糞監督

テーマ:
セホーンに対するガンバサポの怒りは
松木に対するヴェルディサポの怒りを超えただろう。
たぶん。

俺の中での最近の注目はセホーン。
こやつがいつ解任されるのか。
AD

とうとう

テーマ:
なでしこも90分以内でアメリカに勝ちましたか。前半はを見て、自分たちのペースで出来ていたことに彼女たちの成長を実感した。二日後の決勝もこのまま勝ち進んでもらいましょう。
W杯優勝後メディアにとりあげられるのはINACの選手が多かったが、宮間はもっとクローズアップされてもいい選手でしょう。W杯でも得点に絡んでいたし、あの正確なプレースキックは芸術。
そんな宮間も実はランド育ち。多くのなでしこを送り出した環境を誇りに思ってもいいのではないか。
こんな世の注目を浴びる数年前のベレーザ黄金期を見に行ってたが、見ていて楽しいと思えた感覚は間違いではなかったんだなと。いいものを見られていたんだなとちょっと幸福になりました。
AD

...何だと?

テーマ:
オジー来るのか!降格の原因とも言われているが、歴代の監督を見ても名将の部類に入るだろう。優勝したレイソルはネルシーニョの下で井原さんが守りを見ていた。オジーも清水の時にペリマンがついていた。そんな守りの参謀がいれば結果は違っていただろう。2005年は明らかに編成の失敗。そして疫病神が来たからああなったのだ。オジーだけの責任ではない。
それにしても町田か。金ないと言われるヴェルディでもギャラは十分払えたんじゃないのかね。小林あたりを一人前に育てて欲しかったものだ。またコバヤシか、ってオジーは思うかもしれないけど笑
気になるな、今後の町田が。
AD

サポーターでもないのに応援してました

テーマ:
三つ巴の争いとなったJ1の優勝ですが、去年はJ2に居た柏が見事に勝ち取りました。いやあ、本当に偉業だと思います。プレッシャーにも負けずに完全アウエーで3-1の勝利。しかもそのうち2点は今シーズン無得点だった選手によるもの。どちらももう一度やれと言っても難しいでしょう。

優勝の要因として先ずはスタッフの優秀さが挙げられる。名将ネルシーニョはチームを率いて3年目。ヴェルディ・グランパスでの実績もあり優秀さはJリーグを見ている人なら分かるだろう。その中でも今年の優勝は大いに価値がある。ヴェルディ時代は当時の代表を揃えての結果だったが、今の柏では中軸にベテランとブラジル人を据えつつ、若手の力をよく伸ばしていた。酒井・橋本・茨田・工藤・田中などがああいう大一番でも力を見せられたのはやはりそれまでに経験を積ませたからだろう。それによって層もだいぶ熱くなったのだから。そしてコーチの井原さん。彼が守備の面倒を見た。ヴェルディ・マリノス時代の監督とディフェンスリーダーが融合して強固なチームになったということか。そして小見さん。選手を見る目がずば抜けていることを証明した。ユース組だけじゃなくきっちり出来る選手をとってきているからね。

そして選手でいうなれば、外国人の力も大きいが、近藤と大谷の存在が大きい。柏ユース育ちで10年目と9年目のベテランは二度の降格を経験しながらもチームを率いてきた。トンズラ7の一員だった浦和のDFとは大違いである。その彼らの背中を見て柏ユースの選手たちも続いたと言えるのではないか。競争意識が高いことで全体が成長できたのだろう。11番を貰うくらい期待されていた陵平、さらにはチームの精神的支柱とも言える北島が控えにいるのだから。

陵平の話が出たが、菅野とともに本当におめでとうと言いたい。「背が小さいから(笑)」という理由で昇格見送りにしたり、「金がないから売り飛ばす。でも赤紙もらってサボるFWは残すよ」ということをするクラブには腹が立つが、もしあのクラブに残っていたらこういう体験は出来なかっただろう。何故なら有能な人間の首を飛ばすチームだからだ。そういう意味では彼らのプロ生活のためにもより競争できる環境にいることは成長に繋がるのだからプラスである。今日は間違いなく最高の日になったであろう。おめでとう。

