Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
2010-08-12 19:30:00

やじうまプラス(テレビ朝日)に出演:定点観測2010.08.12

テーマ:ブログ

スカイツリーの達人、再び!!(照)

やじうまプラス(テレビ朝日)に2回目の出演をしました。

生放送は初めてだったので、ちょっと興奮しました。(笑)


東京スカイツリーファンクラブブログ

川島アナウンサー。早朝なのにテンション、高!

明るくて、元気。朝ラー効果でしょうか。(笑)


東京スカイツリーファンクラブブログ

東京アンテナ工事(株)三矢宏

「スカイツリーファン」だけだと社員に申し訳ないので、必ず会社名を出していただいています。


東京スカイツリーファンクラブブログ
船の上は、風が心地よく、涼しい。

天気がよければ、是非デッキに出てみてください。


東京スカイツリーファンクラブブログ

本日は通常の運航時間と違う「貸切特別便」でした。おぉ~

水上バスは東京都公園協会の東京水辺ライン。

200円って、激安です。まさにバス並みですよ。


東京都公園協会ホームページ↓

http://www.tokyo-park.or.jp/waterbus/


東京スカイツリーファンクラブブログ

駒形橋。満潮のため、橋の下はギリギリ。

ジャングルクルーズみたいで、面白かったですよ~。


東京スカイツリーファンクラブブログ

駒形橋を過ぎると、アサヒビールとスカイツリーと墨田区役所のスリーショット。


東京スカイツリーファンクラブブログ

鏡スカイツリー船上スペシャル!!

船上からならテッペンまで撮影できます。

スカイツリー研究家(←いつからだ(笑))としては、6月に計算した「完成時の鏡スカイツリー撮影スポット予測」(鏡スカイツリーとウラ鏡スカイツリーの研究(3))が的中して、かなりうれしい。


東京スカイツリーファンクラブブログ

無事に鏡スカイツリーが生放送され、安堵の表情。(笑)。

アドレナリン、出たな~。川島アナ、おつかれさまでした。


東京スカイツリーファンクラブブログ

あっという間に生中継終了。

生放送なのでイヤホンを通して、スタジオの声が聞こえます。堂真理子アナと大木優紀アナが楽しそうだったのが、うれしかったです。


東京スカイツリーファンクラブブログ
番組のお天気お姉さん、加藤真輝子アナ。

前回のスカイツリーのロケで一緒でした。

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10522550916.html
「また会いましょう」って言ってたのに...。

で、とりあえず写真だけでも。あはは。


東京スカイツリーファンクラブブログ

当日(2010.08.12)は、満潮。

川の水があふれているのが、わかりますでしょうか?


東京スカイツリーファンクラブブログ

生中継用の機材。この倍以上、ありました。

近くのホテルには中継車も来ており、船→中継車→放送局に電波を飛ばしていたようです。

スタッフの方も10人ぐらい現場に来ていたと思われ、「生放送って、すごいな~」と感じました。


東京スカイツリーファンクラブブログ

船の上での打ち合わせ。リハーサルも初体験しました。


東京スカイツリーファンクラブブログ

満潮で機材がぶつかるため、くぐれなかった橋。

スカイツリーファンなら橋の色で「厩橋」だとすぐわかりますよね。


東京スカイツリーファンクラブブログ

↓「完成時の鏡スカイツリー撮影スポット予測」(鏡スカイツリーとウラ鏡スカイツリーの研究(3))

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10561021088.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

川の上は右側通行!!

