殺人罪などで起訴された男性被告に対する裁判員裁判の判決で、水戸地裁(根本渉裁判長)は28日、殺人罪の成立を認めず、傷害致死罪を適用し、被告に懲役8年(求刑懲役15年)を言い渡した。
 最高検のまとめでは、裁判員裁判で起訴罪名より軽い罪が適用されたケースは過去3件あるが、殺人罪の成立が認められなかったのは初とみられる。 

日本創新党との連携も たちあがれ平沼氏(産経新聞)
うつ病からの復職を考える(Business Media 誠)
<水俣病>第三者委員会座長に元水俣市長の吉井氏(毎日新聞)
無言電話1000回超=損保会社に、容疑で50歳男逮捕―警視庁(時事通信)
留学生が元首相らと蒸し料理体験=大分県別府市〔地域〕(時事通信)
AD