今週のメインエベント ~宝塚記念~

テーマ:

先週は本命にした4番人気馬が2着と悪くは無い結果。
これなら今週は・・・!?
そして、今週はいよいよ上半期の総決算となる一番です!

宝塚記念
の本命馬はメイショウマンボです!

京都開催だった06年を除く、過去9回のこのレースのデータから。

まず連対馬のべ18頭には以下のいずれかの実績がありました。 

①前走古馬混合のオープンクラスで3番人気以内で3着以内。

ただし(Ⅰ)オープン特別の場合は着差0.3秒以上で1着が条件。(Ⅱ)GⅢクラスの場合は阪神コースで着差0.2秒以内

②その年の天皇賞・春3着以内

③前年の5月以降に「重賞勝ち」と「GⅠ3着以内」を別の別のレースで経験し、且つ前走「GⅡ以上の重賞5着以内」or「GⅠで1番人気」


それぞれの該当馬は


①ウインバリアシオン、

②(上記2頭に同じ)

③ジェンティルドンナ、メイショウマンボ、ヴィルシーナ


改めて該当馬はウインバリアシオン、ジェンティルドンナ、メイショウマンボ、ヴィルシーナ。


ここで年齢別成績を見てみると

     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

3歳    0%- 0%- 0% /   0円-  0円 

4歳   11%-17%-28% / 198円- 75円 

5歳    2%-16%-21% /  19円- 43円 

6歳    8%-13%-21% / 108円- 69円 

7歳以上  3%- 3%- 3% /  12円-  5円


成績面・回収値面とも最も高い数字となっているのは4歳馬。とくに勝率・単勝回収値の高さから多少の人気薄でも1着突き抜けで高配当が期待できます。
いうわけで本命はメイショウマンボとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はヴィルシーナです。

前走4角2番手以内で、今回前走から距離延長となる馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  37%-37%-50% / 355円-110円

前に行った馬が穴をあけることも多いこのレース。先の該当馬4頭にも残ったこの馬を穴で。


予想評価(本命=メイショウマンボ
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ヴィルシーナ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はゴールドシップです。
過去10年のこのレースで前走4角10番手以下で、今回騎手乗り替わりとなる馬は(0,0,0,18)。前3走以内にGⅠ連対経験が無く、前走6着以下に敗れていた馬は(0,0,1,40)。前が残りやすいこのレースで前走位置取りの悪さ、さらにはここ最近の成績が振るわないことが不利に働きそうな、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~ユニコーンS~

テーマ:

いきなりですが、ここ4週で消し馬の成績が(2,1,0,1)。マズイ!
来週の総決算に向けて調子を取り戻すにはここで一発ホームランを打たねば!
というわけで、今週こその思いで渾身の一本勝負です!

ユニコーンS
の本命馬はコーンベリーです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走クラス別成績から

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦  4%- 6%-11% /  27円- 31円

オープン 7%-15%-23% /  30円- 53円


3歳ダート戦線のJRA重賞としては上半期最高峰と言えるこのレース。レースレベルは高く、前走条件戦は苦戦気味。


また前走オープンクラスの組に限った前走芝orダートコース別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

芝    0%- 4%- 7% /   0円- 20円

ダート 11%-20%-31% /  47円- 71円

前走芝コースからの転戦組は過去10年で1着例なし。狙いは前走ダートコース組。


さらに前走オープンクラス・ダート戦に限った前走着順別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

2着以内 24%-45%-63% / 103円-115円

3着以下  0%- 0%- 5% /   0円- 34円


先にも書いたようにレースレベルの高いこのレース。前走3着以下の馬からは連対例はなく、あって3着が2例のみ。ここは断然前走連対組が狙い。


この時点で該当馬はコーリンベリー、メイショウパワーズ。


ここで前走オープンクラス・ダート戦に限った前走騎手の継続騎乗or乗り替わり&東西厩舎別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続・関東 10%-20%-30% /  24円- 79円

継続・関西 17%-43%-56% /  63円-128円

乗替・関東  0%- 0%- 0% /   0円-  0円

乗替・関西 15%-15%-35% /  86円- 70円


このレースも他の重賞と同様に西高東低の傾向。さらに先にも書いたようにここはダート戦線上半期の最高峰。ここで乗り替わりとなるより、ここまで継続して乗ってきた馬の方に分があります。

