2012年10月19日(金) 02時05分24秒

日本脳炎ワクチン接種後の死亡例の報告を聞いて

テーマ:+ ワクチンを考える
10月17日岐阜県で小児科医のところで日本脳炎ワクチンを接種受けた10歳の男児が亡くなったという報道がされました。18日の朝のNHKのニュースで流れたそうですが、今日はテレビを見る暇がなく仕事を始めましたのでしりませんでした。田辺三菱製薬の方に教えていただき、ことの内容を知りました。午前と午後の診療の合間にきいたのですが、午後には早速、問い合わせがありました。
私が聞いたのは、朝のニュースの内容以上のものではないので、詳しくコメントできる立場にはないように思いますので、もし、『不安を感じられて躊躇されるのなら、内容がよくわかるまでお待ちになっては如何ですか、季節的に日本脳炎は流行期を終えるので、今予防接種をしないと感染する危険が大きいということにはならないでしょうから』と話しました亡くなられたお子様については情報がなく、接種後5分で意識がなくなった、ナースが119番に電話をして収容された病院で2時間後に死亡確認されたとのことなので、アナフィラキシーショックにしては、少し違うと感じました。アナフィラキシーショックは、ワクチンの成分の何かにアレルギー反応を起こしてショックに陥るものです。急に心臓停止になるものではなく、血圧が下がってその結果循環不全に陥るのでもう少し時間の経過が長いのです。また、対応が早ければ死ぬことは稀と思います。私もワクチン接種ではありませんが、開業して21年間に3人、経験をしていますが、死亡された方はありません。適切な対応をすれば死亡は稀であると考えています。予防接種をするからには、その対応策は準備しているはずです。おそらく短い時間で死に瀕するのは、突然死と呼ばれる状態が起こったと考えます。手持ちの本で、Braunwald's Heart Disease 9th Ed.という本の41章に心臓停止、突然心臓死という項目があり、845-884頁にわたって書かれています。英文であり専門中の専門の本なので、短時間に読み理解できるものではありませんが、多くの疾患があることが記載されています。19日に御遺体を解剖して調べるとありましたので、その結果で何かがわかるかもしれませんが、組織学的に証明できない原因もあるようです。また、ご両親の承諾なしには原因が判明しても公表されないので、詳細を知ることができるかどうかは、わかりません。予防接種という医療行為は数多く行われます。突然死は予防接種と関係なく、或いは痛みを感じる刺激としてそれをきっかけに起こる可能性があるかとも考えられます。それは、その方に特別に起こったことであり、ワクチンに原因があるとは言えません。今回も報道を夜のテレビで見ていると、言葉に気をつけて報道して欲しいと思う内容がありました。日本脳炎ワクチン接種で死亡しましたという因果関係を結びつけて報じていたり、前に別の例での接種後7日を経ての突然死もあたかも原因がワクチンにあるかのような表現になっていました。人心を乱すような表現はさけるべきであろうと思います。5分という時間の短さは、今までのワクチン接種後の死亡例と明らかに異なります。過去の接種例数に比して1例ですから、直ちにワクチン接種をやめるという措置はとられないでしょう。検討は速やかに行われるでしょう。どうか、冷静に経過をごらんになって対応をお決めください。
PR

コメント

[コメントをする]

1 ■…。

私は今回のニュースを聞いてとても他人事とは思えないです。
なぜなら今3歳の息子がいるのですが、日本脳炎の予防接種を受けて服反応が出てしまった事があるからです。うちの息子は接種後、片方の耳だけ赤く腫れ上がるとゆう稀な服反応でした。小児科の先生の話によるとこのような服反応が出たケースは全国で3件だけだと聞きました。今回のニュースを聞いてまた約一年後に日本脳炎の接種を控えている息子に予防接種を受けさせるのがとても怖くなってしまいました。この様なケースの場合、服反応がでない子供よりもやっぱり服反応が出やすい子供の方が死亡してしまう可能性は高いのでしょうか?そして今後もあと二回ある日本脳炎の予防接種、受けていいのかわかりません。とても心配になりました。

