2-9E90-924DF2128928}

今日は箕面でヒーリングスクール^ - ^
今月で、箕面と明石のスクール生は卒業です。

今日の授業は引き続き体の中の透視をしました。
呼吸器系に内分泌系、そして生殖器系。

体を透視するのはとても興味深いです。
その人の生活習慣や性格、人生の歴史が刻まれていたりします。

特に女性の生殖器系は複雑なシステムで尚且つパワフルですので、色んな感情や体験が絡み合って病気になる事が多いです。

また、胎児の頃の環境が影響している事もあります。

昔、友人Aさんに会った時に、彼女は40代前半でしたが、生理が四年ほど来てないと言っていて、ヒーリングを受けてみたいというので、ヒーリングしたところ、別れた旦那さんとの感情がシコリのようになって、片方の卵管を塞いでいました。

ですので、その感情をヒーリングし、結石のように管を塞いでいたエネルギーを取り除きました。

そして、数週間後にAさんと再会したら、なんとヒーリングをした2週間後に生理が来たと言うのです‼️

四年ぶりの生理は少しシンドかったそうですが、それでもまた自分のシステムが動き出した事に満面の笑みを浮かべて幸せそうでした‼️

このように問題の原因になっていることをエネルギーレベルでしてあげる事により、体は素直に反応し変化していくのです。

私達は、ただの肉体ではなく、色んな側面をもった存在だというのがよく分かります(o^^o)

その色んな側面から働きかけバランスをとっていくヒーリングのスクール、次回バランス明石で7月よりスタートです。

月に2日間、週末に行いますので、関東や東海、北海道や山陰など遠くから来て下さる方々もいます。

会場は、パワースポットの明石の海の近くで、少人数でゆったり受けられます。

是非、ご自分のバランスをとるためにも、是非基礎から受けてみて下さい‼️( ◠‿◠ )

 

{F638EDCA-8AD4-42C1-BF2C-A56C2DD144F7}

「ヒーリングスクールin明石」

 

月2回6ヶ月コース(全部で12回)


★日程…7月15日16日、8月19日20日、9月2日3日

10月14日15日、11月25日26日、12月9日10日


★時間…10時~16時(初回のみ10時半~16時)


★場所…明石藤江会館(10月14、15は明石生涯学習センター)


★料金…28万円(税別)

※修了書、再受講制度有り

 

詳細&お申し込みはこちらから

http://www.kokuchpro.com/event/be6b6ff41501521ae0d27e81380b0191/

 

チラシはこちらから

http://dp19200032.lolipop.jp/dl/healingkouza-2017.7.pdf 

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

※「中谷淳子のヒーリングスクール」は7月スタートです

http://www.kokuchpro.com/event/be6b6ff41501521ae0d27e81380b0191/

 

※「パラレルワールド&ワイタハジャパン」のその他の催しです

http://www.kokuchpro.com/group/dragon/

 

★ヒーリング関係のお申し込み・お問い合わせはこちらから

パラレルワールド

http://www.parallel-world-healing.com/inquiry/

 

★ワイタハのテポロハウ長老に関するお問い合わせはこちらから

ワイタハジャパン事務局

info.waitahajapan@gmail.com

 

AD
 |  リブログ(0)
2017-05-23 01:34:47

ウオーターベアファミリー④

テーマ:
{E7666BE6-0164-46A3-9D38-83542A075F53}

今夜、遅くにオークランドに着きました。
3週間の長旅も明日のフライトで終わりです。
明日と言ってももうこちらは夜中なので、数時間後には空港です。

ワイタハのギャザリングに参加するのは今回で5回目ですが、毎回少しづつお手伝いして下さるファミリーやマラエが違います。

今回は、上の写真の右端ご夫婦、ラケテファミリーのジェフとメレ^ - ^

彼らには11人のお子さんがいて、もう家を出ているお子さんもいますが、お孫さん合わせて確か24人程が一緒に生活をしている大所帯です。
流石、大所帯のグランマ、太っ腹です^ - ^
そして、ジェフはとっても優しいのです^ - ^

そして、下のビデオに出てくるエンジェル^ - ^

何時もワイアタ、歌を皆に歌ってくれたり、指導してくれたりします( ◠‿◠ )
エンジェルもなかなか豪快で面白く一度会うと忘れられませ^ - ^



そして、グランマ、キャサリン^ - ^
キャサリンのハグはとっても気持ち良く温かい^ - ^
何時もキャサリンの笑顔には嫌されます^ ^
今回は、最後に歌を歌ってくれて、感動モノでした( ◠‿◠ )

{D04CA2CA-B1F1-4C94-B76A-B58D79FB79A6}


そのキャサリンのファミリー^ - ^
旦那さんのサムに二人の娘、ミッシェルとクリシーとお孫さん^ - ^
今回のキッチンスタッフでかなりタフな娘さんたちです(^o^)

{21C90739-8B29-49AB-BD0E-4E93ED1C1BDC}


そして、もう一人のキッチンスタッフ、カレン
今回の参加者は、野菜しか食べないベーガンや、炭水化物がダメなグルテンフリー、そしてピーナッツアレルギーの人等、様々な人達が結構いたので、ご本人がベジタリアンで料理しなれている彼女が来てくれて大助かりでした^ - ^

