gakuのハッピー山ライフ

僕らは東北を忘れない


テーマ:
2015 11/11
高崎から草津~志賀高原経由で地獄谷温泉までセローで散歩に行ってきましたヨ(^ ^)
{0D497466-4E23-4EE5-92D4-E36370EEB2F6:01}
草津白根山への登り
自転車のヒルクライムでは何度も登ってるのです
バイクでは初めて
山頂標識の辺りは火山ガスの影響で停車できず写真は撮れませんでしたσ(^_^;)
{5CB6554E-645B-4CB4-96E7-A2B9D81E4E33:01}
草津白根~志賀高原
花が咲いているように見えるのは霧氷
とても幻想的です
でもとても寒い💧
{4DC44709-9DA1-4C11-8FF9-279936ED5BA3:01}

{BCDE526C-9FDF-4131-B4D2-38018CEACFE2:01}

{ED52C80E-3ED2-4334-94B9-88CE67E0EC57:01}
息を呑むような美しさです
{0C582666-7C03-4BD8-AF96-2B6CF60F1750:01}
日本国道最高地点
気温は3°Cほど
ところでセローに取り付けたラフ&ロードハンドウォーマー
ここでインプレさせてもらうと
気温10℃までなら夏用グローブでじゅうぶん
気温3℃はさすがに手が冷たくて冬用グローブに変えました
ただ冬用グローブだと方向指示器のスイッチ操作が大変
スイッチ部分が指を動かすには狭いんだよね
それ以外は特に不満はないかな

{AAA01219-54BF-4DD6-844A-7A2C81035CE5:01}
遅めの朝食は一風堂でラーツー
{ADB3F8D0-3C25-4747-AF45-D2B3DF021F5E:01}
おにぎりの具は最近マイブームの冷凍卵のしょうゆ漬け
トロっと濃厚で美味いす

いよいよ目的地の地獄谷温泉
{F5788BF2-CC7C-4A27-8842-7CF70FCBAF78:01}
地獄谷野猿公苑
夫婦猿が温泉に入りに来てました

自分も冷えたカラダを温泉で温めたい
{4E5CACF2-EAC7-4086-9531-18ADBE70E6A9:01}
100周年を迎えた後楽館
日帰り入浴600円也
{0064BFC0-33FF-4066-AB75-B59FDEC88A4F:01}
露天風呂に続く階段も味があります
{E340A49F-21DD-4275-8B3D-232DBD101D0E:01}
左端が露天風呂
ちょいぬる目ですが景色は素晴らしい
{12501AE4-B58C-4F0A-BC9A-6A62DD4C865B:01}
ちなみに露天風呂は野猿公苑から丸見え
この写真撮った時も外国人のオネエさんが「ワーオ❤️」ってました
野猿公苑は外国人のお客さんが多いのでよほど自信がない限りはしっかり隠しておいたほうが良いですヨ

{E40171D3-1914-4319-86AE-988EDC097D0E:01}
内風呂の方が温度も高く好みでした
{1D59F5B0-3E5A-42DA-985E-3BF523789138:01}
母子猿に見送られて帰路につきました

本日の走行距離300km
来月から忙しくなるので今年最後のツーリングになりそうです
〆のツーリングとしては内容・ボリュームともに満足でしたー

オマケ
{53A37336-FF1E-451A-B710-88C11DECE33F:01}
お土産は後楽館名物のチマキ( 5ヶ750円)
温泉の蒸気で蒸し上げたチマキにきな粉を付けていただきます
ねっとりモチモチ
笹の香りがして美味しかったー


AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは

皆さんご無沙汰しておりますgakuです
2015年 11月4日水曜日、自身4度目となる星穴岳へいってきました
星穴岳登山の目玉といえば星穴新道腐った鎖や失われた道のルートファインディング、P2トラバースや頂上直下断崖フリーソロ、空中懸垂射抜き穴下降や巨大むすび穴探索などなどいろいろありますがそれを全部いっぺんにやっちまおうってのが今回の主旨
言うなれば星穴岳フルコースです
パートナーは松井田の魚屋さんI氏
地元の利を活かして昨夜のうちに下山口の中之岳神社駐車場に車をデポしておいてもらいました
 
