Natural virtua!

コミュニケーションの進化と深化~無為多言~


テーマ:
{A3799A0A-5222-4616-AAF3-D096A7FE1EEA}

小2の時、アーノルドシュワルツェネッガーやシルベスタースタローン、マイケルJフォックス主演の映画が、アメリカのハリウッドから頻繁に輸入さていた。

淀川長治っていう眉毛がとても長いおじいさんがやってる日曜洋画劇場っていう番組が、週末の唯一の楽しみだった。エンディングのさよならさよならさよならは、明日への活力を与えてくれた。顎のしゃくれ具合が、ちょっと婆ちゃんに似ていたのも可愛さに拍車をかけていた。

当時、テレビで流れる輸入映画は、すべて日本語吹き替えの為、アーノルドシュワルツェネッガーやジルベスタースタローンや、マイケルJフォックスも、日本語を話してた。

英語に興味を持ち始めた小3の頃、英語をちゃんと理解できれば、外人の言葉が、耳に入ってくる段階で、自動的に日本語に変換されると思ってた。

けど、小4くらいのときに、地元の小学校にニュージーランドからの留学生が訪れて、本気英語を使っていて、焦った。映画と違って、現実の外人の英語は日本語に吹き変わりそうもなかった。ぎゅって目を瞑ってみても、英語は英語のままだった。

名前はジムだったかな。彼は、容赦なしに俺に英語を語りかけてくる。まったく何言ってんのか分からなかったけど、とりあえずヘラヘラしながら、yeahとか、カモーンとか、言っておいたけど、情けなさ半端なかったし、世界の広さを知った。

街には唯一の英会話教室があった。英会話チェーンのECC。テレビCMでも良くやってたし、間違いないと思った。そして、俺と兄貴はそこに通い始めた。ただ、なぜか、教室はプレハブだった。

入会後、俺の名前はビルになった。兄貴の名前はウィリーになった。俺は、マイケルJフォックス主演の『バックトゥーザフューチャー』の悪役のビフが好きだった。

でも、さすがに、ビフをそのまま使うのもあれかなって思って、ビルにしてもらった。兄貴は『グーニーズ』の海賊のウィリーが好きだったので、ウィリーにしてもらった。

ECCでの英語学習は色んな意味で楽しかった。ある秋、岡山に合宿に行ったことがあった。岡山合宿のランチはフレンチだった。俺らにとってそれは初めてのフレンチだった。

ただ、なぜかそのフレンチのメインディッシュはうな重だった。「英会話教室の合宿のフレンチがなんでうな重なんや?なんで和なんや?おかしくないか?」って、兄貴は俺の耳元でコソコソとささやく。ただ、うな重自体はめっちゃ美味かった。

そろそろ眠いんでガリガリ君食べて寝ます。

※このブログはあなたにとって脳卒中の危険性を高めない。写真はオムライス。

【NEXT LIVE】
12月19日高円寺ミッションズ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





『BVG』っていうベルリン交通局のCM。


さすがに電車の中でたまねぎ切ってる人は見かけなかったけど、とりあえず隣では男同士がディープキスしてたし、向かいにはゴールデンリトリバーが2匹いた。(2016年10月16日AM3:00時点)


ベルリンの駅にはチケット券売機はあるけれど、改札がない。だから変な話、無賃乗車をしようとすれば簡単に出来る。ただ、ごくたまに〜に(月に1回か2回くらい)めっちゃマッチョなおっさんがチケット所持の確認の為に巡回するから、実際ほぼ誰も無賃乗車しないらしい。


「無賃乗車以外は何をやってもいい。ありのままのあなたを愛してるから。」っていうBVGのメッセージ。まず顧客を信じること。そこからポジティブな関係を構築していくこと。そんな古き懐かし健気なロマン。


21世紀以降、日本企業は日々モンスタークレームに追われてディフェンスベース(防衛主義)のサービスが中心になってる。けれど、そもそもを言えば、お互いの信頼関係が日々健全な形で構築されていれば、理不尽なクレームなんか起きないだろうし、それに付随する防衛費用(カスタマーセンター等)もかからない。


マナーがあればルールは要らないとは言うものの、ベルリンの地下鉄に乗ってみて、その意味を肌で感じれたし、実際ベルリンはそんな青臭そうな理想主義と真顔で対峙し、だがしかし、それに向けて、力の限り、鼻息ゆるめに努力してる気がした。


中東情勢、EU内の経済格差を背景に、ますます移民が集中するベルリン。それでもなお、規制を強化するどころか、ますますオープンな体制をとるベルリン。広大な未知なる地雷原を全裸で堂々と走り抜けるベルリンを応援せずにはいられない。


つまるところ、人類にとっての、自由とはなんなのだろう。自由と無秩序の境界線は?とりあえず、うまい棒明太子味でも食べて、今日はそろそろ寝ようと思います。


※"Is mir egal."→ "気にしない。どうでもいい。"


