今週のメインエベント ~日本ダービー~

テーマ:

先週はまんまと府中で散在する羽目に(笑)。たいてい遠征すると結果はこんなものです(笑)。
今週は仕切り直しの一戦、そして日本競馬が最も盛り上がるとも言える、3歳馬ナンバーワン決定戦が今週の一本勝負です!


日本ダービー
の本命馬はサトノクラウンです!

過去10年のこのレースのデータから。


まず過去10年の連対馬20頭の前走レースは以下の5レースからしか出ていません。     


①皐月賞     (7,5,5,60)

②NHKマイルC (1,1,1,24)

③青葉賞     (0,3,2,22)

④京都新聞杯   (1,1,1,21)

⑤桜花賞      (1,0,0,1)


その他レースからのステップでの連対馬はおらず、これらのレースに絞って狙います。

ここからは一番の主要ステップと思われる①の「前走皐月賞組」と②~⑤の「前走その他ステップ組」にわけて傾向を見ていきたいと思います。

■前走皐月賞組

前走皐月賞組の連対馬のべ12頭の共通項は

○GⅠ馬を除き、前2走以内に芝1800m以上の重賞で連対経験あり

○前走4着以下に敗れていた馬は、前走4番人気以内

○芝1600m以上のレースで2番人気以内勝ちを経験

○「1800m以上の重賞で3着以内」を2回以上経験、うち一回は1着。また、うち1回は「東京コース」or「2000m以上」

該当馬はサトノクラウン、ドゥラメンテ、リアルスティール。


■前走その他ステップ組

前走NHKマイルC・青葉賞・京都新聞杯・桜花賞からの連対馬は8頭。その共通項は


○前2走とも6番人気以内。ただし2走前が500万下条件なら1番人気勝ちが条件。

○「前3走以内に芝1800m以上の重賞勝ち」or「前2走とも芝1600m以上の重賞を連対且つどちらかは1着。ただし、前走はGⅠに限る」の経験あり

○前走0.0秒勝ちor敗れていた馬は、前走3番人気以内が条件。

○キャリア5戦以上~10戦以内。

○父か母父がターントゥ系


該当馬はサトノラーゼン。

改めて該当馬は
サトノクラウン(ルメール)、サトノラーゼン(岩田)、ドゥラメンテ(Mデムーロ)、リアルスティール(福永)。

最後は騎手データです。

「4月~6月」「東京開催」「3歳限定戦」(過去5年)の騎手データを見てみると


  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

ルメール 18%-27%-31% /  72円- 45円 

岩田   10%-21%-29% /  96円- 77円

福永    10%-18%-30% /  49円- 68円 

Mデムーロ  7%- 7%- 7% /  90円- 34円


人気になることの多い4騎手。その為か回収値面はやや低い数字で一長一短。ただ、成績面では勝率・連対率で他を5ポイント以上上回ったルメールが頭一つ抜けた感じ。実際には国内免許を取った今年だけでの数字ですが、だからこそ今のこの条件にぴったりマッチしている騎手とも言えます。
いうわけで本命はサトノクラウンとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はグァンチャーレです。
前年の12月以降に芝1600m以上の重賞を勝っていた父か母父ロベルト系の馬で、このレース1~5枠の内枠に入った馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  9%-27%-36% /  95円-250円

該当馬の中でも人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
サトノクラウン

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=グァンチャーレ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また
消し馬(=キルクル)はポルトドートウィユです。
過去10回のこのレース、父か母父がヴァイスリージェント系の馬は(0,0,1,9)。中2週以内のローテーションで、前走負けて前走と同じ騎手が継続騎乗となった馬は(0,0,1,23)。血統面とローテーションに不安のある、この馬を消しとします。



クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~オークス~

テーマ:

先週も本命・穴馬は惜しくもなく来ず。それでも消し馬を消し切ったのなら調子は上向きと信じて、今週は久しぶりの府中現地参戦です!
メインは桜花賞を見事当てて、相性が良いと思われる3歳牝馬GⅠ・オークスです!ブログ予想ももちろん、渾身の一本勝負で!


オークス
の本命馬はクルミナルです!

