さて地上波、という時に仕事の電話がかかってきたため、前半はあまり見てません。気づいたら3点取られてた。全てミスからによるもの。1点目はFWにスルーされたボールが下小鶴の股を抜けたもの。2点目は酒井が取れていたのでは?というところからパスを繋がれ失点。3点目は…あまりにも酷すぎて何も言いますまい。前半に磯崎のフィードを澤が落としたところを安藤が決めて1点を返した。



後半から大谷・荒川を投入。荒川が持ち前の強さを生かしチャンスを作っていくもなかなかフィニッシュには至らず。枠外ミドルがどんどん飛んでいくというもの。クリアされたボールからどうにかビルドアップは出来なかったものかと。ロスタイムあたりで柳田のクロスを永里が頭で合わせて1点差。しかし最後は敗戦。W杯出場はプレーオフ次第となった。



レギュラー三人を欠いてあの内容なのだからまだまだ力が足らなかったという事だろう。しかしまだ可能性があるのだから諦めてはいけない。しかし大橋さんのままでいいのか?という疑問も少々。相手の違いはあれどベレーザの方が面白いなぁと感じたのはきのせいだろうか。

AD

水戸(笠松)○2-1 奇跡を呼ぶ男

仕事都合で笠松遠征は断念。甘党としては水戸パフェを食べたかったのだが今年は味わえず。来年味わうことになったらそれを意味するのはつまりそういうことだから複雑ではある。



アンデルソンに先制されたものの、前半のロスタイムに、CKからゼ・ルイスのヘディングが決まり同点。ここまでは水曜の札幌戦に似ている。

後半、CKから飯田が合わせてこぼれたボールを富澤が蹴りこんで逆転に成功。そのまま試合が終了した。



この試合を決めたのが富澤というのがポイントかなと感じた。去年レンタルした仙台のサポーターから完全移籍を望む声が大きかった。それだけに迷っていただろうが今年ヴェルディでのプレーを選択した。色んな思いがあっただろう。そんな彼が復帰した試合では、味スタでは14のゲートフラッグが多く掲げられていた。それだけヴェルディのサポーターも彼の復帰を待っていた。熱いものを持っている選手。今日のゴールもサポーターの心をより惹き付けたことだろう。そういったものを持っている選手はそうそういない。もしこれからチームに奇跡が起きるとしたら、その時チームを引っ張っているのはこの選手ではなかろうか。今後の活躍に期待したい。


AD

札幌(味スタ)●1-2 一番誤った選択

テーマ:

試合開始前に味スタへ。審判も分からない状態で試合が始まっていた。向こうはフッキがいない。キーパーも林じゃなく高原になっている。このキーパー、ナビスコでデビューした時にパトリックにハットを喰らっていたのは覚えている。そして、DF曽田のファンタジーに期待するか。




  齋藤 廣山

    マル

 根占   菅原

   ルイス

石川     海本

  萩村 青葉

    高木



どちらも決定的場面はなかなかこなかった。相手のFW中山には流れの中から得点されることはないだろうと踏んでいた。しかし、そんな彼でも上背はある。それが活きるのはセットプレー。西谷のキックがニアに。あとは中山が押し込むだけのゴールだった。この場面でもそうなのだが、札幌はトップ下の砂川がサイドに開いてコーナーを得るという作戦だったのだろう。我々がセットプレーに弱いということをよく知っている。正しい選択だ。

なかなか決定的な場面がないヴェルディ、唯一枠を捉えたのがマルクスからのパスを受けた真伍のミドルシュートだった。ロスタイムに入りこれはこのままかなと思っていたが、チャンスはやってきた。CKのこぼれに菅原が中途半端なヘッドでピンチかと思ったが、どうにかカバーが入り右サイドにボールがわたる。右からのクロスはファーへそれたがマーティンがぎりぎり追い着き後ろの石川へ。石川のクロスに幸治郎が頭で合わせロスタイムに同点となった。これで流れを引き寄せられるか。




  廣山 富澤

 マル ゼ 久場

    金澤

石川     海本

  萩村 青葉

    高木



後半5分、相手右サイドから中に居た大塚へ。距離があるから大丈夫かなと思っていたがこのロングシュートが枠を捉えゴールに突き刺さった。あれはしょうがない。寄せがないとかではなく、練習でも決められないようなビッグゴールだった。去年三浦アツにやられたのを思い出すような、相手を褒めるしかないゴールだった。

