木を焦がす

テーマ:

庭が広く家事負担の少ない家で

焚き火生活が出来ますが

煙と煤で大変な時があります。ゲホゲホメラメラ

せんべいの缶が手に入ったので

炭を作ってみようと思いました。ニコニコひらめき電球

 

暖を取る焚き火のついでに木の入った缶を

約1時間加熱しました。

翌朝、残念ハートブレイク

 

再度加熱する事約3時間メラメラメラメラメラメラ

煙モクモク

タールかな?不思議な燃え方をする液体です。

冷えてから蓋を開けたら大成功でした。クラッカーニコニコ

蓋に付いている焼付け塗装のような漆黒より綺麗な煤は手に付きません。

炭も手が汚れない綺麗な炭です。乙女のトキメキ

使うのが勿体無いですね。べーっだ!

 

鍋の煤も落とすのが面倒になってました。

今度から気持ちよく料理出来るかなかおはてなマーク

こんなに薪がいるならロケットストーブにしなさいですねw。

 

 

 

ついでに焼いた牡蠣の殻は真っ白目ビックリマークラブラブ

噂どおりびっくりの白です。建材に使いたくなるのが分かりますね。

 

 

 

AD

宮崎~福岡の観光高速バス電車
往復で4800円
視察の前日に福岡に入った。


隣の人の髪がバサバサ降りかかってきたが、えっ

福岡の夜更けは早く楽しかった。ラブラブ!ルンルンラブラブ


さて、当日は聴覚炎症状態かお耳オバケでメーカーさんへ。リムジン前
倉庫が展示場でカーペットとカーテンが沢山。


ちょびっと仕入れして
縫製工場の見学です。

サーとヒートカットしてハサミメラメラ

ターと裾縫い魚しっぽ魚からだ魚あたま

シューと芯付け

タタターと耳縫い

シュシュッと染み抜き

などなど
綺麗に早く仕上がる設備です。
もう、自社で縫製する気無くします。(笑)


しかし更なる目標は硬くなり!!

今回の旅費交通費(出張は食費含む)はかたつむり

目標の1万円以内で納まりました(^o^)¥音譜

AD

割って箸を作る

テーマ:

2年前に頂いた

樹齢何百年以上の

東北の参武杉。

「これで箸を作りなさい。切らずに鉈で割るとじゃ。」

と言われていたので

箸をつくってみました。

先ず、箸の長さ22cmに伐ります。手裏剣

鉈を金槌で叩き込み割ります。

更に鉈で楔を打ち込むように割っていきます

更に細かく割っていきます。

細やかな年輪ですが、ゴボウのように柔らかいです。

切り出しナイフで形を細かく微調整します。

更にペーパーをかけます。

良い感じに仕上がり

使い心地も軽く柔らかく満点でした。

さらに自然乾燥で締まると思います。

これでお正月の準備万端です。

イヒラーメンラブラブ

 

 

 

 

AD

銀杏の木 を貰う

テーマ:

「うっちゃんにこの木あげる。」と

銀杏の実が沢山取れるこの木を頂く事になりました。


銀杏の葉っぱは遠くまで飛ぶそうで
近所迷惑になる

実が沢山落ちる(今年はダンボール2箱分)


掃除に疲れたので撤去を決心

ウエストは約2775mmです。

と言う事は直径が約883mmということですね。

年輪1年が2mmだとしたら

樹齢220年かも?約200年ということになります。

 

さて撤去といっても銀杏の命を大切に活用したい

と思いましたが。

 

伐採しても売れるまで2~3年以上掛かる

そのリスクを背負えるかです。

伐っても不良品が多いという銀杏です。

昔は庭木は財産となっていました。

銀杏と言えば

まな板 ですが、

食品加工所では保健所が

木でなくプラスチックのまな板を使わないと許可しない時代になっています。

 

