精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:

「ミッシングリンク」とは?

 

失われた繋がりのこと。

 

主に、生物学(古生物学)で、あるふたつの種の間の欠けている部分を指す事が多い。

「二足歩行し始めた直後の人類」などが、代表格。

 

生物の進化を例にした場合、それを、乱暴に要約すると、

 

「種族A」→「種族B」→「種族C」

 

というかんじで、順に進化する過程があったとする。

 

その過程で、この種族の形は、次第に変化するが、Bを飛ばして、AとCを見比べると、その間に劇的な変化が、発生しているようにみえる。


このとき、その劇的な変化の中間に位置すると推測できる、「種族B」が、どのような存在であったか、また、そもそも、種族Bという存在が、あったのかどうかすら、まったく不明な状態において、そこから仮定されるBが、ミッシングリンクである。

 

 

「ウィキペディア」より

 

{E127D41F-826F-499A-976F-9AA4434DAAA3}

 

 

※※※※※※※※※※※※※※※※※

 

 

 

昔、あるチャネリングのセッションを受けた時に、ある存在から、

 

「トーマさん、あなたのその賢さは、努力によって得られたものだと思いますか? それとも、先天的で生まれつきのものだと思いますか? これについて、一度、徹底的に考えてください!」

 

こういう宿題を、もらったことがありました。

 

それで、その後、あれこれと、考えてみました。

 

たしかに、小学校、中学校、高校、大学、社会人と、いろいろなことを学んできました。

 

掛け算九九などから、はじまり、漢字の書き取りや、方程式、歴史など、学校教育には、とてもお世話になっています。

 

それで、そのチャネリングの時には、

 

「この存在は、何を言っているんだろ? 自分が、一生懸命勉強して、賢くなったに決まっているじゃないか…」

 

こう思いました。

 

しかし、その後、ゆっくりと、いろいろなことを、思い出していきました。

 

 

 

以前にも書いたのですが、久しぶりに書きます。

 

 

あなたの一番古い記憶は、何歳の時ですか?

 

5歳という人もいるでしょうし、3歳の人もいるでしょう。

これは、人それぞれだと思います。

 

私は、0歳の頃からの記憶があります。

 

子供の頃、これが、普通だと思って、友達と遊んでいる時に、

 

「ねえ、ねえ、みんなは、0歳や1歳の頃、どんなことしていた?」

 

と訊いた時に、

 

「おまえ、なに言ってんの? そんなときのこと、おぼえているわけないでしょ! バカじゃないの?」

 

と、笑われたりしていました。

 

「ふ~ん、みんな、おぼえていなんだ…」

 

こう不思議に思っていました。

 

0歳の頃の記憶があるどころではなく、私は、生まれてから、ハイハイしている時のことまで、よく覚えています。

 

今と、同じような意識だったのです。

 

話したりすることは、もちろん、できませんが、周囲のことは、よくわかっていました。

 

ちょうど、大人になって、外国旅行に行った時などに、外国語は話せないから、コミュニケーションは、できないけど、周囲の人たちの考えていることなどは、だいたいわかりますよね?

 

そんなかんじでした。

 

そのときのことを、忘れないように、記録に残しておこうと思ったことが、何回かありました。

 

最初に試みたのは、幽体離脱のように、赤ちゃんである自分の肉体を離れて、母親の肉体に憑依して、ハイハイしている、自分の赤ちゃん姿を、写真撮影したこともあります。

 

その写真は、今でも、実家のアルバムの中にあります。

 

他にも、幼稚園の頃などに、わざと、子供らしくない姿で、記念撮影したりしていました。

 

その頃、私がとったポーズが、ロダンの「考える人」の真似でした。

 

これによって、

 

「この頃の自分には、大人の意識が宿っていた」

 

という証拠を、残したのです。

 

そうだったのです。

 

私は、生まれた時から、すでに、今のような思考が、ある程度できていたのです。

学校教育は、ボキャブラリーなどを増やして、それを増幅したり、表現の幅を広げただけだったのです。

 

私のような子供は、当時は、少ないですが、たまにいました。

現代は、とても増えていると思います。

 

このブログ記事を読んでいる人は、そういう子供時代を過ごした人、とても多いと思います。

だから、私のブログ記事の内容に、共感してくれ、熱心に読んでくれるのだと思います。

同じ魂のグループなのです。

「ソウルグループ」というのかな?

 

0歳の頃から、ある程度の思考能力を持っていたということは、では、いつ、どこで、それを身につけたんでしょうか?

