#magnoliabakery #cupcakes #sweets #マグノリアベーカリー #表参道 #sexandthecity #satc




cupcake*マグノリアベーカリーさんからのご招待で、ブロガーイベント「マグノリアベーカリー再発見」
お邪魔してきました。





1996年にNY発祥の焼き立てカップケーキで一躍有名になった「マグノリアベーカリー」。
もともとは保存料や人工甘味料などを使わず生の原料でハンドメイドで一から作る、ケーキやクッキーバー、パイなどをコーヒーと一緒にテイクアウトするフレンドリーな手作りベーカリーのお店という位置づけでした。




ところが人気ドラマの主人公が、マグノリアのキュートなカップケーキ(それも極甘バージョン!)が大好きで、しかもお店の前のベンチでパクッといっちゃったものだからさあ大変!
マグノリアベーカリーのカップケーキはNYで大ブームになったとともに、その甘い甘いカップケーキがマグノリアベーカリーの顔となってしまったのです。

NY・ウエストビレッジに建てた1店舗めから6年が経ち、今や中東やアジアなど世界に29店舗を構えるほどに成長したマグノリアベーカリー。
確かにドラマに出てきたクラシックタイプのカップケーキはバタークリームが甘い。
でもマグノリアベーカリーには、さっぱりとしたチーズクリームのトッピングカップケーキや、にんじんのおいしさとナッツの香ばしさが活きたキャロットケーキ、フルーツの鮮度が抜群のチーズケーキなど多彩なペストリーたちが揃うのです。
カラフルで甘いのもマグノリアベーカリーの世界。
でも、古き良きアメリカのおばあちゃんのレシピが残るパイだってマグノリアベーカリーの世界なのです!




今回はラッキーにも、NYから来日中のマグノリアベーカリー本店エグゼクティブペストリーシェフ、キラン・シェティ氏からの直々に取り分けていただき、店舗のほとんど全商品を試食させていただく機会に恵まれちゃいました!!
わーお! 幸せすぎる!!





マグノリアベーカリーの、家で作るホームベーカリーのテイストを大切にした、フレッシュな味を楽しめるなんて♪
なんて贅沢な会なんでしょう!
こんな可愛らしい店内でなんて、嬉しすぎ!










Tシャツとトートはマグノリアオリジナルグッズです。




マグノリアの世界にぴったりなエプロンや鍋つかみは、私も大好きなジェシー・スティールのもの。
可愛さ爆発だわ!

Jessie Steele SWEETS BAG BOOK ([バラエティ])/宝島社
¥2,138
Amazon.co.jp





では、アイスチャイを片手に、レッツゴー!





ソフトでしっとりしたブラウニーやマジッククッキーバー。
くるみと、ココナッツ、コンデンスミルク、チョコレートチップをトッピング。ベースはバニラクラスト。
レモンバーはレモンカスタードが上に乗ったもので爽やかな酸味がおいしーい!




こちらのバナナプディングはカップに入っていて、マグノリアベーカリーのシグネチャープロダクトですって。
韓国で一番人気商品でもあります。




手作り感があるざっくりとした混ぜ具合いで、バナナ自体がおいしいの!
フルーツパイではブルーベリージャンボリーパイが好みでした^^
ノンシュガー生地にピーカンナッツを練り込んで、バターとクリームチーズ、フレッシュブルーベリーのコンポートのハーモニー。

こちらもやっぱり大ぶりのブルーベリーがフレッシュで最高⁻~!
アップルノリアパイは朝食、ブランチにも最適で人気ですよ。







フレッシュクリームを使ったチーズケーキたち!
カラフルで一瞬驚きますが、赤い色合いはアップルサイダーにココアを混ぜて、色素変色で真っ赤にしていたりで、自然で安心な食材しか使っていないというから私は本当のマグノリアベーカリーの何も知らなかったんだと思い知ります。
甘くしないでライトテイストにしてあるチーズケーキは、ベイクドチーズにゼラチンも香料も未使用。
私は赤いレッドベルベットチーズケーキが中でも好きかも^^
甘そうに見えて意外とどれもさっぱりなんですよ。




マグノリアの代表ケーキといえばこれ。カップケーキたち♪
アイシングやベースとなる土台のバリエーションも豊富で、クリーム、フレーバー、カップケーキと気分で選んでみてくださいね!
ちなみに上のクリームも、バタークリーム、メレンゲ、クリームチーズ、メレンゲバタークリームとバリエーションが豊か。
この中で一番甘いのが、やはりクラシックカップケーキ。
上のバタークリームがどうしても甘いのですって^^;
逆にメレンゲは軽くて甘さはさほどないかも?





メレンゲアイシングのスノーキャップがおいしかったです♪
チョコレートのコーティングが目を引くデビルズフードカップケーキは、リッチでダークなビターチョコガナッシュが生きていて、大人向きのトリュフカップケーキに仕上がっていました。
時期が時期ならバレンタインにもぴったりだったかも。




レモンパウンドケーキは生地のキメがこんなにきれい。
朝食、アフタヌーンティーにと人気商品で、コーヒーのためのケーキと言われているんだそうです。
古き良き伝統のアメリカンクラシックが生きるマグノリアベーカリー。
こんなにたくさんのケーキが置いてあったのね!! 知らなかった!
「カップケーキ専門店?」といった予想を華麗に裏切ってくれました。

カラフルで夢いっぱいな販売商品は、シーズナルで毎月ローテーションでお目見えしたり、その時々の季節のフルーツが色鮮やかに店頭を飾ります。




また、ウエディングや特注のケーキのリクエスト、カップケーキのカスタマイズも受け付けていて、あのマグノリアが私たちだけに、オンリーワンなおもてなしをしてくれるなんて夢みたい!
遠方の方へは配送サービスもあるんですって!
今回、新しいマグノリアベーカリーの顔をたくさん見られて、すごく感激なイベントでした!


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

cupcake*マグノリアベーカリー
http://www.magnoliabakery.co.jp/
東京都渋谷区神宮前5-10-1 GYRE B1F
03-6450-5800


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
AD