最近見てなかったけど久々にサッカー雑誌読もうかな。昇格一年目で大きなことを成し遂げた彼らの声を聞いてみたい。

雑記 2010/12/6

テーマ:
トリコロールさんが松井を取るって?山瀬・坂田を出して松井、うーん。何がしたいんだろうなあ。ただし、この記事の出処は、ヤクルト身売り決定と一面に載せてその日の午前中に関係ある会社双方から否定された日刊スポーツ(笑)

もっともお金のない今は期待できないだろうけれど、河合は欲しいね。桜井様と同じく浦和河川敷組。高さもあるし。あとは土肥ちゃんとバウルの後継者か。さすがにいつまでもこの二人頼りってのは。

長い90分+α

テーマ:
テレビで埼玉スタジアムの試合を見てました。それにしてもテレ玉が哲さんでNHK-BS1が福西と偶然にもヴェルディOB達がねえ。若様は古巣の降格に何を思ったか。
昨日は地元戦士たちの魂ですかね。孝行に康造といった滝川二高OBとユース登録の小川。見事でした。それにしても見てない間に色々選手変わってるのね。そういや我那覇って神戸行ってたんだったな、とか、あれ?トミダイ?とか結構違和感。
大観衆の中で神戸に完敗した浦和はボロボロでんなあ。使った方の責任だろうけれど、何で堀之内じゃなくて濱田なんだ、ってなるでしょうね。二点は完全に彼の責任だから。放出した徳重からゴールを割れず、ポンテのラストマッチがあんな最低のゲームに。そら怒るわ。
FC東京の降格に関してはフロントの責任だろうな。茂庭を取ったセレッソがACL出場決定、赤嶺を補強した仙台がどうにか残留。助っ人も当たらず。監督も変わるみたいだから来年もそう簡単には行かないでしょう。

2010年のJリーグは終了。来年は鹿島頑張れ。理由?巨人の優勝とシンクロしてるからよ。1996,2000,2007,2008,2009とな。

意外なクビ

テーマ:
市川海老蔵を怪我させた人間がヴェルディジュニアユース出身だとかいう話が出てますが、そういえば、83年組ってユース誰かいたっけ。記憶が確かなら昇格組みは誰もいなかったような。何せ高卒新人で取ったのはレスチのプリンスだけっつう(知ってる人もうほとんどいないよね)

Fマリのワシが何か好きな事やってるようですが、もっと意外だったのはグラの恵太がクビになったこと。優勝を決める試合でもアシストしたっつうのに。出られるチームに移りたいっていうことで移籍しやすいようにしたということかね。しかしああいう武器のある選手を出せちゃうとは名古屋、強いな。

クラブの質

テーマ:
佐伯・琢朗を戦力外にしたベイス
林・米山・服部を戦力外にしたべるでー
功労者に対する扱いがクソな点は似てますね。
ファンも選手も離れるよな、そら。
そう考えると川勝さんや尾花さんはよく引き受けたもんだ。

おめでとう

テーマ:
久々にサッカーを見たけれど、まさか勝つとはね~。カメルーンがあまりサッカーしてなかったことにも助けられてロスタイムあたり以外はほぼピンチはなかったかと。個々の頑張りも評価出来るけれどやはり別格と思わせたのは海外組かな。松井のドリブルはかなり効いていたし、本田のキープ力、バランスを取る長谷部、こういう若くから海外で経験を積んでる選手の存在が大きいな。こうして見るとやはりレベルは上がってるんだろう。

離れた要因の一つ

テーマ:
すっかり試合も見に行かないで、触れる話題も全然違うチームのこと。
横浜FCの選手が審判を取り囲んだとか。試合終了後は整列させる前にトンズラ。まあ、色々情報を見ると危険を察知しした岸野さんが選手を抑えている間に早く出るようにさせたとか。しかしこれで罰せられる可能性があるのは横浜FCとのこと。
下手な判定しておいてクレームをつけると、「何だその態度は!」どうしてまあこんなに下手審判が護られているのだろうか。正しい判定をして欲しいと注文する選手が悪くて、審判はほぼお咎め無し。一部研修期間と称して外されていたのも居たけれど。選手たちも様々頑張っているだろうけれど、技術の無い審判がのさばっている、これもまた観戦から離れた一因。岡田みたいなのをまだ使っているんだから信じられない。