 

いろいろな表現があるでしょう。

 

「前世」と言ってもいいし、「宇宙」と言ってもいいと思います。

 

間違いなく言えるのは、生まれた後の努力である、「後天的な努力」よりも、生まれる前の「先天的なもの」のウエイトのほうが、大きいということです。

 

 

今でも印象的に覚えているのが、2歳~3歳くらいの時の思い出です。

 

当時、沖縄県の石垣島に、住んでいました。

 

ある時期から、隣に、若い夫婦が引っ越してきて、その奥さんのほうと、毎日遊んでいました。

 

ある日、その夫婦の家に呼ばれて、私と3人で、テレビを見ました。

1968年くらいの頃です。

 

「イタル君、どの番組が見たい?」

 

と訊かれたので、

 

「ウルトラセブン!」

 

と答えると、その番組を、見せてもらったのです。

 

しかし、後から考えてみると、当時、石垣島は、NHKだけで、民放番組はやっていませんでした。

 

「ウルトラセブン」なんて、見れるわけがないのです。

しかも、「カラーテレビ」だったのです!

 

また、その旦那さんのほうが、

 

「イタル君は、いつか、悪い宇宙人と、戦うことになるんだよ…」

 

という意味の話をしたような記憶もあります。

 

ずーっと、そのことを、忘れていたのですが、中学生くらいになってから、母親に、

 

「そういえば、石垣島で隣に住んでいた夫婦、あれから、どうしたのかな?」

 

と尋ねたら、

 

「あなた、何を言っているの? 石垣島に住んでいた時は、田舎の一軒家で、近所に、他の家なんか、まったくなかったのよ!」

 

言われました。

 

その夫婦と、飛行機に乗って、沖縄本島の那覇市に行き、祖母の家に泊まった記憶もあるのです。

その時も、途中で、飛行機を、空中に滞空させ、窓を開けて、潮風を感じた記憶もあります。

 

今、考えたら、飛行機ではありません。

飛行機の窓は、開きません。

 

UFOだったのだと思います。

 

そして、その夫婦は、宇宙人だったと思います。

 

別の惑星から、やってきたのか、パラレルワールドなのか、どこからかは、わかりません。

 

 

…ということは、私は、明らかに、宇宙人側の人間だということです。

 

大人になってからも、いくつか、宇宙人だった頃の前世も、思い出しました。

 

 

そうなのです。

 

昔から、

 

「宇宙人が、地球を侵略しにやってくる!」

 

「もうすぐ、宇宙人の母船が、世界中の空に現れて、オープンコンタクトが始まる!」

 

こういうことが、話題になっていました。

 

しかし、たまに、ちょっと、空に現れて動画などで、話題になるくらいです。

 

 

違うのです。

こういうコンタクトのやり方ではなかったのです。

 

「地球人に会いに、宇宙人がやってくる」

 

という発想自体が、意識の分離の状態を、つくっているのです。

 

そうではなく、

 

「地球人に、自分たちも元々は、宇宙人だったということを、思い出させる」

 

こういうコンタクトを、宇宙人たちは、長い期間をかけて、静かにやっていたのです。

 

 

たとえば、アメリカに旅行に行って、

 

「外国人と、友達になりたい!」

 

こう思うと、身構えてしまい、かえって、外国人と友達になりにくくなるのです。

 

「なんだ、自分も、ここでは、外国人じゃないか! おーい! 同じ外国人同士、仲良くしようぜー!」

 

こう思ったら、すぐに、外国人と仲良くなります。

 

アメリカなんて、「本当のアメリカ人」なんて、「インディアン」だけです。

 

「違いを見るのではなく、お互いの共通項を探して、そこを一緒に見ながら、共感しあう」

 

これが、異文化交流の奥義です。

 

宇宙人との交流も、同じなのです。

 

「地球人と宇宙人は、何が違うんだろう?」

 

ということばかり、考えているから、いつまでたっても、交流が始まらないのです。

 

「地球人も、宇宙の中の一つの惑星に住んでいる宇宙人なのだ」

 

こう思ってから、宇宙人と交流できるようになるのです。

 

 

今、地球上の大きな変化として、水面下で、

 

「自分も、宇宙人だったんだ…」

 

これに気が付いた人が、爆発的に増えています。

ここからが、宇宙時代の幕開けなのです。

 

 

 

さて、旅行記の続きです。

 

 

