2008年11月17日(月)

第1回マスターズ水泳クリニック

テーマ:水泳の話

 第1回マスターズ水泳クリニックを、無事終えることができました。

 参加してくださったたくさんのみなさま、そして講師のみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 第1回ということで、いろいろと不備な点もあったと考えます。もしお気づきの点などありましたら、どんどんご連絡ください。次回をよりよいクリニックにするため、参考にさせて頂きたいので、厳しいお言葉こそ嬉しいものです。


 人数が多いだけでなく、意欲も高い団体ということで、多少時間が押すだろうとは考えていましたが、午前中だけで30分間、午後は1時間も押してしまいました。次回はもう少し余裕のあるスケジュールを立てなければいけませんね。暖かい目で見てくださったアクアウイングのみなさまへも、感謝の気持ちでいっぱいです。


 参加者は中学生から大ベテランスイマーまで広きにわたり、年齢差、体型差、きっと水泳以外の趣味の違いなども大きく、ふつうなら一緒に集まらないだろう人たちがあつまり、不思議な団体に見えたことでしょう。確かに水泳という共通点がなければ、まず一緒にならない人たちだったかもしれません。

 長野県トップの若者スイマーたちにとって、さぞ刺激的体験だったと考えます。わたしにとっても、ほんとうに刺激的な集まりでした。


 午前中、健康や、水泳テクニック、水泳障害についての講義をおこないましたが、みなさんの真剣な表情に、わたし自身も緊張しました。もっともっとお伝えしたいことがあったのですが、少ししかお伝えできなかったことが残念です。


 SwimMeet_2


 クリニックを終え、講師陣で反省会をおこなうと、みなさん「もっと時間が欲しかった!」とコメントされました。バタフライを担当していただいた柳澤コーチなど、「あ、あれも忘れた。これも忘れた」としきりに悔しがっていらっしゃいました。ですから次回の柳澤コーチは、期待大です。


 わたしが考えるに、時間が足りないという問題は、今回のテーマがとても大きかったことに起因しているのではないでしょうか。なんといっても、すべての人間の課題である健康と、すべてのスイマーの課題である自己ベスト更新がテーマだったのですから。

 たとえばテーマをくぎり、「浮き・蹴伸び教室」などという具体的な課題を取り上げたら、きっと効果の高いレッスンが可能になるでしょう。しかし、そうなると今度は参加者数が限定され、開催自体が難しくなってしまうかもしれません。


 これから、そんな問題点を検討し、次回の講習につなげたいと考えています。

 まずは第1回ということで、大上段のテーマを掲げたことを、誇りに思いたいと考えます。そして、常にこの原点に戻って来ようとも考えています。


 次回のクリニックに向け、多くのみなさんが希望された「浮き・蹴伸び教室」を実現したいですね。

 なぜなら、これは苦しいトレーニングをしなくても、純粋に体の使い方を知るだけで、誰でも必ずできることだからです。時間をかけたり、身体意識を向上させるための訓練は必要ですが、誰でも必ずでき、しかも自己ベストを望むなら、必ずできなければならないテクニックだからです。

 浮きができるようになれば、ぜったいにタイムは伸びます。

 浮きができる人に実際の泳ぎを教えるのは、できない人に教えるのとは次元が変わります。それに教わる側も、浮きができるだけで、伝えられたことをすぐに実現できるようになるでしょう。

 
 SwimMeet


 いろいろな課題はありますが、参加して頂きましたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

 DVDは撮影して頂いた会社でダビングして頂き、F-style Club まで送って頂きます。わたしのところに届きしだい、みなさまにお送りさせて頂きますので、少しお待ちください。

 加えて、10月中に申し込んでいただけたみなさまには、特典として各講師の方々の話されたポイントをまとめた資料を同封させて頂きます。

 また次回のクリニックをご期待ください。

 どうか、よろしくお願い致します。

 繰り返しになりますが、参加してくださったみなさまのおかげで、素晴らしいミートを実現できました。

 ほんとうにありがとうございます。


いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

トナカイさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

2 ■クリニック

先日のクリニックではまだサワリしか出来ませんでしたが、私の地元のチームの皆さんには何回も指導していて、バタフライの違いを体験していただいています。シーソーみたいなバタフライからの脱出、苦しい泳ぎからの脱却。苦しいのは苦しい姿勢をしてしまうから、体が浮かないのは沈む姿勢で泳ごうとしているからです。
キックを打とうとするほど膝を曲げて強く打とうとする。早く動かそうとして腕をぶん回す、リカバリーで力を入れる、上体に力を入れてユサユサアオル・・・みんな逆の動作になってしまいます。
そこを解決していきたいのです。

1 ■クリニック

多くのスイマーが集い、出会いがありました。
老若男女、素晴らしいセミナーでした。初回でしたのでまだまだ改善の余地もありますし、次回に向けてああしたい、こうしたい、たくさんあります。
こうした集いは日本でもそうはないでしょう。数年後にはF-STYLEが日本のマスターズ界の技術のトップになれるようにどんどん、重ねて生きたいですね。ありがとうございました。また一緒に勉強しましょう~

コメント投稿

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。