☆ UK花留学 ☆ 

元サラリーマンのイギリス+フランス花留学日記。2004年から4年間のイギリス・フランス滞在記、そしてその後の花生活記。花留学役立ち情報も発信。


テーマ:

今回の地震で被害に遭われた皆様に、


心よりお見舞いを申し上げます。




現在様々な団体が募金活動をすすめていますが、


下記の2団体においてもネット上での募金が可能です。



国境なき医師団日本


国際協力NGO ピースウィンズ・ジャパン



☆ UK花留学 ☆ 

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

この冬の時期は空気が澄んでいるので

富士山が特にきれいに見えます。

翌朝、朝焼けに染まる富士山が見たくて

ちょっとだけ早起きしました。


☆ UK花留学 ☆ 

AM 6:26


☆ UK花留学 ☆ 

AM 6:40



北口浅間神社にお参りに行ったり、

名物の吉田うどんを食べたりしているうちに

午前中はあっという間に時間が経ち、

午後のレッスンとなりました。


今回はフラットな面を作るように花をアレンジ。

色はライムグリーンを中心としたグラデーションです。


☆ UK花留学 ☆ 


☆ UK花留学 ☆ 




横のラインが出るように花を配置したり、


☆ UK花留学 ☆ 


花で三日月を表現した方も。


☆ UK花留学 ☆ 

個性溢れた様々な作品が生まれました。


今回は時間にゆとりがあったので、

各自好きな場所に作品を置いてもらって

一眼レフで撮影を行いました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日は家庭画報の撮影がありました。


世界文化社のスタジオにてカメラマンの方、編集の方など

お馴染みのメンバーで進めていくこの時間がとっても好きです。


今は12月ですが、今回の撮影は3月号の表紙分。

佐々木さんが作る作品も、本当に春の気分に満ちたものになりました。


今回の撮影は非常に順調に進み、まだ明るいうちに終了!


