9/26に新たに銀座8丁目にオープンする「ぜにばこ(銭函)バーベキュー」!
新橋駅・銀座口1分の銀座コリドー街に、一度耳にしたら忘れない名前の北海道炭火焼バーベキューのお店が新しくお目見え。
その1号店のメディア・レセプションにお友だちの誘いで行ってきました!


テーマは「北海道スタイルの海鮮炭火焼バーベキューを、銀座にいながら豪快に!」だそうで、店舗の外観も赤いネオンがチカチカ。
手前の横断歩道で信号待ちをするお父さんたちのシルエットを見ていると、一気に小樽の裕次郎記念館に飛んで行ったかのような昭和ノスタルジア(笑)。
嫌いじゃないわ(≧▽≦)!!


ちなみに店名の「銭函」の由来は、北海道・小樽のバーベキューのメッカ「銭函海岸」の地名からつけられたようです。場所は↑この辺ね^^
が、どちらかというと海での青空バーベキューというよりは、小樽運河沿いの赤レンガ倉庫を改装した某ビアガーデンやバーベキュー倉庫を彷彿とさせる雰囲気があり、旅情たっぷり。


レンガとバーベキューって合うんですよね。
しかも「銭函」という地名そのものが縁起ものにも思えます。


ノスタルジックといえば、入り口すぐにまず昭和のかほり漂う(笑)駄菓子の山が迎えてくれて、駄菓子世代として懐かしさに入った時点でわくわくです。



内装は、150名近くが入ることができる規模の大型の店舗で、1階と2階の全席に炭火焼テーブルが配置。

だいたい、2人から4人で1つの焼き台を占有できるのだからすごいですよね。
あちこちで一斉にジュージューうまいものが焼けていく図は壮観です!


2階もわざと使い古した倉庫の雰囲気を醸す内装に作られていて、凝っています。



漁村風に浮きや網なんかもあって、漁船・漁村好きとして血が騒いじゃう(笑)!






2階には個室も3部屋ほどあり、6名ほどから10名くらいまで対応できる直火焼きテーブルがちゃんと用意されていましたよ^^


さあ、なんといっても「銭函バーベキュー」の自慢は、北海道直送の新鮮食材!!
牡蠣、たらば蟹、特大ほたて、ほっけ、釧路ししゃも、北寄貝、きんき、鮭、ラム、とうもろこし、じゃがいも、アスパラ・・・と北の幸がずらりと並びます!


空飛ぶ市場と呼ばれる羽田市場の北海道直送鮮魚を選んだだけあって、鮮度が決め手でさらにどれも大ぶり!
やっぱり北海道はでっかいどう( ´艸`)!!


目の前の網で自分で焼くので、好みの焼き加減で焼きたてにかぶりつくことができるのがバーベキューの醍醐味でしょう!
北海道の倉庫跡のバーベキューも行ったことがありますが、ちょっと運河の哀愁が漂うあちらと違い、こちら銀座の北海道バーベキューは店員さんみんなも食材も勢いが良く活気があります!
こちらのお店、母体は居酒屋グループ大手の庄やさんということで、なるほど!快活な接客には安心感がありますね~^^
本場北海道を、よりアトラクション要素を強くした楽しみ方の一つがこのネタの大きさ!


こちら、全員に振る舞われるお通しの手羽は、フロア中央にある焼き台で店員さんがずっと焼いているので、できたてでジューシー!
さらに自分でも焼いて食べるんだけど、手羽の大きさが他と違う。
手羽先や手羽元じゃなく軍手やお絞りでつかんでウィングごとかぶりつく感じのダイナミックさです。


大きかったと言えば鮭のハラス、丸ごとど―――ん!
加えてファイヤー!!

脂が香ばしく落ちて、激ウマでした♡


ハツとタンも食べたくなって、特大椎茸と一緒に一人で焼き焼きしてみたけど、さすが北の大地。
海鮮のみならずお肉もお野菜もおいしいの!



お酒ももちろんバラエティ豊か。
ビールはエクストラコールドから1リットルのドでかい生まであるし、余市や竹鶴のハイボールや、自分で焼いた焼きりんごや焼きパイナップルを加えるハイボール、シャンパーニュやワイン、日本酒、カクテルなどにも北海道限定銘柄を使ったものがそろい踏み!