過去10年のこのレースのデータから。
まず過去10年の複勝圏内入着馬の前走レースは以下の5レースからしか出ていません。
○桜花賞      (8,6,4,58)
○フローラS     (1,3,4,32)
○スイートピーS  (1,0,1,27)
○忘れな草賞   (1,0,0,10)
○皐月賞       (0,0,1,0)


これ以外レースからの複勝圏内入着例は無く、これらを相性の良いレースとして狙い、その他の組は消し。
ここからは前走桜花賞組と、その他の4レースを別路線組として、それぞれの好走馬の傾向を見ていきます。

■前走桜花賞組
複勝圏内入着馬のべ30頭中2/3近くの18頭がこの組から。18頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前3走以内に「重賞連対」または「OP特別勝ち」を経験

○前6走以内に「GⅠ5番人気以内」または「OP特別2番人気以内」を経験

○前走0.8秒以上負けていた馬は「1400m以上のの重賞勝ち」または「1800m以上のオープンクラスで連対」を経験

○前走5着以下の馬は「前2走以内に1400m以上の重賞連対経験あり」かつ関西馬に限る

○前走二桁人気で連対をはずしていた馬は2000m以上のオープンクラスで連対経験あり

○関東馬は「1600m以上のオープンクラス勝ち」または「1600m以上の重賞で連対」を経験

○キャリア4戦以内の馬は前走2着以内


該当馬はクルミナル、レッツゴードンキ。


■前走別路線組

07年の2,3着馬、01年の1,2着馬など波乱となるときは2頭以上の複勝圏内入着もあるこの組。12頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走牡馬混合重賞出走馬を除き、3着内かつ着差0.3秒以内

○前走負けていた馬は2走前は2着以内かつ着差0.3秒以内

○前走負けていた馬は2走前オープンクラスで2着以内または前3走すべて着差0.4秒以内

○前走負けていた馬は前走4角5番手以内。

○前3走以内に「上がり3Fタイム上位2位以内」を経験

○前走牝馬限定戦で7番人気以下の馬は、キャリ10戦以上。

○キャリア4戦以内の馬は連対率75%以上。

○前走オープン特別出走馬は「前2走連勝」または「前2走ともオープンクラスで連対」が条件

該当馬はシングウィズジョイ、ミッキークイーン。

改めて該当馬はシングウィズジョイ、クルミナル、ミッキークイーン、レッツゴードンキ。すべて前走連対していた馬が残りました。

ここまでキャリア4戦のクルミナル、ミッキークイーン。6戦のレッツゴードンキ。8戦のシングウィズジョイ。

ここで前走2着以内の馬に限った、このレースまでのキャリア別成績をキャリア4戦をボーダーに見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4戦以内 12%-24%-32% /  48円- 72円

5戦以上  7%-12%-21% /  81円- 76円


ここは成績面、とくに連対率・複勝率では10ポイント近い差をつけて上回ったキャリア4戦以内の組が上。


残ったのはクルミナル、ミッキークイーン。

前走上がり3Fタイムが2位だったクルミナル、3位だったミッキークイーン。

そこで前走2着以内かつキャリア4戦以内の馬に限った、前走上がり3Fタイム別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2位以内 20%-33%-40% /  80円- 73円

3位以下  0%-10%-20% /   0円- 71円


勝ち馬が出ていない上がり3Fタイム3位以下の組に比べて、実数で3頭の勝ち馬が出ている2位以内の組の方が断然の狙い目。

いうわけで本命はクリミナルとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はコンテッサトゥーレです。
前走桜花賞で上がり3Fタイムが5位以内だった関西馬で、前走と同じ騎手が継続騎乗となった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 18%-37%-50% / 142円-121円

該当馬の中でも人気のなさそうなこの馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
クルミナル

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=コンテッサトゥーレ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=高」



また
消し馬(=キルクル)はルージュバックです。
過去10回のこのレース、前走牝馬限定戦で5着以下に敗れていた関東馬は(0,0,0,34)。またキャリア4戦以下で前走芝1800m以下のレースに出走していた馬は(0,0,0,8)。前走時で底が見えた感もあるこの馬。さらにはキャリア不足のデータもあり消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメインエベント ~ヴィクトリアマイル~

テーマ:

先週は本命・穴馬が惜しくもなくハズレるだけでなく、消し馬1着と散々な結果。
しかし、一旦底をつけば、後は上がるのみ!今週は好結果となって、GⅠ後半週に向けて上昇気流に乗りたいと思います!
そんな今週もGⅠ一本勝負です!


ヴィクトリアマイル
の本命馬はショウナンパンドラです!


今回が10回目の開催となるこのレース。

というわけで過去9回のこのレースのデータから。


まずは前走からのレース間隔別成績について見てみると。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中2週以内  0%- 1%- 3% /   0円- 26円

中3~8週  9%-17%-25% / 123円-107円

中9週以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


休養明け初戦と言える中9週以上開いた組はぶっつけ本番すぎるためか複勝圏内入着例はなし。

間隔をつめすぎの感もある中2週以内の組も実数で2頭の複勝圏内入着例と好成績と言えず、狙いは中3~8週組。


また前走クラス別成績に注目。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦    0%- 0%-12% /   0円- 68円