夜は佐々木さんと、一緒にアシスタントをしている友人Hと3人で

美味しい中華と青島ビールを堪能しました。


今年1年の打ち上げです。





佐々木直喜さんのHPはこちらです。

定期的にギャラリーの写真が入れ替わっています。


→ http://www.naoki-sasaki.com/


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

11月の来日から約1ヶ月に渡り、

ダニエル・オスト ※関連のイベントワークが続きました。



ベルギー出身の世界的フラワー・アーティスト。

若い時からフラワーデザインの国際的な受賞を続け、

世界各国でロイヤルウェディングを初めとする会場装飾、

エキシビションを開いてきました。

日本では京都の仁和寺や東寺・金閣寺等で実施。



今僕が働いている花屋がダニエルと提携している為、

彼が日本でイベントを行う際の制作はうちの花屋。

大勢の人が文字通り徹夜で制作・設営を行うことも

しょっちゅうありました。


そして今回の彼の日本滞在での〆の仕事が、

この土日のうちの店舗での接客。

もちろんただ接客するのでなく、事前の店内の

コーディネートも全てダニエル流に。

彼がデザインした数々の作品をうちの店に運び込み、

様々な商品の置き位置や棚の配置まで

彼の指示に従って行っていきました。


この2日間、特に今日は彼と話す機会も多く、

様々な事を彼の言葉から、態度から、教わりました。

この嬉しい気持ちを忘れないようにと、

本を買ってサインを頂きました。

今、横に広げながら興奮気味にこれを書いています。


☆ UK花留学 ☆ 

会社をやめてイギリスにわたったのが今から6年前。

僕にとって花業界での最初のボスがポーラ・プライク という

女性フローリストでしたが、彼女がある日僕に

「私は彼の作品が大好きなの。本当にすごい人よ。」

と話ながら、ある写真集を見せてくれました。

それが僕がダニエルを知ったきっかけでした。


そんなこともあり、この二日間は

ポーラの事を何度となく思い出しました。



おおげさかもしれませんが、

ポーラが僕とダニエルをつなげてくれたような、

そんな気がしたのです。



ありがとう、ポーラ。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ハウスウェディング。


結婚式のスタイルで最近レストランウェディングと並んで

人気ですね。


ホテルほど堅苦しくもなく、家族や友人達との距離感が近く、

アットホームに演出できるのが人気の秘密です。


先日キヨミ(長澤家母)さん のブログを読んでいたら、

こちらではなんとご自宅でされていました。


まさに本当のハウスウェディングです。


その時の写真をキヨミさんのブログからお借りしてきましたが、

ぜひキヨミさんのブログを読んでみて下さい。


当日の食事のメニューも充実していて、

完成度の高さに驚かされます。


キヨミのガーデニングブログ-ハウスウエディングの画像


キヨミのガーデニングブログ-ハウスウエディングの画像


キヨミのガーデニングブログ-ハウスウエディングの画像

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

イギリスに留学した場合の住まいとしては、

主に次の3パターンが考えられます。


①学校の寮に入る

②フラット(ハウス)シェアをする

③ホームステイ



今日は③のホームステイについてです。



  
  ☆ UK花留学 ☆ 


  これは文字通りイギリス人を初めとする現地在住の人の家に

  住むことです。


  「現地の家庭の中に入って向こうの暮らしを体験してみたい」


  こういう希望を持ってホームステイを選ぶ人も多いですが、

  「こんなはずでは」と思う人も少なくありません。


  というのもホームステイを受け入れる家庭には大きく分けて

  2つのパターンが存在するのです。


  国際的な交流及び若い世代との交流を目的として

  ホームステイを受け入れる家庭と、経済的に苦しいために

  受け入れる家庭。


  家によって当たり外れが大きいのですが、外れはたいてい

  後者のパターンです。


  これはもうはっきり言って 運 です。


  日本にいて留学のエージェントを通じて手配をする場合には、

  万が一の場合(ホストファミリーとの折り合いや待遇が悪い)に

  どうしてもらえるかも確認しておく必要があるかもしれません。


  ちなみに運が良かった僕の友人は、家族と一緒に遊びに行ったり

  という交流が未だに続いています。

  

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

お久しぶりです。




先日職場を離れました。


これからは自分で少しずつやっていこうと思います。


この期待と不安が入り交じった気持ち、


自分がイギリスに留学していた頃と同じです。




今日から気分転換と人の仕事の手伝いを兼ねてイタリア・オランダに行ってきます。


2年ぶりのヨーロッパ・・・本当に楽しみです。


美しい街に足を運ぶことになるので、帰国したら写真をUPしますね。



それでは行ってきます。

いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

去年の2月から数ヶ月滞在したマルセイユ。

この港湾都市は様々な顔を持っています。

フランス第2の町、アフリカ・地中海への玄関口・・・。


僕が初めて訪れた時の第一印象は、

映画の世界のような華やかさ。

とにかくおびただしい数のボートに加え、

観光客でにぎわうカフェやレストラン。

イギリスには無かった光景でした。



☆ UK花留学 ☆

☆ UK花留学 ☆

☆ UK花留学 ☆


ただし夜になると雰囲気は一変。

8時を過ぎると表通りでさえ人が消えていきます。


「夜遅くはとにかく歩かないように」

「裏通りは気を付けろ」

よく友達からこう言われました。


アフリカが近い為に貧しい移民も多く住んでおり、

フランスで最も治安が悪いと言われています。


僕も時々フランス人の友達と歩いていましたが、

地元民と一緒でも緊張することがありました。


でも夜が明けると多くの人が活動を始め、

また活気に満ちた1日がスタートします。



いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロンドン滞在時にフラワーデザインの

コンペに応募したということを、

以前どこかで書きました。


そのコンペはベルギーの出版社主催で、

選ばれた作品が本となるのです。


それがInternational FLORAL ART。


そして最新号である08/09版に、

僕の作品も載りました。


テーマはアトランティス。


海の底に沈んでしまった大陸を

イメージして作ってみました。


本には全景写真が載ったのですが、

これは個人的に好みな近景です。



☆ UK花留学 ☆


International FLORAL ARTに

載っているデザイナーの国籍は、

ヨーロッパを中心に様々ですが、

特に目につくのがロシア。


なんでもロシアではこの本の評価が高く、

政府が助成金を出して多くのデザイナーに

出品を促したという話を最近聞きました。


とにかくこの本には美しい写真が多数あり、

花やアートに関心がある方におすすめです。


ぜひぜひ目を通してみてください。


大きな書店の洋書コーナーに

置いてあるかもしれませんので、

気軽に立ち読みでも。。。







いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

この時期のイギリスで咲き出すのがスノードロップ。

林の中や公園の片隅等で可憐な姿を現します。


☆ UK花留学 ☆

とある日の夕方に林の中を散歩していたら、

スノードロップの群生を見つけました。


夕闇の中で白く浮かび上がる花々、

まるで静かな音楽を奏でているようでした。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。