Natural virtua!

コミュニケーションの進化と深化~無為多言~


テーマ:

 

最近、除夜の鐘がうるさいっていう人が増えてるらしい。

 

ためしに、お寺を、カフェにしたり、ハローワークにしたり、託児所にしたり、ライブハウスにしたり、証券取引所にしたらいいんじゃないかな。お寺が、人々の日常と直結したら、除夜の鐘は、今よりもっとリアルに人々の心に響くかもしれない。


 除夜の鐘を騒音と感じたら、もう生まれる前の無音の世界に行くしかないような気がする。別に敬虔な仏教徒でもないけれど、生まれる前の母親の胎内とか、死んだ後の宇宙的な何がしかとか、そういう感じのシーンとした世界にはまだ行きたくない。まあ現に生きてるし、それ以外の世界観とか、難しいことはよう分からんけど、除夜の鐘は良い。

 

21世紀的な多様な価値観において、個々個人は、その胸中にポケットサイズの神様を抱いている。しかしながら、平成時代のお寺は、そんな多様なポケットサイズの神様の立ち位置とコミュニケーションが取れないまま、ひたすら木魚一筋。

 

ポッポッポッポッ。ギャーテイギャーテイハラギャーテイ。

 

200m先の角を右に曲がった先の寺に恋愛成就の神様がおるんか?かたや、500m先には就職の神様がおるんか?1km先には交通安全の神様が眠ってる?

 

きっと答えなんかない。あらゆる社会問題に対して、すべての人がドンピシャで納得する答えなんかない。複雑な現代社会において、お寺が目指すのは、そういう単一的なことじゃなくて、すべての人が、ちょっとずつ、なんとなく、納得出来る、ふわっとしたもんでいいと思う。

 

冬なのに坊主とか、冬なのに素足とか、冬なのにフンドシ一丁で滝行とか、そういう冬系のポップでセクシーなやつで持っていっていいのかもしれない。最近の日本の冬は異様に寒いし、年末年始は「冬なのに」シリーズとかやったら、結構視聴率取れると思う。

 

ただ一つ言えるのは、視聴率は取れるけど、寺の権威は確実に下がる。でも、ためしに一旦下げてもいいんじゃないかな。現代社会型の一筋縄ではいかない系の苦悩は文字通り、木魚や鐘の音だけでは、なかなか人々のそういったもやもやを昇華出来なくなってきたからには。

 

お寺で禁煙診療やっていいし、インフルエンザに効くお札発行していいし、お寺に外科医の権威とかが常駐してもいい。お寺がもうちょっと人々の日常生活に密接に関われば、除夜の鐘は、きっと騒音として処理されない。古代のやり方気ままに、漫然と非日常を気取りすぎると、聖人のはずの坊さんも、気づけば、そこらへんのスキンヘッド。

 

年末年始の時だけじゃなくて、身近な人が死んだ時だけじゃなくて、受験勉強の時だけじゃなくて、もっともっと、お寺が現代人の月曜日から金曜日のフツーの生活にスーッと潜り込んでいけたら、除夜の鐘がどうのこうの、っていうことにはならないと思う。

 

きっと、お寺も人々も寂しいだけ。

We are all in a lonesome street.

 

※このブログのカロリーはよっちゃんイカと同等です。

 

【NEXT LIVE】

12月19日高円寺ミッションズ

 

http://www.vato-official.com/

 

 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{4796DDAB-E3A7-4370-8A8A-F00F7A1F7816}

このたび、高円寺ミッションズがJR高架工事のために閉店されます。とても残念です。ミッションズには2010年くらいから出演させていただきました。


ミッションズがあったからこそ出会えた人達がたくさんいて、今はただただ感謝の気持ちでいっぱいです。ミッションズ最後のライブに全力を投じます。

今回は40分という枠をいただきました。八兵衛(from水戸黄門)がモチーフの新曲も織り交ぜながら、現在進行形のVATOを胸いっぱいにお届けします。

2016年12月19日(月)
ココロノンストップ vol.15
【盛りだくさんの一夜】
ACTSHiFT/Electlove/6120BABYS/VATO

OPEN18:30START19:00
CHARGEADV ¥1,500 / DOOR ¥2,000 + 1drink(¥500)

