気象庁は24日、西日本などに大雨をもたらした低気圧が紀伊半島付近の海上を東に進む影響で、北日本(北海道と東北)で25日にかけ大雨になるとして、河川のはんらんや土砂災害などに警戒を呼び掛けた。
 気象庁によると、この低気圧は25日には東北地方の太平洋沿岸を北東に進み、同日夜には北海道の南東海上に達するという。
 北日本では25日にかけ、雷を伴う1時間に30ミリの激しい雨が降る見通し。北日本太平洋側での、同日午後6時までの24時間予想雨量は多い所で150ミリになる。
 また北日本では25日にかけ、東北の太平洋側で最大風速20メートルが予測されるなど、海上を中心に風が強くなり、26日にかけ大しけとなる見込み。 

【関連ニュース】
時事ドットコム天気予報・関東甲信越の天気
時事ドットコム天気予報・東北地方の天気
時事ドットコム天気予報・北海道の天気
時事ドットコム天気予報・東海地方の天気
時事ドットコム天気予報・近畿地方の天気

【風】体調より「感染差別」が不安(産経新聞)
福島氏罷免の可能性強まる、社民に連立離脱論(読売新聞)
児童ポルノ誘導で新たに7サイト削除依頼 警視庁(産経新聞)
麦わら帽子 生産が最盛期を迎える 愛知県蟹江町(毎日新聞)
普天間移設、負担受け入れ知事ゼロ…本社アンケ(読売新聞)
AD