{ECFD3222-F75B-48AF-8979-D7D6C77C7DEF}

そして、セキュリティのランギ(^o^)
浅川さんの世界に散った龍蛇足族、を読まれダメな方は分かるかと思いますが、浅川さんが旅をした時のドライバーです。
上の写真のキャサリンの兄弟です^ - ^

{D13CC649-9A35-494A-B746-CFCF8E8FDBA3}

もう一人のセキュリティ、ワイ^ - ^
とってもお茶目で真面目でユニークなキャラクターのワイ
久しぶりに会ったら三つ編みスタイルになってました^ ^

{95887F4F-B66D-4FB6-9C83-CFCA27AA6382}

ギャザリングの中で皆がシェアしている時に突然大きな声でマオリ語で話し出し、何を話しているか分からない皆んなは、ワイが怒っているのかどうか分からず、緊張の数分間が過ぎますが、その後急に満面の笑みで話し出し、場面は急転回^ - ^

かなり、笑えるキャラクターです(^o^)

{94F7E676-2632-4BE6-8EAD-49E6DEA360FF}

そして、ダニーと奥さん^ - ^
ダニーは、合気道の先生で、奥さんは陶芸の先生。
ダニーの本職はラジオのパーソナリティで、話しがとっても上手です^ - ^
養蜂もやっていて多才なお二人です^ ^


{3F00911F-199E-4580-9436-5DD1322565BA}

そして、遠くから何時も駆けつけてくれるリッキー^ - ^
料理に運転に、色んなサポートをしてくれる彼の得意は歌^ - ^
お祈りのように歌う時もハートフルに歌う時も素敵です^ ^

{9A298FFB-A18F-48C7-9157-4C1CAFB8B2F6}

そして、ラケテファミリーの子供11人の内の一人、ドティ^ - ^
ここ何年か調子が悪かったドティにギャザリングの直前にヒーリングをし、その後、ギャザリング中に色々なサポートを皆さんから受けみるみるうちに元気になっていきました(^o^)

今回、初めて彼女の歌声を聴いて涙が止まりませんでした^ - ^

{0E164E58-1C75-40B9-A49D-A2C8751B3D02}

そして、ギャザリングの最後の夜にキャサリンが中心になって歌を歌ってくれて、これまた感動(*´∀`)♪
マオリの人たちは、本当に歌が好きで歌の中で育って来たからか皆さん歌が上手い^ - ^
そして、ハモリ慣れていて感動(*´∀`)♪



そして、お年を召してきたので、なかなかギャザリングには来れなくなった長老のお姉さんのココ

{2243EEA7-7E79-46B0-89C9-201DC38AAB7C}

近くに住んでいないので、なかなか会えないのが残念ですが、大好きなグランマです^ - ^

そして、テポロハウ長老^ - ^

日本人だと親戚と言えば両方の両親の総祖父母や孫、そして叔父叔母、従兄弟くらいの付き合いだと思いますが、マオリの人たちは大家族に加え、自分達の先祖や横の繋がりを良く知っています。

特にテポロハウ長老は、かなりの縦と横の繋がりを知っていて、ニュージーランドの何処に行っても親戚がいます^ - ^

そんな大家族ですから、様々な事が起こり、ひっきりなしに誰かが訪ねて来たり、あちらこちらに行って部族の面倒をみています。

ビッグパパです^ - ^

ギャザリングの時しか、皆が一同に集まることは無いし、マラエは何か集会がある時しか行けないので、また、来年ギャザリングがあるといいな〜(o^^o)

ファミリーの皆んな、何時もありがとう(^o^)

愛と感謝を込めて
Arohanui

{CE4A25C5-4B1B-41AA-9DD0-290529946FC9}

AD
 |  リブログ(0)
2017-05-22 22:04:41

ウオーターベアファミリー③

テーマ:
{E496F9E4-F4DB-47CA-8559-F1E4EB939CE2}

アメリカやカナダからワイタハマオリに会いに来たウオーターベアファミリー。

その3日目は、日の出前から始まりました。

以前にもあったのですが近年、お亡くなりになったご親族のお遺灰を旅の友として一緒に持ち歩く方が増えているかと思います。

お葬式の形式も近年はこだわらず、土葬ではなく火葬や時には自然葬で海に撒いたり山に撒かれる方もいるかと思います。

流石に日本では鳥葬は無いかと思いますが、、

個人的には色んな形式があってOKだと思いますが、ここマオリでは亡くなった場合皆さん土葬です。
ご遺体の面倒から最後の土葬まで全て自分達で行います。

ですので通常その過程を4〜5日かけてゆっくりと故人とお別れします。

ご遺体はその方のファミリーのマラエと言う集会場に帰って来ますが、その時も然るべき儀式をしてマラエに入って来ます。

そして、それがお遺灰であっても同じことで、必ず儀式をしてからマラエに入って来なければなりません。

まあ、通常はお遺灰として入ってくることはないので、その心配はないのですが、そのことを知らなかった当初にギャザリングに参加された方が、お遺灰と一緒と聞いて、かなりあちらもこちらも慌てふためきました。。

そして、今回はまさかないだろう、、

と思っていたら、参加者の一人がやはりご親族のお遺灰と一緒に旅をしていて急遽儀式をしてから再度マラエに入ると言う場面がありました。

その時に儀式を行ってくださったジェフが言った言葉が印象的でした。

火で燃やしていいのはゴミだけです、私達はゴミでは無いので燃やすべきでは無いのです!

