ラッセン展示会情報はこちら

精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

NEW !
テーマ:
10年くらい前に、「もしも世界が100人の村ならば」という話が、ネット上で、広がりましたね。

あれは、とても、わかりやすかったです。

現在、70億人いるといわれる地球の人口は、無数の人種、民族、思想、国家、宗教、経済格差、生活様式などに、分かれて、複雑になっています。

それを、ああやって、「100人」という小さなモデルにすることによって、イメージしやすくなったというのは、画期的だったと思います。

このように、大きな集団を、考える場合に、小さくして、眺めてみるというのは、問題の核心を探す上で、とても効果的だと思います。




セミナーなどでも、たまに話すのですが、「もしも世界が無人島だったら」と考えると、見えてくるものが、たくさんあります。



子供の頃から、「無人島」の話が、なぜか好きでした。

「ロビンソンクルーソー」や「十五少年漂流記」など、夢中で読みました。

こういう無人島に、流れ着くという話には、人間の生き方の「原点」が、あるみたいなのです。




これから書くことは、ある無人島に、老若男女、100人くらいの人が乗った船が、漂流して、そこで、皆が、生活を始めたのを、イメージしながら、読んでくださいね。



無人島に、流れ着くと、そこでは、

「俺は、大企業の部長だ!」

「僕は、銀行に、これだけの資産を、もっている!」

「私は、テレビに、よく出演している女優です!」

「私は、確実に儲かる株を、所有しています!」

などという社会的な自慢や評価などが、まったく役に立たなくなるのです。


それよりも、無人島では、魚や獣を獲ったり、畑を耕したり、木の実などを採集したりすることが、最優先事項になります。

飲み水を確保したり、猛獣が襲ってこないような安全な家も、真っ先に必要になります。

それから、ある程度の時間をかけて、皆から信頼される人が、リーダーになったりします。



「お金」というものが、あまり価値を、持たなくなるのです。

面白いのは、逆に、お金が無くなることによって、お金の本質も、見えてきたりします。


よく、「お金がない社会」というのが、議論されますが、たくさんの人が、勘違いしているのは、お金がなくなったからといって、社会が、すぐに住みやすくなるわけではありません。

それには、前提条件があるのです。

つまり、自分も含めて、周囲の人間が、全員素晴らしい人格者だったら、素晴らしい社会になるのですが、その逆だったら、大変なことになります。

実際の社会には、善人や悪人が、複雑に入り混じるので、お金がないと、もろに「人間性」だけの評価になるのです。

人格に問題がある人は、皆から、嫌われたら、完全な村八分にされてしまい、とても苦しい状況に、なってしまうのです。


以前に、海外ドラマの「LOST」でも、出てきたシーンですが、無人島で悪さをすると、大変なことになります。

都会などの文明社会ならば、犯罪を犯した時に、罰金や慰謝料などを払えば、許してもらえることも多いですが、お金がない社会だと、かわりに、身体で、償わなくていけなくなります。

皆から、ボコボコに殴られて、リンチにされるとか、最悪の場合は、殺されます。

そういう制裁が、待っています。

それが、文明社会では、ある程度の犯罪であれば、「お金」で、解決できます。

これは、実は、人間に、とても優しい制度なのです。

よく、法律で、「3年以下の懲役、又は、50万円以下の罰金」という表現がありますが、この「又は」という単語に、注目してください。

「3年間、監禁しますよ。それが、嫌だったら、50万円払ってください」

というニュアンスに、聞こえませんか?

いろいろな解釈があると思いますが、私には、「3年」という途方もない拘束期間を、たったの「50万円」で、許してくれるという慈悲にも、感じます。


だから、

「お金が無くなったら、いい社会になる」

のではないのです。

「いい社会になれば、自然に、お金なんか無くなる」

というのが、本当なのです。



経済の本質なども、よくわかります。


たとえば、現代の文明社会で、問題になっている、「国民年金」や「生活保護」なども、無人島で考えれば、ヒントがあります。

「そもそも、働かない老人や怠け癖のある人を、長期間、皆が、助け続けることが、できるだろうか?」

ということです。

数か月、もしくは、数年は、助けるかもしれませんが、数十年間、助けるというのは、難しいでしょう。

これも、先に述べたように、

「全員が、素晴らしい人格者だったら、可能なシステム」

という前提条件つきなのです。



もっと、具体的な話をしましょう。


3人の男がいたとします。

1人目は、働くのが、大嫌いで、「毎日、怠けて遊んで暮らしたい」と思っています。

もちろん、魚釣りなどの労働は、大嫌いです。

それで、なんだかんだと理由をつけて、皆から、毎日、魚を1匹貰おうと、あの手この手を使ったり、適当なことを言って、魚を、食べています。

2人目の男は、いわゆる普通の男で、「労働は、仕方がないこと」だと思っています。

だから、自分が、食べる分の魚だけは、釣ってきます。

でも、それは、自分で食べるだけで、他の人に、分け与えたりしません。

3人目の男は、元気で、愛情深い男で、働くのも大好きだし、皆を、喜ばせることも、大好きです。

釣りも、「楽しい!」と言いながら、ワクワクしながら、1日中やっているので、たくさんの魚を、釣ってしまいます。

捨てるわけにも、いかないので、その余った魚を、たくさんの人に、分け与え、喜んでもらいます。

さらに、その喜んでいる皆の笑顔を見るのが、何よりの楽しみであり、生きがいになっています。


「この3人の中で、皆から信頼されて、リーダーになる男は誰か?」

すぐに、わかりますね。

そうです、3人目の男です。

この男は、リーダーになるだけでなく、いいお嫁さんも、すぐに見つかると思います。


ちなみに、1人目の男は、生活保護などの不正受給ばかり、考えている男。

2人目は、嫌な会社勤めを、毎日ストレスを抱えながら、嫌々ながら続けている男。

3人目は、自分の大好きなことを仕事にして、たくさん稼ぎ、そのお金で、さらに、たくさんの人を、ハッピーにすることばかり考えている男です。


何もしなくても、空間から、水や食料が、飛び出してくるような未来の社会になれば、話は違ってきますが、現代のように、誰かが労働をしないと、皆が、食事できないような社会では、

