おばあちゃんと 一緒に

遠く忙しく暮らす子供達に、健康でいる証として60才代で始めたブログ、
しかし娘親子と同居、孫と付き合う日々、 孫達も成長し、とうとう私も70歳代になりました。これからどんな日々がやってくるか自分でも「ワクワク」楽しみです。


テーマ:

5月21日(日)

  群馬シティフィル創立30周年記念演奏会

でプッチーニ作曲の歌劇「トスカ」が上演されました

 

 人混みが苦手なバアバーは会場に早く行きました

会場の玄関に行くと 群馬シティフィルの方々と思われる人が

並んでいました。 どなたかお出迎えの様です.

チョット気恥ずかしい感じがしました.

 

  会場に入り自分の席に着くと、このところの草むしりや

出かけることが多く 疲れが出たのか気持ちよく午睡の時間に

入ってしまいそうです。今日の上演を楽しみにしていたのですが

眠気には勝てません。 

  関係者の挨拶の後、舞台が始まりました。

イタリヤ語で演じられますが日本語の字幕が出ます。 

 

 政治犯のアンジェロッティが脱獄し教会に入ってくるところから物語は始まり 「トスカ」の恋人カヴァラドッシが アリア「妙なる調和を」を

歌い始めると 眠気は飛んで行き 舞台に引き込まれていきました。

二幕,トスカ役の歌手が歌う「歌に生き恋に生き」も情熱的

最後の三幕は喜びも束の間アッと息を飲むように幕は下りましたが

群馬シティフィルの演奏もとても心に残りました。

1800年代のお話ですが 、歌手の衣裳は現代的で、身近に楽しむことが出来ました

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月13日

 

この間からパソコンの調子が悪く、ブログの記事など書いている

と、突然プツと言って電源が切れてしまい、また電源を入れる

という具合でした。

 

今日 、とうとうパソコンを見て頂くことにしまた。

 

当たり前の様に使っていたパソコンが無いと  、とても

 

さびしものです。今アイパッドで書いています。

 

当たり前の日常が 続くことが  一番

 

                               

                         

  

 

 

 

 

 

 

 

    

 

 

            

        

                             

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

4月6日(木)

ママ友と今日は昼食会だった

前回1月19日 その時今日の日を決めておいた

その時は随分先の事と、思っていたが 「あっと」言う間に

今日になってしまった。 会えばとりとめも無いお喋りが

また楽しく 、時間の経つのも「あっと」 言う間

「あれ もう4時になるわよ」 と  慌てて次の会う日を決め

また次に会うのを楽しみに家に向かった

待中は桜が満開だった。標高が街より高いバアバー達の所は

桜がまだ5分咲き ママ友と気温の差を桜に見て家に着いた。

 

明日はソウチャンが中学生になる日 過ぎてしまえばこの日も

「あっと」言う間のような気がします 

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

3月2(日) 曇り雨

榛名山の麓の文化センターでクラブのメンバー

の写真クラブの写真展があり、ジイジーと行ってきました

 

今日が初日、開催時間始まりに行きました 

とても近代的な建物がいくつかある中に 文化センターが

ありました

 

開場はちょっと芸術的なコンクリートの建物の中の二階のホール

にありました。ロビーから階段を上がっていくと受付がありました

受付に二人の方が座っていました

 

ジイジーは受付をしていた一人を見ると

「おーSくんじゃないか、暫くだね」 と言いました

受付をしていた人一瞬戸惑った様子でしたが

「やーTくんだね 遠い所からありがとう 

仕事やっているんだろうー」と 受付の席から立ち上がって

 ジイジーの方に近づいてきました

 

そしてその方が写真の説明やら 案内をしてくださいました

飛び上がって剣舞を舞ってるいる瞬間をとらえた写真の前で

「これ孫で 中学二年生なんだよ」と とても穏やかな顔で

説明し オレは人物ばかり撮っていると話してくれました

 

また写真展の中に特設会場があり一人の方の写真が沢山

展示されていました。受付でその方にもお会いしました。

その時ジイジーが「一つ後輩だよね」と声を掛けました 

チョットした3人のmini同窓会になったのです

 

帰りにお二人に挨拶すると 特設会場」で展示していた人が

今年出したばかりのその方の写真集をくださいました

 

そしてジイジーの同級生はまだまだ話足らない様子で

また会場に戻って椅子に座って

「おいT君よ なんと60年ぶりだね」と話し始めました

その人は仕事中に倒れ、大病を患って、今は農業も止めた。

今は 写真をやっているけど言葉が自由にならないと言って

T君 丈夫なうちに仕事を止めて良かったなど と

色々、話は尽きません

 

同級生はいくつになってもその当時に戻り 良いものだなと思い

ながらバアバーは二人の会話を聞いていました

 

そして次回は6月に北の方で展覧会をやるので案内を送りたい

と言って「俺に住所教えろ」と手帳を出しました

そして案内を送っることを約束をしてくれました。

 

 開場を後にしてからジイジーにその方が同級生って直ぐわかった

と聞いたら「すぐわかったよ もう高校生だったし変わってないよ」

という答えが返って来ました。ジイジー達の繋がりの深さを感じ、

バアバーは果たして高校の同級生に今会って分かるだろうか

と疑問に思いました

 

写真展を見に行くのをあまり乗り気でなかったジイジーでした

しかし帰りに高等学校の同窓生に会えて昔の思い出を語る

ジイジーの様子を見て、ジイジーも良かったのではないかと思いました

 

クラブのHさん写真展おめでとうございました 

そしてありがとうございました

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
2月7日(火曜)
 
五木ひろしのコンサートがありました
二枚 入場券を頂いたので ジイジーと行ってきました
 
ジイジーは歌謡曲が大好きなので コンサートに行くのを楽しみにしていました
 
バアバーは歌謡曲があまり好きでないので 行くのに乗り気で
なかったのですが 、1月にジイジーがテレビで五木ひろしを見て
いました.
その時五木ひろしの話がとてもウイットに富んで面白かった。
そんなことで  聞きにいくきになったのです
 
2時間休憩なし
歌は勿論ですが 竹笛 を吹いたり  三味線 を弾いたり そして
 ピアノの弾き語り ギターと 五木ひろしの多彩ぶりを見せて
、2時間はアッと言う間に過ぎました 
 
最後から2曲目に 福井県出身の五木ひろしが故郷に感謝を込め
て作ったという「九頭竜川」を歌った 何故かこの歌が一番心に残った 
永平寺に行ったときの 勝山市の土地の風景や友などなどを思い
出し それと重なったからかもしれない
それがまた歌謡曲なのかなとも感じた    聞きに来てよかった 
 
 
きっとテレビでは見られない五木ひろしコンサートだったのだと思いました
 
楽団 舞台装置 や照明も変化があり 楽しむことが出来ました
 
いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。