確かに!
と思いました、、

昔は日本も土葬で、お葬式やお通も入れて4日前後は行っていたかとおもます。

その後、ゆっくりと時間をかけて大地に魂が戻っていきそして天に導かれていく。。

これが、自然の流れで、私達も自然の一部だったのでしょう。。

エネルギー的に見ても、亡くなってから1週間ほどかけて、ゆっくりとエネルギーが肉体から離れていきますので、その過程を経ずに焼いてしまうと移行しきれないと言うこともあります。。

現代人はどこまで忙しいのでしょうね、、

願わくば、死んだ時だけでもゆっくりと過ごしたいものです。。

そん訳で、彼らにとってお遺灰と一緒に旅をするのは、その亡くなった方を何時までも連れて歩くことになり、他のスピリットも呼んでしまい、時には事故を起こしたり、良く無い事が起こったりする事があると言います。。

ですので、これからマオリの地に足を運ぶ方は、お遺灰はお留守番してもらってくださいm(__)m

そんな訳で、この日は暗いうちに数人で裏の墓地まで行きお祈りして来ました。

{6681714A-5D23-42FB-8878-7A958532A6F2}

そして、朝食後はエクササイズをしてワイポウワの森へ〜(o^^o)

{B9D26960-9025-4F8C-A142-5AB4BAEFD3BF}

出かける時の空がとっても不思議でした^ ^

{B9ED7950-599D-4E4B-935D-3B7C8CC10CD6}

空も一緒に踊っているようでした^ ^

{88C911EB-5176-498C-9016-2F5F48FC4020}

そして、ワイポウワの森に着くと入り口で森の方が歌を歌って下さいました。




その後、森の中に入って行きます^ ^



現存するカウリの樹の中で一番古くはないのですが、一番大きな樹で樹齢は2000年程と言われています。


{81AF7FDD-5B8F-4C77-A075-86E33C944F15}

樹を保護する為に側まで行けませんが、樹の前の空間はタネマフタと同じ外輪で作られています。

外から見るよりもはるかに樹は大きいですね〜。

{2DF76CB6-7D6C-4D25-A742-94691291D022}

そして、撮影チームがドローンを飛ばして、タネマフタの上空から樹の上の顔を見せてくれました^ ^

帰還したドローン^ ^


{4B24CD4B-967E-4FAC-A56F-19A82C9C8D74}

ドローンに引っ張り上げられるロバート^ ^

{FF7B01BA-6596-463B-84A4-7ECF0ED67DB4}

そして、翌早朝の暗いうちに皆さんバヌアツに旅立たれました。

{A11471A9-6F37-4942-A42E-5E001F6CFC9A}

四日間とは思えない、深くて濃い時間を共にできた事に感謝です^ ^

朝四時出発だった為、私は寝ずに起きていて、起きている数人のグループ達とかなり必死ぶりに踊りました(o^^o)

楽しい時間をありがとう(^。^)

{E7A336B0-D746-487D-8515-D2BD8011B12C}

AD
 |  リブログ(0)
2017-05-20 18:26:37

ワイタンギミーティング

テーマ:日々の出来事
{144629F0-2C38-4E6E-B29C-6E328D477D8C}

昨日と今日の二日間は、ワイタンギのマラエであったミーティングに参加してきました。

{8605033F-92B2-4349-AB86-94157E7CC7B0}

このマラエの前は海が広がっていて、ワイタンギデーには、カヌーが沢山漕ぎ出します。

{EB367BF7-976A-4D42-BC08-715B0D4647B5}


ニュージーランドの先住民族マオリは、100以上の沢山の部族があり、マオリでは無く ンアオリ と元々は言ってたそうですが、イギリス人が入って来て、マオリと呼び始めたようです。

マオリとは、自然と共に生きる人、と言う意味があるそうで、その意味の如く、ロードオブザリングを地でいくような人達がいて、人間観察にコト飽きなかったです^ ^

今回のミーティングは、その内の64部族の人達が来ていました。

ミーティングは、ほとんどマオリ語で行われるので、何を言っているかあまりわかりませんが、それぞれのエネルギーが放出され、時にはぶつかり合いながら、最後は歌と祈りで締めくくられる。。

なかなか見ごたえがあります。

今いるチーフ達は、長年の伝統をシッカリと受け継いだ世代の最後の人達です。
その多くのチーフ達が既にこの生を終えて次の世界に行ってしまっているので、残っているチーフ達は自分達がいなくなって伝統が無くなっていくことを危惧しています。