※VATOの出演は21:30からです。チケットの前売り予約は、お名前、枚数、公演日を明記の上、
コチラまでお願いします。

高円寺ミッションズ
東京都杉並区高円寺南4-52-1

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{A3799A0A-5222-4616-AAF3-D096A7FE1EEA}

小2の時、アーノルドシュワルツェネッガーやシルベスタースタローン、マイケルJフォックス主演の映画が、アメリカのハリウッドから頻繁に輸入さていた。

淀川長治っていう眉毛がとても長いおじいさんがやってる日曜洋画劇場っていう番組が、週末の唯一の楽しみだった。エンディングのさよならさよならさよならは、明日への活力を与えてくれた。顎のしゃくれ具合が、ちょっと婆ちゃんに似ていたのも可愛さに拍車をかけていた。

当時、テレビで流れる輸入映画は、すべて日本語吹き替えの為、アーノルドシュワルツェネッガーやジルベスタースタローンや、マイケルJフォックスも、日本語を話してた。

英語に興味を持ち始めた小3の頃、英語をちゃんと理解できれば、外人の言葉が、耳に入ってくる段階で、自動的に日本語に変換されると思ってた。

けど、小4くらいのときに、地元の小学校にニュージーランドからの留学生が訪れて、本気英語を使っていて、焦った。映画と違って、現実の外人の英語は日本語に吹き変わりそうもなかった。ぎゅって目を瞑ってみても、英語は英語のままだった。

名前はジムだったかな。彼は、容赦なしに俺に英語を語りかけてくる。まったく何言ってんのか分からなかったけど、とりあえずヘラヘラしながら、yeahとか、カモーンとか、言っておいたけど、情けなさ半端なかったし、世界の広さを知った。

街には唯一の英会話教室があった。英会話チェーンのECC。テレビCMでも良くやってたし、間違いないと思った。そして、俺と兄貴はそこに通い始めた。ただ、なぜか、教室はプレハブだった。

入会後、俺の名前はビルになった。兄貴の名前はウィリーになった。俺は、マイケルJフォックス主演の『バックトゥーザフューチャー』の悪役のビフが好きだった。

でも、さすがに、ビフをそのまま使うのもあれかなって思って、ビルにしてもらった。兄貴は『グーニーズ』の海賊のウィリーが好きだったので、ウィリーにしてもらった。

ECCでの英語学習は色んな意味で楽しかった。ある秋、岡山に合宿に行ったことがあった。岡山合宿のランチはフレンチだった。俺らにとってそれは初めてのフレンチだった。

ただ、なぜかそのフレンチのメインディッシュはうな重だった。「英会話教室の合宿のフレンチがなんでうな重なんや?なんで和なんや?おかしくないか?」って、兄貴は俺の耳元でコソコソとささやく。ただ、うな重自体はめっちゃ美味かった。

そろそろ眠いんでガリガリ君食べて寝ます。

※このブログはあなたにとって脳卒中の危険性を高めない。写真はオムライス。

【NEXT LIVE】
12月19日高円寺ミッションズ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:





『BVG』っていうベルリン交通局のCM。


さすがに電車の中でたまねぎ切ってる人は見かけなかったけど、とりあえず隣では男同士がディープキスしてたし、向かいにはゴールデンリトリバーが2匹いた。(2016年10月16日AM3:00時点)


ベルリンの駅にはチケット券売機はあるけれど、改札がない。だから変な話、無賃乗車をしようとすれば簡単に出来る。ただ、ごくたまに〜に(月に1回か2回くらい)めっちゃマッチョなおっさんがチケット所持の確認の為に巡回するから、実際ほぼ誰も無賃乗車しないらしい。


「無賃乗車以外は何をやってもいい。ありのままのあなたを愛してるから。」っていうBVGのメッセージ。まず顧客を信じること。そこからポジティブな関係を構築していくこと。そんな古き懐かし健気なロマン。


21世紀以降、日本企業は日々モンスタークレームに追われてディフェンスベース(防衛主義)のサービスが中心になってる。けれど、そもそもを言えば、お互いの信頼関係が日々健全な形で構築されていれば、理不尽なクレームなんか起きないだろうし、それに付随する防衛費用(カスタマーセンター等)もかからない。


マナーがあればルールは要らないとは言うものの、ベルリンの地下鉄に乗ってみて、その意味を肌で感じれたし、実際ベルリンはそんな青臭そうな理想主義と真顔で対峙し、だがしかし、それに向けて、力の限り、鼻息ゆるめに努力してる気がした。