「皆から、食わしてもらっている人」
「自分の分だけ、食っている人」
「皆を、食わせることができる人」

という3タイプの人に、分けられます。

繰り返しますが、この中で、一番信頼されて、リーダーになり、幸せになるのは、「皆を、食わせることができる人」です。


だから、仕事をする場合、難しいことは、考えずに、

「なるべくたくさんの人に、喜んでもらおう!」

と考え、それを、やっていればいいだけなのです。




こういうことは、一番大切なことです。

これが、人間社会の本質なのです。

「どうして、こういうことを、学校では、しっかり教えてこなかったのかな?」

と考えていたら、ハッと、思いつきました。

実は、ちゃんと、教えていたのです。


それは、「掃除」の時間です。

小学校や中学校の義務教育期間、「国語」や「算数」、「理科」、「社会」などの科目は、毎日はありませんでしたが、「給食」と「掃除」は、ほぼ毎日ありました。

私の世代は、週休1日で、土曜日も、午前中は、授業があったのですが、給食はなかったけど、やはり、掃除はありました。

「一番大切なこと」

だという意味で、月曜から土曜日まで、「掃除」を、毎日、生徒たちに、やらせていたんだろうと思います。


掃除の時間は、連携プレーです。

机を寄せる人、ほうきで掃く人、雑巾がけする人、全員が、自分の仕事を、キチンとやらないと、作業が、滞ります。

よくあるのが、男子たちが、怠けて、ほうきで、チャンバラなど始めると、

「ちゃんと、掃除してよ!」

と女の子たちは、怒ります。

これは、

「誰かが、怠けると、誰かが、その分、余計に掃除しなくてはいけない」

という単純な理由からです。


人間の経済活動も、一度、こういうシンプルなモデルで、考えると、わかりやすいと思います。




さらに、人間社会の本質も、見えてきます。


無人島では、生き方が、とてもわかりやすいのです。

「正直に、生きる人と、嘘つきの人、どちらが、いい人生を、生きるのか?」

「起こっていない未来や終わった過去を、クヨクヨしながら生きる人と、今を、精一杯生きている人では、どちらが、いい毎日を過ごせるのか?」

「一人の異性を、愛し続ける人と、たくさんの異性を騙しながら、浮気をする人では、どちらが、皆からの信頼を得られるのか?」

「皆が、疑心暗鬼になって、お互いを、訴えあう訴訟社会と、皆が、信頼しあって、お互いに、仲好くしようとする和解社会は、どっちが、居心地のいい社会になるのか?」

「ねずみ講のように、誰かを利用して、楽してお金儲けをしようとするのと、本当に良い商品を販売して、その結果、豊かになろうとするやり方では、どっちの商売が、長続きするのか?」

などなどです。




自分の生き方や仕事のやり方が、無人島に、100人くらいで、漂流してから始めても、通用するのか、一度、人間社会の原点に返って、考えてみてください。

無人島でも、長く続く生き方や仕事が、都会のような文明社会でも、長く続くのです。

なぜならば、インターネットの発達や交通手段の広がりなどによって、日本や世界が、狭くなってきているからです。

これからは、急速に、国境も、無くなってくるかもしれません。

そのうち、世界全体が、ちょうど、無人島のような村社会のように、感じてくるでしょう。

そうなると、人間社会の原点でも、生き残れるような、正直で真っ当な生き方が、ますます大切になってくるのです。







PS 無人島、そこでの生活には、人間社会の原点があります。







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人
PR
同じテーマ 「生き方」 の記事

テーマ:
たくさんの人が、感じていると思いますが、今年になってから、時間の流れが、さらに、加速しています。

本当に、あっというまに、一日も終わるし、一週間や一カ月も、すぐに経ちます。

年齢のせいだという解釈をする方もいますが、やはり、時間そのものが、早くなっていると思います。

もしかしたら、宇宙的に、地球の自転や公転、そして、太陽系や銀河系の動きも、加速しているのかもしれません。



文字で、表現するのは、難しいのですが、たとえば、子供の頃、よく、電話の「117」で、時計の時刻合わせを、やっていたのですが、その頃の時報の「1秒」のリズムは、

プッー、プッー、プッー、プッーー!

という感じだったと記憶しているのですが、今の時計を見ながら、この音を、再現すると、

プッ、プッ、プッ、プッー!

という感じで、明らかに、「1秒」の間隔が、短くなっていることが、わかります。

リズムが、短くなっていると感じるのです。

具体的には、「1秒」と「1秒」の間の「貯め」のような時間が、無くなっているような気がするのです。

これは、デジタル時計のほうが、わかりやすいです。

手元にある方は、試してみてください。




これは、ある本に、書いてあったのですが、時間だけではなく、空間も、変化しているそうです。

空間も、歪んだり、伸びたり、縮んだりしているらしく、歩いたり、電車や車で、移動していても、それまで、すぐに着いたのにに、なぜか、なかなか着かなかったり、逆に、それまで、遠かった距離が、すぐに着いてしまって、時間が、余ってしまったりと、不思議な感覚を、感じた人も、多いと思います。



地球の中で、時空間に、変化が、起こっているみたいです。

これから、どんなことが、起きるか、楽しみですね。




これは、個人の感覚なので、感じない人もいると思います。

先日、友人たちと、食事しながら、

「感じる人と感じない人の違いは、何だろうか?」

という話になりましたが、

「もしかしたら、それぞれが、違うパラレルワールドから来た住人なんじゃないか?」

という話になって、笑ってしまいました。

そうかもしれませんね。(笑)







PS 最近の時空間の変化、たくさんの人が、感じているみたいですね。

でも、それを、現代の科学用語で、説明するのは、難しいと思います。









(追伸)



精神世界系のブログランキングです。

たまには、クリックして、覗いてみてください。

面白いブログが、増えていますよ。



この二つのランキングは、比較的最近、登録したものです。




にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ




老舗の「精神世界ランキング」にも、登録してありますが、こちらは、そろそろ、13年になります。

だいたい10位以内を、キープしています。

13年間、10位以内を、キープしているのは、このサイトだけだと思います。

こういう息の長いヒットも、読者の皆さんのおかげです。

13年前から、だいぶ顔ぶれも、変わりましたね。

やはり、自分のサイトが、上位だと、嬉しいですね。


http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆13年も、ありがとうございます。

これからも、がんばって、更新しますね。

メインサイトです。

http://www.tomaatlas.com/
$精神世界の鉄人のブログ








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
昨日の東京ブランディングセミナー、大盛況で終了しました。