しかし、時代は確実に変わっていっていて、多くのモノが失われていくでしょう。。

だからこそ、孫の世代に残せるように、それぞれの部族を超えて団結しようとしています。

けれども、長年抑圧された民族の深い悲しみと怒りは、ご先祖の思いと絡み合いながら今もこの地に残っています。

それは、何処の先住民族も同じで、自然の一部として生きて来た人達の大地の嘆きと悲しみなのでしょう。

人権を失って、信仰を邪魔され、伝統を壊された子孫達は未だに問題を抱えていて、路頭に迷い、職に就けず、自殺する若者が増えています。

大都会の砂漠に住んでいるなら未だしも、こんなに美しい大地に住みながら死を選択せざる終えない現実は悲しすぎる。。


{C06D6646-2F9F-4BDC-90A8-220415DDB1E7}

大地と共に人々の深い悲しみが癒されますように、、


{1646F983-C347-4DD9-A68A-7FF922174471}

今日もチーフ達は、望みを捨てずに希望を若者たちに伝えていきます。。

魂の叫びが天にも地にも届きますように。。

{649E34D3-69F2-43DB-8D1E-9D35C74A40D7}

 |  リブログ(0)
2017-05-19 21:09:37

ウオーターベアファミリー②

テーマ:
{155BD90A-0041-4F9F-BE8F-2378C2227D51}

ギャザリング3日目は、ジェフ達のマラエを訪れ、そこでもデモンストレーション^ ^

{C426C9D2-77BE-43E3-9EE7-17CE16DBEC7E}

ワイタハの水のスペシャリスト、ミランも話をしてくれました。

{76F37F85-0F95-4BC3-B106-47D90C6E3C1E}

自分達がフィルターを使うことになるのでマザーメレも真剣に聞いています^ ^

{DAE33DAA-278A-4566-B505-1CF33E48B7E7}

そして、自分達がデモンストレーション^ ^

{63650AE0-1FF7-4B1D-88E1-F21E095FDBC4}

マラエは、どこのマラエに行っても温かいです^ - ^

そこでは、何時もご先祖様が尊重されて、お客様を迎え入れるポフェリと言う儀式が行われ、ポフェリを行う前には、迎え入れる方が、マラエで先に雑談んどをして場を温めます。

多くの外国人がこのポフェリで心を打たれます。

多分、自分達も昔は持っていたものなのでしょうね。
魂に響いて心が震えます。。

{06AB61FB-BBFD-4750-A514-A2B56836D58E}

そして、この日は皆んながナファ温泉に行っている間に晩御飯のお手伝い。

私は、中華スープを作って大好評でした^ ^

{65C7643B-6551-4833-AE90-60B3975C71AD}

キッチンスタッフが、頑張って色々作ってくれましたが、食べ損ねた私^_^;

{3FB37DE9-42B4-44CD-A5EB-EA8F30774B86}

食事の前には、歌で場が盛り上がっていました^ ^





そして、このギャザリング中に誕生日を迎えた私にスタッフがケーキを内緒で作ってくれていました(^o^)

{98ECE825-80F1-48D7-B90B-BCAB370D0B5D}


なんと嬉しいサプライズ‼︎

40代最後のとなりましたが、人生で一番多くの方に囲まれて祝っていただき、パワーを頂きました(o^^o)

お祝いされるのに慣れてないので、チト恥ずかしかったです(≧∇≦)

{A8DB79C8-455C-45E8-A587-F8415CC9BCDA}

今回のギャザリングの方々はホントにやり易かったです。

今までも、海外の人達と一緒にギャザリングは何度も行いましたが、アメリカ人の明るさプラス、ボランティアで色んなところを回っているからでしょうか、やる事もテキパキと早く、それでもって流石、リラックスが上手‼︎

日本人だとこうはならないよなぁ〜と思う事が多々あり、良くも悪くも勉強になりました。

そして、どの人も自分の意見をはっきりと表現できる。。

これは、ヨーロッパの人はやはり長けてますね〜。

主張し過ぎて、長老達の話を聞く時間が無くなると言うパターンは、毎回ヨーロッパ系の人達のギャザリングでは見受けられますが、、^_^;

先ずは、自分を表現してからなんでしょうね〜。
色んな発見があって、私もリラックス出来、楽しかったです(o^^o)

{0B48AED8-AC84-4BEA-A253-460D1CD5751B}



 |  リブログ(0)
2017-05-19 18:41:34

ウオーターベアファミリー①

テーマ:

