2010-02-27 11:19:14

第2回・戦場の動物たち

テーマ:戦争と動物
第二次長沙作戦の目的を完遂せし各部隊は新墻河畔に集結して昭和十七年〇月〇〇日同地出發、新墻河を渡河せんとせし際、急に友軍の側背に迫りし敗敵は小癪にも行軍序列を目標に射撃し来れり。
此の時第〇〇隊の駄馬三頭負傷せり。
而して病馬を直ちに敵弾死角内に収容して治療に任しありし時、又々飛来せる流弾は不幸にも島田軍曹の左胸部を貫き彼は軍馬に施すべき繃帯を堅く握り締めた儘莞爾として寒風戎衣を吹く新墻河畔に壮烈なる戦死を遂げたり。
故島田曹長は一昨十五年九月〇〇山砲兵〇隊に獣医部下士官として赴任以来、席の温まる遑なき連続的作戦に常に勇躍して参加し、部隊馬衛生向上の為日夜真摯なる努力を続け来り。
實に模範とするに足る下士官なりき。
「陸軍獣医團要報」より 昭和17年

日本軍の定める正式な軍用動物は、馬、鳩、犬、象、驢馬、騾馬、駱駝、馴鹿。
軍用動物の運用管理には多大な労力と費用と物資と、そして犠牲を要しました。
「国費で調達された軍の装備品」ですから、粗末に扱われていた訳ではありません。

【ウマ】
洋の東西を問わず最も重要な軍用動物であり、近代軍隊の機動力と兵站を支えていました。
騎兵部隊の乗馬と輜重部隊や砲兵部隊の駄馬・輓馬に大別されます。

大掛かりな養育設備を必要とし、調達・飼育・繁殖・訓練・装備・健康管理・運用にコストがかかるのが難点。


帝國ノ犬達-日除け帽
日本軍の兵站も馬が支えていました。写真の軍用輓馬は、日除けの陣笠を被っています。


【ロバ、ラバ】
粗食に耐えることから、馬の代役として用いられています。
帝國ノ犬達-驢馬
中国戦線にて、軍馬と軍ロバ。 昭和12年


【ラクダ】

アラビアのロレンスで有名な軍用ラクダ。

乾燥地帯では、馬の代わりとして活用されました。画像は日本軍の駱駝。
帝國ノ犬達-ラクダ



【トナカイ】
トナカイも制式の軍用動物です。北欧各国やソ連軍では冬季の輸送任務に使用していました。

そのまんまサンタクロースの方式で。


帝國ノ犬達-トナカイ

雪原を疾走するドイツ軍のトナカイ。1943年

【ウシ】

牛や水牛は、専ら輸送・食肉・皮革用でした。

インパール作戦では輸送兼食用でしたか。あまりにも悲惨な結果となってしまいましたけれど。

戦闘で使われた例としては、田単や木曾義仲による「火牛の計」が有名ですね(真偽は不明)。

帝國ノ犬達-軍牛
荷物を運ぶ軍牛。中国戦線にて

【ゾウ】
シャム王国の戦闘象が有名です。密林地帯での輸送手段としても活用されました。
第1次大戦ではドイツの動物園から借り出された象が、第2次大戦でも南方戦線の日本軍部隊で象が使用されています。

帝國ノ犬達-軍象
第1次大戦にて、作業に従事するドイツ軍の象。


【イヌ】
警戒・捜索・伝令・救護・運搬などで使われました。このブログで解説します。

帝國ノ犬達-軍用犬


【アシカ、アザラシ】
アメリカ海軍の軍用アシカは、イラク戦争などで敷設機雷の捜索などに使われています。
第2次大戦時のスウェーデン海軍では、ドイツ軍の潜水艦対策として自爆アザラシを研究していました。

日本軍による海獣の軍事利用としては、皮革資源としての扱い程度。


帝國ノ犬達-オットセーラー

海軍グラフ(※お堅い軍事雑誌です)掲載 「おっとセーラー」より 昭和12年

【イルカ、ベルーガ】

冷戦時代、米ソ両軍が盛んに研究していました。

掃海作業や海没した航空機や艦船の捜索などが任務。
中には、敵フロッグマンの呼吸装置破壊訓練を受けた「殺人イルカ」も存在するとか。


【ハト】
昔から携帯型の長距離高速通信手段として利用されてきました。
第一次大戦中に包囲された仏軍ヴォー要塞で、唯一の連絡手段として伝書鳩が活躍した話は有名です。
但し、悪天候時や夜間は運用困難、また猛禽類の襲撃や敵の狙撃によって目的地へ到達できない場合もありました。
迷子になる鳩も結構多かった様で、日露戦争中にはロシア軍鳩が静岡と香川に舞い降り、運んでいた文書が解読されるという珍事件も記録されています。

日本軍の伝書鳩研究機関としては、千葉の歩兵学校及び中野の軍用鳩調査委員会が有名。

中国軍初の軍鳩・軍犬部隊「特種通信隊」も、中野委員会出身の黄瀛氏(日本では詩人として有名です)によって設立されています。

帝國ノ犬達-軍用鳩
日露戦争で伝書鳩を使うロシア軍。戦時画報より、明治37年。


【タカ】
明治21年の新聞に、「敵の伝書鳩を狩る為、ドイツ軍が日本及び朝鮮産の鷹を購入計画中」との記事があります。
これにヒントを得たのか、日露戦争末期には対伝書鳩用の鷹と隼が宮内省(鷹匠を管轄)の協力を得て訓練されました。

訓練地域の転換などに手間取り、結局は実戦投入前に戦争は終結。

日露戦争中は、吉兆として猛禽類を飼っている日本海軍艦も幾つかありました。


帝國ノ犬達-軍用鷹
日本軍による軍用鷹訓練を伝えるニュース。明治38年


【カナリア】
有毒ガスの探知用として古くから炭鉱などで使われてきました。

第1次大戦以降、化学兵器の警報装置として飼育されています。
ペットとしても愛育されており、日本海海戦で撃沈されたロシア艦の水兵がカナリアの籠を抱えたまま捕虜になったという話もあります。


帝國ノ犬達-カナリア
毒ガス攻撃警戒の為、カナリアの篭を提げて進軍する日本海軍陸戦隊員。背負っているのはガスマスク。

昭和13年


これら軍用動物のうち、機械技術の進歩と共に馬と鳩などは退場。

新たに、掃海任務用のアシカやイルカといった海獣が参入しています。


その中で、紀元前から現代まで廃れることなく使われ続けているのが軍用犬。

古代の白兵戦用戦闘犬から近代的軍用犬へと進化した彼等は、今なお爆発物捜索などで活躍中です。


次回は、「制式の軍用動物」以外の愛玩用、食用、実験用の動物たちについて取り上げます。

PR

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

[PR]気になるキーワード