ようやく復活

テーマ:

このところすっかりご無沙汰になってしまいました。


やっぱり一度休み始めるとどんどん書くのが


億劫になってしまうのがブログの特徴。


休まず気張らず、これからもゆるい感じで続けていきます。

AD

昇格お祝い in 分とく山

テーマ:

昨日は昇格お祝いということで1月に昇格した


メンバーを連れて南麻布の分とく山 へ。


oiwai


普段あまり人を褒めるということに僕自身慣れてないので


昇格の時にはこういう機会を設けるようにしています。


こういう昇格祝いに限らず、会社にはこういうお約束の


通過儀礼的なものがあったほうがいいといのが僕の持論。


そういう通過儀礼を経験することで共通の体験が


出来上がっていき、それがチームとしての結束を


固めることに繋がっていく。


もっともっと良いカルチャー、組織風土を意識して作って


いこうと思う。


ちなみに僕が考える理想の会社(組織風土)とは


会社の実態を知ったうえで僕自身が転職したくなるような会社です。


単に業績がいいだけじゃなく自分が転職したくなるような会社。


そんな会社目指して今日も頑張ります!

AD

サイボウズグループ社員総会

テーマ:

サイボウズ社は1月決算なのでそれに合わせて今日、


早稲田のリーがロイヤルホテルでサイボウズグループの


年次の社員総会がありました。


サイボウズ


サイボウズ社はここのところ買収等でグループの規模も


拡大しており、今回のグループ社員総会には総勢300名位の


人が参加し、かなり大規模なものになりました。


もちろん僕やcybozu.netのメンバーにとっても初参加。


グループが急拡大する中でグループとしての理念を共有したり、


シナジーを生み出していくためにはこういうイベント毎は


すごく重要だと思います。


参加してみて思ったのはECナビやCAとは明らかに平均年齢が


高いということ。


たぶんグループで見てみると32,3才なんじゃないかな。


そういう落ち着いた人が多いのに、でもやることはすごく


とんがっていてエッジがきいていて、ベンチャーっぽいところが


サイボウズの良いところだと思います。


ちなみにECナビだとQに一回、サイバーグループだと半年に一回、

こういった総会というものがあります。


それぞれ個性たっぷり(笑)。


いやぁ、いろいろと勉強になります。


日々是勉強です。

AD

ランチミーティング

テーマ:

今日は会社の近くの文淋 でランチを食べていると


テレビスタッフとおぼしき人達がぞろぞろと


店内に入ってきました。


ふと見ると、ホンジャマカの石ちゃんが!


というわけでミーハーにパシャリ。


文淋


この文淋は何と言っても杏仁豆腐がむちゃくちゃおいしいです。


800円とちょっと高いですが超おすすめ。

20worksさんのイベントにて

テーマ:

