1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2015年06月30日

世界恐慌の予感! 空きビル物色BAR

テーマ:日記
ニュースを見ていると、ギリシャが「もう借金払えねえ!」ってことになって大パニックになったと思ったら、ドサクサに紛れてプエルトリコまで倒産! なんだか、すごい世の中になってきた!

と、思ってる時に、最近東京に迷い込んできているのが、オーストラリアから来たマヌケなパンク二人組。
廃墟に暮らしてみたり、秘宝館に行ってみたり、路端で拾った死んだ昆虫とか動物の骨とかでアクセサリー作ったりしてみたりしているという。
見た目は怖いけど、やたらといい人で、「この辺で一番安いスーパーはどこ?」と、近所のおばちゃんみたいなことを聞きに来たり、天気のいい日には空を見上げてたたずんでいると思ったら実は空きビルを物色してたりして、なんだかほのぼのしてていい感じだ!
まさに、世界経済がメチャクチャになった時に最も活躍しそうなやつら。こういう時代、サバイバル力がやたら高草な人と接して色々学ぶのは超重要!!!

ということで、今日はなんとかBARへ駆けつけるしかない!!!
世界恐慌対策の会議だ会議だ! 酒だ酒だ!!

AD
2015年06月26日

東京ガガガと園子温展

テーマ:日記
ひと昔前、東京ガガガというとんでもない奴らがいた。





以前、法政の貧乏くささを守る会やら貧乏人大反乱集団などで、路上で無茶苦茶なことをやったりもしていた。その頃東京ガガガのことを知って、「ひゃー、景気のいい奴らがいるんだなー」と思ったけど、その頃にはもうちょうど消滅した後だった。
http://www.geocities.jp/anchorsline/gagaga/densetsu.html

当時90年代は、街頭もまだそんなに窮屈でもなく、路上で物を売ってる奴らが大量にいたり、そこから金を巻き上げようとチンピラみたいなヤクザが幅を利かせていたり、勝手に何か騒がしいことをやり始めたりする奴らがいた。ちなみに、この東京ガガガに関わらず、路上ゲリラでとんでもないことをやらかしているやつらは結構いた。しかもインターネットが普及してない当時だから、人知れずめちゃくちゃやってた連中は日本中に無数にいたにちがいない!
ところが、2000年ごろからカス人間の代表=石原慎太郎が都知事となり、むやみに街を窮屈にさせたりもした。そころから自主規制大好きの悪い部分の日本人気質が制御不能で止まらなくなり、「路上では何をやってもいけない+何かしたい時はお上の許可を得る+不許可ならやらない+自分には迷惑がかかってなくても変なことやってる人がいたら警察に通報」という奴隷社会が到来!! しかも、それは今なおとどまるところを知らずに、進み続けている! う~ん、これは恐ろしい!!!

さて、そんな時、キタコレビルでその東京ガガガの首謀者でもあった園子温展が開催されるとのこと! さらに、これを企画しているのも、これまたよくめちゃくちゃなことをやって怒られまくったりしている、狂乱の芸術家集団=Chim↑Pom。
ヒマな人は覗いてみたらいいかも!! ちなみに場所は「なんとかBAR」のとなりのとなり!
いま、そのキタコレビルは当時の東京ガガガの横断幕で張り巡らされている! なんだなんだ! 大変だ大変だ!

会期:6/26(金)-7/26(日)※水曜休み15:00-20:00
オープニングパーティー:6/26(金)17:00-19:30
会場:Garter @キタコレビル166-0002 東京都杉並区高円寺北3-4-13
info.chimpom@gmail.com
入場料:500円
http://chimpom.jp/artist-run-space-jp.html
AD
2015年06月03日

商工新聞のテンションが上がってる!

テーマ:日記
店に毎週届く商工新聞のテンションがやたら上がってきてる!
いつもは、「倒産寸前の店が、ギリギリ免れました」などの、ほのぼの話とかが載ってる新聞なのに…。



そういや、最近、一般紙ではこのテンションなかなか見せないからなー。やっぱ見出しで伝わるアナログ新聞はいいね!
しかも、「阻止」っていう、超主観的なワードがヤバい。普段、届いてもまず読まないけど、このテンションで来ると思わず読んじゃうね。
AD
2015年05月24日

병신 쪽바리 빨갱이

テーマ:韓国マヌケ作戦!
今回、特にイベントをやりにきたわけでもなく、適当に遊びに来た。
最近、東アジア圏を中心に仲間が大量にできてきているが、こういう仲間意識ってのは、ちゃんと継続的に会ったり遊んだりするのがまた重要。
なので、最近は韓国、台湾、中国、香港あたりは巡回コースに入っている。そして、意味なくその連中と飲みまくるのが大事。

しかし! 今回は謎の負傷をするという大マヌケ事態に。
体も不自由で、言葉もろくに通じない役立たず外人で、過去に入国拒否歴もあるブラックリスト(병신+쪽바리+빨갱이)。これはやばい!