関ケ原の「聖地」には、Sさんと私の二人が、特に、目を留めた石像が、二つありました。

これは、今回、別枠で紹介しますね。

 

 

まず、これです。

 

表の部分には、時計、それから、何の変哲もない文字が、刻まれていました。

 

{4AEC2BDD-B314-4B89-B32C-1519DC136C76}

 

 

裏にまわって、驚きました。

ここにも、何かの文字が、刻まれていたのです。

 

{4929C83B-E490-4F9E-9A53-2AE92BC5880A}

 

 

拡大しますね。

 

{470149C4-6B3F-4CB7-80E0-B9931FC9B216}

 

 

数字が、刻まれてしました。

1990年~2040年までの年が、刻まれています。

しかも、1991年~2000年までは、抜けています。

どういう意味でしょうね?

 

 

 

ここで、この石像を見ていた時に、Sさんが、凍り付いたような表情で、見つめている石像がありました。

 

これです。

 

{65F2FDF1-8200-4DBD-ADB6-31E10E4D9968}

 

 

Sさんに、

 

「この石像が、どうかしたんですか?」

 

こう訊いたら、Sさんが、

 

「いや…、実は、私の息子の爪に、そっくりなんですよ…」

 

私が、

 

「ええっ? でも、これは、人間の爪の形じゃないでしょう?」

 

Sさんは、しばらく、黙ってたのですが、意を決したような表情で、

 

「実は、私の息子、指や爪が、たまに伸びるみたいなんですよ。ネットの陰謀論などで、ネガティブな動画が、広まっていますが、どうやら、レプティリアン(爬虫類人)みたいなんですよ…」

 

こう告白してくれました。

 

今までに、何回も会って、話しているのですが、この話は、初めて聞きました。

 

UFOや宇宙人の話題が、大好きな友人が、私には、たくさんいるので、こういう話には、特に驚きません。

 

他にも、けっこういるからです。

 

 

しかし、ネット上では、いまだに、

 

「レプティリアン=悪者」

 

こういう説が、蔓延しています。

 

「アメリカの大統領は、レプティリアンだ! 日本の政治家や皇室にも、けっこう隠れているぞ! 彼らが地球を支配して、この社会を悪くしているんだ!」

 

こんな論調です。

 

 

私が、Sさんに、もう一度、「レプティリアン」は、決して悪い存在ではないという話をしたら、その石像の下に、この作品のタイトルが、刻まれていました。

 

「アースバイブレーション 進化の様相」

 

{50868B33-4992-49B3-AA94-3A6A6AB3C6A2}

 

 

そうなのです。

作者不詳ですが、まさに、そのとおりなのです。

この爪は、人類の進化のシンボルでもあるのです。

 

もちろん、この爪をしているから、優れているとか、この爪じゃないから、劣っているという話ではありません。

 

これは、ちょうど、人間の中の「宇宙人の遺伝子」が、目を覚まし始めた合図でもあるのです。

 

Sさんも、このタイトルを見て、ホッとしたみたいでした。

 

 

「レプティリアン(爬虫類人)」は、「アヌンナキ」のファミリーでもあります。

その中でも、「エンキ」の遺伝子だと思います。

 

おそらく、この遺伝子は、全ての人間に入ってると思います。

 

太古の昔に、「アヌンナキ」たちが、類人猿の遺伝子操作をして、現在の人類になったと言われています。

 

冒頭にあげた、「ミッシングリンク」には、やはり、宇宙人たちの遺伝子操作が、関わっているのです。

 

{AC7CA37D-5E7B-4D97-872A-D1A1FBF64770}

 

 

「アースバイブレーション」が、変わってきて、地球上の生物すべてが、次の段階に行く準備を始めたのだと思います。

 

地球の波動が、地球人を、宇宙人に進化させるのだと思います。

 

現在、世界中で、再び新しく、「ミッシングリンク」のような出来事が、起こっているのです。

 

具体的に、どうなるのかは、わかりませんが、最近、生まれてくる子供たちは、あまり争い事を、好まなかったり、平和が好きな愛の存在が、増えてきているという話を、よく聞きます。

 

おそらく、宇宙存在、「バシャール」だとか、小さな宇宙人、「アミ」のような人間が、どんどん増えていくと思います。

 

 

そういえば、「バシャール」も、そもそも、「人間」と「グレイ」のハイブリットの存在ですね。

 

「人間」+「グレイ(レプティリアン)」=「バシャール(エササニ星人」

 

すでに、この進化を、私たちは、目の当たりにしています。

 

「バシャール」は、素晴らしい存在ですよね。

 

これから、地球全体に、「バシャール」のような存在が、増えていったら、素晴らしい惑星になると思いませんか?