OP特別  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

重賞    6%-12%-17% /  84円- 79円


さすがにGⅠとなれば前走条件戦では歯が立たず、OP特別についても複勝圏内入着例はありません。狙いは前走重賞組。


さらに前走重賞組の中でも、牝馬限定戦だった組と牡馬混合戦だった組とで比較してみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

牡馬混合 12%-18%-26% / 152円- 95円

牝馬限定  2%- 8%-12% /  44円- 67円

  

単純に考えて、牝馬のみのレースと、牡馬も交えてのレースでは明らかに後者の方がレベルが上。データ的にもその通りの数字で、狙いは前走牡馬混合重賞組。


次に前走から中3~8週の前走牡馬混合重賞組に限った前走着順別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

一桁着順 23%-34%-50% / 286円-179円

二桁着順  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


また前走から中3~8週の前走牡馬混合重賞組に限った前走4角位置取り別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

9番手以内 18%-25%-50% /  69円-172円

10番手以下 10%-10%-10% / 603円-144円


10番手以下の組からは07年勝ち馬のコイウタがでていますが、その一発のみで回収値を上げており、その点を考慮すれば成績が安定している前走9番手以内組が狙い目。この時点で該当馬はショウナンパンドラのみ。

いうわけで本命はショウナンパンドラとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はハナズゴールです。
前年の4月以降に芝1600以下の重賞で連対経験があり、前走から斤量減となった馬は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 16%-33%-41% / 295円-200円

該当のうち人気のなさそうな、この馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
ショウナンパンドラ

「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ハナズゴール
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また
消し馬(=キルクル)はレッドリヴェールです。
過去9回のこのレース、父か母父ノーザンダンサー系で前走4角10番手以下だった馬は(0,0,0,24)。前走から斤量増となった馬で前2走とも3着以下に敗れていた馬は(0,0,0,22)。脚質面の不利に加えてここ最近の不振も気になる、この馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

AD

今週のメイエンエベント ~NHKマイルC~

テーマ:

先週は気合いを入れての現地観戦でしたが、さすがに穴を狙いすぎたか惜しくもなく惨敗。
今週は・・・と思いながらも、ちょっと一発狙って大振りします(笑)。
今週も、GⅠ渾身の一本勝負です!


NHKマイルC
の本命馬はヤングマンパワーです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績に注目。

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

500万下  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

OP特別 0%- 2%-11% /   0円-161円

重賞   7%-14%-19% / 132円-128円


クラシック戦線とはやや格下に見られがちなこのレースですが、それでもやはりGⅠ戦。前走レースクラスは格上が好成績で、OP特別・条件戦からは勝ち馬も出ておらず不利。

ここでは前走重賞組が断然の狙い目。


次に別データとして、前走からのレース間隔別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

中2週以内  0%- 6%-12% /   0円-141円

中3~8週  7%-13%-18% / 149円-127円

中9週以上  9%- 9%-18% /  17円- 82円


中9週以上組からは昨年初めて1着馬・ミッキーアイルが出たものの、そのミッキーアイルは力が突出していたこともあって当時も断然の人気であったことから、回収値はあまり期待できない数字。ミッキーアイル以外は連対例が出ていないことからも、成績面にも全幅の信頼はおきづらい所。

その点でも成績・回収値とも安定していると言えるのは中3~8週組。


さらに前走重賞かつ中3~8週のローテーション組に限った前走人気別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4番人気以内 15%-24%-28% / 216円-112円

5~9番人気  6%-12%-12% / 243円- 93円

10番人気以下  0%- 5%-15% /   0円-307円


5番人気以下の組からはたまの人気薄の激走があるものの、その率は低く狙いづらい数字。

やはりその点では、前走時点で実力評価されている前走4番人気以内の馬が狙い目。


さらにもう一つ、前走重賞かつ中3~8週のローテーション組に限った、このレースまでのレースキャリア別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3戦以内 20%-20%-20% /  74円- 34円

4~6戦 10%-23%-28% / 229円-163円

7戦以上  7%-10%-14% / 158円-144円


3戦以内組は12年1カレンブラックヒル1着のみでこの数字。回収値面は他がかなり高い中期待できる数字ではなく、狙いづらいところ。

そうなると好成績かつ回収値面でも文句なしの高さとなっている4~6戦組が狙い目。


この時点で該当馬は、グランシルク、ヤングマンパワー。

前走ニュージーランドトロフィー組の2頭が残りました。前走4角16番手だったグランシルク、前走4角4番手だったヤングマンパワー。脚質的に両極端な2頭。

ここで前走ニュージーランドトロフィー組に限った、前走4角位置取り別成績を半分より前であったか、後ろであったかで比べてみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4角1/2以内 10%-14%-16% / 189円-157円

