1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2011-10-16 21:01:56

次なる旅へ・・・

テーマ:帰国後・・・


いかがだったでしょうか?



全4回にわたってお送りしてきた世界一周後の転職活動 虎の巻。



転職活動する人や世界一周をこれから考えている人の少しでも参考になれば嬉しいです。









僕が世界一周から帰国して、早くも3ヶ月が経った。



着ている服はシャツ系が多くなり、カバンは容量や機能性よりも見た目やスマートさ重視。



帰国後すぐは毎日持ち歩いていたデジカメも、今では家の机の中に眠っている。



すっかり日本の生活に馴染んでしまっており、世界一周をしていたのなんて遠い昔のような気がする。



って、仕事はまだ始めてないけどね(笑)




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-沼津丼
やっぱり食は日本が一番!!




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-前菜三種
ここまで見た目にもこだわる料理の数々は、世界で日本だけだと思う!!




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-まぐろ
いまや世界各国で刺身は食べれるけど、やっぱり日本のものが一番^^









3ヶ月経って、初めて自分のブログを全て読み返してみた。



全部読むのにかかった日数3日間!!  ※もちろん、一日中読んでたわけじゃないよ



数えてみたら、記事の総数500件超(1年半で)。



よくもまあ、こんだけ書いたもんだ(笑)





『あ~、このときこんな風に思ってたな~』とか、『そうそう、このおっちゃんが・・・ww』とか、



『記事には書けなかったけど、ここではこんなことあったな~』とか、色んな記憶がよみがえった。






誤字脱字や変な言い回しがところどころあったり、



あまりの疲れからか、書いてある文章自体が自分でも??だったり、笑っちゃうような箇所もたくさんあった。



誤字脱字は正直恥ずかしいんで、チャチャッと直そうとも思ったが、



旅で書いた文章をありのままを残すという意味で、あえてこのままにしようと決意。



まあ、大目に見てくだせぇ。









帰国後の記事でも書いたが、帰国してからたくさんの旅友と再会した。



旅友の多くは数日~1週間程度しか一緒にいれなかったし、そんなに長く行動したわけでもないのに、



会えば昔から知ってる旧友のような感じがし、僕を懐かしい気持ちにさせてくれた。



やっぱ趣味や価値観が一緒の人たちって、いいよね!!




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-村上夫妻
イースター島、ビーニャ、チェンマイでお世話になった村上夫妻




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-ちゃら
ちゃらちゃら~




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-カマコ
カマコ様は、やっぱりカマコ様




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-まこさん
一緒にW杯決勝をスペインで観戦したまこさん




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-愛子さん
東京から静岡に帰る途中、わざわざバイト先に立ち寄ってくれた四川・甘粛省の旅友・愛子さん









世界一周をしたという事実と共に、そんな旅友たちと出会えたことが、一生の“タカラモノ”。



そんな気持ちを胸に、このブログを終わりたいと思う。



※って、ブログを〆るの2度目だけど(笑)









また、何かあったらブログ書くと思うんで、それまでしばしのお別れ。




それでは、皆様お達者で~!!




~風の吹くまま、自由気ままな旅を~-パスポート
次の旅へ出るためにパスポート切替へ。

イスラエルやイエメンなど中東のVISA満載のパスポートはちょっとね・・・










PS:


記事を書かなかった9月も毎日300人を超える読者が、このブログを訪問してくれた。


記事がアップされてないのにもかかわらず、読者登録してくれたり、メッセージまでくれたり・・・。


本当にありがとうございます。




世界一周中やこれから世界一周をしようとしている旅人からは、


『ブログの情報、参考になりました』や『行きたい国が増えました』なんて言われちゃったり。


ほんと嬉しかったです。




今後とも、このブログをよろしくお願いします^^














―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

ランキング参戦中!!
一日一回、ポチっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方は、↓をクリック!!
にほんブログ村 世界一周
AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)
2011-10-14 12:33:40

世界一周後の転職活動 虎の巻4 ~後悔のない人生を~

テーマ:帰国後・・・


さて、ここまで転職活動の方法や書類選考通過率アップの方法を書いてきたが、



世界一周後の転職活動においての、面接以降の虎の巻はぶっちゃけない(笑)