その後のプレーは正直あまり印象に残るものがなかった。というより、何をしたいのかが見えなかった。一番悔やまれるのはゼ・ルイスに出たスルーパスでフィニッシュまで持ち込めなかったこと、それくらいだった。他はマルクスの直接FKくらいか。相手のシュート数を上回りながらも追加点が奪えず試合終了。4連勝にはならなかった。




試合後に感じたことは、一番来てはいけないところに来てしまったのかなと。こういう稚拙なチームの試合を見るのであれば、等々力でやっていたJ1の天王山・川崎-ガンバ戦、または、ドームに行って滅多になくなった勝利の瞬間を見届けてれば良かったのではないかなということ。

CBの二人はプロというには恥ずかしいプレーばかりだった。技術のないパス回しでピンチを迎えることが数回。あれではリズムが作れるわけがないし流れだって来ない。いつ出すの?どこへ出すの?何故出すの?という事を考えていたらプレッシャーのかかっているところへ無理なパスは選択しないだろう。自分の技術を考えたプレーをするべきだ。

前回のホームで絶賛したゼ・ルイスだが今日の彼は判断力というものに欠けていた気がする。バックパスでピンチを迎えたり、幸治郎が受けにくいパスを出して相手に奪われたりと試合をコントロールできなかった。ゼ・ルイスの名前も出たところで、ブラジル人二人には、くだらん警告を貰うなと言いたい。遅延行為、審判への侮辱行為といずれも不要な警告であった。札幌は加賀健一が警告を受けていたのだが、その時のプレーは廣山に左サイドを破られたところでユニを引っ張ったもの。もうちょっと近ければ色が違っていた可能性もあるが、1点のピンチと考えあのファウルをしたのだと思う。ファウルは褒められるべきことではないが、結果的に流れを寸断されたプレーで、この日の試合では大きなプレーだった。ヴェルディが受けた無駄な警告とは雲泥の差だ。

去年、オジー体制の時に下らない退場は罰金を設ける、という話もあったが、退場どころか警告でも罰金を徴収するくらいではないと、このチームの稚拙な警告はなくならないのではないか。それで平本は二試合欠場でチームに迷惑をかけているわけなのだから。オジー・アルディレスや李国秀のような哲学を持った監督ならこれだけ警告が多いチームにはならないはずだ。

その欠場の影響もあってか、最後は何がしたいの?という状態だった。ゼ・ルイスがFWだったり、富澤がFWだったり。放り込みばかりで連動性が無かったように思える。



相手の飛び道具にやられただけの試合に見えるかもしれないが、問題点は多々ある。このチームの昇格は難しい、そう感じさせる試合だった。

AD

山形(べスパ)○1-0

山形は荒れに荒れた模様。家本劇場開演ってとこでしょうか。前半で二人退場させて見事にゲームをぶち壊し。Jの審判のクオリティには改めて驚かされます。と、こちらは被害を受けてないものの審判を皮肉ってみた。こちらとしてはアウエーで勝ち点3を奪えればよい。もっと点を取りにいってもという考えもあるだろうけど、大事なのは勝ち点の積み重ねだから。



その山形で試合が行われている頃、BSで川崎-浦和戦を見ていた。10人になったためにかえって浦和がドン引きになってしまい川崎が攻められないといったところでしょうか。後半にカウンターから永井にもう1点決められ撃沈。あの時アレックスにマークついてたのは…まさかな。



米山がスタメン、相馬が途中出場していたが、いきなり米山と相馬がぶつかりあって相馬が負傷したのは何かあるのかなとか考えてみたり。見事にバックスタンドはフロンターレブルー一色だった。浦和相手に。これがウチの試合だったら(以下自主規制)

J1再開

テーマ:

ワールドカップが終わり今日からJ1が再開。


首位の川崎がこの日も鹿島を破り首位キープ。今日のスポーツ紙に中村憲剛の名前が挙がっていたが、二得点した谷口博之も楽しみな存在だ。セットプレーの強さだけでなくミドルでも点を決められる選手。本当にマリノスが何故昇格させなかったのが分からない。去年川崎がドロー沼から脱したのもこの選手を起用し始めてからだし。このチームのドイスボランチは魅力的だ。それと、ヨネが久々のゲームだった。その試合で勝てたのは嬉しく思う。

飯尾がレンタル中の福岡はFC東京に引き分け。しかし、警告を受けた人間が、薮田・佐伯・飯尾ってほぼ川勝チルドレンだというのもなぁ。サッカー観の違いといえばそれまでだけれど、気合ばかり先行しちゃってファウルは悪というのを教えていないのかなと。今残っている戸川や一樹もカード貰う方だからなぁ。

レンタル先の川崎、そして所属の柏にも解雇された茂原が加入した甲府は昇格組みの京都を3-1で下した。バレーがゴールを決めた後の健太郎のスマイルを見て勝ててよかったなと。このドイスボランチも見てみたくなる。

降格候補だった広島は今のところ監督交代がうまくいっている、と思ったらよくわからん。ダイジェストでは攻撃的と思いきや支配率33%って一体。

そしてセレッソは厳しい…気づいたらうちから行ったブルーノのクローンみたいのが出ていないし。今の先発メンバーに卓が劣るとはとても思えないのだが…。




甲府か川崎を見に行こうかな、と思ってたら土曜は野球のオールスターだった。残念。

徳島(味スタ)○4-2 オーバーラップ

テーマ:

遅く行ったからかタンブラーは完売。そこまで欲しいものじゃなかったからまぁいいかなと思いつつ、エコを考えているのなら何故限定販売だったのだろうかというちょっとした疑問も。徐々にこれから売っていくのだろうか。

昨日の神宮で氷メロンを食した時に、「これってヴェルディのホームゲームで売り出せば人気あるんじゃないか?チームカラーだし」と考えていたら新しく出来た味スタ内のタコス店で販売してるじゃないか。

味スタのカキ氷(ラムネ)

これがそのカキ氷。ちなみにラムネ味。他はモモとマンゴーだったかな。まぁチームカラーのものを選んだという事で。他のお子さんとかがコップ一杯に氷入っていたのは気のせいだろうか。


  平本 齋藤

    マル

 根占   菅原

   ルイス

藤田     海本

  青葉 萩村

    高木



初出場のゼ・ルイス。かつてガンバに居たファビーニョのような当たり屋を想像していたが実際は違っていた。巧い。プレーを見る限りでは去年までの林健太郎の役割といったところか。パスにメッセージが込められていた。いきなり見せた泰成へのサイドチェンジは見事だった。パスのスピードも程よく、この選手が持てば何かをやってくれるという期待が持てるものだった。

左サイドで勝負。青葉がインターセプトからそのまま上がり1vs1の場面で相手を抜き去り中へ突破。左に流れたマーティンにパスを送るとそのままダッシュ。DFにつかれながらマーティンが折り返したボールを青葉が叩き込んでヴェルディが先制した。

徳島はガチガチに引くチームではなくパスで繋いで攻撃参加も積極的なチーム。ジョルジーニョや玉乃といったテクニックのある選手が居るからこそ他の選手が上がれるのだろう。そんな徳島のパス回し。右サイドのジョルジーニョへ。ループ気味に狙ったシュートが枠に入り同点に追いつかれてしまう。あれは打った選手を褒めるしかない。見事なゴールだった。

その後はなかなかチャンスをつかめず逆にミスでピンチになる場面も。高木のキックが羽地にダイレクトで渡りそのままシュートまで持ち込まれたがギリギリ枠の外だった。決まっていたら笑えないプレーだ。ヴェルディは右サイドの菅原の折り返しをマルクスが合わせるもオフサイド。幸治郎が足を痛めて前半終了。



  平本 齋藤

 喜名   大橋

  富澤 ルイス

菅原     藤田

  青葉 萩村

    高木


ルイスのこの日唯一のパスミス。相手DFが見事に読んでいてそのままオーバーラップして中の玉乃へ。ミドルを打たれるが高木がセーブ。DFのオーバーラップはビッグチャンスに繋がるものだなと実感。一樹がもたついてボールを奪われた後コーナーになり、羽地に合わされるが枠を外れた。