2 ■無題

お宅のお子様の場合と今回では内容がかなり異なると思われます。耳介が腫れたのがワクチン接種からの時間差、程度、アレルギーで局所に腫れが出ることがあり、クインケの浮腫といいますが、それが起こったと判断されたのか?と思ったりします。今回の事例は、書いたようにアレルギーではないように判断されます。でも、それは何も知らないで書いているので、今後、専門家の委員会が開催されて解釈や対応が出されると思いますので、それから、考えられては如何でしょうか・

3 ■無題

はしめまして。
亡くなったお子さまやご家族を思うとすごく切ないニュースで、他人事ではなく感じてしまします。
長男10歳も、来週4回目の予防接種の予約を入れています。次男・三男もすでに3回済んでいて、何事もなく過ごしています。そこへ、今回のニュースで長男の来週の予防接種が急に不安になりました。
主治医の先生は、3回接種して大丈夫なら、まぁ大丈夫!とおっしゃいましたが、やはり不安なので、来週はキャンセルし色々な事が解ってからでも遅くないか…と決断致しました。
とんとん先生の記事、とても参考になりました。ありがとうございました。

4 ■無題

現在の日本脳炎ワクチンは年間500万本は注射されています。しかし、似たような事例は初めてです。頻度にすればきわめて稀で、続けて起こる可能性は極めてゼロに近いでしょう。それでも怖さが残られるのなら慌てて接種することはなく、解剖の結果や、国の専門委員会のコメントが出てから接種されてもよいのではないかと思います。

5 ■はじめまして。

はじめまして☆
ツイッターの記事から飛んできました。

私は内科・小児科病棟で看護師をしています。
今朝、姉から甥(3歳)の『日本脳炎ワクチンの2回目は接種しても大丈夫??男の子が亡くなったみたいだけど、どうなんだろ、怖くなっちゃって…(ノ_・。)』とメールがきました。

普段、病院で働いていると、患児のママやパパの心配な様子をどこか第三者的な見方で見て、冷静に対応をしているつもりでいましたが、身内でこんなだと、人ごとぢゃないんだな…(:_;)って初めて思いました。

正しい情報が上手く世間に伝わらないコト、それによる正しい判断が難しくなって、余計不安をあおるコトでワクチンそのものの在り方まで考えさせらる現状。

看護師として身内として不安がる姉を見た時、なんか、色んなこと考えさせられました…f^_^;

私も一応、病院で働く看護師ですが、なんて返信していいかわからず、ずぅーっと(4時間ぐらい)悩んでましたけど、先生のblogみて情報がわかってからでも大丈夫!!ということがわかりました☆
軽く自分の中でも混乱が生じていたのかな…(´~`;)
普通に考えればそんな答えしかないハズなのに。。。

軽い混乱から引き戻してくれたのが先生のblogでした(笑)

はじめましてなのにこんな長文すみません。
今日も日曜診療でしょうか☆
いつも元気なちびっこが元気ない姿はやっぱり悲しくなります…(TωT)
未来の宝の為に頑張ってくださーい!!(^O^)/
私も頑張らなきゃですっ。┗(゚ε゚;)┓=3=3

6 ■無題

コメント拝見しました。接種を受けた方の全てに安全で何もおこらないワクチンというものはないのですよね。今回の場合は注射後5分という短時間に起こった有害事象で、何が起こったのかを御遺体がどれくらい証明してくださるかが課題ですね。多くの場合は、不明という結果であろうと思います。同じようなことが次々と起こることはないと考えるのですが、季節的に急ぐ必要のないものは、待っても大丈夫ですし、これを機会に予防接種について考えて接種を受ける人が増えると亡くなられた方にも供養になるのではないかと思います。

7 ■無題

先生のブログはいつも拝見させていただいています。
9歳の娘と5歳の息子を持つ母です。
今回のニュースを今日知り、先週の新聞を引っ張り出して読みました。

先週、娘はインフルエンザ、息子はインフルエンザとMRのワクチンを同時接種をしました。
来月2回目のインフルエンザを接種をする際に、日本脳炎のワクチンも二人に同時接種をさせようと考えていました。
新聞記事をみて、先生のブログを読んで、やはり躊躇をしています。
二人とも初めての日本脳炎の接種です。
インフルエンザと同時接種を考えております。
娘は心疾患があります。
先生の記事に、「心臓停止、突然心臓死には多くの疾患がある」と記載されている本があるようですが、心疾患がある娘はやはり日本脳炎の予防接種はリスクがあるのでしょうか?