4角1/2外   0%- 0%- 5% /   0円- 38円


このレース自体後方からの差し切り例は少なくないものの、コース形態の異なる中山1600mコースで後方の位置取りだったことは不利に働くようで、このデータでは前走4角1/2以内の位置取りであった組が狙い目。
いうわけで本命は
ヤングマンパワーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はフミノムーンです。
前走芝1600m以下のオープンクラスで勝っていた、父か母父ミスプロ系の関西馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
  28%-28%-42% / 108円-457円

該当のうち人気のなさそうな、この馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
ヤングマンパワー

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=フミノムーン
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また
消し馬(=キルクル)はクラリティスカイです。
過去10回のこのレース、前走皐月賞で上がり3Fタイム6位以下で、前走騎手が継続騎乗となった馬は(0,0,1,12)。また、前走二桁人気だった父ノーザンダンサー系の関西馬は(0,0,0,9)。脚質面と血統面で不利となりそうな、この馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓

今週のメインエベント ~天皇賞・春~

テーマ:

今年も現地観戦!ここ2年は本命馬的中で楽しい観戦の思い出が出来ました・・・が、今年は果たして!?
もちろん、GⅠ渾身の一本勝負です!


天皇賞・春
の本命馬はラブリーデイです!

過去10年のこのレースのデータから。


過去10年、連対馬を出している前走コースは以下の5コース。

 レース名/着度数

①阪神芝3000m(3,0,3,45)

②中山芝2500m(3,5,3,34)

③阪神芝2000m(2,3,2,15)

④京都芝2200m外(1,1,0,4)

⑤(旧)阪神芝2500m(1,1,0,4)


⑤旧コースの阪神2500m戦からのステップはもちろんありません。また④京都芝2200m戦からのステップとなる馬は今回の出走馬にはいません。それらを除く3コースをステップとする馬を相性の良いステップとして狙い、その他ステップは消し。

ここからはそれぞれのステップのパターンについて、さらに見ていきます。

①阪神芝3000m(3,0,3,45)

のべ6頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走6番人気以内かつ10着以内

○前走負けていた馬は、2走前・3走前とも芝2000m以上のレースに出走して一桁人気かつ6着以内。うち1走は京都コースで条件戦勝ちorオープンクラス4着以内。

○父か母父がターントゥ系

○4歳~6歳馬


該当馬はラブリーデイ。


②中山芝2500m(3,5,3,34)

のべ11頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走10番人気以内かつ10着以内

○前走6番人気以下だった6歳以上馬は前走連対が条件

○3000m以上の重賞出走経験がある馬は、その3000m以上の重賞で5着以内の経験あり

○前走0.5秒以上負けていた馬は、過去1年以内に3000m以上の重賞で連対経験あり

○5歳以上馬で前走から斤量増となる馬は斤量~2kg増まで。

○前年の天皇賞・春勝ち馬を除き、4歳~6歳馬。


該当馬はアドマイヤデウス、サウンズオブアース。


③阪神芝2000m(2,3,2,15)

のべ7頭の複勝圏内入着馬の共通項は

○前走4番人気以内かつ前走着差0.5秒以内

○「前年に2400m以上のGⅠで4着以内」または「4歳馬に限って前年の菊花賞で着差0.4秒以内」の経験あり

○4歳~6歳馬


該当馬なし。


改めて該当馬はアドマイヤデウス、サウンズオブアース、ラブリーデイ。

アドマイヤドン産駒のアドマイヤデウス、ネオユニヴァース産駒のサウンズオブアース、キングカメハメハ産駒のラブリーデイ。

ここでそれぞれの産駒別の芝2600m以上(過去5年)のレース成績を比べてみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

キングカメハメハ   9%-19%-22% / 205円- 77円 

ネオユニヴァース  7%-18%-24% /  39円- 55円

アドマイヤドン   0%-16%-16% /   0円- 95円


勝率・連対率ベースでは最上位となり、回収値も高いキングカメハメハ産駒が狙い目。

いうわけで本命はラブリーデイとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はホッコーブレーヴです。
父か母父リファール系の馬で、前2走以内に芝2000m以上の重賞で上がり3Fタイム3位以内を経験していた馬の成績は
(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)
 33%-50%-66% /  93円-536円

唯一の該当馬である、この馬を穴で狙います。


予想評価(本命=
ラブリーデイ

「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ホッコーブレーヴ
「自信度=中」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=最高」



また
消し馬(=キルクル)はウインバリアシオンです。
過去10回のこのレース、前走敗れていた7歳以上馬は(0,0,1,39)。また、前走5番人気以下かつ上がり3Fタイムが6位以下で、前走騎手が継続騎乗となった馬は(0,0,1,11)。高齢に加え、脚質的な不利もありそうな、この馬を消しとします。




クリックお願いします!
↓↓↓