果肉入り巨峰サワーにしたんだけど、サワーがすごくおいしいの。


豪快に焼いて食べて、飲んで、普段と違うテンションになってオーダーしている自分にハッと気づきます。
バーベキューってわくわくしていつもと違う食べ方になるよね^^; お祭り気分っていうか・・・(笑)

明らかに食べ過ぎちゃう~💦


大きな帆立には、



先に食べたお友だちお薦めの、大きなバターを乗せて焼く食べ方で!
プルプルの焼きたて帆立は、貝ひもさえやわらかですね~♪



ハーフカットのまるごとメロン!
くりぬいた真ん中には北海道の農場のミルクと、さらにジェラートを贅沢に落としてみんなでいただきました♡


〆のご飯は大好きないくら飯にしましたよ! 意外と小さいのでペロリですから( ´艸`) 絶対頼んでね!
さすがにここでお腹がいっぱいでもう食べられなかったけど、小樽のジンギスカンが大好きなので次回はラムをたらふく焼きたいわ~!




そしてなんとー!Σ
9/26(月)、27(火)の17時から24時まで、オープニングイベントとして、全品が半額です!
(詳細お問い合わせは店舗まで 03-6264-6451)

その二日間は17時からですが、通常営業の9/28日以降は15時から28時(翌朝4時!)の営業時間帯になるのだそうです
あら夜が出られない主婦でも、オープンしたら昼飲みできるじゃない♪ やったね♪


ぜにばこ(銭函)バーベキュー

AD


「支店に行ったらよかったのよ!」と教えてもらったESOLA
ちょうどみんなでおでかけした渋谷にもお店を発見、行ってみました♡




下の看板を見ると、おいしそうなアペタイザーと共に、土日祝は限定で午後2時から昼飲みを誘われてますw
それもいいけど、まずは下調べね!とオープンと同時の平日5時に向かいます。



店内は少し薄暗くて、西洋のお城の地下に迷い込んだよう♪


ワインが豊富なだけあって、ワイン蔵みたいで素敵。




なんと! 時間無制限でワインの飲み放題1990円プランがあるのがESOLAの魅力
しかも豊富なカクテルなどプラスプランもあって、全員が同じコースにしなくてもいいんです。こういう自由度ってうれしいポイントですよね。



オープンと同時に来たわけはコレ!
お友だちの貴重な情報、なんと一日一本、飲み放題にモエが登場♡



あとはフリースタイルで、ワインスタンドに来て自分で注いで好きに飲むスタイルなのですが、これすっごく楽しいです♪


モエに間に合うためにはやっぱり一組目に来なくちゃいけないみたい。
私たちの後に来た2組めの女子で、モエはおしまい。
またのお楽しみですね^^



お料理もとても手の込んだものばかりで、ワインが進むメニューとなっています。
お通しは、大根のストラコット(煮付け)  ポルチーニクリームソース。


洋風おでんみたいな大根に、ポルチーニ茸のソースがやさしくふわあっと香ります♡



続いて前菜に、イサキのカルパッチョ  ミョウガのせ。
ミョウガがサッパリ!



私のたっての希望で(笑)、レアカツレツ。



洋食屋さんのようなカツは、赤身のおいしさがじゅわっと滲みます。



生雲丹とアボカドの濃厚クリームパスタ。
その名の通り濃厚!!!



目の前で濃い同士のアイテムを混ぜて、さらに濃厚な贅沢ソースに。



最後に和風のチーズが香ばしいクラストピザ。


葱と長芋が珍しいけど、チーズに意外に合う合う!


自由度の効くカクテルもありのプランだったので、途中モヒートも飲んだりしつつでおしゃべりに夢中に。
誰かのおうちで腰を落ち着けているような、とっても和むESOLA Shibuya。
なによりも飲み放題無制限で、プランも個人で自由って最高!
みんなでわいわい、これはまた5時を目指して行かなくっちゃね!!


ところで・・・この日お店を出ようとしたら小雨がポツポツと。
それに気付いた店員さんがスッと私に差し出したのがこちらの傘・・・。


惚れてまうやろー!w

ESOLA Shibuyaイタリアン / 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅)  
夜総合点★★★☆☆ 3.6



丹波篠山をめぐる5つのストーリー、この秋、「篠山ウォーキングツアー」の参加者を募集中です!
今までに私もめぐった旅先がたくさん登場します。


たとえば・・・

篠山城址篠山城下町を早足であるく。
篠山城大書院天守をもたない城「篠山城址大書院」
青山歴史村青山歴史村の貴重な資料に耽る。
丹波立杭陶の郷貴重な「登り窯」を発見
丹波伝統工芸公園・立杭陶の郷(すえのさと)
惚れ惚れする作品に出逢える窯元横丁




前回、お友だちのさとちんさんの巡ったスポットは一番目の農村集落コース!^^


現地集合だけど、ぎゅっと魅力を凝縮したガイドコースはうれしいよね!
やばい! 前回萌えた「版木」の体験講座がある!! これは惹かれますね。

あなたの知らない丹波・篠山を知るチャンス。
特に秋が素敵ですよ♡


「篠山ウォーキングツアー」参加者募集中
一般社団法人ウィズささやま