おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:
このところ
寒くなったり  温かくなったりしています

我が家にフキノトウが出ました

 
菜園で「つみな」が採れました


ここれらが食卓に乗ると

  「 我が家の春一番」 ね

と家族で

甘い「つみな」 とほろ苦い「フキノトウ」を


暖かい春日に想いを馳せて食べました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
今朝は赤城山も霞がかかって 薄ぼんやりしていた

この頃ジイジーは散歩にレジ袋を片手に持って出かける

そう
缶 瓶 ペットボトル を拾うためなのです

今朝も 道端に落ちてるカンを拾っています



「落ちてるな 昨日拾ったのにな~」

 缶や 瓶  ペットボトルだけでなく ゴミも結構落ちているのです 

散歩中にゴミがあると漠然に思っていたのですが 拾い始めて分かったこと

ジイジー曰く

「自分のために拾ってるのさ 散歩で少し良いことしたような
 
  いい気分になるからね!」


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
お正月 と小正月の鏡餅を

太陽に当てて乾しておきました

よく乾き 手でかくと 簡単に小さくなりました

これを油で揚げました


油を温めないで冷たいうちから 適当にかいた小さくなったなった

鏡餅を 油に入れて 中火より弱めの火でじっくり揚げました

よく跳ねた餅に少しの塩を振って出来上がり

夕方  テーブルの上に置いておいたら

それぞれ家に帰った人の手がこの揚げた餅に 

「美味しいね!」 と 言って 次から次へと伸びる 伸びる

今まで作った中で最高の出来 でした 

これは冷たい油の中に入れてから ゆっくり揚げることがコツのようだ

昨日関東ふれあいで道を歩きましたが

メンバーの御一人から頂き 作り方も教えて頂いた

早速作ってみました

子供の頃

母が「あられ」と言って 三月の節句に 沢山作って 雛さもに進ぜて

「生き神様にもやらなくてはね」と冗談を言って 私達姉妹も頂き
 
ポリポリ食べました

お菓子などない昭和20年代 とても美味しいおやつでした

まさに母さんの味です

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ジイジーが卒業したした小学校跡に散歩に行きました

そこは桜の木が沢山あります

その桜の木にヤドリギが寄生しているのです



ヤドリギは
まるで 桜の木から生えているようにしっかりくっついています

根を桜の幹に食い込んで生きているのです

そして葉もしっかりしています  桜もこれに撮り疲れては

栄養分を吸われて  大変だろうね

中学の時の生物の先生が

「お前達  ヤドリギみたいな奴になるんじゃないよ」

と言った 言葉  先生の御顔 が  

とても印象に残っている


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

   関東ふれあの道こちら    群馬編 こちら  

二月八日(日) 
今日の道はバアバーの名前を付けて頂いた山名八幡宮 また
子供の頃バアバーの亡き父と 息子が小学一年生娘が幼稚園の頃、山名城跡 yや山の上碑など を歩いた思い出深い所でもある

参加者14名 移動は車3台

この道は吉井町の馬庭から高崎市寺尾町の館までの14,8km遊歩道であるが
今回はコース4  こちら の小梨峠から牛臥山の道の多胡の碑を起点にして
高崎市の高風園を終点とした

多胡の碑の駐車場」8:00歩き出す


上信電鉄のガードが見えた


鮎川を渡って馬庭駅に向かう

起点
高崎と下仁田を結ぶ上信電鉄の馬庭駅が「コース5」の起点




電車


駅から東に歩くと踏切の所に関東ふれあいの道の案内板が建っていた
8;45


コース案内と 説明


田園地帯を歩く 紅梅が目を引く


西山名駅西の踏切を渡ると広い道に出る そこを左に曲がると
小暮の穴薬師がある


小暮の穴薬師9:25
薬師像は鎌倉時代
古墳時代末期の横穴墓

 
山名八幡宮10:00
山名神社は清和源氏新田氏の祖新田義重の息子新田義範が山名郷に
山名城築し山名と名前を変えた義範
が1185年代大分県」の宇佐神宮の
分霊を勧請し 社殿を作り 、武運の神として崇敬したのが始まりとか

