☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

ロンドンに来て誰もが驚くのがクリスマス当日。


イブの24日までは観光客や買い物客で

溢れかえっていた街が、一転静寂につつまれます。


12月25日午後5時頃の

ケンジントン・ハイストリート



というのも、


この日は一部のバスをのぞいてほとんどの

交通機関が終日運休なのです。


チューブ(地下鉄)の駅に行っても・・・



この通り。


でもこちらではクリスマスを過ぎても

年明けまでクリスマスデコレーションを残します。






毎年ノルウェーから送られて来る

トラファルガー広場のもみの木も、


近所の家のクリスマスリースも、


パブを彩るイルミネーションも、



アンティークショップのディスプレイも

この通りです。



今はあちこちでセールが開催され、

もとの賑やかなロンドンに戻りました。




さて、イギリスでは夏休みや年末などに、

各地で移動遊園地がオープンします。


レスタースクウェアにもやって来ました。


AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

今日はロンドン市内から

クリスマス風景をお届けです。


ここはロンドンのあちこちにある

ストリートマーケットの一つで、

チャペルマーケットと言います。

(最寄り駅は地下鉄ノーザン線のエンジェル)


通常は果物や野菜、雑貨等を売るストール(出店)が

並んでいますが、この時期はクリスマスツリーも登場。

写真に出ているのは全て本物の木です。

クリスマスイブの直前になっても買っていく人がいるのが

不思議です。




エンジェル駅近くにあるエンジェルフラワーにも

クリスマス関連の品物がたくさんです。





近所の家の玄関リース。




僕の家の最寄駅の一つが

このハイストリート・ケンジントン。

さすが高級なエリアに立地しているだけに、

駅の飾りつけも力が入っています。


それにしても洋風の建物には

こういうデコレーションがよく似合います。




このツリーがぶら下がった様な飾りつけも

なかなか面白いアイデアです。

思わず一枚!


AD
いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

クリスマスまであと数日。

今日はホテルの中で見つけた

クリスマスをご紹介します。


グランドフロアーのロビーに君臨する

クリスマスツリーです。

高さは約4メートル。

ツリーの下には、バーバリーや

有名デパート「リバティー」等の

ギフトボックスが置かれています。



この奥に見えるティーサロンは、

今年ロンドンでベストだと認定されました。


午後になると生演奏を聴きながら、

アフタヌーンティーを楽しむ人で

にぎわっています。



同じくロビーに位置する暖炉。

普段はアジサイなどの鉢植えの花が

飾られていますが、

11月頃から火が入ります。




6階スポーツクラブの一角に置かれた

クリスマス仕様のトピアリー。



6階応接スペースの暖炉上に飾られた

キャンドルアレンジメント。

薄暗い中に仄かに光るキャンドルの火、

とっても幻想的でした。





地上階のブティックです。

先週はゴールドを使ったアレンジだったので、、

今週はシルバー&レッドにしました。




エレベーター脇のミラー前では

赤のアマリリスが咲いています。

水で満たされたグラスの内側では、

赤の実物も色を添えています。



AD
いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

一輪挿しの感覚でいけてみました。



この緑色をした大輪の菊はシャムロックと言って、

こっちではとてもポピュラーな品種です。

ニューサイランを使って装飾を施しました。


一輪だけだと物足りないような時に、

葉を付け加えてみると随分印象が変わります。





白のミニバラにも似たように装飾。

こちらは茎に対してもっとタイトに巻きつけた

デザインにしました。


上の写真も下の写真も、

葉があるのとないのでは

大違いだと思いませんか・・・?

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

限られた留学期間を有効に使おうと思い、

今まで馴染んだ一つの花屋をやめ、

新しい場所に移りました。


今度のフローリストは店舗を持たず、

イベントワークを専門に手がけています。

ベッカムの結婚式、エルトン・ジョンのパーティー等、

今までの仕事も聞くだけでわくわくします。



昨日の装飾会場は、ハイドパークの脇にある

カジノでした。


メインはディナー会場の卓上装飾。

黒のテーブルクロス上に置かれた

赤と黒が基調のアレンジは映えました。


とてもモダンでスタイリッシュなデザインです。



バーコーナも



廊下も




使われた花材は赤バラのみで、

1500本位が使われたと思います。

とっても豪華な装飾でした。

いいね!した人  |  コメント(14)  |  リブログ(0)

テーマ:

先週の土曜日の午後、ホテルの一角で

ウェディング・パーティーがありました。

これはその数時間前の様子です。



夕方、近所にある別のホテルの宴会場に

一部の花を運んで設置しました。

昼過ぎから始まったパーティーは、

夜になっても続くのです・・・。







こちらのホテルの宴会担当者が

ルーマニア出身の女性だったのですが、


彼女曰く


「私の国ではカラー(花の名)を結婚式に

使うのはタブー。葬式用の花なのよ。」


国が違うと習慣も違うとはまさにこのことです。

いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

クリスマスが近くなったこの時期、

着色された枝や葉、花が増えてきます。


今週のホテル内のブティック用に作った

アレンジの一部です。



金に着色された葉を使い、

中心から何かがほとばしる雰囲気を

表現してみました。


赤い実の根元で顔をのぞかせているのは

金色になった蓮の実です。




一転してこちらは銀一色。

少しシックな感じ・・・。



丸いガラスの器の内側には

銀色の枝を何重にも回しています。

そこに銀色のあじさい(気付きました?)と

ベアグラスをいけました。


背景が暖色系なので、

目をひくアレンジになりました。

スポーツクラブの受付なので、

これ位で丁度いいかもしれません。


ちなみに先週はこの場所に

こういうものを作りました。

少し切れていますが、

この花瓶は高さが50センチほどの

縦長の白色ガラス製。

僕のお気に入りの花器の一つです。

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

コロンビア人のクラスメートから、

結婚式の花の手伝いを頼まれました。


花嫁さんは彼女の友人で、

同じくコロンビアから来た女性。


レストランでパーティーを開くので、

ブーケとアレンジが欲しい、

でも予算が・・・ということでの相談でした。

花を安く買う方法を聞かれたので

フラワーマーケット のことを話したところ、

2人とも興味津々!

結局3人で早起きして一緒に行きました。


色々な花を見て花嫁さんがまず選んだのは

白とピンクのツートンカラーのガーベラー。


その後に色味を合わせた

スプレーバラとハイペリカム、

それに花嫁さん希望のユーカリ等を

購入し、友人宅へ直行しました。



ウェディングブーケと、卓上花として

ミニブーケを3つ作りました。

ミニブーケは白のサイザル麻で茎を覆い、

四角い透明なガラスの器に入れて飾ります。



シンプルなハンドタイドブーケですが、

彼女はとっても喜んでくれました。


コロンビアというと麻薬がらみの犯罪が

多いというイメージが強いですが、

実は花の大生産地でもあります。

フラワーフェスティバルの時には

大勢の観光客で賑わうそうですよ。



いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

クリスマスまであと20日あまり。

もう至る所でクリスマスツリーを目にします。



ホテル内の団欒スペースにも登場。

暖炉にクリスマスツリーって、

とっても相性がいい気がします。

小さい頃に絵本でよく見たのが、

こんな光景でした。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。