とは言っても、韓国の強力な酒文化が許してくれるわけはない。
つい先日、どうしようもない馬鹿すぎる映画上映会「シネマ地獄」を高円寺で開催したヨンマンをはじめ、4軒ほどハシゴ。
とりあえず「いや、日本遊びに来た方がいいよ!」の連発でまた大バカなやつらを招き寄せる計画が着々と進行。
日本、韓国、中国、台湾、香港など、いま全ての政府がクソみたいな連中ばかりでヒドいことになってるので、来たるべき時(?)に備えて国際的なマヌケたちの同盟だけは強化していくしかないね~

というわけで、来月6月は北京に行ってきます~!
2015年05月22日

韓国の引越し!

テーマ:韓国マヌケ作戦!


ソウル近郊の団地で、偶然引越しを目撃!
なんと、消防のハシゴ車みたいなのに荷台が付いている謎の特殊車両で、荷物を一気に上まで上げていた!
日本だと、入り口から通路、エレベーターなど全てを厳重に養生して地道に手と台車で運んでいくが、これは手っ取り早い。
うらやましい!
2015年05月21日

韓国の物価が高い!

テーマ:韓国マヌケ作戦!
ちょっと前まで、日韓の為替レートは100円=1400ウォンぐらいだった。
それが気づいたら、いまや100円=900ウォンほど!
おい、円安にもほどがある!!!


例えばコンビニの缶コーヒー。
最も安い味気ないのが850ウォンなので100円弱。一般的なのが120~140円ぐらい。
缶ビールも日本とだいたい同じぐらい。
外でごはんを食べても、食堂の定食で5~600円ぐらい。ちょっときれいなところに行くと1000円近く。

韓国でこの物価感覚だったら、欧米行ったらもっと高く感じるに違いない。
う~ん、日本もいよいよ発展途上国感出てきたね~
2015年05月19日

韓国で負傷。日本に帰れなくなりました

テーマ:フランス大パニック作戦!
韓国第2日目。

なんと!
昨日調子に乗って遊んでいたら、深夜になって原因不明の負傷!! 歩けなくなった!!
なんだなんだ!


↑工事現場で資材を一本拝借


↑足りないのでもう一本拝借


とりあえず病院へ!!
うーん、日本に帰れるんだろうか。
帰れなかったら毎日サムギョプサル食べるしかないじゃねえか!
うーん、それもちょっといいなー。
2015年05月19日

LAUGHIN' NOSEと룰루랄라

テーマ:韓国マヌケ作戦!
お決まりのソウル最重要スポットの룰루랄라(ルルララ)へ。
まんまと偶然にもいろんな韓国の友達に会う。うーん、さすがルルララ!
で、ビックリしたのが、なんとラフィンノーズのチャーミー氏に遭遇! 「韓国のインディーズ音楽がヤバすぎる!」と、超熱く語ってた!
どうやら、韓国のやばいバンドを集めて、一緒にすごいコンピレーションアルバムを作る計画が進行中とのこと!
これは楽しみだ!


↑名写真家スワンとイラン、そして伝説の家具職人の人肉さん!


↑チャーミー氏、長谷川さん(なんと穴水さんの友達だった!)、そして狂乱の最強ミュージシャンの Yamagata Tweakster。

半年ほど前、うちの店に「バムサム海賊団のCDまだありますか? なんで知り合ったんですか?」と電話がかかってきて、いろいろ話した謎の人物がいたんだけど、それが実はチャーミー氏だと判明!

うーん、世の中すごいことになって来てるな~
2015年05月17日

貧乏人新聞=「クリエイティブ文章術」

テーマ:日記
SPECTATORという雑誌を聞いたことがあるだろうか。
聞いたことがない。


今号の特集はなんと「クリエイティブ文章術」!!!
で、なんと、そこにあの『貧乏人新聞』の記事が再録されてしまった!!!!!

『貧乏人新聞』は、10年前に素人の乱を始める前に、謎の貧乏人の反逆の雑誌で、街をさまようわけのわからない有象無象たちに執筆を依頼しまくった雑誌。当時は路上の手売り中心で約2000部発行していたというとんでもない新聞だ。


だいたいくだらない記事ばかりだったんだけど、その中でも特にくだらない牛丼研究の記事。
「オレたち貧乏人は金ないから牛丼ばかり食わされてフザケンジャネー」的な記事で、米の数を数えたり、猫や鳩に感想を聞いてみたりするというとてもバカバカしいもの。

↑これ!