{56F45B2A-93A8-455F-B360-FEF09EE9BF5C}

今月初めからニュージーランドに来たのは、ワイタハで行われたギャザリングのお手伝いの為^ ^

様々な人種の人達がアメリカやカナダから39名やって来ました。

彼らの目的は、もちろんワイタハの人達と過ごす為ですが、汚染された水を見事に浄化するフィルターを持って来てくれました。

元々は、ヴァヌアツにそのフィルターを持っていく為のツアーだったようですが、その経由地のニュージーランドにも持って来てくれました。

募金を募っては、水が汚染されて生活が困難な国にフィルターを設置している団体の皆さんでした。

ニュージーランドと言えば、日本と同じで水が豊富できれいな水が何時でも飲めると思っておる方々が多いと思いますが、、

多分現地でも、状況を分かってない方々がいるかもしれませんが、水は汚染されています。

産業があまりない国なので工場もそんなに見ることはないし、汚染とは無縁に見えますが、安心して飲める川の水がなくなって来ているようです、、

原因は放牧されている牛や羊の糞尿が川に流れていって汚染されたり、放牧の為の草原に化学スプレーを撒く人達もいて汚染されていってるようです。

日本では牛は牛小屋に、、
鶏はニワトリ小屋にいて自由に動き回る事がないので、想像がつかないかもしれませんが、、

ニュージーランドの羊の比率は世界一だそうで、かなりの数が自由に山々で生活しています。

なので、私が訪れているこの北島の北端も小さな沢などは汚かったりします。

けれど、浄化槽で綺麗に出来るのでは?

と思うかもしれませんが、片田舎では浄化槽がなく敷地内に溜めた水をそのまま引いて飲用している人達もいます。

なので、彼らが持って来てくれた浄化フィルターが大活躍しそうです。

ただ、大量には一気に浄化出来ないので、マメに浄化して溜めておく必要があります。

初日に早速デモンストレーションをしてくれました。

{0CBD3A36-2991-4234-BB18-08159D790DE6}

一番右がフィルターをいろんな国に持っていっていく活動をしている団体を率いているスプライト、エクアドル出身です。

真ん中がベラ、スエーデンの方ですが今はいろんな国を回っているとか。。

女性が中心になって活動していてとってもバランスが取れているように感じました^ ^


{04CD9305-11EE-4329-9E57-273FE0334C79}

外から汚い水を汲んできました。
結構、濁っていて、このままではもちろん飲めません^_^;

{0E29F10D-95F2-4CF3-AFDE-847036A401BE}

バケツに穴を開けてフィルターを取り付けます。

{E9C5DC33-0109-4C8E-BCEC-9C364F0FECBC}

そして水を出すと、、

{8FCBFA99-54DA-480F-881A-614B21436C67}

下からチョロチョロではありますが、とっても綺麗な水が出てきます‼︎

{69E8F490-B35E-40D9-BE1F-55499967A123}

私も飲んで見ることに、、

{294BEC25-E06E-449D-95AA-9F95BED8EE20}

ほら、
こんなに綺麗‼︎

{992422D9-B61B-46E6-84F1-6CB36E1A5246}

恐る恐る飲んで見ると、、
全く匂いもなく、味も至って普通の水です^ ^

長老も飲んでます^ ^

{91613DE2-77E1-4AE0-AD34-94E5B1C2BC15}

生水を飲んだ事がなく、煮沸して温かいお湯しか飲んだ事がない人達にフィルターを届けた時は、冷たい水を初めて飲んだ‼︎ と泣いて喜ばれたそうです。

日本では、東北の震災の時に送られたそうです。何かの時のために一家に一台という感じですね。。





 |  リブログ(0)
2017-05-19 06:49:22

栃木ブリージングワークショップ募集中‼︎

テーマ:ワークショップ&個人セッションのお知らせ
{EA6AAB00-A8D4-40C8-B9C0-2233ACB89DDF}


かなりご無沙汰しております^ ^
5月頭からニュージーランドに来ています。

昨日、離れ小島のチャタム島から北島に戻って来て、今日はワイタンギに来ています。

{CD1153B6-AC46-4E54-B46B-7E33F55CBFEB}


ここは、3年前にギャザリングを行なった場所で、DSファミリーとセレモニーをして、その後ドラゴンワークを行なった場所です。

{E91D3DCA-CC8B-4DF0-BBB2-4F2BDB777270}

思い出の地

{8BD55057-FB0E-4B08-A665-8DE64BD1F207}

ドラゴンのハートが癒された場所

{B7A55D04-3D66-48FE-923C-371F6E759A8E}

とっても穏やかな時が流れています

{B561EEDD-B634-47E9-915F-0992DDB7D362}

何時迄も滞在したい場所です^ ^

{5E07F3AB-E9F1-4404-A23A-792219844686}


さて、この滞在も後少しとなって来ました。

いろんな事が起こってくるので、休めているかどうか疑問ですが^_^; 
少なくともワイタハ時間、チャタム島時間で動いているので、休めていることは間違いないです^ ^

こちらでの生活は、次のブログで報告するとして、先にお知らせがあります。

6月5日6日に栃木の石橋で二日間のブリージングワークショップを行います。

こちら空きが出ましたので、平日ですがタイミングが合う方は是非いらしてください。

とってもパワフルなワークショップです‼︎

普段行なっている呼吸を意識的に行い、体の中からマッサージし、体を解放させていきます。

それに伴い、個人差がありますが、感情やトラウマ、過去世から引きずっているものなど様々な解放が起こります。

この機会に是非ご参加ください(o^^o)

★日程…6月5日6日
★場所…栃木県石橋
★料金…27000円

体験談はこちら


詳細、お申し込みはこちら
http://www.kokuchpro.com/event/7a98157ba033ae7bd788f995712e547f/
 |  リブログ(0)
2017-05-02 11:23:34

「テ・ポロハウ長老の個人セッション募集中‼︎」

テーマ:お知らせ

 

{D3B4E4B7-E28D-41D5-B196-B0DBF786B410}

 

ゴールデンウイーク真っ只中ですね〜。

皆さんは、何処かに行かれていますか?