皆さん、お疲れ様でした。

今回も、遅くまで、語り明かしました。




以前にも、書きましたが、いい話なので、再掲載します。



現在、多くの人が、人生の「ターニングポイント」、つまり、転換点や分岐点、マラソンでいえば、「折り返し地点」と、よばれているような場所に、立っています。



昔、ドイツの思想家、ルドルフ・シュタイナーという人物は、人間の人生の流れを、7年サイクルで考えたそうです。

その当時は、平均寿命が、70年くらいだったので、人生は、7年のサイクルが、だいたい10回繰り返えされるものだと考えたそうです。

そして、興味深いのは、そのサイクルも、最初の5サイクルを、前半戦。

次の5サイクルを、後半戦というかたちで、さらに、大きく二つに分けて、考えたそうです。

「7年ごとに、ステージが、上がる」

と表現しても、いいと思います。

0歳。7歳。14歳。21歳。28歳。35歳。42歳。49歳。56歳。63歳。70歳。

という感じですかね。

そして、0歳~35歳が、前半戦。

36歳~70歳が、後半戦ということですね。

さらに、細かく、「シュタイナーの人生設計」を、紹介すると、だいたい、こういうかんじで、捉えていたようです。



<シュタイナーの人生設計>


誕生から7歳まで・・・自分を世界に開き、周囲の世界を反映する時期

7歳から14歳まで・・・世界のいろんなことに、興味を抱く時期

14歳から21歳まで・・・自立に向かい、判断力を、形成する時期

21歳から28歳まで・・・希望に満ちて、溌剌としているが、自意識過剰にもなる時期

28歳から35歳まで・・・理知的に自己を、吟味する時期

35歳から42歳まで・・・現実的に自分の本当の価値を、探求していく時期

42歳から49歳まで・・・人生の本当のテーマを、考える時期

49歳から56歳まで・・・そのテーマを実現する方法を、考える時期

56歳から63歳まで・・・そのテーマを、実行する時期

それ以降・・・・・・・すべての課題から開放されて、自由に生きる時期



シュターナーは、誕生から35歳までの人生の前半戦は、「カルマの清算」だと、考えていたようです。

つまり、

「過去生において、犯した罪の償いをする時期」

なのだそうです。

「過去生でやったことを、引きずる時期」

と、言ってもいいかもしれません。


したがって、この時期は、運命に、翻弄されながら、なかなか自分の思ったとおりのことが、できないのだそうです。

ちょうど、刑務所の囚人が、出所しばかりで、まだ、保護観察が、ついているようなものです。

ですから、この時期は、自分に、ピッタリの仕事、つまり、「天職(ライフワーク)」などは、なかなか、見つからないということです。

また、この時期は、親や先生、先輩、親戚、友人など、世の中の人々から、いろいろと、お世話になり、「恩を受ける時期」なのだそうです。

つまり、「依存する時期」だということです。

「甘えてもいい時期」という表現もできます。

したがって、独立も、なかなかできないということです。

「下積みの時期」といっても、いいかもしれません。

辛くて、我慢が必要な時期です。



そして、36歳。

この時期が、大きなターニングポイント(転換点)、マラソンでいえば、折り返し地点に、なるそうです。

ここから、人生の流れが、180度、変わるそうです。

36歳からの後半戦は、「ダルマを、つくる時期」なのだそうです。

「ダルマ」という単語を、ちょっと説明すると、

「カルマが、悪いことをした結果、返ってくることに対して、良いことをして、出てくる結果のこと」

をダルマというそうです。

その「ダルマを、つくる時期」というのは、もっと具体的に言うと、

「来世への準備をする時期」

なのだそうです。

「来世への徳を積む時期」

といっても、いいですね。


この時期になって、ようやく、本当の自分の人生が、始まるのだそうです。

カルマの清算や罪の償いも、終わり、ようやく、この頃から、人生のハンドルを、自分で、握って、自分の思うままに、生きることが、できるようになるそうです。

ちょうど、脱サラして、独立開業する人も、この年齢が、多いかもしれません。

「天職(ライフワーク)」も、見つかり、人生が、充実してくる頃です。

そして、この時期から、いままで、お世話になった人への恩返しを、したほうがいい時期でも、あるようです。

今までの下積み時代に、培った能力で、世の中を、よくしていこうと、具体的な行動に、入る時期ですね。


 

このように、人生において、前半戦と後半戦は、まったく、違う生き方に、なります。

正反対なのですね。

「魂的には、前半戦までが、子供の時期。後半戦からが、大人の時期」

だと言い換えてもいいと思います。


現代の日本は、平均寿命が、80~90歳に、なってきているので、このターニングポイントも、少しずれているかもしれません。

つまり、魂が、成熟した大人になるのが、平均して、40~45歳くらいになっている可能性があるということです。



これは、個人差が、大きいのです。

人によっては、10代の頃に、後半戦に、入る人もいます。


例えば、メジャーリーグに行ったイチロー選手、フィギュアスケートの真央ちゃんなどは、早い時期に、後半戦に、入っている人だと、思います。

幼少の頃から、

「自分の人生は、この道を、歩むべきだ!」

と確信している人たちですね。


極端な例をあげると、モーツアルトなどは、3歳くらいから、音楽の才能を、発揮して、5歳で、作曲したそうですね。



また、反対に、遅咲きで、60歳や70歳で、ようやく後半戦に、入る人もいるでしょう。


有名なのは、KFCのカーネル・サンダースは、65歳から、世界的に大成功をしています。

それまでは、苦労の連続で、下積みだったようです。

64歳までは、前半戦で、65歳から90歳までが、後半戦だったみたいですね。


さらに、極端な例では、日本の「きんさんぎんさん」という双子の姉妹がいました。

彼女たちは、なんと、100歳デビューです!

100歳になって、「金と銀」をイメージさせる縁起のよさそうな名前と、双子ということ、さらに、ユニークなキャラで、ブレイクしましたね。

もしかしたら、彼女たちは、99歳までが、前半生で、下積みだったかもしれません。

100歳から107歳くらいまで、日本中に、笑顔とハッピーを、広げ続けました。

まさか、自分たちの才能が、「長生き」だったとは、若いころには、想像もできなかったでしょう。


世間は、若くして、才能が、開花した人を、大げさに、称賛するので、ある程度どの年齢で、まだ、自分の才能が、わからない人たちが、これまた、必要以上に、焦ったり、コンプレックスを持ったりするのですが、このように、遅咲きの人も、けっこういるのです。




大切なことは、こういう大きな二つの流れが、人生にはあって、それぞれの流れが、まったく、違う性質をもっているということを、認識することです。

そして、

「自分は、今、どこの流れに、いるのだろうか? 前半戦の最中だろうか? それとも、ちょうど、ターニングポイント(転換点)だろうか? 後半戦に、入っているのだろうか?」

と意識することだと思います。

これを見極めないと、まだ、前半戦なのに、自分の天職を、すぐに見つけようとして、焦ったり、まだ、準備ができていないのに、いきなり親元を離れて、独立しようとしたりして、バランスを、崩しやすくなると思います。

反対に、もう後半戦に、入っているのに、いつまでも、自分に向かない嫌な仕事を、ダラダラと続けたり、親や世の中に甘えていても、バランスを、崩しやすくなるということです。

 


7年ごとに、訪れるステージですが、いくつか特徴が、あるようです。

一番の特徴は、「友人関係の総入れ替え」が、起こるということです。

いままでに、仲よく遊んだり、話をしていた友人たちと、ある日を境に、急に話が、合わなくなる。

喧嘩してしまう。

なぜか、心や気持ちが、すれ違う。

お互いに、急に波長が変わるので、今までの関係が、維持できなくなのです。

特に、前半戦から後半戦に変わる、「ターニングポイント(転換点)」では、急激に、人間関係が変わり、あまりの変化に、戸惑ったり、ショックを受けたり、ボロボロに傷つく人も、多いようです。

それぞれの人が、それぞれ、自分の次の段階の学びに、行くのです。

「ネクストステージ」への移行ですね。



コンピューターゲームなどを、やったことがある人は、わかると思いますが、冒険型、シューティング型のゲームの場合、いろいろな「モンスター」を、倒しながら、ステージが、「ステージ 1」から、「ステージ 2」、そして、「ステージ 3」というように、それぞれ、ステージが、上がっていきます。