 

 

Sさんから、写真が送られてきました。

息子さんの写真です。

 

今回、たくさんの方の気づきにも、必要だと思ったので、許可を得て、ブログに掲載させていただきます。

 

 

シェイプシフトする前の指です。

 

{1ECD7461-4040-4C70-B0A3-95AAE06B1873}

 

 

シェイプシフトした後の指です。

 

{9DD28651-DC9A-42C6-9E37-257B1975C4B2}

 

 

念のために、もう一度、言いますけど、Sさんは、とても大きな愛をもった、素晴らしい方です。

もちろん、その息子さんも、愛の存在です。

 

 

旅行の前半で、「MIB」が出てきたので、今回の旅行でも、UFOや宇宙人との遭遇があるのかと思っていたら、今回のコンタクトは、

 

「自分自身も、宇宙人だということを、再認識する」

 

「身近な人の多くが、すでに、宇宙人の魂をもった存在になっている」

 

このことに、気がつくというコンタクトになりました。

 

目の前に、巨大なUFOが現れるよりも、こちらのほうが、より高度な精神交流だと思いませんか?

 

 

 

さて、Sさんと私は、今回の旅行の最終目的地である、「伊吹山」に向かいました。

 

この山は、どう見ても、ピラミッドです。

特に、中南米あたりにあるピラミッドの形に、似ていますね。

 

琵琶湖から見た、「伊吹山」です。

 

{62158A3B-BAB0-4018-B809-787D870DEFC4}

 

 

メキシコ、「ティオティワカン遺跡」のピラミッドです。

 

{3848E377-D48E-413D-9F9D-5AFD8803E1EF}

 

 

さて、「伊吹山」の山頂近くの駐車場に、車を停めて、降りたのですが、あいにくの天気でした。

霧が凄くて、何も見えないのです。

 

おまけに、寒かったので、山頂まで40分の地点で、引き返しました。

 

{EC8B6524-0A7C-4087-BC36-9D2421625BC0}

 

 

{9B1443EE-F700-46AE-9506-E6A10EB93175}

 

 

結局、Sさんと二人で、アイスコーヒーだけ飲んで、帰りました。

 

二人で、

 

「今回の伊吹山は、ただの通過点でしたねー。その周辺に、凄いのがありましたね。道草した所が、凄かったですねー!」

 

こう言って笑いました。

 

 

芭蕉が詠んだ句みたいです。

 

{6F1F124C-9C49-43A6-9AB5-3E2E3A74F2B7}

 

 

仏像もありました。

 

{020AF381-9BB2-48F1-BF74-89B3FC5DE0CD}

 

 

「伊吹山」は、天気がいい時に、また再訪する予定です。

 

 

Sさんに、JR米原駅まで、車で送っていただき、最後に、ガッチリ握手して分かれました。

 

Sさん、長時間の運転、ありがとうございました。

たくさんの写真にも感謝です!

 

そして、旅先で会った、全ての方にも、スペシャルサンクスです!

 

 

米原駅には、「ヤマトタケル」の木像が、展示してありました。

 

{7399762B-B404-417A-B4C7-FE9A1F43A8BC}

 

 

 

ふーっ

 

今回の旅行も、最高に面白い旅になりました。

 

10月6日(木)に、50歳になります。

私の生きてきた半世紀を、振り返るような旅行記になりました。

 

楽しんでいただけましたか?

凄い旅行だったでしょうー!

 

今月から来月にかけて、また、どこかに行きます。

旅先は、いつも、直前に直感で決めるので、まだ、どこかわかりませんが、また、行きあたり、バッチリになると思います。

 

 

 

では、今回の滋賀の旅行記は、最後に、この歌詞で、締めくくりますね。

 

 

 

「糸」

 

中島みゆき

 

 

なぜ めぐり逢うのかを、

私たちは、何も 知らない

いつ めぐり逢うのかを

私たちは いつも 知らない

どこにいたの 生きてきたの

遠い空の下 ふたつの物語

 

縦の糸は あなた

横の糸は 私

織りなす布は いつか誰かを

暖めうるかもしれない

 

 

 

 

 

☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas


☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm


 




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  リブログ(3)

精神世界の鉄人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。