サッカーのワールドカップ(W杯)南アフリカ大会で、応援に使われている南アフリカの民族楽器「vuvuzela」(ブブゼラ)が注目を集める中で、アップルの携帯電話のアイフォーンや新型携帯端末のアイパッドで、ブブゼラの音を再現するアプリケーション(アプリ)が登場している。「vuvuzela」で検索すると、有料版、無料版を含めて約10件ほど見つかり、軽くタップしたり、本体を振ったりすると「ブァー」という独特な音が出る。音量には注意して遊んだ方がよさそうだ。

 ブブセラは、ラッパのように息を吹き込んで鳴らすプラスチック製の楽器。試合中に吹き鳴らすが、競技場での大音響には、世界中のテレビ視聴者から苦情が出ているという。ただ、国際サッカー連盟(FIFA)のブラッター会長は「開催国の伝統を禁じるべきでない」とした。また、ロイター通信などによると、オランダのファンマルウェイク監督(58)は、開幕前の公開練習で約3000人のサポーターらがブブゼラを鳴らしたことに「選手とのコミュニケーションが不可能となった」と不快感を表明している。【毎日jp編集部】

介護用品で死亡事故2件(医療介護CBニュース)
「後ろ指さされないように」=政治とカネ、閣僚が持論―小沢氏意識した発言も(時事通信)
西都・日向・宮崎の感染疑い牛と豚、すべて陽性(読売新聞)
「はやぶさ」帰還を絶賛=蓮舫行政刷新相(時事通信)
官房長官、官房機密費の検証続ける(産経新聞)
AD