そして、かならず、それぞれのステージが、終わる頃に、今までの小物のモンスターではなく、でっかい、大物のモンスターが、でてきます。

大物の敵が、必ず出てくるのです。

この大物のモンスターは、かなり手ごわく、なかなか倒れてくれません。

でも、なんとか、頑張って倒すと、派手な轟音をたてて、消えていくのですが、その後、たくさんのボーナスポイントが、もらえて、次のステージに進めます。

人生も、もしかしたら、そういう筋書きを、自分で描いて、生まれてきているのかもしれません。




自分の経験からも、だいたい7年ことに、大きな病気や事故、友人とのトラブルなどが、起こります。

そして、それから、人間関係や仕事が、大きく変わって、自分のステージが、変わったことに、気づかされます。

そして、ステージが変わると、以前よりも、格段に、楽しく面白くもなっています。

ボーナスポイントも、もらっているみたいです。

ここ数年は、たくさんの人が、ターニングポイントを、迎えているようですが、この時期は、特に、一番巨大なスーパーモンスターが、現れます。

大災害、大病、大事故、大失敗、大失恋、大トラブル、大借金なのです。

いろいろ大変なことが、起こる人が、多いようです。

ただ、これは、大きく変わるチャンスでもあります。

一番高く飛べるときでもあるのです。


 

ターニングポイントを迎えた時に、よく起こることですが、たとえば、それまでの会社勤めを辞めたくなったとします。

「独立したい!」

と思う時期ですね。

でも、大半の人は、なかなか踏ん切りが、つかないでしょう。

それで、毎日、悶々と悩むのですが、そういう時、神様が、その悩んでいる人に、使者を、派遣します。

その使者は、この世界で、「エンジェル(天使)」と、呼ばれることもある存在です。


ただ、私が、これから話すのは、精神世界が、好きな人たちが、イメージするような、「背中に羽が生えたエンジェル」とは、ちょっと違います。

直接、そういう存在が現れて、メッセージを、伝えることもありますが、ここでは、違う話をします。


例えば、小学校では、勉強を、一生懸命やっても、怠けていても、6年たったら、誰でも、卒業できます。

卒業式で、校長先生から、全員が、卒業証書を、もらえるのです。

中学校でも、生徒会長も不良も、3年たったら、誰でも、卒業証書を、もらえます。

でも、社会にでて、就職すると、状況は変わります。

会社などの組織というところは、自分で、卒業(退職)しようと思わない限り、定年退職まで、ダラダラと、すごしてしまうところなのです。

自分の勤めている会社や他の組織が、自分にピッタリで、素晴らしい場所であれば、それでもいいのですが、そうじゃない場合は、かなり、苦しい人生になります。


そういうとき、ある時期、だいたい、7年ごとの節目の時が、多いのですが、エンジェル(天使)が、自分の目の前に、現れるのです。

尊敬できる、リッパな人間として、現れることも、たまには、あるのですが、ほとんどの場合は、

「この野郎!!」

と叫んで、思いっきりブン殴りたくなるくらい、嫌な奴として、目の前に現れます。

特に、人生の後半戦に入る前の「ターニングポイント」のときには、とびっきり嫌な奴が、現れます。

もう殺したくなるくらい、ムカつく奴に、出会う人が、多いと思います。


自分の場合も、サラリーマン時代、最悪のムカつく上司に出会いました。

いまでも、よく我慢して、殴らなかったなと、不思議に思うくらいです。

それくらい嫌な人でした。

でも、その人のおかげで、サラリーマン人生、会社勤めを、やめることができたのです。


もうあの頃のようなサラリーマンのライフスタイルを、やろうとは思いません。

強烈なトラウマとなって、今でも最悪の記憶として、心に残っています。


だから、現在のような独立開業ができたし、自分の本当に好きな仕事で、メシを食っていけるという、最高に素敵な毎日を、送っていくことができるのです。

本当に、あの上司は、私にとって、最高に素敵なエンジェルだったのだと、今は思います。

ひたすら、あの人に、感謝です。

その当時の、嫌な仕事、苦しい恋愛、最悪の経済状況、最低の人間関係にも感謝です。


これらの「モンスター」も、実は、素敵な「エンジェル」だったのですね。


 

人生は、素敵なゲームみたいなものですね。

モチベーションを、維持するために、人生に、飽きてきた頃に、次の面白いステージが、自然に、目の前に、現れるようになっています。

また、見せ場や、感動をつくるために、いろいろな「モンスター」まで、用意されています。

勝って、倒せば、いろいろなボーナス得点も、もらえるようです。


さらに、神様の粋な計らいで、

「そのモンスターたちが、実は、本当は、エンジェルたちでもあった」

という素敵なオチまでついています。

憎い演出というやつです。




現在、人生の「ターニングポイント」にいる、たくさんの人に、エールを送ります。

あと、もうちょっとで、楽になりますよー!

もうすぐ、流れが変わりますよー!!








PS 人生は、長いです。

きんさんぎんさんは、100歳で、才能が、開花して、デビューしています。

必要以上に、焦らなくてもいいのです。







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
「お子さんから、『何のために、生きるの?』と、聞かれたら、『誰かを幸せにするために、生きるのよ』と、答えてあげて下さい」