6:00 国民宿舎裏妙義側星穴沢出会いからスタート
{77C9F915-28F5-448F-9B69-93218DBE69F6:01}
I氏にとっては念願の星穴岳
今日の為に懸垂とかビレイとかいろいろ練習してもらいました
7:00
{E705E352-13F0-467A-852E-1072220F71C1:01}
1時間ほどの尾根歩きで名物星穴ペンキ
 
{102EE69F-6DD4-4847-8E12-7CD91C57CE7C:01}
P1取り付き第一核心
鎖の腐り加減を確認しながら進む
中間部より上の鎖は支点が抜けてしまってるので使えない
スタンスもホールドもあるけど濡れててやらしい
7:35
{F9DF6A10-D128-4EA1-898B-1D76FCC07567:01}
消えた道標
この道標の指し示す方向に降りていくとP2トラバースがあるはず・・・
ってアレ?
踏み跡に導かれて痩せた急登登ったらP2トラバース上部の懸垂下降点に出てしまった
これを懸垂で降りたら難なくP2クリア
あれれれれ・・σ^_^;
つまらないので戻ってP2トラバースやり直しましょうって提案は強く拒否された(笑)
{2E61DAB4-A4B5-46CE-B544-58148ABE73B0:01}
でもこの太い木は腐ってて下降点としては使えないよ 
生きてるのは奥の2本だけ
 
8:00 紅葉の向こうにP3
{9A0FE847-3DF0-4F30-9169-BB906CA95AA3:01}
 
{641DF833-EAE6-4C82-B2AC-7D0F5756E0BC:01}
大迫力のP3をトラバース
出だしが悪いのでロープを出した
 
この後本峰への取り付き
暗い林の中の急登を上がるとむすび穴下降点の鞍部に出るがこれは無視して左折
(むすび穴は後から登り返す予定)
主稜線に上がる部分がちょっと悪い
お助け紐があるのですが上部で絡んでて手が届かない( ̄◇ ̄;)
しょうがないので5.9くらいのフリーソロかまして脳汁出まくり
10:00ようやく主稜線
{4480017B-3231-4625-B4E4-391E160677ED:01}
I氏の後ろにある岩の上が山頂
もう一発フリーソロかまして
{11EDCF29-ABE8-4CD6-8529-70FC9F87B1D4:01}
{664E6E6E-B962-42C3-BE8F-93B0290DC60C:01}
親切な方が作ってくれたらしい山頂標識
 
飯は簡単に済ませていよいよ
10:50 射抜き穴へダイブ
{6E38585A-EB00-4E44-B2F4-FE117C593B01:01}
 
{EA945938-FB96-42C0-8EC0-CFF4DB7ADBC9:01}
25mの空中懸垂
{8BA59F8A-6681-47CF-B78E-E03039EA95CE:01}
意外に小さい射抜き穴
さらに
{A6CADA47-056A-44AB-B627-E563E1ECA5BC:01}
射抜き穴から40m懸垂
{8DA5DD58-6957-430A-A88C-7C1D8F930853:01}
 
12:00下降点から登り返して
{FCF91509-11D4-44E8-AAA5-CE2ADBD8DF09:01}
むすび穴デカイ
穴を堪能したらそろそろ帰りましょう
{BA8FA93B-9E0D-4103-869B-1F48E26C8A9F:01}
中之岳神社まではトラロープとピンクテープが親切に道案内
ルーファイ楽しみたい方には興醒めることうけあいσ(^_^;)
 
13:10中之岳神社着
{10EAC8F6-0B3C-4273-B5F1-4B0271AD409E:01}
 
やはり星穴は楽しいですね
紅葉も見頃でしたし山行の内容も濃くてたのしめました                                                   gaku
 
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
このブログタイトルってそういえば‘‘gakuのハッピー山ライフ’’でした
・・・忘れてた叫び
ってことでたまには登山カテらしいブログ

