1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /
2005-05-31 21:28:02

■ツボヤキ

テーマ:映画


▲あのう、Trailerフルで見れるデスが・・・

あ、上の連中には構わんでもエエです。。。。汗!
あ、ヒストリー・ヴァイオレンスのNew Trailer凄くないかいッ!
ああ~~~も、6月デスぞッ~


追伸★6月2日のご報告

地味な映画紹介ばかりでスマンですね。アメブロの映画のジャンル内も
様変わりしつつあるよーなので、引越しを考えたりもしたのですが、
他の場所に移ってもそのジャンルの方が???なんてぇ~~ことに
なるデスよね・・・で、ランキングから脱落したデス(苦笑)。
小心者は、スタコラ。。。と、ひとまず静かに地味に参りますデスよ。
やっぱアメブロは使い勝手がヨロシイのであります。
だからデスね、引っ越すより、ここに居座っちゃうぞ~~~(苦笑)
という作戦デス。あ、今夜アップしますデスよ。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
2005-05-31 20:30:32

■The Da Vinci Code ダ・ヴィンチ・コード

テーマ:映画

■モナリザをクリック!:New Trailer

●ハーヴァード大教授ロバート・ラングドン(トム・ハンクス)は、真夜中に緊急の電話を受ける。ルーヴル美術館の館長が博物館内で殺された!。ラングドンは館長と会う約束をしていたのだ。
パリ警察から事件解決の為に捜査の協力を頼まれたラングドン。急ぎルーヴルに出向くと、館長の死体は、美術館内部のグランド・ギャラリーで、ダ・ヴィンチの最も有名な素描〈ウィトルウィウス的人体図〉を模した形で横たわっていた。殺害された館長の回りには、複雑怪奇な暗号が残されていたのだが、現場に駆けつけてきた館長の孫娘であり、暗号解読官ソフィーは、祖父が自分だけに分かるダイイングメッセージを残していることに気付く・・・。
館長が死の直前に残したメッセージには、ラングドンの名前が含まれていたのだ。彼は捜査協力という名目で、実は第一容疑者として現場へ連れてこられたのだった。しかし、ソフィーの機転によって苦境を脱したラングドンは、彼女が祖父の残した暗号を解く手助けをすることになる。
フィボナッチ数列、アナグラム……数々の象徴の群れに紛れたメッセージを解き進む二人の前に現れたのは、ダ・ヴィンチが英知の限りを尽くして暗号を描き込んだ絵画!「最後の晩餐」だった。ああ~~ここまで言うか!も、こんなとこまで説明しつくされているのだ・・・・!仕方ないな、まったく。
そして、絵の中に長年秘されてきた驚愕の事実が、ついに、白日の下にさらされる!
キリスト教の根幹をゆるがし、ヨーロッパの歴史を塗り替えた巨大な謎の奔流――世紀の大問題作!(も、この辺りは原作の紹介通りデスわ:苦笑)
アイザック・ニュートン、そしてレオナルド・ダ・ヴィンチに関わる謎?、隠されていた秘密結社。パリ、そしてロンドンと、事件は思わぬ方向に突き進む。

ラングドンとソフィー、そこに加わる・・・!時の迷宮のパズルを解読していくのだが・・・。
国内外で既にベストセラーになったダン・ブラウンの話題作の映画化。賛否両論だろーが、ただ、この物語を読み説けば、あの「最後の晩餐」は今までと同じような視線では見ることは出来なくなる、という評もあった。ええっと…あの、映画化が決まりそーだ、という時期に読みたかったのだが、当方、未読デス。読んでから見るか、見てから読むか・・・当方は見てから読みます。も、これ以上な~んにも情報は入れないデスぞ!っと。

ロン・ハワードとアキヴァ・ゴールズマン(「ビューティフル・マインド」やね)、強力な監督・脚本家コンビがついに始動開始。来月30日にパリで撮影開始デス。10月19日にイギリスでクランク・アップの予定。
出演は既に話題になっていた、トム・ハンクスに加えて、ジャン・レノ、イアン・マッケラン等・・・の説明はいらんですね。一応、「ロング・エンゲージメント」「スパニッシュ・アパートメント」「アメリ」のオドレイ・トトゥ。「スパイダーマン2」「コーヒー&シガレッツ」「フリーダ」のアルフレッド・モリナもご存知ですかね。因みに「ROCK YOU!<ロック・ユー!>」「ビューティフル・マインド」のポール・ベタニー!は、2000年の「キス★キス★バン★バン」にも出てたんですな。トム・ハンクス正念場デス。(2006年/製作国アメリカ/アメリカ公開2006年5月19日?/日本公開2006年5月20日)



▲us:site
オフィシャルでもTRAILERはご覧になれます。


●Directer:Ron Howard ロン・ハワード ●Screenwriter:Akiva Goldsman アキヴァ・ゴールズマン
●Cast:Tom Hanks トム・ハンクス Jean Reno ジャン・レノ Audrey Tautou オドレイ・トトゥ Ian McKellen イアン・マッケラン Alfred Molina アルフレッド・モリナ Paul Bettany ポール・ベタニー