by 瀬戸内 寂聴





桜の花も、だいぶ散ってきましたね。

東京は、これから、初夏に向かいますね。




最近、10代や20代の頃、自分自身が、人生に行き詰っていた頃のことを、よく思い出します。

誰でも、経験あると思いますが、そういう時は、かなり辛いです。


何もかもが、行き詰ってきている場合、ほとんどのケースが、視野が狭くなっていることが、大きな要因の一つです。

さらに、具体的に言うと、

「自分のことだけを、考えている」

という意識状態だということです。



いろいろな方のブログ、ツイッター フェイスブックを、読んでいると、気がつくことがあります。

精神的に行き詰って、身動きがとれなくなっている人は、文章に、特徴があります。

それは、話題が、

「自分のことだけ、自分を見つめることだけ」

になっていることです。

極端な内観ばかりに、偏っているのです。

これは、特に、精神世界系の人に多いみたいです。

悩んだり、苦しんだりした結果、自分の内側に、閉じこもっているのですが、その結果として、ますます苦しくなるのです。




この世界は、自分以外にも、たくさんの他者がいます。

その他者の集合体が、社会であり、言い方を変えると、世間になります。

そういう世界で、他者に目を向けないようにして、自分の中ばかりに、閉じこもると、行き詰るのは、当たり前なのです。


特に、精神世界系の書籍やブログなどには、

「全ては、自分が、創りだしている」

「この世界は、全部、自分の映し鏡である」

というような内容が多いので、全ての原因を、自分に向けがちです。

それはそうなのですが、こういう極論は、実生活には、直接は、当てはまらないことも、多いです。

さらに、真理というものは、実は、現実の世界には、役に立たないこともあるのです。




だから、自分の内面を、とことん見つめた後は、世の中の動向や社会に、目を向けることも、大切なのです。


そもそも、この世界は、独学に向いていないのです。

本当に、自分一人だけで、内観して、悟りが開けるのならば、誰もいない無人島に、生まれてくるはずです。

それが、大半の人は、たくさんの人が、生活している「社会」という学びの場に、生まれてきます。

これは、やはり、人間が、他者と関わって、悟りに至るという学びが、向いていることを、示しているのです。


「押しても駄目なら、引いてみな」

と昔から言うように、自分の内側ばかり見つめて駄目な場合、答えは、自分の外側にあるのです。

人生に行き詰った場合、ほとんどの突破口は、

「他人や世間に、目を向ける」

という方向にあることが、多いのです。




自分にばかり目を向けていると、まず最初に、経済的に、行き詰ります。

なぜならば、全ての経済活動や仕事は、他者と関わることによって、成り立っているからです。

山の中の洞窟で、瞑想ばかりやっていて、お金が入ってくることはないのです。



自分のことばかり考えている意識状態というのは、「子供の意識」でもあります。

子供というのは、自分のことばかり考えて、生活しています。

特に、幼ければ幼いほど、

「自分にしてほしいこと」

ばかり考えています。

赤ちゃんや子供は、それでいいのです。

親が、なんでもやってくれるからです。

しかし、この意識状態のままで、大人になった場合、人生が、苦しくなります。

こういう人は、常に、

「誰かが、自分に、何かしてくれないかな?」

と考えています。

棚から牡丹餅ばかりを、期待したり、何もしないで、一攫千金を狙ったりするのも、このタイプです。

「世の中に、貢献したい」

という意識が、まったくないのが、特徴です。

こういう人は、本人は、意識してませんが、周囲は、すぐにわかります。

そして、

「あの人、まるで子供だよね」

と評価されます。




「貰うこと」ばかり、考えている意識状態が、「子供」の意識だということです。

「与えること」を考える意識状態が、「大人」の意識なのです。


もう一度、言います。

「子供は、貰う」

「大人は、与える」

です。

このシンプルな公式を、よく覚えてください。


言うまでもないことですが、人生が、どんどん苦しくなるのは、前者であり、人生が、どんどん楽になるのは、後者です。

これは、世の中のほとんどのことに、当てはまると思います。

だから、もし、今、人生に行き詰っていて、苦しんでいたら、

「もしかしたら、自分は、子供の意識状態なのではないだろうか? 貰うことばかり、考えているのでないだろうか?」

と考えると、新しい展開が、見えてくるかもしれません。




個人でも会社でも、経済的に行き詰った場合、これが、ほとんどの原因みたいです。

貧乏になったり、経営が、行き詰っている時、世間に対して、いい商品やいいサービスを、提供していないのです。

逆に言えば、世間が、欲しくてたまらない商品やサービスを提供して、とても喜ばれている状況の時には、貧乏になるほうが、難しいのです。



先日、テレビで、有名な「近江商人」の話を、やっていました。

これは、昔から日本にある商売の基本らしいのですが、「三方よし」という単語で、表現されますね。

つまり、「売り手」、「買い手」、「世間」の三者が、皆、豊かになるのが、理想の商いだということです。

この三方向が、全てよくなることを、心がけていれば、商いは、うまく続くそうです。



ここまでは、よく聞く話ですが、ここからが、重要です。

実は、この商いは、順番が、もっと大切だというのです。

一般的には、まずは、「売り手」が、豊かになり、それから、「買い手」、最後に、「世間」が、豊かになるという順番だそうですが、実は、

なによりも最初に、まず、「買い手」を、豊かにする。

それから、「世間」を、豊かにする。

最後に、その結果として、「売り手」が、豊かになる。

というのが、本当の順番なのだそうです。

これには、いろいろな説があるそうですが、私には、これが、シックリきます。

「売り手」の豊かさは、あくまでも、「買い手」と「世間」が、豊かになった後の「おこぼれ」にすぎないです。



この話を、言い換えますね。

単語を、「自分」と「他者」と「社会」、そして、「幸せ」に、変換します。

一般的には、まずは、「自分」が、幸せになり、それから、「他者」、最後に、「社会」が、幸せなるという順番ですが、本当は、

最初に、まず、「他者」を、幸せにする。

それから、「社会」全体を、幸せにする。

最後に、その結果として、「自分」が、幸せになる。


どうですか?

こちらのほうが、自然な感じがしませんか?

特に、他者を思いやるのが、得意な日本人には、こちらのほうが、スムーズなような気がするのですが、どうでしょうか?

「思考は、現実化する!」

というような「自分の意識」が、起点の世界観は、どちらかというと、欧米式のビジネスのやり方です。

日本人には、

「お陰さまで…」

という表現が、多様されているように、「他者の幸せ」を、起点にした人生観が、ビジネスにも、生き方にも、合っているような気がするのです。




私自身が、学生の頃、自分の内面ばかりに、目を向けすぎて、人生が行き詰り、とうとう精神を病んでいまい、長年苦しんだ経験があるのですが、やはり、苦しい時には、

「自分は、何に向いているだろうか?」

「自分の才能や素質は、何だろうか?」

といような自分のことばかり、考えていました。

しかし、そこで、行き詰り、ある時に、反対のことに、目を向けました。

その時の突破口は、

「他人が、喜ぶことは、なんだろうか?」

「社会は、何を必要としているのだろうか?」

という他人や社会に、目を向けたのです。

それから、

「来月あたりに、自分ができる範囲のことで、皆が、喜ぶことはなんだろうか?」

と具体的に、身近なことで、自分が、貢献できることを、考えてみました。

すると、

「そういえば、最近、同級生たちに、会ってなかったな… 久しぶりに会いたいな… よし!自分が幹事になって、クラス会でも、開催するか?」

こう思って、居酒屋を、予約して、皆に、電話してから、クラス会を、開催しました。

終わった後、皆から、

「いやー! 楽しかったよ! ありがとう!」

と感謝された時に、それまでに、苦しかった意識が、すーっと取れていって、楽になったのが、今でも、忘れられません。




この世界では、他人のために、自発的に動くのが、「大人」であり、他人に甘えて、受身で待っているのが、「子供」です。

言うまでもないことですが、人生において、どんどん、楽で幸せになっていくのが、「大人」の意識です。

もしも、苦しくなっていたら、「子供」の意識になっているかもしれません。




東日本大震災の時の話です。

仮設住宅で、人々が、寒さで震えながら、夜を過ごしている時に、おにぎりを、待っている人は、不平不満ばかりで、イライラしている人が、多かったそうです。

でも、その時、同じ状況でも、そういう境遇で、同じくらい苦しいのに、皆のために、率先して、おにぎりを、にぎっているオバちゃんたちは、冗談をいいながら、笑顔で元気いっぱいだったそうです。