31日の小委員会の結果を待って接種は考えようと思いますが、温暖化になっている現代、二人とも一度も日本脳炎は接種した事がないのでとても心配です。。。

8 ■無題

コメント拝見しました。私自身は、今回のことは日本脳炎ワクチンそのものが悪いためではないと考えていますので、接種を希望していらっしゃる方に止めるように話しているわけではなく、もし不安なら結果を待っても宜しいのではないですかというスタンスなのです。9歳のお嬢さんには、肺炎球菌ワクチンもお勧めです。23価のニューもパックス1回接種でもよいと思います。日本脳炎ワクチンは心疾患あるから危険というわけではありません。突然死を招くような心疾患があるということです。

9 ■無題

いつも拝見しています、5歳と0歳の子を持つ母親です。
先日、不活化ポリオの後での死亡の記事も出ましたね…
私は原先生信者(笑)なので、予防接種が直接の原因だとは断定できない段階での、
関連づけるような記事に、不快感を覚えました。
…が、直後、両親、兄弟から、予防接種をして大丈夫なのか⁈今流行っている病気じゃないのなら、打たない方がいいんじゃないか?との連絡がありました。
私の考えを伝えましたが、世間の取り方は、両親達と同じ方が大半だと思います。
連日の記事で、また予防接種離れが進まなければいいのですが…

10 ■Re:無題

>naomingoさんコメント有難うございます。日本にポリオが入って来ないのは集団として免疫を持っているからだと思います。ワクチンには自分のためだけに接種をする、破傷風や日本脳炎もありますが、自分のためでもあり他人のためにもなるワクチンもあります。協力して集団を護るという視点も必要であることを多くの方に理解していただければ好いと思います。

11 ■Re:無題

早速のご返答ありがとうございます。とてもわかりやすいご説明で感謝しております。

来月2回目のインフルエンザを受ける予定です。日本脳炎と同時接種を考えていましたが、結果を待ってからにしようと思います。

肺炎球菌ワクチンは頭の中にありましたが、金額が高額なので後回しになっていました。
でも、親としてワクチンは最高のプレゼントなんだなぁ~。と感じています。まぁ、子供達には恐怖にしかないですが。。。(笑)

2回目のインフルエンザと23価の肺炎球菌ワクチンは同時接種可能ですか?
ちなみに5歳の息子にもこの23価の肺炎球菌ワクチンを娘と同じく、インフルエンザと同時接種可能ですか?

今回、息子は1回目のインフルエンザとMRを同時接種しましたが、別の小児科医院であまり良い返答をいただけませんでした。
naomingoさんのおっしゃる通り、予防接種離れが進まなければいいとは思いますが、医院によっては回答が違います。患者にとって不安になって迷ってしまわれると思います。この点も徐々にでも改善していけばいいなぁ~と思います。

12 ■Re:Re:無題

>坂本竜馬の妻さん7歳までは7価のワクチンが勧められています。心疾患のある方は菌血症になる可能性が高く、亜急性心膜炎を合併する可能性があるので以前から23価のワクチンを2歳過ぎれば勧めていました。9歳の方に勧めるのはそれと同じ理由です。同時接種について医師のなかでも、まだ全ての医師が受け入れているとは言えないのは事実ですが、流れは変わりつつあるのも事実です。

13 ■はじめまして

ネットを見ていて先生のブログにつきました。
日本脳炎は少し 打つのをまってみようとおもいます
さて 質問なんですが 9歳と6歳の子供がいます
ヒブと肺炎球菌の接種を迷っています。
自費はかまわないのですが やはり死亡事故が
怖いです。9歳は少し喘息です。吸入はしていません。
宜しくお願いいたします。