それともお家でノンビリゆっくり派ですか?

花粉にさえ悩まされなければ、外で散歩もいいですね^ ^

 

私の方は、大体の用事を過密スケジュールで済ませ、只今解放されております(^。^)

暫くゆっくり??できるのかどうかは分かりませんが、、ネットが繋がりにくいところに来ているので、パソコン作業に追われることはないかと思います(^。^)

 

 

{8E78863A-AAC9-4BB5-9AB8-F03B5B689C8B}

 

 

 

 

 

折角、太陽が眩しく緑が多いところに来たのですが、光が眩しすぎてサングラスを買いました🕶 予想外の出費^^;

電子機器を見過ぎでしょうかね〜光過敏症かも??

 

 

{15084A86-425F-4F08-BEDF-C5ED8B120035}


そんな訳で暫くは、お問い合わせやメッセージのお返事が遅くなるかと思います。

 
ヒーリング関係はパラレルワールドに、テポロハウ長老関係はワイタハジャパンの事務局へ、下記に記載したそれぞれお問い合わ先へご連絡ください。
 
さて、休息に入る前に一つ嬉しいお知らせです(^。^)
 
テポロハウ長老が来日されます‼︎^ ^
 
以前、南の島への嬉しいお知らせを準備ができたらしますね、とブログでお伝えしておりましたが、、
 
 
すいません‼︎
こちらは既にいっぱいになってしまいましたm(_ _)m
 
そして、今回は各地でのお話し会は無く、明石と沖縄の個人セッションのみになります。
10日の明石の個人セッションの後は夕方から私中谷淳子のお話&ヒーリング体験もありますので是非そちらもお越しください(o^^o)
 
{358B2E8C-F4F6-40D1-A0A6-37049F606316}
 
 
 
個人セッションは枠に限りがありますのでお早めにご予約下さい!!

セッション内容は、基本的には質疑応答です。
何らかの理由で必要な方には、ヒーリングやセレモニー、お祈りをいたします。
その際、私中谷がヒーリング等を行うこともあります、ご了承ください。

ご質問が特にない方は長老からアドバイスがあります。
ご家系や、ご家族の話になることが多いです。

また、ご自分の使命等を聞かれる方も多いです。

龍のご質問をされる方も多いですが、その方の龍の名前に関しては個人セッションではお伝えしておりませんのでご了承下さい。

その他、質問は無いけれど、長老に会いに来ました!という方や、歌を歌いに来ました!ハグされに来ました!!

という方々もおられ、会ってそのバイブレーションに触れるだけでも癒される!!変化した!!
という方々が多いです^^

是非、個人セッションでゆっくりとハートの深いバイブレーションに触れてみてくださいヽ(´▽`)/
 

「テ・ポロハウ長老の個人セッション」
 

★明石…6月10日(土)、16日(金)

★沖縄…6月27日(火)

※詳細は事務局にお問合せください。その際、ご希望の日をお知らせ下さい。
 info.waitahajapan@gmail.com(比嘉) 


プロフィール

テ・ポロハウ ルカ テ・コラコ

1943年大嵐の中、ワイタハにとって聖なる山があるトカトカで生まれる。

祭祀になる為に生まれてすぐに祖父母に引き取られ、3歳の頃に聖なる洞窟で地中の中に3日間裸で埋められるリトルデス(小さな死)と呼ばれる儀式を受ける

生涯にわたりリトルデスを3度受け生死を彷徨うことにより、その類まれな能力とパワーを身に付ける。

生物・科学にも長けており、大学で伝統を教授する。

若い頃、大事故にあい生存確率数パーセントという中、奇跡的に意識を取り戻したものの頚椎を始め頭蓋骨、腰、足が骨折し肺も潰れ、半年間は見えない、聞こえない、話せないという状態が続いた後、半身不随のため2年半車椅子でリハビリを続け、歩けるようにまで回復をした。

長老の家系は、ルカ(イルカ)の種族でもあり、古くからイルカやクジラと共に共存していて、その伝統を受け継いだイルカや、クジラ、水のセレモニーやヒーリングを得意とします。

そして、古代より続くワイタハの13の暦も受け継いでいて、今でもこの暦を使って、魚をとる時期を決めたり、病気になった人をどのように癒せばいいかを見たりします。

また、長老の家系はドラゴンと深く関わりがあり、古くから伝わる「マジック・ドラゴン・スクール」の最後の生徒であり、ドラゴン・ケアーテイカー(龍のお世話する人)でもある。