一般的な面接対策と同じで、いかに自分をうまくアピールできるかによる。






面接で話をする際に大事なのは、以下の5つ。



①論理性/まずは結論から言う


②具体性/理由・背景、実体験・実績を具体的に


③簡潔性/面接の時間は短いので、必要な情報を絞ってアピールする ※しゃべりすぎに注意


④一貫性/転職で実現させたいことに一貫性を持たせる


⑤自主性/企業に質問する際も、まずは自分の考えを伝えてから、面接官の意見を仰ぐ










上記の5つの中で、世界一周後の転職活動において大事なのは④の一貫性。



一貫性とは実現したいことに対し、理由・動機・強みなどを一つの道筋として結びつけることであり、



その一貫性の中に、世界一周の経験やその経験を通して何を実現したいのかを、いかに組み込めるかが大事。






世界一周の経験を転職活動や今後のキャリアビジョンにリンクさせるのはなかなか難しいが、



コミュニケーション能力なり、行動力なり、実行力なりを自分の言葉でアピールできると良い。









世界一周に関して、面接で主に聞かれる質問(面接の場でアピールすべき点)は以下3つ。



・なぜ世界一周をしようと思ったのか/動機


・世界一周を通して何を学んだのか/経験


・世界一周の経験をどのようにうちの企業(職種、事業)で活かしたいのか/ビジョン







そして、企業側が一番気にする点(懸念点)としては、



またすぐどこかに行ってしまうのではないか?



まあ、そう思われても仕方ないよね(笑)









世界一周旅行者にとって共通しているのは、やりたいことを実現してきたということ。



これは良く言えば、行動力があるということだし、逆に悪く言おうと思えば、いくらでもできる。






まあ、世の中の事柄は全て裏表なんで、考え方次第ではあるが、なにより重要なのは、



“後悔してない”ということをしっかり断言できること。






世界一周者にとって、この言葉は愚問かもしれないが、



この熱意を持ってさえいれば、転職活動への想いや今後の人生にかける想いも説得力のあるものになるだろう。









ということで、ここまでHow to的なことを書いてきたが、最後は精神論(笑)



みなさん、ぜひ後悔のない人生をww









Your time is limited, so don't waste it living someone else's life.

Don't be trapped by dogma — which is living with the results of other people's thinking.

Don't let the noise of others' opinions drown out your own inner voice.

And most important, have the courage to follow your heart and intuition.

They somehow already know what you truly want to become.

Everything else is secondary.



Steve Jobs


(君たちの時間は限られている。だから他の誰かの人生を生きて時間を無駄にしてはいけない。定説(ドグマ)にとらわれてはいけない。それは他の人たちの考え方の結果と生きていくということだ。その他大勢の意見という雑音に、自分の内なる声を溺れさせてはいけない。最も大事なことは、自分の心に、自分の直感についていく勇気を持つことだ。心や直感はすでに、あなたが本当になりたいものを知っている。それ以外は二の次だ。)












―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

ランキング参戦中!!
一日一回、ポチっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方は、↓をクリック!!
にほんブログ村 世界一周

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-12 22:24:21

世界一周後の転職活動 虎の巻3 ~書類選考通過率をUPさせる方法~

テーマ:帰国後・・・

タビロックの訃報から数日。



その後の旅人たちのブログやfacebook上でのみんなのやり取りを見ていると、



あの二人がいかに愛されていたかがよく分かる。



僕もやっと落ち着いてきたという感じだが、二人のブログやコメントを見ちゃうと思わず・・・。






ブログ上で出会い、イースター島やアメリカを一緒に旅した旅友・きのぴーずが一昨日帰国した。



今まではなんとも思わなかった旅友の帰国だが、無事帰国したという連絡を見た時の安堵感といったら・・・^^






今、旅してる旅友のみんなへほんとお願い。



絶対、無事に日本へ帰って来いよ!!









~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~









さて、話は世界一周後の転職活動記事に戻ります。



以前のブログにも書いたとおり、転職活動の選考段階で肝なのが、“離職期間”



というのも、買い手市場である昨今、応募者多数により書類選考を行う企業がほとんど。






もちろん細かい職務内容にも目を通すとは思うが、応募過多の場合に最初の選考段階で一番見られるのは、



①年齢、②職務経験、③離職期間






これは人事や書類選考する人が、足きりをする際に見るポイントであり、



よほど光るものがない限り、離職期間が長い人はここで落とされるとみてよい。



※老舗企業なのかベンチャーなのか、大企業なのか中小企業なのか、職種や業種によってその度合いは変化






たとえ、その人が世界一周をどんな想いで成し遂げ、それをいかに今後の人生に活かそうと思ったとしても、



それをアピールする場がなければ意味がない。






ということで、世界一周経験者や長期離職期間の人にとっての最初の課題は、



“書類選考通過すること”






もちろんこれに必勝法なんてものはないが、少なくともその確率を上げることはできるので、



誰にでもできる簡単な方法を2つご紹介(2つ目が大事)!!