伐採業者探しが始まりました。

1軒目は初期投資が必要です。ハートブレイク

2軒目も1本だけだと間違いなく赤字ハートブレイク

3軒目 山の丸太を伐っているお方が見にこられました。目
また木こりを連れてくるとのことでした。
きこりさんに出逢った事が無いので楽しみです。

 

これにしても見に来られた老人は木の博士のようなお方で何を話しても面白いラブラブ

この木は銀杏が沢山取れるので雌株ですが、

 

ズボンをはいた男の子

スカートはいた女の子

一本の木でもオスメスの葉っぱが混同してるのですね。

銀杏の実によるその次の子孫のオスメスの見分け方も教えてくださいました。

落ちた銀杏が沢山発芽してました。
個人宅には銀杏の木は向かないようです。
さて、銀杏の行方は如何に?続くかたつむり


 

 

 

 

板倉構法講習会 IN熊本

テーマ:

先日、まだまだ地震の痕跡がある熊本にて
板倉構法講習会に参加。
板倉構法は伝統構法の木造プレハブです。
(ちなみに、校倉はログハウス)
現場建て込みが早く移設、リサイクル出来ます。
木のストックがあれば復興の早い家になります。


木材のみの板倉構法の外壁で防火構造の認定も取られてます。
しっかりとレシピに従い建築すれば防火性能がありますが、

木の特性をしっかりと理解しなければなりません。


木の温もりは勿論の事。
空間の快適さは冷暖房の節約にもなります。


法律が木を認める方向に少しずつ変わっていってるようです。


木の外装仕上げが可能な板倉のお家は町並みを魅力的に変えてしまう程です。
可燃住宅と心配ならば更に土や漆喰を塗る事も出来ます。

樹齢100年の木までもがバイオ燃料に使われると言う危機的状況にある森林事情。


森林を守るためにも
木の温もりがある板倉構法の家を取り入れて頂けたらと思います。





建築士会全国大会が隣県

と言う事で参加してきました。

AMの会は街中(空き家)まちづくり部会セッション

空き家と言えば古民家がターゲットとなります。

なので場所的にちょっと不便な山の中が多くなります。


?

町のファンを作ることにより

よそ者のサポートをするのがまちづくりなのではないか?

という言葉が心に残りました。

空き家持ち主の協力が一番必要で

それを求める借主・買主とのコーディネートが大切なところです。

その情報を取りまとめ行政にも協力を求めたりと

ほぼ、ボランティア的な仕事を精力的に行動に起こす建築士さん達でした。
何十年と取り組み事業化しつつあるとのことでした。

PMの会は

歴史まちづくりの会で

栄えある第1回でした。

これもまた凄い内容で

古民家をまちづくりに

10年以上コツコツと成功させた方々の報告で

根気に敬服です。

反対していた町の人達が

苦労した甲斐があったね。

と協力的にまちおこしをしているとのことでした。


医療宿泊にも取り組みが始まるところが出来るそうで

伝統工法が見直されるきっかけになると嬉しいですね。

鳥取県の建築士さん達が

全国大会に向かう途中、地震のため

全員鳥取県に戻られたそうですが

3100人の建築士さん達が集まってました。

建築士ですが、建築士さんに憧れを抱いてしまう大会でした。

旅の食事 IN愛媛

テーマ:

どんなところに行っても食事は大切です。

行き当たりばったりでしたが、

 

初日のランチは三崎港から20分のところにあった

風車のしらす丼

しらすがフッワフワうお座くもりニコニコラブラブ
しらす丼だけでもボリュームありました。うどんセットは欲張りすぎましたあせる

夜は道後温泉前のアーケイド街で写真無しイヒ

 

2日目朝コンビニサンドイッチカクテルパン

 

3日目のランチは

道の駅 天空の郷さんさんの

よもぎや の まいたけ天ぷらうどんラーメン割り箸ニコラブラブ

 