マルクスが突破を試みて倒されFKを得た。マサが蹴っても面白いなと思ったがキッカーはマルクス。直接FKは惜しくもバーに嫌われてしまう。セットプレーからルイスと一樹が重なってどちらかが合わせるもこれも枠外。

徳島の左サイド、元ガンバの岡本が自分へよこせと誘っていた。そのパスを泰成がインターセプトして味方に預けた後オーバーラップ。裏へ出されたパスに持ち前の身体能力を活かした泰成がおいついてダイレクトパス。これをキーパーにコースを防がれながらもどうにかマーティンが決めて勝ち越しに成功した。

真ん中のゼ・ルイスから左に開いた喜名へ。一樹へ楔のボールを入れた。一樹がスルーし、マーティンが左に開いた一樹へ。その折り返しをマーティンが叩き込んで3点目。

4点目は執念のゴールだった。誰かのヘッドがキーパーへ。ここに一樹が走りこんでキーパーより先に触れた。ゴールは無人、しかし倒れた一樹は足を引きずっていた。DFが戻ってきていて大丈夫か?と思ったがどうにかDFより先に一樹が押し込んで駄目押しの4点目。

このまま終わりたかったが終了間際に青葉が与えたFKから大場に決められ4-2。あの場面のファウルは不要だった。

試合はそのまま終了。



DFの勇気を出したオーバーラップ。これが試合の流れを引き込む可能性もあるものだと教えられた試合だった。先制点は青葉のチャレンジから生まれたもの。パスを出した後前線に走りこんだ結果生まれたゴール。あのプレーを見ていると何故甲府が彼との契約を更新しなかったのか不思議で仕方が無い。5月に低迷したのは彼の不在が大きかったのかなと感じている。一番の補強だったのではなかろうか。と、ここまでは褒めているものの、最後のプレーがあったので大絶賛には至らないでおこう。最後のプレーを反省しまた次に活かして欲しい。

ネットでも徐々に良くなっていると評判だった泰成はきっちり結果を残せた。幸治郎のアクシデントもあり右サイドに廻ったが相手の攻撃を止めて得点に絡んだのは見事だった。幸治郎と石川が加入して一番刺激を受けたのはこの選手かもしれない。

2得点の齋藤。彼は決して上手いプレーヤーではない。しかし何かを持っている選手なのだろう。無名だった選手がここまで結果を残しているのは素晴らしいではないか。青葉の得点もアシストしたし今日のMVPは当然の結果だろう。

徳島相手だけに手放しでは喜べないが、マルクスやルイスといった技術のある選手が入ったことにより見ていて段々面白くなっては来ている。今の状態なら上位相手でもいい試合は期待できるのではないか。

仙台(ユアスタ)○2-1

知り合いが仙台に居るため、行こうかどうか迷ったが、休みを取るタイミングがなく今回は断念。しかしまぁ映像で高木のゴールを見ましたが、あれは高桑がお粗末でしたな。私としては失点後の座り込む姿を見たかったのですが、まぁそれはなかったようで。でもまぁ本当にオフィシャルの得点者見た時はびっくりしましたもん。何かの間違いかと。


このゴールを知って出処は忘れたが去年のオジーのコメントが思い出される。「うちの選手はDFを含め皆点を取りたがる。ついには高木までゴールを狙うと言い出した」本当に決める日が来てしまいました、ハイ。


しかしまぁ黄色いのをちょっともらいすぎじゃないか?夢吾はファウルを覚えて欲しくないなあ。やっぱりこの言葉「ファウルはテクニックの敗北」を思い出す。まぁかの李さんは読売にコラム書いていたけどこのあたりは変わってなく安心。こういったきっちりDFが教えられる指導者のもとでプレーをすればもっと輝けそうな気がする。何気に夢吾には期待してます。五輪に出る可能性をまだ持っているのだから。


そんな夢吾のライバルとなるのだろうか。同い年の飯田選手を強化指定選手として受け入れることが決定した。流経大柏出身ということで、もはや覚えている人が少ないかもしれないレスチのプリンス・高橋宏幸の後輩。185cmあり上背は夢吾以上。彼もまた五輪出場の権利はある。チームとしては中澤以来出場が無いだけに、この世代達に力をつけてもらい、輝いて欲しい。どちらもすばらしい選手になる事を願おう。