時代的に、伝統的な形で文化やシャーマニックな事を受け継ぐのが難しくなった今、ワイタハ最後の祭司とも言える。

若い世代に伝統を伝えながら、2011年より毎年来日し日本全土を回りながら祈り、人々の意識に働きかけている。
 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

※「中谷淳子のヒーリングスクール」は明石で7月よりスタートです

 

★ヒーリング関係のお申し込み・お問い合わせはこちらから

パラレルワールド

http://www.parallel-world-healing.com/inquiry/

 

★ワイタハのテポロハウ長老に関するお問い合わせはこちらから

ワイタハジャパン事務局

info.waitahajapan@gmail.com

 

 

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~

 

※「中谷淳子のヒーリングスクール」は7月スタートです

http://www.kokuchpro.com/event/be6b6ff41501521ae0d27e81380b0191/

 

※「パラレルワールド&ワイタハジャパン」のその他の催しです

http://www.kokuchpro.com/group/dragon/

 

★ヒーリング関係のお申し込み・お問い合わせはこちらから

パラレルワールド

http://www.parallel-world-healing.com/inquiry/

 

★ワイタハのテポロハウ長老に関するお問い合わせはこちらから

ワイタハジャパン事務局

info.waitahajapan@gmail.com

 |  リブログ(0)
2017-05-01 18:49:17

九州への旅②

テーマ:
image
 
何故か昔から、
明智光秀の名前が気になっていた私、、
 
歴史には全く興味がなく勉強をしたことのなかった私が、何故この名前が気になるのか昔から不思議だった。
 
 
そして、初めて高野山に行って、そうそうたる人物のお墓がある場所に行った時に自然に体が引き寄せられた場所が二箇所、、
 
一人は浄土真宗の開祖親鸞
そして、もう一人は明智光秀。。
 
それ以来、本能寺に行ってみようと思いながら何時も時間がなくなっていけなかったり、タイミングが合わず行けなかった。。
 
それが、先日友人に会いに京都に行き、サヨナラをしてフト見たらお寺さんが、、
 
 
なんて言うお寺だろう、、
と近寄ってみると本能寺では無いか〜
 
チョット目を疑ったが、なかなか来れなかったあの本能寺である。。

 

{DE81A16C-CC3B-4250-9A9E-8A8FE9687D7D}

 

早速、中に入り本殿でお祈りをし裏の信長公のお墓に行った。

 

 

{678D56A3-D37A-41F3-B336-0ED42CC9050B}

 

 

 

 

 

何故か昔から信長と言う名前を聞くと、信長め〜‼︎ 

と思っていた私は、信長に対してあまりいい気がしていなかった。。

 

しかし、お墓の前で手を合わせてみると、何だか温かいものを感じ、信長も一人の人間で、孫には優しかったお爺ちゃんだったんだな〜とフト思ってしまった。。

 

実際、どんな人物かはわからないが、少なくとも温かさもあったのかな、、と思った。

 

そして、もう戦いは終わって、全ての兵士たちが安らかに眠れるように祈った。

 

しかし、あの信長公のお墓のすぐ後ろはビルになっていて、とても窮屈そうである。。

 

信長が生きていればありえないことだろう。。

それを見たら何のために戦ったのかきっと混乱するだろう。。

 

{04DAE364-C2CF-4552-8E85-5FF666C3DD6D}
 
 
そして、先日の九州旅行
飛行機の関係で、阿蘇に行くのに予定外の長崎から行くことになった。
 
中学生以来行ってなかった平和公園へ行ってみることに。
 
公園に着くなり土砂降りの雨に雷のオンパレード⚡️
 
けれども祈りの場にきた時には、うまい具合に止んでくれて、貸切状態の平和公園で、ゆっくりとお祈りができた。
 

image

 

久しびりの親孝行^ ^

 

{9C81D731-410B-4A46-9EC0-C98451AFF1CD}
 
 
水が全てのものを洗い流してる事を祈りつつ
 
image

 

このモニュメントから10分ほど歩いた所が爆心地。。

 

image

 

今はこんな感じ。。

 

image

 

その当時、この川は水を求めて多くの方がここで亡くなったそう。。

 

 

{97C12EB1-BF50-499D-BD22-CF12EBB480EF}

 

そして、川の横には爆発当時のままの地面がそのままに。。

 

一瞬にしてガレキになってしまった街。。

鉄のペンチも溶けてしまっている。。

 

image

 

この二つのお寺の石塔は、周りが全て崩れてしまったのにこの二つだけ倒れずに残っていたものをここに移動させたそう。。

 

{26274068-342E-4E18-B7D4-8F6E43D20327}

 

そして、場所は変わって今回の旅の目的の一つ、、先祖をたどる旅。。

 

不確かではあるが、母方の名前をたどって行くとここに行き着いた。

 

本当にここがご先祖の場所かどうかはわからないが、その可能性はゼロでは無く、もしもご先祖であれば、参っておくべき場所。。

 

その昔、ここにはお城があったけれど今はお城の代わりに一族の神社が建てられて博物館もある。。

 

