旅の食事 IN愛媛

テーマ:

どんなところに行っても食事は大切です。

行き当たりばったりでしたが、

 

初日のランチは三崎港から20分のところにあった

風車のしらす丼

しらすがフッワフワうお座くもりニコニコラブラブ
しらす丼だけでもボリュームありました。うどんセットは欲張りすぎましたあせる

夜は道後温泉前のアーケイド街で写真無しイヒ

 

2日目朝コンビニサンドイッチカクテルパン

 

3日目のランチは

道の駅 天空の郷さんさんの

よもぎや の まいたけ天ぷらうどんラーメン割り箸ニコラブラブ

 

4日目のランチは

牡蠣やホタテや鯛めし

美味しゅうございました。

眺めも最高です。

ここから佐田岬方面に車で数分ほど行くと

綺麗な山に100%日本家屋が点在する絶景がおーっ!恋の矢

とても印象的な風景でした。停めて写真を取ればよかったと後悔するほどの

美しい風景でした。

道の駅で買ってしまった

ピンポン玉より1mm小さい

37mmの飴を食べてしまったばかりにハートブレイク

食べ終わるのに1時間も掛かるような飴を食べてしまったばかりにあせる

なんでこんな所で罰ゲームみたいなことをしてしまったのだろうとばかりに汗

それどころでは無くなり

閉じられない口で叫びながら通り過ぎました。えーんハートブレイク

 

 

AD

愛媛観光 鹿島

テーマ:

四国3日目の夕方は

伊予北条のシーパ天然温泉で登山とお遍路の汗を流し・・・。

絶景の夕日を見そびれてしまいました。びっくりハートブレイク

 

宿はhttp://www.setouchi-matsuyama.com/experience/29242.php

鹿島です。検索でもなかなか引っかからない小さな島です。

対岸の港が見える港は鹿が見守るフェリーで7分で渡れます。

人のみですから荷物が多いお方はフェリーレンタルのリヤカーを使ってました。かたつむり

海とcafeにお邪魔しました。

マスターは一度、六帖軒に遊びにいらしてくださった事があり、

そのご縁でまた再会することが出来ました。

おもてなしに感謝です。

 

鹿島はキャンプ場と海水浴場があり

トイレやシャワーなどの設備は整ってますが

管理棟が無く自由に使えるそうです。

 

芝の管理は鹿君で

とても綺麗な景観づくりをしてました。

置物みたいなお父さん鹿でした。やぎ座

登山も楽しめます。というか散歩ですね。

 

海水浴場は太平洋と違い波も無く、

お子さん連れは安心して遊べますね。

絶景ポイントの西海岸は入れないみたいです。勿体無いですね。

北の海岸は魚釣りのお方が多かったです。

 

尽きぬ話題に時間は瞬く間に過ぎて

翌朝9時には島を後にしました。(。´・∀・)ノ゙ バィバィ~

 

 

 

 

AD

愛媛観光 内子町

テーマ:

四国上陸の初日、

石鎚登山にあたり

お遍路を計画し

その途中にあった内子町に行って見ました。車ラブラブ音譜

素敵な町並みです。

更に奥に歩いていくと

びっくりの美しい町並みが現れましたヽ(*'0'*)ツ恋の矢

 

内子町は、愛媛県の南予地方に位置する町。

ハゼの流通で財をなした商家が建ち並ぶ町並み保存を手かがりに、

白壁と木蝋のまちづくりを進めてきた。ウィキペディア
だそうです。

 

圧巻の芸術的な町並みです。

お遍路を計画するまでは存在を知りませんでした。真顔

洗い出しに自然石の基礎石。美しいですね。

更に

内子座。まるでジブリです。

 

もうお遍路はまたにしよう。と一軒だけ廻り。

道後温泉に行き

シナモンゲストハウスに泊まり

24日の石鎚登山に備えました。

 

 

 

 

 

AD

四国お遍路 五十二番 太山寺

テーマ:

四国4日目の最終日

2軒目のお遍路は

五十二番札所 太山寺 です

ここから更に奥に駐車場があります。

前日の石鎚登山で更にガチガチになった足に鞭打ち

階段を上がります。カメあせる

広い境内に鎌倉時代に建立された立派な国宝の本堂です目ラブラブ

こちらは室町時代のもの

鬼瓦の建物もありました。戦国時代かな?

更に上に大師堂です。

登ると

絶景ポイントでした。

隣には素敵な茶室がありました。残念ながらお休みでした。

門の鍵が良いですね。

灯篭も素敵です。

 

お天気にも恵まれ

目標が達成出来てホッとしました。

4日も休んじゃいかんじゃろう思いましたが、

商売繁盛の祈願もしたから大丈夫だと思います。

冥土に旅たつ時に着る衣装も朱印が増え少し安心です。

 

今度はいつ行こうかな~もぐもぐ

 

 

 

 

 

四国お遍路 四十四番 大宝寺

テーマ:

下山して2軒目の寺は

四十四番札所 大宝寺

お遍路は山の神なのか?