14 ■無題

今回の日本脳炎のニュースを知って今、悩んでいます。息子が9月で3歳なり9月28日に日本脳炎 第1期初回の1回を接種しました。2回目を4週間以内に言われ10月26日に予約していたのですが、今回の日本脳炎接種後に死亡と言うニュースを知り今回の因果関係がわかるまでは不安に思いキャンセルをしました。未だ、因果関係がわからない状態のようなので、いつ2回目を接種させたらいいかと悩んでいます。1回目からの接種から1ヶ月経ってしまいました。1回目からの間隔が空いてしまうと効力がなくなってしまうのでは?とか、間隔が何週間までなら大丈夫なのかと不安です。1回目が異常なかったなら2回目も問題ないのかな?なんて悩んだり。喘息なのでインフルエンザの予防接種も受けさせたいし。早く、日本脳炎の見解が発表されないかなと毎日気になってます。

15 ■Re:はじめまして

>のんままさん予防接種は常に安全か?、効果は必ず実感できる形で証明されるか?となると否だと思います。接種をされた人が直後に急死されるようなことは極めて稀なことではあります。日本脳炎はヒトからヒトへは感染しないので、未接種で病期に罹っても他人への迷惑は大きくないワクチンです。委員会からの報告は今週中には出ることでしょう。肺炎球菌とヒブワクチンは、9歳と6歳とのことで公費助成の対象にはなりません。ヒブは5歳を過ぎると免疫ができるようです。肺炎球菌は勧められています。

16 ■Re:無題

>ゆひゆひさん日本脳炎ワクチンに原因があったという答えはでないだろうと思います。また、お宅のお子様が同じような結果になる可能性も極めてゼロに近いだろうと思います。ワクチンは4週以上空けて接種をした方が効果がよいと思います。30日の委員会の報告を待つおつもりならば、待つしかないでよね。結果をみて、接種を受けられれば効果は問題ないだろうと考えます。

17 ■はじめまして

3歳になったばかりの息子の母です。
ヒブと肺炎球菌は既に受けて終了しているのですが、肺炎球菌を受けていれば日本脳炎は受けなくても大丈夫ということでしょうか。。?

18 ■無題

肺炎球菌ワクチンは肺炎球菌に対しての免疫をつくりますが、日本脳炎ウイルスに対しての抵抗力を増加させる効果はありません。日本脳炎の予防には日本脳炎のワクチンを接種することが必要です。
確かに、1回接種すると沢山の病期に対しての予防になるようなワクチンが出来ればよいのですが、当分は、予防したい病気に対してのワクチン接種を受けるというのは変わらないでしょう。

19 ■Re:Re:Re:無題

>トントン先生さん、アドバイスいただきありがとうございました。日本脳炎との因果関係は0に近いとの発表でしたが、先に肺炎球菌ワクチンを2回目のインフルエンザと同時接種しようと決めました。
心疾患がある娘は23価のを、今通ってる小児科で取り寄せて接種して頂けるように予約しました。5歳の息子は7価のを2回目インフルエンザと同時接種します。

接種時期と接種回数で質問があります。
11月18日に9歳の娘は1回目インフルエンザのみ接種。5歳の息子は1回目インフルエンザとMRを同時接種しています。
次回は12月15日に、予約を入れました。
9歳の娘は2回目のインフルエンザと23価肺炎球菌を同時接種。
5歳の息子は2回目のインフルエンザと7価肺炎球菌を同時接種。
丁度、4週間をあけましたが、もっとあけたほうがいいですか?

接種回数ですが、70歳になる父が最近23価肺炎球菌を接種した際に、次回は5年後といわれたそうです。娘や息子は今後も5年ごとに接種するのでしょうか?

質問ばかりですみませんが、よろしくお願いいたします。

20 ■Re:Re:Re:Re:無題

>坂本竜馬の妻さんコメント有難うございます。私どものポリシーとしては、同じ不活化ワクチンを2回ないし3回接種をするときは、4週以上空ける、同時接種はいくつでも可能、と考えています。23価肺炎球菌ワクチンは接種をすると2回目はアレルギー反応が起こる可能性があるから一生に1回とされていましたが、5年以上空ければ再接種可能ということに現在ではなっています。心臓に疾患がある場合に菌血症ひいては亜急性心内膜炎を起こす可能性があるので、予防に接種お勧めです。

コメント投稿

[PR]気になるキーワード