昨日は20worksさんの1周年のイベント があって


パネラーとして参加してきました。


パネラーとして左から


株式会社パソナアイ 代表取締役社長 長谷川 智紀さん

株式会社ドリコム 執行役員 戦略営業部長 吉田 浩一郎さん

僕。
グリー株式会社 代表取締役社長 田中 良和さん

20works


目がキラキラ(ギラギラ?)した20代の人がほぼ200人くらい。


会場はぎっしり埋まっていてすごい熱気。

グリーの田中さん以外は初対面でしたが、みんな同世代の


ベンチャーにいる仲間としてすぐに意気投合して


ぶっちゃけ話に釣られて僕もかなりしゃべってしまいました。


最近、こうやって若い世代にベンチャーの良いところや


働くとはどういうことかということを、直接伝えることも


自分のライフワークとして重要なんだなぁと


思うようになってきました。


まだまだベンチャーというと自分とは遠い世界のように


思える人が多いのかもしれませんが、


一歩足を踏み入れてみるとそこは等身大の同世代で


バリバリ頑張っている仲間いるそんな世界です。


そして新しい世界を創っていくのは、


そういう一見不可能に見えることに


挑戦していくベンチャーだと思う。


だからまず一歩踏み出してみて欲しい。


そうすると新しい世界が見えてくるから。


というわけで現在ECナビではやる気のある人材を


絶賛募集中です。


特にウェブエンジニア。


プログラマーが一番エライというカルチャーに


共感できるようなそんな人に是非来て欲しい。


http://company.ecnavi.jp/modules/tinyd1/

今年は東京だけではなく、名古屋・大阪・福岡においても新卒採用の


会社説明会を行っています。


東京以外にも優秀な学生がいるし、他のネット系企業が


東京や大阪一極集中で採用活動をしているなか、


逆に東京で採用活動するよりも地方のほうがいい学生を


採用しやすいんじゃないかと。


それに戦略とは他社がやらないこと(やれないこと)をやることだし。


というわけで今年は地方での会社説明会は、


【福岡】 2月24日(金) 14:30~18:00
【大阪】 3月2日(金) 13:30~17:00
【名古屋】 3月3日(土) 13:30~17:00


の各地で1回づつ。


東京と同じように全て僕も出向いて学生さん達に


直接会社や将来のビジョンについて話をします。


もちろん東京でやる場合と同じくインタラクティブな感じで(笑)。


ECナビがどんな会社かを出来るだけ多くの人に知ってもらって


一緒に働く仲間が見つかればなと期待しています!

ラボ合宿 in 修善寺

テーマ:

今日から毎度恒例のラボ合宿。

今回はおおっきなロケバスのようなハイエースで


前回の反省 をいかして雪の無い(笑)修善寺に来ています。


自動車



恒例の(?)初日は、ゆっくりと温泉に浸かってから(笑)。


露天風呂


セットアップも随分手際よく出来るようになりました。


車


今回はポストイットを忘れてしまったためホワイトボードと


プロジェクターを活用しながら会議を進めています。


ラボ合宿


今回もたくさん買ったジャンクフードがあっという間に


なくなってしまいました。


ジャンクフード


今までは一回の合宿で1つのサービスをみんなで

開発するというやり方でしたが、今回はなんと3つの

サービスを同時に開発することに。


そのせいもあって今日は23時に東京に戻るはずが


まだ修善寺にいます。


今夜は長くなりそうだ。。。


【2/13 0:45追加】ようやく一段落。


最後


そろそろ帰宅チームは東京へ。。。

ラボとテクノロジーと組織論

テーマ:

今週の月曜日の日経産業新聞に


ライブドア事件 ネット業界は今② -- 「ラボ」核に技術力磨く

独自サービス開発に注力(日経産業新聞2006年2月6日、第2面)


という記事の中で、サイボウズラボさんやサイドフィードさんと


ともにECナビラボ が取り上げられました。


以前、自分のエントリーの中でも書いたように


http://ameblo.jp/usami/entry-10006730134.html


ネット系企業の中でこのようなラボの動きってのが


どんどん活発化してきている。


ただ『ラボ』って呼び名はちょっと誤解を生み易い。


今まではラボというと、そういうPARCのような


まさに研究所ってのを想像しがち。


でも僕はこのラボというものを単に『組織』として


考えるのではなく、新しいサービスを発表する


『場』でもあると考えています。


組織としてラボってのが実在していようと


いまいと、出来る開発者がどんどん自発的に


開発してそれを発表出来る『場』、ね。


で、そのラボでどんなものを開発するのかということに


ついて、昨日の梅田さんのCNETでのインタビュー記事の中で


ネット企業は技術志向の経営を--梅田望夫氏が語るウェブの進化


 技術という意味では、これは僕の造語なのですが、「深い技術」と「早い技術」というのがあると思っています。今のウェブの世界は「早い技術」--サービスを開発したら、いろんなものを組み合わせて、さらにそれをいち早くサービスとして立ち上げて、ユーザーをどんどん集めて改良していくなんですね。「早い技術」というのが正しい言葉かどうか分からないけど、僕はそう定義しているんです。

 「深い技術」というのは、やはり1つのテーマで、例えばGoogleはページランクというアルゴリズムがベースにあって、そのページランクというアルゴリズムで全世界のウェブサイトをランクづけして、といったものです。その検索の結果をとにかく常に改良していくといったものは、そう簡単にできる技術じゃなくて「深い技術」ですよ。アルゴリズムも相当深いです。そこに数学者やらPhDやら集めてきて何かやるというのはさらに上を行っているわけです。