これは、いかに日本人が、周囲を幸せにすることに、喜びを感じる魂かが、よくわかる話だと思います。

「何か小さいことでいいから、周囲に提供すること」

このことから、人生は、楽でハッピーになっていくのです。




行き詰っている時、周囲は、いきなり、

「なんでもいいから、仕事しろ!」

と言ってきたりしますが、これは、いきなりは、無理です。

精神が、ボロボロの状態の時に、仕事など、できないのです。

ちょっとしたアルバイトも、できないのが、本当に、行き詰っている時なのです。


そういう時、まずは、ボランティア的なことから、始めましょう。

家の中や近所を、掃除したり、犬の散歩をしたりするのも、いいです。

それも、難しい場合は、何かを、身近な人に、やってあげるといいです。

お年寄りの肩を揉んであげるくらいでもいいです。

私のように、自分が主催して、食事会のようなものを、やるのもいいでしょう。


冒頭の瀬戸内さんの言うように、

「誰かを、幸せにしてあげよう」

という気持ちが、結果として、自分自身の「救い」になるのです。




まとめると、人生が、行き詰った時には、自分に目を向けるのを、いったん、お休みして、他者を、思いやることをやると、人生が、好転しはじめることが多いのです。


さらに、その時には、いきなり、大きなことを、やろうとしないことです。

「小さな一歩」で、いいのです。

それでも、苦しい時には、「小さな10分の一歩」で、歩んでください。

それさえも、苦しい時は、さらに、「小さな100分の1歩」で、ゆっくり前に、すり足でいいから、踏み出してください。

そうすれば、必ず、人生の行き詰まりは、突破できます。

これは、何回も人生に行き詰って、それを、実際に、何度も突破してきた私が、自信をもって言えるアドバイスです。








PS 苦しくなった時は、自分ではなく、他人のことを、考えてみましょう!

お腹が空いた時こそ、自分が、おにぎりを食べることでななく、他人のために、おにぎりを、握りましょう!








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
先日のブランディングセミナーで、ある方から、

「トーマさんって、凄く記憶力が、いいですねー! 昔のことを、どうして、そんなに覚えているんですか?」

と驚かれました。

あまり意識したことは、ないのですが、たしかにそうかもしれません。

私は、子供の頃から、とても、記憶力がよく、いろいろなことを、覚えていて、よく、周囲の大人たちを、驚かせました。

ところが、面白いことに、学校で教わるようなことは、あまり、覚えられなく、成績は、それほどでも、なかったのです。

今でも、学生時代に、覚えた知識は、ほとんど忘れています。

でも、学生時代に、友人たちが、発言した内容などは、鮮明に、覚えています。




ギリシャ語には、「クロノス」と「カイロス」という時間を表す言葉があるようです。

「クロノス」は、ギリシャ神話の「時の神」の意味ですが、同時に、「年月」、「日」、「分」、「秒」など「量的で物理的な時間の流れ」のことだそうです。

「流れゆく時」

という表現でも、いいみたいです。

シンプルに、「時刻」という表現をしてもいいですね。



「カイロス」は、貴重な体験をした時やかけがえのない「質的な時間」のことみたいです。

「恋に落ちる“時”」や「仕事を決意する“時”」などの「時計で計れない時」のことです。

「好機(チャンス)」

という表現でも、いいみたいです。

漢字で「時」と書くより、平仮名で「とき」と書いた方が、しっくりきますね。



「クロノス」は、とても、大切です。

たとえば、クロノスの時刻を、忘れてしまうと、生きてゆくために必要な信用を、無くしてしまいます。

勤務時間や、面接時間、映画の上映時間、恋人との約束時間、これらのクロノスを守ることは、一般の社会人として必要なことです。



でも、それ以上に、大切なのが、「カイロス」です。

カイロスの時間は、自分の人生に、彩りを与えてくれます。

クロノスが、「モノクロ的な時」だったら、カイロスは、「カラー的なとき」です。




以前に、ある講演会で、講師から聴いた話ですが、人間の記憶にも、このクロノス的なものとカイロス的なものが、あるそうです。

クロノス的なものは、「脳の記憶」だそうです。

冒頭の話と重なりますが、たとえば、小学校の算数の時間に、「平行四辺形の面積」を習うと、それは、脳の記憶として、記憶されるようです。

でも、これは、すぐに忘れることが、多いです。

ほどんどの人は、受験勉強が終わったら、ほとんど覚えていないでしょう。

「そういえば、平行四辺形の面積の出し方、習ったことが、あったな…」

くらいで、それ以上は、覚えていないのです。

それに対して、カイロス的なものは、「心の記憶」になるそうです。

たとえば、先ほどの算数の時間に、「平行四辺形の面積」を習っている最中に、クラスの誰かが、病気で倒れて、皆で、保健室まで、連れていったことが、あったら、これは、大人になってからも、覚えているものです。

何かの機会で、「平行四辺形」の図形を、見るたびに、

「面積の出し方は、忘れたけど、そういえば、この面積の授業中に、クラスのあの子が、病気で倒れて、皆で、保健室まで、連れていったことが、あったな。懐かしいな…」

というかんじで、いつまでも、そのことは、覚えているものです。




クロノス的な時間は、どちらかというと、社会的なもので、客観的なものでしょう。

それに対して、カイロス的な時間は、どちらかというと、個人的なもので、主観的なものです。

さらに、前者は、「脳の記憶」として、処理されるために、比較的、役目が終わったら、すぐに忘れてしまうものみたいです。

でも、後者は、「心の記憶」として、ずーっと、長いこと、忘れずに、持っておける財産みたいです。



おそらく、死んだ後にも、あの世や来世まで、持っていけるのは、このカイロス的な「とき」、つまり、「心の記憶」のほうだと思います。

これからの時代は、だんだん、こういう時間のほうが、大切になってくるし、価値を、認められてくると思います。



「ゆたかさ」とは、この「心の記憶」を、どれだけ、創りだして、持っているのかで、決まってくるような気がします。







PS これからは、量的な「時」よりも、質的な「とき」のほうが、価値がでてくると思います。

人生に色どりを与えるのは、この質的な「とき」であり、「心の記憶」として、残るものなのです。

$精神世界の鉄人のブログ





☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
4月4日の大阪ブランディングセミナー、大盛況で、終了しました。

いやー、楽しかったです!

参加された皆さん、お疲れ様でした。

久しぶりに、120%以上のエネルギーを、出し切りました。

受講者の半分くらいの方が、セミナー終了後も、夜中まで語りあい、さらに、翌日も、お昼から夕方まで、再度、集まって語りあうという怒涛の二日間でした。

参加者の方から、たくさん感想メールが、届いているのですが、その中のお一人、Sさんという大阪在住の男性の方からの感想メールを、掲載させていただきます。

プライバシー保護のため、少し文章を、編集させていただきました。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




拝啓

トーマ様

大阪ツアーの二日間のお付き合い、ありがとうございました。

この二日間は、ここ数年、というか、人生で一定のサイクルでやってく
る何度目かの、最大のエポックメーキングなイベントでした。

今ピンポイントで私が欲しかったもの、私に必要なものをいただきまし
た。

自分というOSにダウンロードした「トーマ・イタル」あるいは
「ブランディング・セミナー」という超圧縮ファイルの凄さは、ダウン
ロード中も十分に衝撃でしたが、これからさらに徐々に解凍されて、さ
らにその価値を実感していく予感がしています。

