BRITISH NORI WAYS

イギリス・ロンドンで家族4人暮らしています。私目線の日々あれこれ・・・

気ままに不定期更新しています。頂いたコメントには必ずお返事をいたします♪


テーマ:

もう夏ですが、、



春の限定生カマンベール

LE RUSTIQUE de Printemps


赤白のギンガムチェックがアクセント♪

春限定といっても、ふつうのと同じ値段。1.5ポンド(270円)

売り場で、いつものと同じ棚にならんでました。


このメーカー、イギリスでもお馴染みブランドで、スーパーにきまってあります。カマンベールの中でもお値段一番安いかも。匂いがちょっと強めの生カマンベール。


久々にカマンベール食べたくなって買いに行ったら、

いつもとなんだか違う文字「de Printemps」が緑で書かれてあって、

蝶々なんかも飛んでるから、きっとこれは春バージョンなのかしら!?


と、調べたら、春の若草を食べた牛ちゃんのお乳で作る、春限定ものらしい。

ちなみに、「ノルマンディー旅行が当たる」キャンペーン中みたい。



フランス語は全然わからないけど、、、

要するに、日にちが経てば経つほど熟成されてトロトロになる生タイプ。


(昔、千歳空港で売ってた雪印の生カマンベール、よく買って食べたなぁ~とふと思い出しました。今もまだあるのだろうか??)




本当は、トロットロのを食べたかったんだけど、どうしても待てなかった・・。




案の定、好みの熟成度じゃ、全然なかった・・・・。残念。。


今度はちゃんとトロトロになってから食べようっと。




数日後に、郊外のファームショップでも見つけましたが、


なんとお値段4.49ポンド(800円以上)!!

スーパーで1.5ポンドなのにそんなにボッてるとわ!!

ファームショップって多少割高でも雰囲気に飲まれて(全部美味しそうに見えて)ついつい買いがちだけど

ここでの買い物は気を付けよう。。



で、気になる春限定のお味は、、、

普通のと食べ比べしていないからわかりませんが、ん~、、、普通のカマンベールの味でした。

匂い強いので臭いの苦手な人にはつらいかも。

我が家はみんな大好きです。


あぁでもやっぱりトロトロのが食べたい・・。また買ってストックしておこうっと。


フランスほどではないけど、ヨーロッパのいろんなチーズが食べられるイギリス、結構美味しいです♡


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

娘(12歳)のお気に入り。

サンドイッチのお店SUBWAYのアメリカンクッキー。




しっとりとして結構おいしい。


お店のレジ横のケースに入ってるデカサイズのクッキー、



1まい   49p(90円前後)

3まい   99p(200円前後)・・・1まい当たり33p(60円)

12まい  2ポンド99p(540円前後) ・・・1まい当たり25p(45円)


毎回、悩みに悩んで結局1ダース(12枚)を買ってしまう私たち。

ほんとは5~6枚でいいんだけど、あと1ポンド出せば倍も買える!?と思うと、、、つい。

(1枚分の値段が心理的な見せ値だということは重々承知してるんだけど・・)


直径9cm、かなりでかい。


見かけどおり、アメリケ~ンな大味なんだけど、このしっとり食感、結構はまります。

(今知ったんだけど、一枚220キロカロリーもあるらしい! ←知らなきゃよかったょ)



毎回「ステラおばさん」を思い起こさせるこのクッキー。

1ダースなんて我が家だけで食べきるワケないし、途中で絶対に飽きてポイしちゃうんだけど、忘れたころに、ふとまた食べたくなる、ジャンキーフード特有の負のサイクル。


ところで、、、

どこのフランチャイズのファストフード店でも感じることなのですが、

マックとかKFCとかピザ屋さんとかって、日本のはどこも清潔感があってハイカラ(←死語?!)な雰囲気があるのに、

外国のその手の店舗って全く日本と雰囲気が違ったりしませんか?

お店の立地にもよるけど、客層があまりよくなかったり、店内も結構雑多な感じだったり、、。


この間なんて、ロンドンのとあるKFCで食べてたら、ホームレスっぽい人が店内に入ってきて、テーブルの上に残されたお客さんの食べ残しを頂戴してました。。。あーカルチャーショックガーン 

でもま、それが世界の現実か。。


サブウェイも、日本だと、野菜もいっぱい食べられて、女性にも嬉しいヘルシー系だったりするけど、、

こっちのは、(エリアにもよるのかもしれませんが、)昼休みのガテン系のおじさんたちが、作業服でモリモリ食べてたりします。(日本でいうところの”ホカ弁屋de楊枝シーシー”っていうところでしょうか)


日本に上陸すると、どんな庶民的なお店も途端にオサレ系になるからあらびっくり目
必殺”横文字”マジックですかね!?


