生活保護受給者の自殺率(10万人当たりの自殺者数)が、全国民平均の2倍以上高いことが9日、厚生労働省の調査で明らかになった。2008年は受給者54.8人に対し、全国民平均は25.3人。同省は「自殺要因の一つである精神疾患の割合が、受給者で高いことが影響しているのではないか」と分析している。生活保護受給者の自殺率公表は初めて。
 調査結果によると、08年の生活保護受給者153万7893人のうち843人が自殺。自殺者の68.9%に当たる581人が何らかの精神疾患を抱えていた。同年の精神疾患の患者数の割合は、全人口が2.5%だったのに対し、生活保護受給者は16.4%と際立って高かった。同省は、貧困などが精神疾患を引き起こしたケースもあるとみている。 

【関連ニュース】
自殺者最多は3月1日=休日は減る傾向
ホームレス、全国で1万3000人=減少幅は過去最大
自殺者、6カ月連続減少=東海、北陸、関西は増加目立つ
犠牲者10人の冥福祈る=「たまゆら」火災から1年
つらさ乗り越え自殺予防へ=遺族支援で集い

与謝野氏が自民離党届=谷垣総裁に提出(時事通信)
明細書発行で「医療が良い方向に」―全自病・邉見会長(医療介護CBニュース)
社民党がサイパン、テニアンに視察団 受け入れ意思の再確認で(産経新聞)
UDトラックス、プロジェクトマネージメントを新設組織改正(レスポンス)
コンビニ侵入に失敗の後、路上強盗を自作自演(産経新聞)
AD