★「ダ・ヴィンチ・コード」、約1年待った映画の公開だった。2006年5月20日、本日公開。映画館でこんなに多くの観客の中の一人として見るのは久しぶりだったが、結構周囲は穏やかで見る分に支障もなかったのは幸いだった、かな。

読んでから見るか、見てから読むか…と迷いながらも、当初公開されていたアメリカのTrailerのみで、後は情報シャットアウトのまま、が良かったのだと思う。映画は原作を知らぬ初心者のまま、歴史を旅するように筋を楽しむことが出来た。「ビューティフル・マインド」のロン&アキヴァらしい二番煎じに思えなくもない表現もあったが(台詞で記憶力云々を説明していても、謎解きはすこぶる迅速デス:サクサク行きます:苦笑)、それはそれとして楽しむことが出来た作品だった。

前半を引っ張るのは、矢張りポール・ベタニーだったデス。引っ張るよな~。原作知らない我には良いキャスティングだと見惚れたデス。無論、登場する役者は流石に皆、用意周到な役作りであるのだからケチのつけようはない、デス。ただ、ロン・ハワード監督は「シンデレラ・マン」で最終的な筋書きの持って生き方が曖昧で中途な家族愛風あったのが解せなかった。折角の「ビューティフル・マインド」のラッセル・クロウが最後の最後で勿体なかった。そこが不安だったのだが、嗚呼、巧い俳優が結果的には、個性が薄い。
映画化されたこの物語に深みがないか、といえば…当初の主演候補ビル・パクストンから紆余曲折で、トム・ハンクス主演と決まった辺りで、相当に分かりやすい物語に仕上げられるのかな、というのは予測できただろうが、ま、筋書きの中でナビゲーターとしてのトム&オドレイは悪くなかった、と思うデス。そうか、そーゆー物語だったのかい、と分かりやすいのだが、ミステリアスなゾクゾク感、とまでは深入り出来ていない、な。
ある結末はどーやら…と途中から予測出来ても、実際にそーなると、おいおいッってな風な軽さは否めなくなるんだが…ま、そーゆー部分ではかえって原作を読みたくはなりましたデス。おいおいッ鳩かい、とか、ま、いいんだが。本、オークションに出ていそーだから、読むデスよ、ホント。それでも歴史の彼方に思いを馳せるには相応しい結末が用意されたのだな、と、そこには納得したデス。

随分前になる。ミッテラン政権下にルーヴル美術館は大改築が行われた。このプロジェクトは中国系アメリカ人ペイ氏の設計によるガラスのピラミッド(内部に逆ピラミッド)だったが、その事務局を務めていたのが朴蔵氏だった。プロジェクトが完成した後に朴蔵氏から見せていただいた建設当時の現場の写真の中に、今回の物語の結末に通ずる写真が何点かあった、ことを映画が終わって思い出していた。このピラミッド建設のプロジェクトの主要部分は地下の増築だった。もしかして、それも原作者のヒントになったのだろーか、なんて思うたデス。で、ますます原作を読みたくなった。ちなみに飛びますがネ、高橋克彦の「龍の棺」も思い出しましたが(違うだろーが!ですよネ、ホントにね~我はおバカです:苦笑)。



▲書籍に興味の方へ

著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (上)
著者: ダン・ブラウン, 越前 敏弥
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード (下)
著者: 中見 利男
タイトル: ダ・ヴィンチの暗号を解読する―図説ダ・ヴィンチ・コード
著者: サイモン・コックス, 東本 貢司
タイトル: ダ・ヴィンチ・コードの謎を解く 世界的ベストセラーの知的冒険ガイド
タイトル: ダ・ヴィンチ・コードの謎
タイトル: ダ・ヴィンチ・コード・デコーデッド
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2005-05-28 22:20:28

■The Promise プロミス 原題:「無極」

テーマ:映画

■「無極」The Promise プロミス

●その人の運命が記された書「無極」というものがあった。ある時代、貧しい生活を送っていた娘、傾城は自分の「無極」を書き換えてもらう代償に、女神に「愛」を売り渡した。娘は美しく成長し、やがて一国の姫となる。しかし、国王の嫉妬から命を狙われた。その時、傾城を助け、命を救ったのが無敵の将軍といわれた光明。生まれて初めて心の昂ぶりを覚える傾城。光明への思慕。赤い上着を着た傾城は、広い緑の草原を馬に乗って走る。澄んだ瞳は薄布に覆われているが、その視線は光明に向かった。傾城は馬を飛び降り、光明に向かって走る・・・傾城の瞳から大粒の涙がこぼれ落ちた・・・傾城の影が広い草原の中に残る・・・激しい恋に落ちる二人。しかし、傾城は既に「愛」を売り渡した。あの女神との約束があった。「プロミス」やね・・・。しかし、実は光明にも、この恋の行方に暗雲をもたらす誰にも話せない大きな秘密があった。実は彼女の命を救ったのは、光明ではなかったのだ。将軍の甲冑をまとった奴隷、昆明こそが、救いの主。傾城が、我が身の運命の書「無極」に翻弄される中、中国絵巻大三角関係!彼らの思いはいかなる様子を見せていくか・・・。
傾城、つまり、ある者は一人の女のために城を破壊し、ある者はプロミス、約束のために自らを犠牲にするというか。人は愛のため、自由のため、戦いながら、それを探し続ける。さて、人は自らの運命を変えることができるのか・・・