鳥栖(国立)□1-1

テーマ:

  平本 齋藤

    マル

 根占  菅原

    金澤

石川     海本

  青葉 萩村

    高木



左サイドのマルクスにボールが渡りドリブルで中へ切れ込んでからクロス、こぼれたボールを平本が詰めようとするも届かず。これが前半最大のチャンスだった。かといって鳥栖が良かったわけでもない。向こうもシュート自体多くなかったと思う。

この調子で行けば大丈夫かなと思っていたが、前半終了間際にPA付近で萩村が相手を倒し一発レッド。人もついていたしあれで一発レッドはどうなんだろうと思ったが判定は覆るものじゃない。今村という審判なら起こり得る事。ハードラックだった。FKは決まらず後半へ。




  平本 森本

 マル   久場

    根占

菅原     海本

  青葉 一柳

    高木



防戦一方かと思いきやこちらがわにも結構チャンスはあり試合はわからない展開に。しかしなかなかゴールが決まらない。このままであればスコアレスドローかなと思っていた。

しかし考えられない最悪の事態が。平本のミスで相手にボールを奪われそのままロングシュート、前に出ていた高木がどうにか手に当てバーに逃れるも鈴木に詰められ先制を許してしまう。

ここで勝ち点を得られないのかと思ったが森本が倒されPK。これをマルクスが落ち着いて決めて同点に。試合はこのまま終了し引き分けた。



どっかの誰かさん風に言うなれば「そらもう平本よ」って言いたくなるだろうけれど、後々振り返れば失点の場面は平本以外にも問題があったように思える。ゴールに詰めた鈴木がオフサイドでないなれば、我々のDF陣が残っていたはず。そうであれば、追い抜かれたことになる。ボールがこぼれるかもしれないのを予測して走れなかったものだろうか。凡ミスの平本も大問題だが他のDF陣もここは反省しなければいけない。

攻撃はマルクスが入ったことは大きいがまだまだ他の選手のレベルを高めなければいけないのではと感じた。そうすれば自ずと形になってくるだろう。

横浜(日産)□0-0

テーマ:

(スタメン)

  平本 バジ

 マル   久場

  根占 菅原

石川     藤田

  青葉 一柳

    高木

(最終フォーメーション)

  平本 齋藤

 廣山   金澤

  根占 菅原

石川     藤田

  青葉 一柳

    高木



いつもだったらもっとチャンスシーンとか詳細を書くところだが、今日はあまりにもそういうシーンがなかった。決定機は前半の久場と後半の齋藤のみ。荒れる事もなくとりあげることもあまりない試合だった。

個人に関して振り返ると、新加入のマルクスはもっと攻撃に絡める位置でやらせてあげたかったなぁと。結構中盤まで下がってたから。今日に関しては去年までの小林慶行の位置に似てるかなと感じた。中盤からパスを供給したまに上がるような。左MFに囚われずまずまず動いていたものの、やはり彼にはより点に絡める位置でプレーして欲しい。バジーリオはまだまだコンディションが順調じゃないのだろうか。前半、久場が右サイドでどフリーでいた場面、出せばチャンスになるかなと思っていたが中央突破を試みてボールを奪われてしまった。今シーズン初出場の夢吾はまずまずのプレーが出来ていた。強さと足元の正確さを持つ夢吾と、スピードを生かしたカバーリングに長けた青葉のコンビはなかなか良かった。

今日のDFがまずまず出来が良かった、富澤がベンチメンバーに入ってくるくらい回復した、マルクスをより攻撃に専念させたい、と考えると3-5-2を試してもいいのではないかと思う。ハルが戻ったらマルクスFWという事も出来るだろう。そして幸治郎のオーバーラップが多くなるのもあり。3-5-2はまるかもしれません。どうでしょう監督。

アンチ宣言

テーマ:

めざましテレビでワールドカップのゴール集の映像が流れた後、金子達仁とかいうオッサンの一言



「巨人10連敗はいいニュースとして受け止めています」



こんなライターの記事は読まないぞと勝手に宣言。むしろ敵。