またまた険しい山に位置する大宝寺

急な長い坂を登りかたつむり

またまた立派な門構え目ビックリマーク

更にちょっと登ると

おやビックリマークはてなマーク

駐車場はここだったかあせるハートブレイク

納経所の近くが駐車場でした。

サインを頂き

参拝しようとしましたが、

もう足が棒です。


たぶんあれが本堂でしょう。

遠くから拝ませていただきました。(。-人-。)あせる

 

 

 

 

 

下山して3軒目の寺は

四十八番札所 浄瑠璃寺

ここは参拝しやすいこじんまりとしたところでした。

サインをくださるお方も感じが良く

お供えの果物が何だか安心感を与えてくれました。

 

はてはてなマーク

どっちが本堂なんだろうはてなマーク

 

駐車場に向かう裏には

神々しい木がありました。

昔の人には神の宿る場所が見えていたのでしょうね。

 

 

 

四国滞在3日目は

石鎚山登山から降りてきて

行きそびれた四十五番札所

岩屋寺に行きました。車ルンルン

四国はどこまでが石鎚山なのか!?

と思うくらい険しい山が続きます。

岩屋寺は駐車場から徒歩20分

門までも急勾配の参道で

ここも石鎚か!?

と言うほどの参道です。

石鎚下山後には過酷な参道でしたぐすんタラー

大師堂

本堂

 

本堂の後ろには


更に

おまけに参拝所らしきものが・・・。

計画失敗か!?

流石に勘弁してくださいでした。真顔ハートブレイク

 

階段の踏面も勾配のある参道をやっと降りて

ヒントは簡単なところにあるのだろうな~と気が抜けて

楽しくなってきました。

 

お遍路のために石鎚の修行は必要だと感じたお寺でした。

 

 

登山に行くついでに

前日から佐賀関港から三崎港へフェリーで渡り

お遍路に行きました。

良い建築物が沢山あるので

初日は四十七番八坂寺しか行けませんでした(・・。)ゞ

納経帳にサインを頂きます。
見てて感動します。

本当は17時までです。

 

大師堂

 

本堂

の2箇所をお参りします。

友達と始めた写経も奉納しました。

線香や蝋燭にお賽銭、お経と忙しいものです。

お勧めはターボライターで、

線香入れはマーブルチョコレートの入れ物が丁度です。

蝋燭入れはちょっと大きかったですね。

賽銭の小銭も必要です。

忙しくて何をお祈りするかを忘れそうでした。

 

石鎚山 登山 IN愛媛県

テーマ:

愛媛県にある西日本一高い山

石鎚山に行きました。

石鎚山ロープウェイの入り口は温泉に旅館もあります。

下谷駅

 

急勾配の岩肌をグングン登ります。

山頂成就駅から歩きます。
下山の場合は最終便が18:00ですね。

この絵は冗談かと思っていたら正にこの通りの山でした。

30分位登ると旅館や神社があります。

ここで予約していた登山弁当を買いました。

登山届け受付担当は爆睡中でした。

 

水は貴重です。

登山の安全祈願をして

立派な登山口の門をくぐります。11:45

石鎚神社の鳥居です。 11:59

神社までは遥か遠ーーーーーーく

山全体が神社ということですね。

急な崖に架けられた階段をひたすら登ります。(´□`。)

丁度、昼食ごろ売店が現れました。13:28

ここで美味しい冷やしあめゆを買い

昼食です。

 

お弁当無しでも安心でしたね。

何だか雰囲気の良い売店でした。

噂の鎖場です。これは第一鎖場。

第二の鎖場を過ぎると

ヒノキのトイレがありました。

さすが、ヒノキの山が沢山ある愛媛県ですね。

素敵な香です。

これが第三の鎖場。

こんなにデカイ鎖です。Σヽ(`д´;)ノ うおおおお!

全ての鎖場に迂回路がありますが、

命綱を付けてこれに挑戦いたしました。

上から見ても怖いです。

この日のために懸垂をしてました。

偶然、白装束の修行僧とも一緒でした。

 

16:41

登頂ルンルン

展望無し(笑)

朝のご来光を見るために

山頂の山小屋に宿泊です。

新しくて綺麗でした。

 

布団巾約60cm

夕食のチキンカレーは美味しゅうございました。

ランチもありますね。

山頂ですから水は貴重です。

無くなったら雨乞いをしないといけないみたいです。

もちろん風呂は無しです。

 


ロビーで持ち寄り2次会チョコチーズシャンパンお酒お茶

電気も貴重です。消灯は9時でした。

翌朝、運良く雲海が少し見れました。

 

ご来光も見れました。6:22

 

天狗岩は技術力不足と濃霧の為断念ハートブレイク
見るだけでも険しい山ですね。

朝食を頂き

7:30に下山開始
10:30頃には9人全員無事下山いたしました。