集まった方々との懇親も素晴らしいものでした。
有意義な出会いがありました。

今は、有意義でない出会いの方が、ない時になっていますね。
特に2014年になってから。

ペンダント「アセンション」のお試し体験も、私には凄かった!(これ
は個人個人でその時々で差があることが、私には理解できます。

即効性の感覚がない人でも、知らず何かが変わっている筈だと思います。

その人の現在のチャクラの活性度と関係がありそうです。

逆にいうとチャクラのバロメーターにもなり、活性が始まっている場合、
それをスピード アップまたは指数的にパワーアップするという感覚を感
じました。

だから、むしろ、ヤバい、と感じたくらいです笑)

しかしこれは必ずいずれ購入したいと思います。

ほんの数分首にかけてから、まだその効果の余韻が続いているよう
な感じです。

「ブランディング・セミナー」初日は、その後の二次会、三次会、そし
て解散後に、参加者同士で知り合った地元大阪の新しく知り合った方
と、二人で4次会に突入。

そのキッチン・バーでも、面白いことがありました。

二人で熱く語り合って帰り際、若いシェフの方が、向こうから
こちらに歩み寄ってきて、スピリチュアルなことを話し始めたのです。

トーマさんがこの日大阪のど真ん中にポトンろ落とした石が、我々を通
じて、深夜から明け方の大阪にスピリチュアルな波紋を広げているか
のようでした。

二日目の今日も、帰り、ある不思議なシンクロニシティがありました。

これは、また今度お会いした時にでも、お話します。

ワクワクで、驚きの二日間。
ありがとうございました。




※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




PS 素敵なメール、ありがとうございました。

Sさんとは、世代も、一緒だったので、昔の学校教育の話でも、共感することが、多かったです。

ぜひ、このセミナーを、キッカケに、大きく飛躍してください!

また、いろいろ語りましょう。






☆4月13日(日)の東京ブランディングセミナー、まだ、少し残席があります。


受講希望者は、お早めに、私、トーマまで、メールくださいね。





<ブランディングセミナー in 東京>


〇日時:2014年4月13日(日)14時15分(受付開始) 14時30分~17時00分


〇場所:東京都大田区西蒲田の私のオフィスで、開催します。

詳しい住所などは、別途、メールにて連絡させていただきます。


○内容:自分の魅力発見から、豊かさの流れをつくる仕組み作りです。

私が、起業して、13年間で学んだ全てを、初公開します。

しかも、小学生でも、わかるような簡単な表現で、ビジネスの真髄を、語ります。

このセミナーは、特に、ヒーリング関係のお仕事をされている方に、受けていただきたいです。

心だけでなく、経済的にも豊かでないと、いいヒーリングは、できないと思います。

ぜひ、心も経済も、両方豊かになってください。



以前に書いたブログです。

セミナーでは、この内容を、さらに幅広く掘り下げます。


○「セルフブランディング」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11536760628.html

○「ナンバーワン」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11537850252.html

○「ダブルスキル」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11538263527.html

○「店」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11539990640.html

○「下手な鉄砲」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11540948243.html

○「ダイヤモンド」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11541702398.html


○定員:10名 深い話がしたいので、少人数とさせていただきます。

定員に達し次第、申し込み締め切らせていただきます。


○受講料:2万円 

お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。






☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp







PS ブランディングセミナーでは、本音のぶっちゃけトーク全開でいきます!










☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ





以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
「何をしてきたかと同じくらい、何をしてこなかったかを、誇りたい」

by スティーブ・ジョブス




先日、喫茶店で、「インベスター Z」というマンガを、読みました。

これは、投資をテーマにした作品ですが、冒頭の言葉が、出てきました。



現代人は、情報の洪水を、泳いでいるようなものです。

昭和の時代くらいまでは、現在に比べたら、まだ、情報は、少なかったと思います。

だから、新聞を読んだりして、情報を得ると、インテリとして、認められました。

その当時までは、新聞の情報にも、まだ、価値があったのです。

しかし、平成になったあたりから、新聞の情報に、ほとんど価値がなくなりました。

皆が、新聞を読むようになったからです。


経済の大原則で、普及して、たくさん存在すると、価値がなくなるからです。

形のあるものでも、形のない情報でも、やはり、なかなか手に入らないような物、誰も知らないようなことに、希少価値が、出てくるのです。




現在でも、まだ、日本の学校教育というものは、公務員や大企業に、就職するための勉強ばかり、教えているようです。

この教育システムでは、全ての科目が、100点満点の100点だったり、「オール5」を、目指すようなことが、求められます。

つまり、

「なるべく、まんべんなく全てのことが、できるような人間が、優秀だ」

という価値観で、教育が行われるのです。


そこでは、苦手なことを、克服するような「短所是正法」が、主に採用されます。

反対に、得意なことを、伸ばすような「長所伸展法」は、あまり採用されません。

結果として、学生たちは、

「いったい、自分は、何に、向いているのだろうか?」

という一番大切なことが、わからなくなるのです。

「なんでもかんでもできるけど、特にずば抜けて、優れているという才能や能力はない」

こういう人を、大量生産してきた結果が、現在の日本の社会だと思います。


これは、悪いことではありません。

ただし、昭和の時代までは、これで、よかったのです。

この教育システムのおかげで、ミスをしないような几帳面で、真面目な社員が、たくさん生まれ、そのせいで、日本の自動車や電化製品は、優れていたのです。

しかし、平成の世の中、特に、21世紀になって、どの会社や工場でも、適切な判断や正確な動作というのを、コンピューターやロボットが、かわりにやるようになったのです。


そのために、ふたたび、コンピューターやロボットにないような「人間らしさ」というアナログが、価値をもつようになったのですが、教育制度が、この流れに、対応できていないのです。

今の大学生の就職難は、政治のせいもありますが、こういう背景が、大きいのです。

大学生が、必死になって、学生時代に身につけた、記憶力や計算能力などは、コンピューターやロボットが、それ以上にできるので、採用する側の大企業は、あまり喜ばないのです。



時代の大きな流れとして、個性的でユニークな人間を、求める方向に、流れています。

これは、いきなり大きく変化することは、ないかもしれませんが、この流れが、変わることも、ないと思います。

これからの時代は、なるべく、他人とは、違っていて、ユニークな人が、価値を持ってくると思います。

特に、独立起業する場合には、これは、絶対条件です。

他人と同じことをして、成功した人など、いないのです。

大きく変える必要は、ありませんが、ちょっとづつでも、自分の個性を加えた商品やサービスを、提供しない限り、成功は、難しいのです。




本題です。

では、どうすれば、いいのでしょうか?