昆明役に韓国の俳優チャン・ドンゴン。なにやら伝説的な奴隷昆明(クンルン)役であると。雪国からやってきた異人種昆明は、恐ろしく強靭な精神の持ち主で、戦いの中で自らの能力に目覚めていくという。その能力とは、光よりも足が速い・・・エイトマンより早いゾ!超能力だゾ!(スミマセン)
撮影開始以前、あらゆる好機を逃さぬが如くトライして、候補になっていた女優を蹴落としたと噂になったが、見事に役を勝ち取った香港のセシリア・チャン。彼女は、中国の王妃・傾城。城が傾く・・・日本人はそーゆー想像をするデスね。それほどまでに美しく際立たねばならんデス。
さて、日本から参加したのは、既にご存知の真田広之。中国の最も偉大な大将軍・光明の役。中国からの参加はリウ・イエ。この役が今ひとつ掴めないままデス。さらに後発として香港から役が決まったのがニコラス・ツェだった。この話題もう、2年になるか。
映画「無極」は、昨年3月撮影開始だったと思いきや、撮影場所が北京もしくは内蒙古に変更になるという事でクラクインが中旬までずれ込んだ記憶がある。この時、撮影延期の理由が明らかではなかったが、当初の撮影は「始皇帝暗殺」の撮影を行った浙江省。張藝謀「英雄」も使った場所。監督は浙江橫店に建設中の「城中之城」セットの視察にもいっていたんだが、変更。で、下衆の勘ぐりまでしてしもうたデス。
キャストの順番は、中国のリウ・イエ(「那山那人那狗」邦題:山の郵便配達)が最初に契約し、張東健(チャン・ドンゴン)、真田広之へオファーという順番だった。女優は香港から張柏芝(セシリア・チョン)が出演獲得。一昨年12月24日頃の報道だった。彼女は北京の陳凱歌の元へ単身出向き、ギャラに関係なく出演したい意志を伝えて、カメラテストを受け、出演を獲得したのだ。当時、候補にあがっていた陳慧琳、梁詠[王其]のカメラテストは中止という・・・なんてあったデス。その時点で、既に香港の報道は陳東健(チャン・ドンゴン)と真田広之の出演は決まっていると言っていた。しかし、この時点でニコラスも悪役でいくようだと報道。であれば、元カレかい、と思ったものだが、こうして今になって見れば、2人とも随分と大人になったものデス。いやあ~感無量やね。
とにかく、運命的な愛と、凄まじくすれ違う定めが、果てしなく広い中国大陸における戦いを背景に繰り広げられる一大ロマンス・ファンタジー叙事大作「無極」だと。
映画は、3年の企画を経て、韓国・アメリカ・中国3ヶ国の共同制作の下、総額3千万ドルの制作費が投入。2005年12月に中国と韓国で同時公開される予定。(2005年/製作国中国・韓国・アメリカ/アメリカ公開未定/日本公開2006年3月)


▲ギャラリーへ


▲シャトーで行われた披露


▲動画一連


▲Official site:Japan


▲The Promise プロミス 原題:「無極」Trailer更新
画質は良くありませんがしばしこれで我慢デス。存分にファンタジー要素
も盛り込まれた全貌が垣間見れます。思わず、おお~エドワード・ノートン
っ!とバカな感激しておりました・・・冗談ネ(ペコリ)。真田さんは、よう演っ
てますね。つい最近はレイフ・ファインズと新作のプレミア出てましたが。
ご活躍を祈ります。硫黄島には出ないんだろーか…。ちなみに「無極」
ではニコラス君の名は前面的にはクレジットでなかったデスが、いいと
と思うがな。リウ・イエも扱いはいかがなのか。不明です。監督のお気に
入りのはずなんだがな。こちらは情報不足のままだ。あ、筋立てを深く追
う映画なのか、いまだに当方は、どうもよくわからないままデス。
見づらいTrailerでも、場面場面では見応えありそーな予感ですが。


▲Promise Official site


▲Clip


▲映画「Promise」カンヌ映画祭 5月18日

●Directer:陳凱歌 チェン・カイコー
●Cast:JangDongGunb チャン・ドンゴン、真田広之、劉[火華] リウ・イエ、謝霆鋒 ニコラス・ツェー、張柏芝 セシリア・チャン※チョンとも表記
ま、追々と追加しましょネ。

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >> ▼ /

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。