4日目のランチは

牡蠣やホタテや鯛めし

美味しゅうございました。

眺めも最高です。

ここから佐田岬方面に車で数分ほど行くと

綺麗な山に100%日本家屋が点在する絶景がおーっ!恋の矢

とても印象的な風景でした。停めて写真を取ればよかったと後悔するほどの

美しい風景でした。

道の駅で買ってしまった

ピンポン玉より1mm小さい

37mmの飴を食べてしまったばかりにハートブレイク

食べ終わるのに1時間も掛かるような飴を食べてしまったばかりにあせる

なんでこんな所で罰ゲームみたいなことをしてしまったのだろうとばかりに汗

それどころでは無くなり

閉じられない口で叫びながら通り過ぎました。えーんハートブレイク

 

 

愛媛観光 鹿島

テーマ:

四国3日目の夕方は

伊予北条のシーパ天然温泉で登山とお遍路の汗を流し・・・。

絶景の夕日を見そびれてしまいました。びっくりハートブレイク

 

宿はhttp://www.setouchi-matsuyama.com/experience/29242.php

鹿島です。検索でもなかなか引っかからない小さな島です。

対岸の港が見える港は鹿が見守るフェリーで7分で渡れます。

人のみですから荷物が多いお方はフェリーレンタルのリヤカーを使ってました。かたつむり

海とcafeにお邪魔しました。

マスターは一度、六帖軒に遊びにいらしてくださった事があり、

そのご縁でまた再会することが出来ました。

おもてなしに感謝です。

 

鹿島はキャンプ場と海水浴場があり

トイレやシャワーなどの設備は整ってますが

管理棟が無く自由に使えるそうです。

 

芝の管理は鹿君で

とても綺麗な景観づくりをしてました。

置物みたいなお父さん鹿でした。やぎ座

登山も楽しめます。というか散歩ですね。

 

海水浴場は太平洋と違い波も無く、

お子さん連れは安心して遊べますね。

絶景ポイントの西海岸は入れないみたいです。勿体無いですね。

北の海岸は魚釣りのお方が多かったです。

 

尽きぬ話題に時間は瞬く間に過ぎて

翌朝9時には島を後にしました。(。´・∀・)ノ゙ バィバィ~

 

 

 

 

愛媛観光 内子町

テーマ:

四国上陸の初日、

石鎚登山にあたり

お遍路を計画し

その途中にあった内子町に行って見ました。車ラブラブ音譜

素敵な町並みです。

更に奥に歩いていくと

びっくりの美しい町並みが現れましたヽ(*'0'*)ツ恋の矢

 

内子町は、愛媛県の南予地方に位置する町。

ハゼの流通で財をなした商家が建ち並ぶ町並み保存を手かがりに、

白壁と木蝋のまちづくりを進めてきた。ウィキペディア
だそうです。

 

圧巻の芸術的な町並みです。

お遍路を計画するまでは存在を知りませんでした。真顔

洗い出しに自然石の基礎石。美しいですね。

更に

内子座。まるでジブリです。

 

もうお遍路はまたにしよう。と一軒だけ廻り。

道後温泉に行き

シナモンゲストハウスに泊まり

24日の石鎚登山に備えました。

 

 

 

 

 

四国お遍路 五十二番 太山寺

テーマ:

四国4日目の最終日

2軒目のお遍路は

五十二番札所 太山寺 です

ここから更に奥に駐車場があります。

前日の石鎚登山で更にガチガチになった足に鞭打ち

階段を上がります。カメあせる

広い境内に鎌倉時代に建立された立派な国宝の本堂です目ラブラブ

こちらは室町時代のもの

鬼瓦の建物もありました。戦国時代かな?

更に上に大師堂です。

登ると

絶景ポイントでした。

隣には素敵な茶室がありました。残念ながらお休みでした。

門の鍵が良いですね。

灯篭も素敵です。

 

お天気にも恵まれ

目標が達成出来てホッとしました。

4日も休んじゃいかんじゃろう思いましたが、

商売繁盛の祈願もしたから大丈夫だと思います。

冥土に旅たつ時に着る衣装も朱印が増え少し安心です。

 

今度はいつ行こうかな~もぐもぐ