技術を「深い技術」と「早い技術」と分類していたけれど


そういう視点から見るとECナビラボでは、まだまだ


「早い技術」を追っているのが正直なところ。


ただ「早い技術」と「深い技術」は決して対極にある


概念ではないんじゃないかなぁ。


サイドフィードの赤松さんのブログ にも書かれているように


さて、「ラボ」というと、なんとなく「研究所」という感じがしますが、他社はともかく、私が心がけているのは次の2点です。

 1. シンプルにして公開する
 2. イノベーションを狙わない

1. についてはもちろん、自分の納得いく製品・サービスを納得いく品質で、という「ユーザーとの約束」がありますが、単機能勝負でエッジの効いたサービスを公開していくことから可能性が引き出されてくると思います。
#機能を増やすことはユーザーの増加には貢献しますが、可能性を増やすことにはつながりません。きっと。
#(もちろん、すでに事業化されているものであれば機能追加で問題ないのですが)


「早い技術」においても「シンプルさ」を追求していくことで


結果として「深い技術」に転化していくんじゃないかな。


そんな風に思っています。


ちなみに今度の5月に北海道で開催されるNILSでは


『ラボ』をテーマにパネルディスカッションのモデレーターを


やることになりました。


パネラーとしてはとにかくすごい人ばかり!


楽天株式会社 取締役常務執行役員 吉田さん
株式会社サイボウズラボ 代表取締役 畑さん

グリー株式会社 代表取締役社長 田中さん


今のところ、技術系の話しというよりは、


ネット系企業における新サービスの開発、


アイデアを具現化を組織的な観点からどのように


マネジメントするのかといったどちらかというと


組織戦略っぽい話しにしたいなぁと思っています。


モデレーターをやると、事前にパネラーの方とはいろいろと


打ち合わせをするのですが、今からその打合せが楽しみに


なってきました。


いろいろと聞いてみたいことだらけだ(笑)。

先日、みずほキャピタルさん主催のイベントに行ったときに


全く見知らぬ人からベンチャー通信さんに載っていましたね、


と言われて、ようやくインタビューを受けたことに気づきました。


あんまり上手く話せなかったのですが、だいたい言いたいことは


伝えたつもりです。


http://www.v-tsushin.jp/interview/.ecnavi.php


こうやってインタビューを受けたり、新卒向けの会社説明会で


話をすると創業の時の『世界を変えるようなサービスを


産みだすぞ』という想いを思い出して、気持ちも新たに


『よっしゃー、がんばるぞー』って感じになる。


やっぱりこういう創業時の想いを忘れない会社にしたい。


やっぱ経営って浪漫なんだよなぁ(笑)。

2/1にようやくcybozu.netがリニューアルされました。

http://www.cybozu.net


と言ってもぱっと見は、あまり今までと違いは


ありませんが、今回のリニューアルは単に見た目の


リニューアルではなく、既存サービスのクローズドに始まり、


データセンターの移動やDNSの移行、運用体制の移行、


広告営業の移行、広告管理システムの構築など、


どちらかと言うと裏側の部分の移行が多かったため、


その分いろいろと調整することが多くて思った以上に大変でした。


でも何とか無事移行できたのは、


N君をはじめ、関係者の皆さんのおかげです。


本当にお疲れ様でした。


11/1設立以来、いろいろWeb2.0的な新機能、新しい


サービスを作りたいというはやる気持ちを抑えて、


まずは基礎部分を整えることを第一に、


目に見えない部分のインフラ部分の整備に


力を入れてやってきました。


今後はビジネスパーソン向けのポータルサイトとして、


肉となる部分の充実を図りながら


差別化できる部分の準備も始めていく予定。


うーん、楽しくなってきた。


もちろん広告出稿のご依頼は随時受け付けています!


ビジネスパーソン向けの広告 は是非cybozu.netに


お願いしますm(__)m


【2/7追加】


よくよく見たら社長ブログというカテゴリにこのブログが入っている!

http://dir.cybozu.net/1006.html


なだたる社長ブログが前後にあるなかでちょっと恐縮です。。。