ココではブログのテーマにもなっている「山ネコ」についてお伝えします。少々長い文で、どうでもいいような内容もありますが、しかしその野望は世界規模!!

作成は10月18日ですが、一番初めに読んでもらうべく9月2日作成の設定にしてあります。

Now I will tell you YMANEKO. This story may be too long, but this ambition is on an international scale.

今回は誰にも話さなかった・・・と言うか誰からも聞かれなかった()貴重な情報満載。これであなたも山ネコ通!

This time, there are valuable information. You will be a well-informed person of YMANEKO

少しでも興味のある方、山ネコを持っている方は必見!最後まで我慢して読んでくだされ!!

torojiro先生のお友達で山ネコを渡せなかった人、ごめんなさい。帰国後相談に応じます。

If you have any interest or you have YMANEKO doll, you have to read the story fromto and “How to make YMANEKO”.


If there are someone, who is Torojiro’s friend but couldn’t receive YMANEKO doll.

I will consult with you after I come back to Japan.


まず

山ネコとは・・・・由来とその歴史

First of all, what is YAMANEKO? “The origin and history.”

torojiro先生と、そのクラスのイメージキャラクターであった。

・普段は絵として登場することが多い。

山ネコの日記

↑これらはトンガに来てから描いたものだけど・・・
山ネコの日記


山ネコの日記
↑コレは卒業式前に書いた山ネコ。卒業アルバムにも載ってしまった・・・。

・山〇先生の描くネコだから「山ネコ」

「山猫」「ヤマネコ」だと野生の猫と一緒になってしまったり、何だか図鑑の表記みたい。「やまねこ」や「山ねこ」だと何だか漢字が苦手な人みたい。猫を漢字にしてしまうと低学年の子ども達が読めない・・・などの理由から、正式表記は「山ネコ」である。

Origin

YAMANEKO was my class room character, when I was a primary school teacher in Japan.

He usually appears in a paper as a handwriting picture.

YAMA means my name [Yamaguchi ‘s YAMA]

NEKO means cat in Japanese language.(He is a cat.)

・① and compose the name YAMANEKO.



・原型が誕生したのは2004年。長野県臼田町(現佐久市)の小学校にて。

・2005年~2006年に担任した子ども達にアドバイスをもらい現在の形に近づく。鼻は無い(Q&A参照)

・2007年~2008年、宿題チェックのサインとして本格デビュー。兄弟関係を中心に有名になり始める。


・2008年、6月頃、図工(課題は粘土)の時間、何となく普段絵で描いていた山ネコを作ってみた。(torojiro先生山ネコ作りに一生懸命。子ども達ほったらかし。ごめん!)→完成した山ネコが大反響。家庭参観日に堂々と子ども達の作品に混じって展示される(いいのか・・・?)。

・その頃より宿題チェックに留まらず、学級便り、学年便り、職員会資料にも登場するようになる。

・学校区内の保護者で焼き物をやる人がいて、一緒に飲んだ際「先生焼き物やらないかい?」

と誘われ湯飲みを作ってみる事になる。当初卒業記念で子ども達に湯飲みをプレゼントの予定だった→ちょっと休憩した際、山ネコを作ってみた→焼き物は中が空洞の方が望ましいので、足の部分をどうしようか??→そうだお地蔵さんにして、足元を着物の裾のようにすれば中が空洞にしやすい! これが山ネコ大明神の始まり。

山ネコの日記


・焼きあがった山ネコ大明神を職員室→教室に設置。またまた大反響!「うちのクラスにも欲しい欲しい」。勤務の合間を縫って山ネコ作りを始める(別で紹介している「山ネコ大明神の作り方」の山ネコ)。→希望のあったクラスへ設置される。その他メジャーデビューの為、保健室・事務室・音楽室・理科室・給食センター・図書館など全校児童が利用する場所へ設置され、学校内ではかなり有名になる。→休日などを利用して湯飲みを順調に作っていたが、どうやら山ネコもプレゼントした方が良さそうだ~と言う気がして来た。

・2008年、年末・冬休みあたりから、34人分の山ネコを作り始める。年末年始はスキーに行っていたか山ネコを作っていたかの生活・・・()

山ネコの日記

・卒業式に色紙・湯飲みとともに山ネコをプレゼント。2年間一緒にがんばってきた(お騒がせしてきた?)キャラクターだから感謝の・・・という気持ちで
山ネコの日記

・その気持ちだけのはずだったが、「せっかくみんなに可愛がってもらったマイキャラ、ちょうど外国に行くので、世界に広めよう!」

※もし、トンガ(その他の外国)で山ネコを持っている(知っている人)が日本に来て・・・・

または持っている日本人が外国へ行った時、山ネコを見つけたら「あれ~何で山ネコ持ってるんですか~!?」と驚く→話がはずむ→人と人、国と国がつながる・・・・っていう感じのシナリオを期待しています。

・ミッキーマウスのように有名にならなくていい!有名になりすぎたら、あって当然になるので見つけても感動しないでしょう。だから大量生産はしません(出来ないけど・・・)。

一つ一つ手作りにこだわります。

History

YAMANEKO was born in 2004 Saku city Nagano pre. in Japan.

In 20052006 YAMANEKO was changed the form by students advice.

In 20072008 YAMANEKO appeared as a check mark of pupils homework. He became famous especially among the brother and sister.


AD