随神門
山名神社の随神門は上信電鉄の線路の下を潜るとあると記憶していた。

我々は脇道から山名神社に入ったので、すっかり変わってしまった八幡宮を
全く初めて見たような気がした

彼方此方みて回った。すると線路下に続いている道を見つた。
そして線路下をくぐって随神門を見た。

出店の藁にさした風車が回ってる様子や ヨウヨウの玉の色,金太郎飴
えびつのゴム毬 などなど子供の頃ここで見たり買ったりした情景が 
目に浮かんだ。



八幡宮の太太神楽を見に来た時 また妹の命名に亡き父と来た時の
光景が次から次へと蘇った  
感謝を込めて拝礼をして階段を下りた


山名宗全と山名八幡宮の説明


山名一族 こちら 
全国山名氏 が寄進した馬


山名宗全の詩


山名八幡宮からは高崎自然遊歩道にもなっている
忠霊塔10:25


筆塚


道は 住宅街の間の細い道は行って行く


住宅街の裏には丘陵地帯が広がる


山の上碑1,7km


御地蔵様10:45
山の上碑まで400m


来迎阿弥陀画像板碑10:50
高崎市指定史跡


山名八幡宮からは高崎自然歩道になっており万葉集の中の上野国を詠んだ
和歌を刻んだ碑が27建っている
これはその一つ



山の上碑に辿り着く長い石段10:55


石段の途中で
三郡坂東の札所  密堂址(馬頭観音)の説明板が
山の上古墳の中に馬頭観音が祀られている  

山ノ上碑の覆屋 と 山ノ上古墳 こちら
山の上碑は山の上古墳の墓誌であると考えられている


この道の撮影ポイントで記念撮影


山ノ碑  こちら
681年に建立
 放光寺( 山王廃寺  )の僧の長利が亡母の黒売刀自(くろめとじ)を供養 するためと母と自分の系譜を記した

「 山ノ上碑の拓本」
      バアバ―が嫁ぐ時
バアバーが小学生の頃亡き父と一緒に拓本を取ったのを 
表具 して父が  持たしてくれた。 


山ノ上の碑


古墳の中にある
先に説明があった馬頭観音?


片隅に関東ふれあいの石標

万葉歌碑
 下の和歌が カタカナで書かれていた


「石碑之道」   と  「関東ふれあいの道」  の石標

万葉歌碑は地元の信沢克己さんが建立
この方は山名丘陵の寝小屋に住んでいた土建屋さんでキジを飼育して
放すことを趣味にしていた。狩りとは関係なく自然歩道を歩いていた。
その時 無残に壊される山肌を見て、心の故郷の自然を残すため 
万葉集の中の上野国を詠んだ幾つかの歌碑を作ることを思いついた
昭和50年から平成」13年までの26年間に29基立てた
 



山名城跡   こちら     11:15~11:50 ランチタイム


亡き父と山名城の井戸を見に来たことがある
草がぼうぼうと茂った坂道を自転車を押す父の後ろについて、父が
「この辺だった」と 草むらをかき分けて探していた。

その後子供が小学生の時に山名城跡を訪ねた。その時は
草むらの中に小さな山名城跡石碑を見つけた。
亡き父と来た時の記憶と違っていた

今日も昔の記憶に残る面影とは全く違ってよく整備されていた

山名城の説明

また戻って先に進む

雑木林の中あるく  とても気持ちがいい




高崎市街地に近いとは思えないほど 自然豊かな道



急下降の階段を下りるメンバー


鎌倉街道七曲り12:44

鎌倉街道の説明版




車道に出た
ここを右に少し歩くと金井沢の碑がある


金井沢の碑 こちら  こちら」



金井沢の碑は古代の豪族三家氏が奈良時代初期に先祖」供養のため造立した

金井沢の碑
楷書体で112文字が彫られている この近くで埋まってたとも
 江戸時代に発見され 明治時代の初め 楫取素彦によって保存された



東屋で休憩


元来た車道に戻り 右に曲がりしばらく行くと
関東ふれあいの石標が左側にある
階段を上っていく





階段の途中で振り返って城山団地を見る


林道猪之籠線 のゲート14:28

城山町の中字路14:30


交差点を渡り左に少し戻ると石壁に
高崎自然遊歩道 と関東ふれあいの道の案内が書かれてあった


長坂大橋15:15






観音山fハファミリーパーク15:15~15:40


紅梅が花盛り


いつの間にかメンバーが一人増えた

大きな鉄塔が建っていた16:05


この男性は地元の人で79歳 いつもこの道を散歩して 橋も滑らないように
敷物を敷いたり  倒木をかたずけしてくれているとか  ありがとうございます

 

バス道路出ました16:16



終点  16:25
高風園前の駐車場に我が愛車が待っていました

影もだいぶ高くなりました

長い歩きでした



上毛カルタに歌われてる「昔を語る多胡の古碑」の
多胡の碑 こちら  に続いて 
今日は 山ノ上碑 こちら   金井沢の碑  こちら を見た
この三碑を「上野三碑」 と 総称し国の特別史跡にしてされている

今回歩いたことによって子供の頃から 三碑の事、山名城と新田氏の事
山名八幡宮の事など漠然としていたものが 色々調べて 
絡み合っていた糸の解け口が見つかったような気がした

また自分の故郷の自然をこよなく愛し自然を 残そうとコツコツ歌碑を建てた
人の存在も知った

とても意義がある「ふれあいの道」 歩きができた

またこの道はゆっくり歩きたいと思う

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。