というわけで狙いは関西馬の継続騎乗組。

この時点で該当馬はコーリンベリー1頭のみ。

いうわけで本命はコーンベリーとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はメイショウサルーテです。

前走条件戦出走馬であっても、前走ダート1600m以上のレースを2番人気以内で勝ち上がってきた馬は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

  18%-27%-45% / 110円-130円

前走高いレベルの勝利で条件戦を勝ち上がってきた馬にはチャンスあり。狙いはこの馬。


予想評価(本命=コーンベリー
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=メイショウサルーテ
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はペアンです。
過去10年のこのレースで前走3着以下に敗れていた父ヘイロー系の馬は(0,0,0,15)。また、今回中4週以内の出走で前走4角10番手以下だった馬は(0,0,0,27)。血統面と脚質面に不安なデータが揃った、この馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~エプソムC~

テーマ:

というわけで不調のままGⅠの中休みです(笑)。
まあ、どういうわけかは聞かない方向で(苦笑)。
なにわともあれ、この2週で調子を取り戻して上半期の大一番へ向かいたいと思います!

エプソムC
の本命馬はタマモベストプレイです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは前走人気別成績に注目。

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

5人気以内 12%-23%-31% /  99円- 77円

6人気以下  1%- 3%- 6% /   2円- 42円


宝塚記念を目指す馬、惜しくも安田記念に出られなかった馬が集まり、意外とレースレベルは高いのか、前走人気が低かった馬は好走が難しい様子。

ここは前走5番人気以内の馬が狙い目。


さらに前走5番人気以内の馬に限った前走クラス別成績を見てみると

    (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

条件戦   0%-20%-26% /   0円-104円

OP特別  8%-12%-24% / 116円- 55円

重賞   21%-33%-39% / 134円- 84円


先にも書いたようにレースレベルは高いレース。前走条件戦では勝ち馬は出ておらず、OP特別組は全体的にイマイチな数字。

狙いは前走重賞組。



また前走5番人気以内の馬に限った年齢別成績を見てみると

     (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

4歳   23%-38%-52% / 197円-116円 

5歳    9%-21%-24% /  87円- 60円 

6歳    5%-11%-23% /  19円- 77円 

7歳以上  0%- 0%- 0% /   0円-  0円


ここはこの時期にさらなる成長を見せる4歳馬が断トツの好成績。


この時点で該当馬はタマモベストプレイ(内田博)、マジェスティハーツ(横山典)。


最後は騎手データです。

「東京」「5~6月開催」「古馬混合重賞」(過去5年)の騎手データを比較すると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

内田博 13%-26%-26% / 174円-129円

横山典 11%-11%-18% /  92円- 44円


今年ダービー2勝目を飾った横山典ですが、古馬混合戦に限ると内田博の方が上。人気薄での好走例もあり、ヴィクトリアマイルのヴィルシーナでの優勝は記憶に新しいところ。
いうわけで本命はタマモベストプレイとしました。



また★馬(=推奨穴馬)はダノンヨーヨーです。

6月開催の東京芝1800m戦(過去5年)でダンスインザダーク産駒の成績は

(勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 36%-36%-45% / 173円- 78円


さらに前走上がり3Fタイムが出走馬中2位以内だった馬に限れば(3,0,0,0)の好成績。

例年荒れ馬場となって、外々を差してこれる馬が有利。先週雨の中開催された今の府中なら、なおさらこの傾向はハマリそうです。



予想評価(本命=タマモベストプレイ
「自信度=高」 「穴狙い度=中」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ダノンヨーヨー
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はマイネルラクリマです。
過去10年のこのレースで前走1.0秒以上負けていた馬は(0,0,1,49)。また前走から騎手乗り替わりとなる6歳以上の父ノーザンダンサー系の馬は(0,0,0,18)。前走大敗、加えて高齢の相性の悪い血統と不利なデータが重なるこの馬を消します。



クリックお願いします!
↓↓↓
AD

今週のメインエベント ~安田記念~

テーマ:

先週は気合いを入れて挑んだダービーで消し馬1着の大敗。
ここ2週消し馬1着の絶不調。なんとかこの流れを脱したいところですが・・・今週はやや苦手傾向のある安田記念、果たして不調脱出なるか!?

安田記念ー
の本命馬はミッキーアイルです!