昨日5/20(水)は友達の魚屋さんに誘われ浅間山
実は浅間山って割と近くにありながら今まで登ったことがなかった
っていうのもどうもあーゆう形状の山・・・
富士山とか男体山とか浅間山とかみたいなプリン型の山って起伏の変化に乏しいから面白味に欠けるんじゃないかとの勝手な思い込み
待ってるのはフリクションの少ないザレザレのつづら折りを黙々と根性で登り切るという苦行に違いない(-。-;・・・と。
実際トーミの頭より草すべりを下りて前掛山ピストンではそれほど気持ちも盛り上がらなかったかもしれない
でも今回の計画はコチラ
表コースからトーミの頭に上がり黒斑~蛇骨~仙人岳~鋸と外輪山を縦走しJバンドからドロップ 
雄大な浅間山本体を底から上がり帰りはドMな草すべりを上がるというもの
面白そうじゃない?

{2B597DB6-3F58-43F1-B1BB-29F8C0020551:01}
(地図は信州とっておき情報webページより)
ではスタート
6:30
浅間2000の登山口より雪の残る表コースを上がる
五月晴れ
カラっとしていて気持ちイイ
{75A4B206-D2DD-4079-9983-26575C232F51:01}

7:20
稜線に出て浅間山とご対面
左のピークがトーミの頭
{02729B4F-E242-46B8-878E-555E6ECC588B:01}

7:50黒斑山頂
{DA1DA4DA-5B58-4B14-A304-E383B4B83D7C:01}

ここからJバンドまでの稜線歩きがとにかく気持ち良かった
{20CF74F2-5987-441C-A570-B37990707FC7:01}

{D6A4A69F-FB24-4C12-B659-EB23F17CDC74:01}

{15280A96-A922-4BE2-B879-0840C5F95F55:01}
まるですり鉢の中にでっかいぷりんが鎮座しているよう

すり鉢のふちの外輪山(蛇骨~仙人岳)を歩く
{7E5FFBF8-55C3-4945-8CBF-D3F28769DEA7:01}

9:10
ここからJバンド をドロップ
{F97A6F2A-5194-4768-BAE0-019EC06F5BD3:01}

9:30
Jバンドを下りて振り返ると今通ってきた稜線が大迫力
{3FF4A037-DFC8-4A24-A63F-D794830A636A:01}

{1D70AB8B-1593-4B3B-8141-DC3E336F6E89:01}
すり鉢の底は芽吹きの時期を迎えた唐松の林と無機質な浅間山が相対的でなんともいえない幻想的な空間
{D3725F1E-0488-4016-AB66-747EE7DB27CA:01}
10:00
いよいよ浅間山取り付き
想像してたほどザレてないがひいふう

10:40
浅間山山頂と前掛山の分岐
浅間山山頂方面は入山禁止
右折して第2ピークの前掛山山頂を目指す
{2DDE5CC1-B769-4E2D-ACCA-4633B07FA6C4:01}

爆裂火口
硫黄岳のよりデカイ
{2EE58220-A6EE-4B4C-93F1-D9AF7BDF0B5C:01}

とにかく気持ちイイ
{7AEA1455-DA75-4AE4-9E84-BD9E16DB1789:01}
一応噴火に備えてヘルメット持参

11:00浅間山(前掛山)山頂
{42289D12-B44F-4B85-A454-A04DFA052BA3:01}
山頂は風が強くて寒かったけど地面に寝そべると地熱でポカポカ
昼飯食って下山開始

再びすり鉢の下まで降りて登り返す草すべりの急斜面
んー・・ドMだわ
{60649D94-3354-491F-82E6-40039AF0AB95:01}
それでもマップタイムを大幅に短縮し45分で登り返す

14:20
中コースにて無事下山となりました

浅間山って今まで敬遠してきたけど実際はとても面白い山でした
圧倒される景色もそうですが山の形状も変化に富んでいて飽きることもありません
今回のコースは登りごたえもじゅうぶん
すっかり浅間山のファンになってしまいました
今度は唐松の紅葉の時期や雪の季節を選んでまた訪れてみたいと思います





AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。