川の上の通行ルールは自動車と逆の右側通行。したがって、両国橋から桜橋に向かう方が墨田区側を走るので、アサヒビールに近い。逆に桜橋から両国橋にに向かう場合には台東区側を走るので、アサヒビールから遠くなります。生放送は、アサヒビールに近いルート(両国橋→桜橋)で撮影されました。上記の写真は、桜橋→両国橋ルートです。比較すると面白いかも知れませんよ。


今日は生放送ということもあり、本番を私が見られなかった(当たり前か(笑))のですが、お盆休み中の家族全員で見たとのこと。「ヒロシ(我が家はファーストネームで呼び合っています。)がいない方が落ち着いて見られる」と小学校6年生の三男も言っていましたので、今後は生放送もOKです。うふふ。


やじうまプラス写真集 2010.08.12放送分

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/20100812/index.htm

ロケ中に写真を撮りまくるスカイツリーファンの本性を垣間見ることができます。




東京アンテナ工事(株)屋上からの東京スカイツリー定点観測

2011年7月24日まで346日です。


今日の東京スカイツリー

東京スカイツリーファンクラブブログ
2010.08.12撮影(40倍ズーム)15:00頃



8月の「デジタルテレビライフがやってきた」(NHK)第5回は、「どう進める?ビル陰地域の地デジ化」です。8月29日(日)[総合]午後3:30~3:50放送予定。

東京スカイツリーファンクラブブログ
デジタルテレビライフがやってきた、リンク↓

http://www.nhk.or.jp/digital/guide/digikita/index.html

8月29日(日)[総合]午後3:30~3:50




東京スカイツリーグッズコレクション 2010.08.09 ニューグッズ追加!!

↓今までご紹介してきたスカイツリーグッズを集めてみました。随時更新中です。

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10605833789.html


東京スカイツリーグルメファン 2010.07.31更新

↓今までご紹介してきたスカイツリーグルメを集めてみました。随時更新中です。

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10525560757.html


スカイツリー模型オジサン(3) 1/380の謎の巻

↓お奨めブログ記事1

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10587923690.html


デヴィッド・カッパーフィールド的スカイツリー写真?

↓お奨めブログ記事2

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10594813279.html


東京スカイタワー(513m)、完成?!

↓お奨めブログ記事3

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10531326797.html


地デジ補助金・助成金:東京アンテナ工事(株)

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/joseikin.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

バラエティーギフトさくらでゲットしたスカイツリーと東京タワーと富士山が一緒に描かれている奇跡のマグネット(笑)

ブログではない東京スカイツリーファンクラブのページも要チェックですぞ。(爆)

↓東京スカイツリーファンクラブ

http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/tstfc/tstfc.html


東京スカイツリーファンクラブブログ

隅田川の花火にも役に立つ東京スカイツリーファンクラブ特製 橋マップ

「さくら」と「押上駅周辺町づくり研究会インフォメーションコーナー」と「枕橋茶や」の場所を記入した地図を作成しておきました。(笑)

画像をクリックすると拡大表示されます。プリンターで印刷するとA4サイズで印刷できます。印刷してスカイツリーに一緒に連れていってあげてください。

拡大地図と各橋から撮影した写真はコチラ↓

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10417555088.html


東京アンテナ工事(株)が出演しているテレビ番組です。

東京スカイツリーファンクラブブログ
デジタルテレビライフがやってきた、リンク↓

http://www.nhk.or.jp/digital/guide/digikita/index.html

第4回の「アンテナチェックはお済みですか?」に出演しています。

番組ホームページで動画でご覧頂けます。


東京アンテナ工事(株)が出演しているテレビ番組です。

東京スカイツリーファンクラブブログ

2010.8.07新・週刊フジテレビ批評写真集↓
「東京スカイツリー」メリットと役割は?
http://www.diginet.ne.jp/tokyo-ant/20100807/index.htm



東京アンテナ工事(株)が出演しているテレビ番組です。

東京スカイツリーファンクラブブログ

2010.7.24放送分の新・週刊フジテレビ批評のブログ↓

「都内集合住宅の地デジ化実態」
http://ameblo.jp/tstfc/entry-10599402358.html



東京スカイツリーファンクラブ

お奨めバックナンバー(当ブログ内)2010.07.16更新

http://ameblo.jp/tstfc/entry-10419814371.html


東京アンテナ工事株式会社

http://www.diginet.ne.jp/

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

東京スカイツリーファンクラブさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