≪履歴書・職務経歴書はリアルに書け≫



もちろん、個人の経験職種や応募する職種・業界によってアピールの仕方は変わるが、



履歴書・職務経歴書の書き方次第で、書類の通過率は大きく変わってくる。



例えば営業職の場合、よく実績や達成をアピールする人がいるが、これは数字の裏づけがないと意味がない。



ただ達成しました、表彰されましたではなく、目標いくらのうち、達成額がいくらで、達成率は何%なのか。






そして重要なのは、良かったときだけではなく、悪かったとき(未達)のものも書くこと。



これは、特に通期(年度)の数字を書くときに必要なことで、ないと印象を悪くするときもある。



あとできれば、営業面で工夫したこと、どうやって営業目標を達成させたのか、



逆に数字が悪かったときは、それをどう挽回したかなどを、営業数字とリンクさせるとよい。






履歴書・職務経歴書は、一度書いてしまえばフォーマットとなるので、



なるべく時間をかけ、しっかりとしたものを作ることをおススメする。






初転職者や職種・業界によるアピール方法が分からない人は、人材紹介会社を利用するとよい。



人材紹介会社は人材の斡旋はもちろんのこと、履歴書・職務経歴書の添削や模擬面接をしてくれる会社も多い。



その人材紹介会社で転職活動をするかしないかは別として、まずはこういったサービスを使うのも一つの手だろう。



もちろん転職希望者に費用はかからない。









≪人材紹介会社の営業を通して書類選考通過率アップさせる方法≫



今日の記事の一番の肝は、これだと思う。



一般的に書類選考の可否については、転職者は何も口出しできない。



ただし、人材紹介会社の営業を通すと、その実は変わってくる。






人材紹介会社の営業は、企業の経営陣や人事の責任者と深い関係を持っており、



企業がどんな経歴を持ち、どんな性格を持つ人が欲しいのか、ソフト・ハード面共に把握している。



そのため、レジュメ上はどうあれ、『こんな人ならぜひ紹介したい』という考えを持っている。







例えば、学歴や職歴がちょっと足りないけど、この人なら企業の要望に合うのではないか?



離職期間が長いため、通常の書類選考では落ちてしまうが、この人は会ってもらえれば可能性あるのでは?



人材紹介会社の営業にそう思ってもらえれば、転職者としてはしてやったり。






企業側に深く入り込んでいる人材紹介会社の営業だから出来るプッシュというものがあり、



僕はこの方法で志望業界の書類選考を、実際には離職期間ではじかれてたのにも関わらず、全て突破できた。







ということでまず転職者は、志望する職種や業種を決め、人材紹介会社の営業にそれをアピール。



積極的な自己アピールから、この人なら可能性があるのでは?と思わせ、自分を企業にプッシュしてもらう。



もちろん人材紹介会社の営業も、良い人を紹介しなければ企業からの信頼を失ってしまうし、



逆に紹介できなければ商売にもならないので、転職者の自己アピールを真摯に受け止めてくれるだろう。







ちなみに、人材紹介会社の営業には企業側の営業と転職者側の営業がおり、



大手3社でいうと、リクルートエージェントとインテリジェンスは、営業は分担制、



JACは企業側と転職者側の両方を一人の営業が受け持っている。



その他にも人材紹介会社はたくさんあり、専門分野に特化していたり、若者に特化していたり、



外資系に特化していたりと様々あるので、自分の適性や志望職種・業界によって変えると良い。






※僕の個人的な感想としては、企業側と転職者側の両方を一人の営業が受け持っている方が、


 企業と転職者のマッチング精度が高く、転職者をプッシュしてくれる可能性が高いと感じた。


 分担制の場合には、企業側と転職側の営業の距離感が大事で、近ければ近いほうが◎。




※もちろん、書類選考通過後の面接可否・採用可否は、自分次第です















―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

ランキング参戦中!!
一日一回、ポチっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方は、↓をクリック!!
にほんブログ村 世界一周