中東情勢、EU内の経済格差を背景に、ますます移民が集中するベルリン。それでもなお、規制を強化するどころか、ますますオープンな体制をとるベルリン。広大な未知なる地雷原を全裸で堂々と走り抜けるベルリンを応援せずにはいられない。


つまるところ、人類にとっての、自由とはなんなのだろう。自由と無秩序の境界線は?とりあえず、うまい棒明太子味でも食べて、今日はそろそろ寝ようと思います。


※"Is mir egal."→ "気にしない。どうでもいい。"


【NEXT LIVE】

2016年11月24日(木)

高円寺ミッションズ

「club PRG. count46」


VATO

THE CLARENCE

Kazaana

SPUTNIK KOMBINAT

AEP apocalypse(from 台湾)

larryz


OPEN 18:00 / START 18:30

ADV ¥2000 / DOOR ¥2500 [+1drink(¥500)]


※VATOの出演は19:10からです。


《高円寺ミッションズ》

東京都杉並区高円寺南4丁目52−521


http://www.vato-official.com/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

{A350C3D3-DEA3-4E89-8522-EEBD7BDB1A22}

{A5C0B802-3FA3-4F97-A536-958CD85555F3}

{35353919-035F-4808-B71B-496C5AAAEBAE}

{E0F3999B-40A1-45BB-8C93-1F53091E1472}

{38C529CD-D908-4C18-938F-D5E852947E52}


ベルリンの数奇な歴史。


ソーセージとビールが旨い国「ドイツ」は、世界大戦で連合国にフルボッコにされたのち、東ドイツと西ドイツに別れた。


1989年ベルリンの壁崩壊まで、東ドイツはソ連が、西ドイツは米英仏が統治した。さらにややこしいことに、ベルリンも半分に別れた。


東ベルリンはソ連が、西ベルリンは米英仏が、統治した。ベルリン自体は東ドイツに属することから、西ベルリンは東ドイツの中に飛び地として存在する形になった。


これを日本に例えると、名古屋を境に、東日本をソ連軍が統治、西日本を米英仏が統治。そして東日本の首都東京の東東京をソ連、西東京を米英仏が統治。(西東京の首都は京都?)


ベルリンの壁は、おおまかにブランデンブルグ門からシュプレー川に沿って建設された。これを東京に例えるならば、おおまかに浅草雷門から隅田川に沿って『東京の壁』が建設されるようなイメージ。


同じフルボッコ敗戦国である寿司と焼酎が旨い国「日本」は、幸いにもそういうことにならなかった。そう考えると、ドイツに比べれば、日本は結構自由にやらせてもらってる感じがする。


平和ボケって言われるとそうかもしれないけれど、ここまで35年生きてきて、日本は本当に平和だと感じてる。平和ボケってよく言うけど、平和ボケでいいじゃん。平和な国を無理矢理平和じゃない感じにしてチェゲバラ気取らなくたっていいじゃない。


国家には、個人の努力だけではどうにもならない大きな力が存在していて、それに対してイラッとすることも多いけれど、とりあえず日本はめちゃくちゃ平和風。


幸せと平和は必ずしもリンクしないかもしれないけど、とりあえず日本のトイレが綺麗なことは幸せ。ウォシュレットなんか至福のテクノロジー。2020年オリンピックに向けて日本がやるべきことは、世界にウォシュレットの快適さを伝えることだと思う。


原発なんか輸出するより、ウォシュレットの方が確実に平和だし、地球にも肛門にも確実に優しい。


そういえば、ベルリンでは一度も日本人観光客に出会わなかった。なんでだろう。ベルリンには、日本の先生が教えてくれない歴史が、地球の歩き方では分からない魅力が、いっぱい溢れてる。


ビール純粋令制定500周年の2016年。ヨーロッパのマストゴー都市はベルリンで決まり!まあ理屈抜きでベルリンでビールとカリーブルスト食べたらええじゃなーい?


※カリーブルストとは、ソーセージにケチャップとカレー粉をまぶしたベルリン名物です。


【NEXT LIVE】

2016年11月24日(木)

「club PRG. count46」


VATO

THE CLARENCE

Kazaana

SPUTNIK KOMBINAT

AEP apocalypse(from 台湾)

larryz


OPEN 18:00 / START 18:30

ADV ¥2000 / DOOR ¥2500 [+1drink(¥500)]

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。