過去10年のこのレースのデータから。

まずは過去10年このレースの複勝圏内入着馬の前走ステップレースは以下のように分類できます。

①国内芝GⅠ (4,0,1,20)

②海外GⅠ (2,2,2,24)

③1600m以上のGⅡ (1,4,6,37)

④京王杯スプリングC (2,3,1,43)

⑥その他オープン特別 (1,1,0,11)

これらのステップレースから出走する馬を狙いとし、その他ステップとなる馬はここで脱落とします。

ここからはこれら5つのパターンの複勝圏内入着例について、さらに細かく見ていきます。


■前走国内芝GⅠ

最も多くの勝ち馬を出しているのがこのパターン。

のべ4頭の複勝圏内入着馬に共通するのは

①前走5着以内かつ着差0.5秒差以内

②前走5番人気以内

③前走敗れていた馬は、今回騎手乗り替わり

④前3走以内に芝1400~1600mの重賞連対経験あり


該当馬はミッキーアイル


■前走海外GⅠ

外国馬の出走が多いこのレース。当然ながらほとんどの外国馬のステップはこの例に該当します。ちなみに日本馬に限ると連対率50%の好相性。

のべ6頭複勝圏内入着馬に共通するのは

①前年のこのレース勝ち馬を除き、前走3着以内

②芝1600m以下のGⅠ勝ち経験あり

③6歳~7歳


該当馬はなし。


■1600m以上のGⅡ

対象が幅広い分複勝圏内入着馬も多いこの組。

のべ11頭の複勝圏内入着馬の共通項は

①前走9番人気以内かつ9着以内。ただし7番人気以下の馬は3着以内。

②前走2着以内馬を除き、芝1400~2000mの左回りコースで重賞連対orOP特別勝ち経験あり

③前4走以内に重賞連対or芝1600mのオープン特別勝ちを経験

④父ノーザンダンサー系以外の馬は、前3走以内に上がり3Fタイム2位以内の経験あり

⑤前走京都コース出走馬は、前走3着以内かつ2走前or3走前にも重賞3着以内を経験

⑥関東馬は関東所属騎手が前走から継続騎乗


該当馬はエキストラエンド、ショウナンマイティ、トーセンラー。


■京王杯スプリングC

レース単体としては連対馬を最も多く出しているこの組。

のべ6頭の複勝圏内入着馬の共通項は

①前走6番人気以内かつ7着以内

②前走敗れていた馬は東京芝1600mのGⅠで5着以内を経験

③前走上がり3Fタイム2位以内

④父はヘイロー系以外


該当馬はなし。



■その他オープン特別

複勝圏内入着例は最も少なくレースの格からも高い次元のキャリアが必要となりそうなこの組。

のべ2頭の複勝圏内入着馬の共通項は

①前走6番人気以内かつ着差0.3秒以内

②前走がり3Fタイム2位以内

③前3走以内に芝1600m以上の重賞勝ちを経験

④前走と同じ騎手が継続騎乗

⑤前走から斤量増なし


該当馬はなし。


改めて該当馬はミッキーアイル、エキストラエンド、ショウナンマイティ、トーセンラー。


前走から斤量増となるエキストラエンド、斤量減となるミッキーアイル、同斤量となるトーセンラー。
ここで、前走からの斤量増減別成績を見てみると

   (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

斤量増   6%- 9%-15% /  38円- 68円

増減無し  0%-11%-17% /   0円- 80円

斤量減  14%-21%-21% / 308円- 93円


最も好成績かつ高回収値となったのは斤量減の組。

定量戦となるこのレース、前走別定戦・ハンデ戦でこれまでのキャリアから重い斤量だった馬、あるいは年齢的理由から、ここで斤量減となる馬はやはり有利。

いうわけで本命はミッキーアイルとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はエキストラエンドです。

先の該当馬4頭から、最も人気のなさそうなこの馬を穴で。


予想評価(本命=ミッキーアイル
「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=高」

予想評価(馬=エキストラエンド
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=中」



また消し馬(=キルクル)はワールドエースです。
過去10年のこのレースで3歳馬を除き、このレースまでキャリア10戦以下だった馬は(0,0,0,11)。また、前走から斤量2kg以上増となった馬で、このレースが初のマイルGⅠ出走だった馬は(0,0,0,8)。2つのデータから経験不足の不安が浮き彫りとなった、この馬を消します。


クリックお願いします!
↓↓↓

今週のメイエンエベント ~日本ダービー~

テーマ:

さあ、春の大一番・日本ダービーです!
堅い決着に終わりやすいこのレース、穴党としてはなかなか当てづらいところですが・・・今年は堅く狙って見ますか!?渾身の一本勝負です!!