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-09 21:31:00

突然の訃報と今旅を続けている旅友たちに伝えたいこと

テーマ:日本


突然の訃報。



カーミッコさんのブログにも書かれている通り、旅友・タビロックの二人がボリビアで亡くなった。



最初このことを聞いた時、全く実感が沸かなかった。









世界一周をするものにとって、絶対一度は考える健康や病気への不安。



ただ、多くの旅人は取り越し苦労という感じで、みんな元気に帰国している。



熱が40℃近く出るなんて話はざらだし、旅中に入院したっていう話もよく聞く。



それでも、みんなどうにかなっている。









でも、一番恐れていたことがボリビアで起こってしまった。



カーミッコさんのブログを見ると、原因はマラリアとのことだが、



たぶんタビロックの二人は最初、旅の疲れや高山病による体調の変化だと思っていただろう。









ちょっと休めば、また元気になる。









同じ状況だったら、たぶん多くの旅人がそう思うだろう。



世界中に広がる疫病、マラリアやテング熱、エボラ出血などは自分には関係ない話。



僕もそう思って旅をしていた。









僕は幸いにも特に病気もしないで帰ってきたが、いつどこで同じような状況になっていたか分からない。



旅中は免疫力が落ちるため、普通の日本人ならかかりにくい病気にもなりやすい。



マラリアだって感染したとしても、普通の日本人の免疫力なら発症しにくいとされる。



でも、旅中の体はそうでない。



旅人はそのことをしっかり理解し、わきまえなければならない。









旅○さんの記事にも書かれていたが、今旅をしている仲間には、本当に気をつけてほしい。



ちょっとした体調不良の時、ちょっとでも体調に不安を感じた時には、絶対病院へ行ってほしい。



アフリカや南米、アジアなど、疫病が慢性的に流行している地域にいる人は特に。






これから世界一周をしようとしている人へ。



“保険のお金って高いし、掛け捨てだから、海外保険は入らなくてよくない??”



ダメです、絶対入ってください。



入っていれば、何かあった時キャッシュレスで病院に行くことができます。






これほんと重要。







自分でお金を払わなければいけないと思うと、なかなか行く気になれない海外の病院。



僕も旅中に3度病院へ通ったが、キャッシュレスだから気軽に行けたといっても過言ではない。



自分の安心、安全のためであるのはもちろん、家族や友人の安心のためでもある海外保険。



これから旅立つ人には、絶対入ってほしいと思う。










最後に、今世界一周を続けている旅仲間へ。



絶対、元気な姿で日本へ帰ってきてください。



笑顔でまた日本で会いましょう!!









そして、タビロックのお二人へ。



いつも楽しいブログをありがとう^^



いつまでも、二人でお幸せにね!!



心よりご冥福をお祈りいたします。














―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

ランキング参戦中!!
一日一回、ポチっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方は、↓をクリック!!
にほんブログ村 世界一周
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2011-10-08 23:55:20

世界一周後の転職活動 虎の巻2 ~4つの転職活動方法~

テーマ:帰国後・・・


それでは、いよいよ実践的なお話へ。



※今回のテーマ(虎の巻)は、僕の個人的な見解も多いので、あくまでも参考程度にお考えください









まず一般的に、転職活動の方法として主に考えられるのは、以下4つ。






①求人広告(転職サイトやフリーペーパー、新聞折込)を使用した活動



②人材紹介会社(リクルートエージェント、インテリジェンス、JACなど)を利用した活動



③企業のHPなどから直接企業に応募する活動



④知り合いや自身のコネクションを用いた活動



※正社員雇用の場合









メリット、デメリットはそれぞれにある。



①求人広告(転職サイトやフリーペーパー、新聞折込)を使用した活動


メリット:

・案件が多い

・気軽に登録したり、応募したり出来る

・販売やサービス、事務系職種に強い

・未経験可のロースペック求人が多い

・大量募集に強く、緊急度の高い求人が多い


デメリット:

・現在の買い手市場による影響で、求職者からの応募が集まるため、選考通過率が低い

・クローズ(非公開)求人が多くなっている昨今、特にミドル~ハイスペック層の求人が少ない

・広告という手法を用いるため、採用コスト(確実性)を重視する外資系や専門職に弱い

・広告(記事内容)による影響力が強い






②人材紹介会社を利用した活動


メリット:

・公開求人を嫌う企業の情報が多く、専門性の高い職種も多い

・企業担当、転職者担当がサポートしてくれるため、企業の求人比較や自分の棚卸しに役立つ

・人材紹介会社の担当へのアピール次第では、選考通過率を上げることができる


デメリット:

・自分(転職者)が担当してもらう人(人材紹介会社側の担当)によって、内容に差が出てしまう

・何度か人材紹介会社のオフィスに行かなければならないため、手間(登録や打ち合わせなど)






③企業のHPなどから直接企業に応募する活動


メリット:

・大々的でない場合に限るが、応募者の母数が少ないため、選考に通過しやすい


デメリット:

・社名や職種、業界など、かなり絞った検索が必要

・常時ネットに求人を掲載している企業も多いので、緊急性がない場合があり、注意が必要






④知り合いや自身のコネクションを用いた活動


メリット:

・事前にコネクションを持って選考に望むことが出来る

・知り合いや自身の過去の実績により、後押ししてもらえる(ができる)


デメリット:

・転職活動するにあたり、分母が小さい

・入社後もコネクションが続く(良い意味でも、悪い意味でも)








転職者側からみるとこんな感じだと思うが、ちょっと視点を変えて企業側の視点でみてみよう。



企業側が採用活動する中で、重要視するのはⅠ応募者の量、Ⅱ転職者の質、Ⅲ採用コストである。






ここで、注目したいのがⅢ。



経済状況が芳しくない昨今、企業としては採用コストを下げたいという思いが絶対ある。






そこで、各手法の採用コストを比較してみよう。



まず①の求人広告は、企業が広告料として前金で支払うため、採用有無に関わらず料金が発生する。



広告の料金は、ツールや記事の大きさ、期間にもよるが、だいたい10~150万円(転職サイトの場合)。






次に②の人材紹介会社では、転職者が入社してから初めて料金を支払う、成功報酬制をとっている。



成功報酬の額は、大体年収の30%ほど(年収500万円の人なら約150万円がFee)。






もちろん③と④については、採用コストという面では無料である。









ということで企業側は、



大量募集や人気のある職種(採用単価の低い職種)、ロースペックの求人には①求人広告を、



ハイスペックや専門職の採用のように、確実性を重視したい求人には②人材紹介会社を用いることが多い。












以上のことを踏まえると、実際の転職活動について、こんなことが見えてくる。



例えば、9~17時の事務職種やショップの店員募集を探す場合には、①求人広告を用いた方がよい。



自分の適性を一緒に考えたり、過去の経験を活かした仕事を見つけたい場合には、②人材紹介会社を。



すでにやりたい仕事が明確であり、いきたい会社(業界)も決まっている場合には③企業のHPへ。



そしてもちろんコネクションを持ってる人は、転職活動において何より強いものなので、それを活かす④へ。



※追記

ハローワークっていう方法もありましたね。

ハローワークは、地元の企業や中小企業に強く、職種的には事務や技術職(現場作業員)に強いです。

国による運営のため、転職者はもちろん、企業も利用は無料なので、まずは出向いてみては??











まあ、一概にこれに全部当てはまるとは言えないが、全くの見当違いではないだろう。












さて、ここまで転職活動の方法を一通り書いてきたが、



ここからはいよいよ世界一周をした人に特化したお話。






世界一周をした人が転職活動時、一番ネックになるのが『離職期間』。



まあ、旅の期間が長いので当たり前のことですが・・・(笑)






転職業界では、一般的に離職期間は長ければ長いほうが就職には不向きである。



日本らしい考え方ではあるが、『離職期間が長い』=“社会への不適合者”と考えることが多く、



その期間が長いと、企業側はどうしてもマイナスのイメージで転職者を見てしまう。



※これは、ワーホリや留学も一緒のことが言える






企業や職種にもよるが、離職期間は大きく分けて3ヶ月、6ヶ月という2つの区切りでみており、



それ以上期間が空いている人は、よほど光るものが無い限り、書類選考で落とされる可能性が高い。






それでは、どうすれば書類選考で落とされにくくなるのか。



次回は、その具体的なお話をお伝えします^^













―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・―・

ランキング参戦中!!
一日一回、ポチっとしてもらえると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村


携帯の方は、↓をクリック!!
にほんブログ村 世界一周

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。