ちなみに、調査対象にした牛丼店は文中では伏せ字になっているが、これは当時の貧乏人階級の希望の星=「牛丼太郎」。いまは、窮屈なせせこましい世の中になってるので、名前を出したりすると色々と問題があるらしい。

いまや『貧乏人新聞』は入手不可能なので、これはなかなか珍しい。
「牛丼冗談じゃねー」という怒りの叫びのどこがクリエイティブ文章なのかよくわからないが、興味のある人は読んでみてくれ!!!!!!!
2015年05月16日

北中夜市→フリマガイド

テーマ:シャッター商店街の逆襲!
ついに、今年もやってくる北中夜市!
いよいよ17日を皮切りに、毎月第三日曜日の夕方4時から開催予定!

言わずと知れた恒例フリマと屋台のイベント。
若者たちは使わなくなったものや手作り品なんかを集め、友達と一緒にフリマに出店し、通りがかった奴らは屋台でつまみ食いをしながらビールを買う。クソガキ、いや、チビッコたちは縦横無尽に走り回り、お父さんお母さんたちもウッカリ買わなくてもいいものを買ってしまったりする。近所の人たちも夕涼みがてら表に出てきて、商店街をウロウロする。
泣く子も黙る商店街の重鎮たちは、戦中戦後を生き抜いてきた生き様を見よとばかりに、商売魂を全開にし、少しでも隙を見せた腑抜けた連中から金をむしり取らんとばかりに料理を的確に売りさばく! まさに商人の鑑! う~ん、手強い!

みなさん、遊びに来てくださいね~


↑今年のポスターもまたなんだかレトロ感が全開に出ている!

ちなみにこの北中夜市の宣伝、ネット上でも宣伝はされているが、それだけではない。旧来のアナログ手法でも宣伝はなされている。

たまに、酔っ払った商店街の長老にからまれ、「おい! 闇市の宣伝はちゃんとやってんのか!? これじゃ、誰も来ねえよ」と言われる。こんなときにネットで宣伝してますよ、などと言っても無駄だ。

この間もこんな感じだった。
「インターネットってあれだろ? あの若えのが家でカチャカチャやってるアレだろ? そんなもん、年寄りたちは見らんねえじゃねえか! あんなもん俺から言わせりゃ、ゼロだよ、ゼロ! インターネットだかなんだか知らねえけど、そんなもんに商店会の予算はビタ一文出さねえよ!! なにがインターネットだよ、ばかやろう」

これはやばい。
このままネットだけで宣伝してたら、いくら人が集まったとしても、長老たちには一切わからないからまぐれで集まったことになる。

ということで、そんなタイミングで必死の形相で電話をかけてきたのがこのフリマガイド。


2ヶ月ほど前から、「いや~、北中夜市の日程決まったら載せてもらえませんかね~」「あと4日後が締め切りなんですけどねー、いやー、困ったなー」と、毎日のように電話がかかってきて、1ヶ月ほど前、日程が確定してから内容を伝えたら「いや~、なんとか間に合いました。いやー、よかった!」と、安心して掲載してくれた。


中身は文字情報オンリー。ここぞとばかりに情報を凝縮して、かつて電話帳で番号を探していた時代を思わせる誌面だ。
求人雑誌ですら、あのニセの職場和気あいあい写真を載せたりしてるぐらい。それに対して、こちらは一切媚びる姿勢を見せず、相当硬派に編集されていて、好感が持てる。

この、1980年代以降の進化を絶対に認めない決意が感じられる、非常に挑戦的なロゴもいい。
おまけに、「出店も買物もこれ一冊でOK!」と断言するところも立派だ。
さらに! これは無料ではない! 1冊400円!
どうだ、まいったか。情報がタダで手に入ると思ったら大間違いなのだ。


そしてトドメに立て看板!
「安倍政権打倒」とか書いてありそうな様子だけど、それは気のせい! 夜市の看板です。
高さ2m以上ある大看板を急遽作成!!! いやー、これはすごい迫力だ!

どうだまいったかと、長老に見せたところ、「こんなでけえの、どこに置くんだよ、まったくなに考えてんだかオマエら! 」だって。チッ、頑張って書いたのに!

あ、そういえば、ポスター(この記事の一番上の写真)が出来たときも、重鎮クラスの第一声は「日程が小さくてわかんねえじゃねえか」とのこと。
う~ん、やっぱり例によって必ず文句を言うらしい。

ということで、明日5月17日は今年の第一回北中夜市!

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