それにしても、サブウェイったら、サンドイッチが野菜たっぷりでヘルシーなのに、レジ横で売ってるクッキーのあのカロリーったら。あぁ矛盾・・・。


でも、子供用のキッズセットもあるのは嬉しいですね。


半分サイズのサンドイッチに、ドリンクとyoyo(のし梅みたいなフルーツ味のおやつ)のセットに、おまけつき。(←キャラクター柄のきんちゃく袋?なことが多い)


ハンバーガーよりは健康的でいいですね^^。


最近になってようやく、サブウェイの注文カウンターで緊張しなくなりました!


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ロンドン特別限定公演(12月~4月)の最終日に、家族四人で駆け込み観覧してきました。




「キャッツ」


一度見てみたかったミュージカル。

予想以上にものすごーくよかったです。


売店の売り子さんも、猫ちゃんのメイクでかわいかったネコ



観客の中には、猫のフェイスペイントした子供たちや、全身猫コスプレ(俳優さんと全く同じ衣裳)に身をつつみ、カツラとメイクもかなり完璧な熱狂的大ファンのお客さんも(一人)いました。


熱心なファンも多くいる、この大人気ミュージカル。

上映中は、もちろん撮影禁止だったので、開演前のステージしか撮れませんでしたが、

ここで猫たちのすばらしい歌やダンスのオンパレードが繰り広げられました。



毎回楽しみな、オケピット。

ステージ上の演技を見ながら指揮する指揮者の動きとか、その指揮者と俳優たちとの間取りとか見るのも楽しみのひとつ。


なのに、今回オケピ見当たらず!


キョロキョロ見回したら、ステージのちょうど正面に、指揮者の姿が映ったモニターTVが設置してありました。オーケストラ側にも、ステージを映したモニターがあって、お互いが見られるようになってるのでしょう。


「キャッツ」は、ステージ装置が複雑で、オケピットが通常の位置には収まらないから、

という理由が、どっかのサイトに書いてありました。




通常のミュージカルとは違って、セリフらしいセリフなし。(だから私にも楽しめたという話も。。)


ずっと歌と踊りの連続。(演奏休みなしでオーケストラも忙しそう~)


めまぐるしくかわるステージ展開で見ていて飽きません。8歳の息子もずっと釘づけでした。

あ、ちなみに息子、猫大大大好き少年にゃーなもんで、その分余計に楽しんでたかも。


猫ひとりひとり(匹?)の動きがほんと猫そのものだし、途中会場にまで猫たち来てくれるし、とにかく楽しかった~。




(暗くて分からないと思うけど、、)

インターバル(休憩)の時、ステージに残ったおじいちゃん猫(名前忘れました)とのふれあいタイム。

お客さんが順番にステージにあがって握手したり記念写真を撮ったりしてました。



いつものように、英語はほとんど聞き取れませんでしたが、、(特に歌って歌詞が全く入ってこなくないですか??)でも本当に素晴らしい作品で感動でした。


何がよかったかというと・・、

猫たちの歌と踊りがとにかく圧巻だし、猫ひとりひとりの、体全体を使った無言の演技もすごい。

俳優それぞれがいろんなところで小芝居しているのをひとつひとつ見るのがまた楽しい。これは一度見ただけじゃ全猫制覇は無理ですね、、。


詩を全員で朗読するシーンでは、英語の詩のもつ美しさにほんとうっとり。。。

(意味は殆ど分からなかったけど^^;)ライム(韻)やリズムがほんとに綺麗!


そして、アクターたちの手足の長さにもうっとり。。。



歌、ダンス、演劇、というミュージカルの要素がギュギュっと詰まった作品でした~。



ロンドンでまたロングランしないかな。


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

子供らの春休み(イースターホリデー)もやっとこ終わり、通常運営をスタートさせた我が家です。


朝早く起きる必要もなく、学校&習い事の送迎地獄からしばし解放されるホリデーって結構幸せ~♡

(子供の送迎ってほんとこれが結構しんどい。毎日が、おかかえ運転手生活・・。)


でも、そんなまったりホリデーも、4~5日もすると、、、、、


子供たちの昼ごはんの世話やらおでかけ、日々の姉弟喧嘩に段々うんざりしてくる。


それでも、毎回そのお休みが終わりに近づくと、お休みが終わっちゃう寂しさを感じたりもします。


まーだいたいこんなのの繰り返し、の私の子育て日常。



でもでも、やっぱり昼間のまったりフリータイムは嬉しい~☆


祝!back to normal! 