{497B8D79-2C19-49CC-B762-87A10292BE43}
 
先祖かどうか分からないが、母はこの場に来れて嬉しそう。
 
 
image
 
 
けれど、ここも戦いの場所、、
 
 
image
 
 
博物館には多くの戦いの歴史があった。。 

 

{2BF23A6F-3F82-4A24-A777-E7263E3E4F21}

 

そして、ご先祖様のお墓に墓参り。。

 

母方の家系にある因縁が浄化されるよう祈る。。

 

 

{EA10E5F1-687E-49AA-AE97-5DEB2693BAA3}

 

何故か、男性達はこうも争いが好きなのだろうか。。

争いに勝ったところで数百年もすれば何も残らない。。

 

そして、また何処かの国は戦争をしようとしている、、

 

この戦いの因縁は、放っておくと永遠に続く。。

子孫のどこかで誰かが、それを意図して変えてく事が出来れば因縁は終わるかもしれない。。

けれども、そんな大きな因縁は、ちょっとやそっとでは解消しないかもしれない。

 

でも、何もしないよりは、何かしたほうが戦いに明け暮れたご先祖様達は少しでも癒されるかもしれない。

 

そんな事を思いながらの旅でした。

 

戦いは繰り返してはならない。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
2017-05-01 16:43:48

九州への旅①

テーマ:
{B3A5C86D-6002-4E81-9A6C-1A987BE6EC44}

 
先日行った九州旅行、ブログを書こうと準備だけして溜まっていたものを纏めてアップします^ - ^
 

今回の旅は、下見半分とプライベート半分。

 本当は昨年行こうとしていて、その直後に阿蘇の地震が起きお預けに、、

 

今回は多忙の中、この時しかまとまった時間が取れず、この日程にしたら丁度震災一年と一日後、、

 

現場は、まだまだ復興の途中でした。

主要道路が未だ途中寸断されて、通常だったらすぐに行けるところが、かなり大回りしないといけなかったり、山間の方は道路が開通していない所がチラホラありました。

阿蘇神社は、あの立派な門はシートが掛けられて、、

 

{C4C7539D-9ECC-464F-8F3B-3588BFA862E2}

 
本殿は綺麗に撤去されていました。
 
{F30C9AF0-2749-4B38-AD69-940EFE09AA86}

 

けれども阿蘇の湧き水は健在で、至る所で美味しいお水がコンコンと湧き出していました。

 

{94480C5A-0ED0-4151-9852-C66C035A56F8}

 

神社の側のお蕎麦屋さん^ - ^

巨大お稲荷さんは美味しかった^ ^

 

{1FC0C618-F21E-4E3A-B8B3-22AD13261886}

 

そして、阿蘇山。

 

草千里を眺めるのに丁度いい少し上のパーキングは 道路が崩れたようで片側車線でパーキングには入れませんでした。

 

阿蘇山からは、モクモクと煙が、、

 

ここに着ると2012年に、マヤのアレハンドロ長老、グランマのエリザベス、テポロハウ長老、沖縄の神人の比嘉さん夫妻、スタッフの人達と旅をした事を思い出します。

 

あれから5年になるのですね。。

しかし、豪華メンバーでした^ ^

 

あの時は、火口まで行ってお祈りができましたが、その時もお祈り直後に噴火して退避命令が出ました。その辺りからロープウェイは動いていないようです。。

 

もうロープウェイが動くことはないのかもしれませんね。。

 

あの時、火口の中にいた龍はどうしているのかな。。

その時は、怒っていて今にも噴火しそうだったのが、祈りで鎮まりましたが、昨年の大噴火の時は堪忍袋の尾が切れたのかもしれませんね。。

 

地球の水のバランスがオカシクなっているので、龍も居心地が悪いのでしょう。

 

{FF8439A0-3505-4813-8044-16C4C699163B}

 

ロープウェイの駅までは今でもいけます。

ここのお寺さんはかなり崩れてきていました。

 

{4A48E447-EDDE-4EEC-A92C-BCDDA6C95CC7}

 

そして、阿蘇を後にして押度石へ

毎回そうですが、旅先のリサーチを前もってする時間がなく、何時も現地に行く途中か、現地に行ってから情報集め^^;

 

image

 
ここは、規模はそんなに大きくはないですが、360度見渡す限り人工建造物が無いと言う場所で、古代の祭事場だそうです。
 
 
{FFD4E4C4-9C66-4B57-AC2E-D6E8D1738418}

 

阿蘇山も大観峰も見渡せます

 

 

{368331A3-29F7-4232-A20E-2D2AD86071C9}

 

 

そして、古代のシュメール時代の文字が書かれているという岩

 

 

 

 

{75B6CF43-CA76-47E6-B85E-DE497D0EB6D3}

 

これは、祭壇の岩

 

image

 
これは、私のお昼寝の岩^ ^
最高に気持ちよかったです(^。^)
 
 
{04C696FD-C0EE-4689-8C60-F4E52BDA925F}

 

そして、これはこの石のそばでは磁石が狂うという言う岩
 
 
{ACDC4F31-1470-4640-B2DF-645F98FA3F55}

 
人もほとんどいなくてかなり気持ちよかったです^ ^ 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。