【NEXT LIVE】

2016年11月24日(木)

高円寺ミッションズ

「club PRG. count46」


VATO

THE CLARENCE

Kazaana

SPUTNIK KOMBINAT

AEP apocalypse(from 台湾)

larryz


OPEN 18:00 / START 18:30

ADV ¥2000 / DOOR ¥2500 [+1drink(¥500)]


※VATOの出演は19:10からです。


《高円寺ミッションズ》

東京都杉並区高円寺南4丁目52−521


http://www.vato-official.com/

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{A350C3D3-DEA3-4E89-8522-EEBD7BDB1A22}

{A5C0B802-3FA3-4F97-A536-958CD85555F3}

{35353919-035F-4808-B71B-496C5AAAEBAE}

{E0F3999B-40A1-45BB-8C93-1F53091E1472}

{38C529CD-D908-4C18-938F-D5E852947E52}


ベルリンの数奇な歴史。


ソーセージとビールが旨い国「ドイツ」は、世界大戦で連合国にフルボッコにされたのち、東ドイツと西ドイツに別れた。


1989年ベルリンの壁崩壊まで、東ドイツはソ連が、西ドイツは米英仏が統治した。さらにややこしいことに、ベルリンも半分に別れた。


東ベルリンはソ連が、西ベルリンは米英仏が、統治した。ベルリン自体は東ドイツに属することから、西ベルリンは東ドイツの中に飛び地として存在する形になった。


これを日本に例えると、名古屋を境に、東日本をソ連軍が統治、西日本を米英仏が統治。そして東日本の首都東京の東東京をソ連、西東京を米英仏が統治。(西東京の首都は京都?)


ベルリンの壁は、おおまかにブランデンブルグ門からシュプレー川に沿って建設された。これを東京に例えるならば、おおまかに浅草雷門から隅田川に沿って『東京の壁』が建設されるようなイメージ。


同じフルボッコ敗戦国である寿司と焼酎が旨い国「日本」は、幸いにもそういうことにならなかった。そう考えると、ドイツに比べれば、日本は結構自由にやらせてもらってる感じがする。


平和ボケって言われるとそうかもしれないけれど、ここまで35年生きてきて、日本は本当に平和だと感じてる。平和ボケってよく言うけど、平和ボケでいいじゃん。平和な国を無理矢理平和じゃない感じにしてチェゲバラ気取らなくたっていいじゃない。


国家には、個人の努力だけではどうにもならない大きな力が存在していて、それに対してイラッとすることも多いけれど、とりあえず日本はめちゃくちゃ平和風。


幸せと平和は必ずしもリンクしないかもしれないけど、とりあえず日本のトイレが綺麗なことは幸せ。ウォシュレットなんか至福のテクノロジー。2020年オリンピックに向けて日本がやるべきことは、世界にウォシュレットの快適さを伝えることだと思う。


原発なんか輸出するより、ウォシュレットの方が確実に平和だし、地球にも肛門にも確実に優しい。


そういえば、ベルリンでは一度も日本人観光客に出会わなかった。なんでだろう。ベルリンには、日本の先生が教えてくれない歴史が、地球の歩き方では分からない魅力が、いっぱい溢れてる。


ビール純粋令制定500周年の2016年。ヨーロッパのマストゴー都市はベルリンで決まり!まあ理屈抜きでベルリンでビールとカリーブルスト食べたらええじゃなーい?


※カリーブルストとは、ソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしたベルリン名物です。


【NEXT LIVE】

2016年11月24日(木)

「club PRG. count46」


VATO

THE CLARENCE

Kazaana

SPUTNIK KOMBINAT

AEP apocalypse(from 台湾)

larryz


OPEN 18:00 / START 18:30

ADV ¥2000 / DOOR ¥2500 [+1drink(¥500)]

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{6A6F566E-6635-49C1-9113-7CD9175794A3}

最寄りのスーパーでは、今日も福島産の野菜が売れ残ってる。とても複雑な気持ちになる。放射能気にしてる人多い。

放射能の味が分からない俺は、放射能なしと、放射能アリの、キュウリの味が判別できない。

福島。

確かに、安倍総理はこれまでの政治家に比べると、実行力があって頼もしい。ただ、彼の目から流れるのはコンプレックスを源流とする涙。

今後、どうしても原発やりたいなら、とりあえず原発の所在地をグーグルマップに表示させない方がいい。

もし原発をほんとにしっかり機密にしたいなら、原発みたいな危なっかしいもんは、地下深くに埋めて、グーグルマップに表示できないようにするべき。

今のやり方だと、ここをミサイルで狙ってください、って言ってるようなもんだと思う。

原発賛成とか、原発反対とか、って話じゃなくて、とりあえず今の原発の進め方は、運営面でことごとく危なっかしい。

今の原発の運営方法を、家庭生活の光景に落とし込むと、一度へそくりばれた場所に、もう一回へそくりしてる風。

21世紀的には、原発は地下に埋めていいと思う。例え、それがバレたら、宇宙に瞬時にぶっとばせばいい。決断力と技術力と政治力がないんなら、原発は即刻停止、で良いと思う。