日本ダービー
の本命馬はトゥザワールドです!

過去10年のこのレースのデータから。

まず過去10年の連対馬20頭の前走レースは以下の4レースからしか出ていません。     

①皐月賞     (6,4,5,63)

②NHKマイルC (2,1,1,24)

③青葉賞     (0,3,2,22)

④京都新聞杯   (1,2,1,18)

⑤桜花賞      (1,0,0,0)


その他レースからのステップでの連対馬はおらず、これらのレースに絞って狙います。

ここからは一番の主要ステップと思われる①の「前走皐月賞組」と②~⑤の「前走その他トライアル組」にわけて傾向を見ていきたいと思います。


「前走皐月賞組」

前走皐月賞組の連対馬のべ10頭の共通項は

○GⅠ馬を除き、前2走以内に芝1800m以上の重賞で連対経験あり

○前走4着以下に敗れていた馬は、前走4番人気以内

○芝1800m以上のレース1番人気の経験あり

○「1800m以上の重賞で3着以内」を2回以上経験、うち一回は1着。また、うち1回は「東京コース」or「2000m以上」


該当馬はイスラボニータ、トゥザワールド。


「前走その他トライアル組」

前走NHKマイルC・青葉賞・京都新聞杯・桜花賞からの連対馬10頭。その共通項は

○前2走とも6番人気以内。ただし2走前が500万下条件なら1番人気勝ちが条件。

○前3走以内に「芝1800m以上の重賞勝ち」or「芝1600m以上の重賞を2度連対。ただし、うち1回はGⅠ且つうち1回は1着。」の経験あり

○前走0.0秒勝ちor敗れていた馬は、前走3番人気以内が条件。

○キャリア5戦以上、10戦以内。


該当馬はハギノハイブリッド、マイネルフロスト。


改めて該当馬はイスラボニータ(蛯名)、トゥザワールド(川田)、ハギノハイブリッド(ウィリアムズ)、マイネルフロスト(松岡)

前走と同じ騎手が継続騎乗となるイスラボニータ、トゥザワールド。今回騎手乗り替わりとなるハギノハイブリッド、マイネルフロスト。

ここで前走騎手の継続or乗り替わり&騎手の所属別成績を見てみると

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

継続・関東  4%- 6%-11% /  90円- 55円 

継続・関西 12%-20%-24% /  55円- 79円

乗替・関東   0%-13%-18% /   0円- 70円 

乗替・外国   0%- 0%- 0% /   0円-  0円


3歳馬の頂点を決める大一番で乗り替わりとなるのは大きなマイナス。過去10年はおろか1985年のシリウスシンボリまで1着例はありません。

ここは前走継続騎乗が狙い目。中でも関西所属騎手の継続騎乗は、一番の好成績。

いうわけで本命はトゥザワールドとしました。


また★馬(=推奨穴馬)はワールドインパクトです。

前走芝2000m以上の重賞で連対していたキャリア6戦以上の馬で、それまで複勝率100%だった馬は

  (勝率-連対率-複勝率 / 単勝回収値-複勝回収値)

 25%-25%-50% / 163円-121円


良くも悪くも相手なりに走れる力は侮れません。




予想評価(本命=
トゥザワールド

「自信度=高」 「穴狙い度=低」 「応援・期待度=中」

予想評価(馬=ワールドインパクト
「自信度=低」 「穴狙い度=高」 「応援・期待度=高」



また消し馬(=キルクル)はワンアンドオンリーです。
先のデータにもあったように、過去10年のこのレースで前走皐月賞に出走し芝1800m以上のレースで1番人気の経験が無かった馬は(0,0,0,24)。また、ここまでキャリア8戦以上で4着以下を3回以上経験していた馬は(0,0,0,1,30)。世代最高峰のレース、実力評価をされないままの過程、くわえて堅実さに欠ける危うさ、2つのデータがマイナスとなりそうなこの馬を消します。


クリックお願いします!
↓↓↓