Kodo Tenco | Create your badge



 ※                                                      ※



 

   太阿をゆだねる手ナリスト。茶と書を片手に、世界各地の美術館野尻泰煌とともに文化的ゲリラを行いながら、外遊している。各国に大アルカナ22枚のタロットカードに沿った人材を秘密裡に配置。自身は熱量注入を表す『愚者~Le Mat~』の役割を担い、残り21ある生命体の進化(時おり、破壊)を助長している。

 

 


 

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
Mon, July 17, 2017

弱き四十八手 その十六

テーマ:弱き四十八手

photo 4.JPGphoto 4.JPG 歴史を眺めていると、國家などの分母が衰退するときに文化や術が洗練されているという事実にふと眼がとまるときがある。分母の数が少なくなれば、それだけ分子も割られることが多くなるけれども、なおそれでも割りきれない余りの数がの肥やしになっているのかもしれない。人類史上はじめての熟れ過ぎた老衰國家、Japon。

 

間違いなく文化人や藝術家として外遊したらおもしろい時期にこの國はきている。

 

無論、海外進出にはリスクは添付されるし、島人にとっては腰がひける場面も少なくない。外へ遊びにいこうとすると腰がひける性質の方には、まずカンボジアがよいと私は視ている。アジア英語に米國ドル紙幣、電氣プラグが日本のコンセントをそのまま使えるという事業的な理由もあるけれど、なによりこの國もまた民族独自の文化をフランス植民地時代およびポルポト時代にかなり失っている。日本にもまた明治維新や世界大戦で民族の文化を棄て果ててきた背景がある。このような文化的相似律があるためだろうか。戦後を識らない若者でさえも、今のカンボジアに戦後を感じる人が少なくない。古きよき未来への逆行可能な分母の筆頭なのだ。そこの青年、外遊せよ。

いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
Sun, July 16, 2017

面影四十八手 その二十九

テーマ:面影四十八手

photo 4.JPGphoto 4.JPG 過日、或る神宮で朱色の袴がならんで、右から左へと横ぎった。左の袴はいかにも巫女的な歩行とともにあったが、右の袴にいたっては幽玄という言の葉が社交辞令として適しているであろうか。ひどく生氣を感じさせなかった。しかし境内のほうから天の鈴がちゃりちゃりちゃりと訊こえると、たちまちふたつの袴は入れ替わり、左のそれは幽霊的に、右のそれはOL>的な動法となった。昔であったなら、ひどく靈的と畏敬の念を込められたこのような現象でも、今となっては、ただマトリックスのよじれにしか映らなくなっている。平行世界なるものは、どこか異次元の彼方で光り輝いているのではなく、眼前のアスペクト裏にだらしなくうたた寝しているものなのかもしれない。

いいね!した人  |  リブログ(0)
Fri, March 13, 2015

ほぼ日刊 草

テーマ:ほぼ日刊 草
IMG_8824.JPG
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>