というわけで、久々にパン焼きました。


私の場合、単にパンを”作りたい”場合と、自分が”食べたい”場合とがあるんだけど、

今日は、単に、”作りたい”日でした。


だから、子供のリクエストをとりあえず聞いてあげました。



(やや焦げ・・。)



ミルクたっぷりほんのり甘い「おやつパン」。レシピは、クックパッドさんより適当に。


牛乳は、青ラベルのfull fat(市販で一番濃いやつ)←賞味期限切れてたけど大丈夫だった、はず。

バターは発酵バターのpresidentを使用。


私個人的には、バターもミルクもあまり入らない、シンプルパンが好みなのですが、

たまにはこういうリッチ系もおいしいね~。


と、焼き立てをさっきからパクパク試食。


ひとくちサイズだからホイホイ食べちゃってかなり危険!



長く焼いたやつは、袋に入れて息子のおやつに。

日本で売ってるスティックパンだと、未だに信じてるからおかしい、、。

こんなに形もいびつで不揃いで、しかも隣にひとくちサイズのがおいてあっても、たとえ家じゅうが

焼き立てパンの匂いでいっぱいでも、

それでも”ママ作”ってのが気づかない、うちのピュアボーイ、、。もう8歳なんだけどね・・。


日本から届いたよ~^^って、今日もとりあえず言っとくか。



みなさん、よい週末を!

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

春が来たというのに、まだ冬もののダウンジャケットが手放せない、寒の戻りのロンドンです。



前回 のつづきです。



スーパー(セインズベリーズ)にて見つけたコラボバッグ。

↓↓↓



LULU GUINESS X Red Nose Day コラボ エコバッグ 


エコバッグに5ポンドは高い方だなぁと思いつつ、つくりが結構しっかりしていて、

内ポケットもついていてなかなか質がよさそう。





ヒョウ柄はやめてこちらの2つを購入。

目がギョロっとしててちょっと怖い、、けど。




持ち手も長くて使いやすそう♪



また買っちゃったょエコバッグ。。。限定ものに弱いです。



ところで、エコバッグって和製英語?だよね、やっぱり?


イギリスに来てすぐに、テスコでテントウムシのジュートバッグ買おうとして、店員さんに

「eco bagどこですか?」ってきいたら分かってもらえなかったので、

「えっと、えっと、ecologyでrecycleなbag bag」って必死に伝えたら、連れて行かれたのは

ごみ袋(recycling bag)売り場でした・・・・。確かに。

re-まで言えたのに、reuse っていう単語がとっさに出てこなかった。


正しくは、eco-friendly bagとか、reusable shopping bagとか、テスコのそれなら、jute bag が一番よいでしょうね。

『マイバッグ』ってのも、しっかり和製英語です。

一時帰国の時、とあるスーパーで、レジのおばさんが早口に、「マイバッグお持ちですか?」って(やや攻撃的に)聞いてきて、なんのことか一瞬分からなくて、「い、いえ、、」って答えた時の、非国民を見るような目でレジ袋を取り出す態度がちょっと怖かった・・。袋有料ですけどいいですか?ってまた事務的に早口に聞いてきて、なんだか居心地悪かった。。

てっきり”マイバッグ”っていう特別なバッグでもあるのかと思いました。your own bagなら意味通るんですけどね。(って別に英語かぶれてるわけではありません。)

でもその手のスーパーで、レジ袋もらうと、それだけで地球を汚してる張本人みたいな目で見られるような気がして怖い~(笑)。


イギリスにはエコバッグもどこでもたくさん売ってて、みんなうまく利用しているけれど、まだまだレジ袋利用者も多く、進んでそうでいて、結構エコ後進国かも。ゴミの分別もすごく緩いし。

レジ袋有料のお店も増えてきたような気もしますが、スーパーはまだまだ無料で放出中。

その代り、レジ袋(plastic bag)はとっても弱くて、すぐ破れる からほんとにゴミになることも多いのが困りもの。


だから、強くて丈夫で穴の開いていない、日本のレジ袋はかなり貴重品です。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。