広島人として思う。結局、放射能ってのは体に良いのか悪いのか。

はだしのゲンしかり、昭和末期に生まれた俺は、放射能は体に悪いと教わってきた。だからこそ、広島の原爆の被害者にはしっかり原爆手帳(被爆者健康手帳)が発行されてて、それは今でもちゃんと機能してる。

だがしかし、今回の原発爆発で福島の人達に原発手帳(被害者健康手帳)は発行されてない。責任問題が色々絡むのは分かるけど、あの時の広島人といまの福島人の何が違うのだろう。

どっちも放射能。

福島の野菜を食べて「全然美味しいよー」とか言ってキャンペーンするのは美しいのかもしれないけど、放射能に味はない。

僕は原子力関係の科学者でもなければ放射能関係のソムリエでもないけれど、解決すべき問題はそこかしこにあるし、政治家にはちゃんとして欲しい。

とりあえず、現在日本にある原発の、福島とか島根とか、大飯とか、そういう地名付きの原発の名前は、外人風に、例えば、ナポリタンとか、ペペロンチーノとかに変えたほうがいい。

危なっかしい原発に地名を付けたらダメ。付けていいのは明らかにポジティヴに働く建物だけ。広島で言うたら広島市民球場(現マツダスタジアム)。

その産業が100%地域の発展に寄与する時だけ地域の名前を採用するべきで、そうでないなら、福島原発はペペロンチーノで、島根原発はナポリタンみたく、コードネームを採用した方がイケメン。

コードネームは芸名と一緒で、なんかあったときに、普通に暮らせる保険と一緒。

結局、5年前の悲劇は政府のユーモアセンスが足りなかった。人の上に立つもんに必要なのは、一握りのユーモアと胸いっぱいの愛。

そろそろ、悲劇のヒロイン役は広島から福島に移譲する時だし、いっそのこと安倍総理の秘書に成り代わって、おでこにキスしたい。

プリングルスサワークリーム味が美味しいことは譲れないタイプの一市民。

スーパーマクフライ

※このブログはあなたの日常生活にまったく悪影響を及ばさない。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{017E59BC-AC4F-4C9C-8211-D83E32D6F43E}
採石場で、足を怪我していたカラスに遭遇した。見るからに可哀想だったから、飼おうとした。

『足の怪我が治るまで手当てしてあげようや』って父ちゃんを説得したら、『お前どこにカラスを飼う家があるかバカタレが。風が悪いわ(世間体が悪い)。』って言う父ちゃん。

父ちゃんはカラスをハイエースに積む。

家に帰った父ちゃんは、何も言わずに、トントンカンカン、カラス小屋を作り始めた。

父ちゃんはそういう男。常に。

そのカラスは、なんでか知らんけど、誰が決めたんか知らんけど、適当にクロベエと名付けられた。

黒いし、ベタにクロベエでええじゃない、っていう感じだった。っていうかカラスの名前に関して、そもそも、家族の誰も興味がない雰囲気はあった。

餌は何がいいかわからんかったけど、とりあえず当時飼っていた愛犬チロのビタワンを熱湯でふやかして割り箸で一粒ずつあげてみた。最初は嫌がっていたけど、そのうちビタワンを食べるようになった。

次第に腹が減ったらクロベエはカラスらしく、元気になって、カーカーって言うようになった。クロベエがカーカーって言ったら、次はチロがワンワンと鳴くようになった。

ワンワンカーカー。

「いやいや、そのビタワンは俺のじゃろ?勝手にクロベエに与えんなんや。」チロのワンワンはそういうことだと思う。

そのうち、クロベエの足の怪我が治ったけど、時すでに遅し。なんやかんやで、愛着が出てしまっていて、うやむやに、なんやかんや、クロベエをそのまま飼い続けた。

あの日のクロベエの態度はおかしかった。ビタワンに興味を示さなかった。これまでそれでやってきたはずの、割り箸のビタワンを嫌った。

クロベエは、カラス小屋からバサバサっと飛び出していった。真顔で。なんのことはなしに、カーカーどこかへ去って行った。

すごい虚しく、あっけない別れだった。けど、夕焼けの空を羽ばたくクロベエの姿を見るにつけ、なんだかほのぼのした。もともと、足が治るまでの関係だったし。彼は本来の生きる場所を見つけた。

あの時のカーカーは、何て言ってたんだろうか。「ありがとう」って言ってたんだろうか、それとも「フリーダーム(自由)!」って言ってたんだろうか。

チロの言葉も、クロベエの言葉も、分かるはずもないんだけれども、とっても可愛かった。愛してる。

一回動物になりたい。

※このブログをチロとクロベエに捧ぐ。写真はスイカを食べる父ちゃん。

スーパーマクフライ
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。