千葉県茂原市のごみ処理施設「長生郡市環境衛生センター」で、コンクリート壁とアスファルトの地面のわずかなすき間から伸びたシクラメンが濃いピンクの花を咲かせ、職員らを驚かせている。

 計量所の一角で、吹きだまりのような場所。運び込まれるごみに種が入っていたのか、いつの間にか雨水を頼りに根を張った。数年前からこの時期になると毎年開花するという。

 「内気」「はにかみ」「遠慮」という花言葉を思わせる場所に咲いたシクラメン。世話する人がいなくても、名曲の歌詞にある「疲れを知らない子供のように」たくましく育っている。【吉村建二】

【関連ニュース】
菰野町のシクラメン農家・増田康典さん /三重

【from Editor】講師をして教えられたこと(産経新聞)
<インフルワクチン>来季は季節性と新型の3種混合に(毎日新聞)
弁護士6600万円横領か=死亡女性の遺産管理中-愛知(時事通信)
パナソニック、ストラーダチュー ン搭載のAV一体型ナビ3機種を発表
<京都府警>3人を懲戒処分 窃盗事件の証拠品599点紛失(毎日新聞)
AD