それは、「決断力」を、研ぎ澄ますことです。

「決断」とは、文字通り、「切って離すこと」です。

何かを、成し遂げようと思ったら、まずは、

「やらないことは、やらない」

と、いらないものを、切って離すことが、なによりも大切です。


「あれもやりたい、これもやりたい」

と、やることを、増やして抱えてしまった状態で、何かを、成し遂げることは、不可能です。

なにもかも全てを、完璧にこなすことは、無理だから、かならず、どこかで、妥協することになります。

そして、その結果、成功できないというパターンを、繰り返している人が、とても多いのです。



たとえば、スポーツ万能になろうと思って、たくさんのスポーツをこなして、全てで、世界一になるということは、まず無理です。

体操も、マラソンも、相撲も、野球も、ダンスも、全部世界一になるというは、不可能です。

それよりも、何かひとつだけでも、

「自分は、この競技だけは、絶対に負けない」

と言えるものがある人のほうが、人生のいろいろな場面で、勝負強いというのは、たくさんの人が、認めていると思います。




「決断力」というのは、日常生活において、毎瞬毎瞬、求められる能力です。

ランチタイムにおいて、

「かつ丼を食べるのか? 牛丼を食べるのか?」

といった小さい決断から、

「この人と、結婚するのか? それとも、結婚しないのか?」

という人生の大きな決断まで、無数に迫られます。


日本の教育というのは、

「YESか? NOか?」

を決めることを、重視してこなかったようで、たくさんの日本人が、この決断する能力が、弱いようです。

特に、「NO!」という判断や決断は、苦手な人が、多いです。

何かを、切ったり、捨てたりすることが、下手だということです。




「整理整頓」という単語がありますが、この中の「整理」というのは、「人員整理」という表現があるように、「捨てる」という意味だそうです。

さらに、「整頓」というのは、「並べる」という意味だそうです。

まず最初に、

「要らないものを、捨てる」

というのが、先なのです。

それから、次に、

「取り出しやすい位置に、並べる」

のです。

これが、「整理整頓」の意味です。


だから、何かやりたいことが、出てきたら、何よりも先に、

「やらないことを、決める!」

それから、次に、

「やりたいことを、やる!」

というのが、順番なのです。


これをやらないで、いきなり、

「やりたいことを、やる!」

と思うから、できなくなるし、続かなくなるのです。



例をあげると、

「英会話の勉強を、やりたい!」

と決意したとしましょう。

毎日1時間、勉強する計画を、たてたとします。

しかし、ほとんどの人が、三日坊主で、終わります。

それは、最初に、不必要なことを、止めてないからです。

睡眠時間、仕事の時間、通勤時間、食事の時間など、24時間のうちで、義務的な時間が、決まっている場合、自由な時間は、思っているよりも少ないです。

その中で、テレビをみる時間、スマホをいじる時間など、まずは、無駄に費やしている時間を、止める決意をしないと、英会話の勉強の時間など、確保できないのです。


だから、

「無駄な時間を、切り捨てる!」

その後に、

「やりたいことに、集中する!」

この流れなのです。


部屋の掃除の時に、まずは、

「ゴミを、捨てる」

それから、

「物を、収納する」

これと同じです。




「自分の人生」という大きな部屋を、一度、棚卸ししてみましょう。

そのためには、まずは、

「自分にとって、いらないものを、捨てる!」

この決断が、なによりも、大事です。

「これって、本当に、自分に、必要なものなのか?」

と問いかけると、それは、わかると思います。



ちなみに、私の場合、20代の頃、サラリーマンだったのですが、まずは、買わないものを、決めました。

土地、家、車など、まずは、こういう高額なものは、自分には、必要ないと思って、買わないことを、決めました。

これだけで、かなり経済的に、楽になりました。

他にも、無駄な残業、休日の無駄な付き合いなども、やめました。

また、意識の中で、会社員としての出世なども、目指さないことにしました。


それから、本当にやりたことを、決めました。


一つは、今もそうですが、一番興味のあった、「精神世界」の勉強をすることを、決めました。

時間があれば、いろいろな講演会やセミナー、書籍による読書に、集中しました。

おかげで、たくさん学ぶことができ、現在の仕事に、繋がっています。


二つ目は、当時、私の特技であった、「パワーリフティング」という競技です。

これも、週に4日くらいは、一生懸命、練習しました。

おかげで、34歳の頃に、世界大会で、優勝することもできました。



「精神世界で、学んだこと」

「鉄のバーベルを持ち上げて、学んだ人生哲学」

この二つを、合わせて、35歳の頃に、作成したのが、

「精神世界の鉄人」

というサイトなのです。(笑)




何かの本で、読んだ言葉が、心に残っています。

それは、

「人生は、短い。短所なんか、直している暇なんかない。長所だけを、伸ばすようにしなさい」

というメッセージです。

最近、本当にそうだと、改めて思っています。



世の中の情報洪水の中で、なかなか、自分のやりたいことを、発見することは、困難だと思いますが、それでも、これをやらないと、明るい未来は、期待できないと思います。

そのためには、まずは、自分にとって要らないものを、見極めて、切り捨てる勇気を、持つことが、第一歩になります。




これは、余談ですが、あるチャネリング情報によると、この宇宙には、地球以外にも、たくさんの文明が、存在しているそうですが、その中で、地球よりも、はるかに進んだ文明には、すべて、ある特徴があるそうです。

それは、その惑星で暮らす宇宙人たちは、自分の好きなこと、得意なこと、ワクワクすること以外には、興味も示さないし、まったくやらないそうです。



どうして、それができるのかというと、その価値観の根底には、

「自分ができないことで、世の中に必要なことは、必ず、別の誰かが、やってくれる」

という他者への絶対的な「信頼」が、あるからなのだそうです。


逆に言うと、地球人が、なんでもかんでもやりたがるのは、その価値観の根底に、

「自分が、もし、これをやらないと、世の中が、大変なことになる」

という他者への「不信感」が、あるのだそうです。

それは、自分や世の中への「不安」を生み、結果として、なんでもかんでもやろうとして、自分のキャパ以上のものを、抱え込み、人生が、苦しくなるという悪循環になるのだそうです。


面白いですね。

本物の「決断力」の根底には、

「世の中が、全て完璧に繋がっている」

という「信頼」が、必要だということです。




「あの人は、宇宙人だ!」

と言われて、「宇宙人」というニックネームが、ついたりする人がいますが、その人たちは、やはり、実際に、宇宙人の魂の割合が、大きいようです。

さらに、具体的にいうと、そういう人たちは、上記のように、自分の好きなこと、得意なこと、ワクワクすることしか、やらないという特徴が、あるようです。

それでも、何かの分野で、簡単に、成功したりする理由は、その奥底に、他者への絶対的な信頼が、存在したいるのだそうです。



私も、昔から、よく、「宇宙人」と呼ばれましたが、言われてみれば、たしかに、そういう価値観です。

今でも、料理も、下手なので、100%外食ですし、細かい仕事も、苦手なので、従業員を雇って、全部、やってもらっています。

経理関係も、全部、会計事務所に、丸投げしているし、パソコンが、故障したら、すぐに、プロの人に、来てもらいます。

私は、自分の得意なブログやメルマガの文章を、書くことや、セミナーで、いろいろな情報を、伝えたりすることだけに、集中しています。

こういうスタイルは、楽しいし、とても楽です。




これからは、たくさんの人が、こういうライフスタイルを、選ぶ流れになると思います。

それには、まずは、嫌いなことや苦手なことを、切り捨てる決断をする力、「決断力」を、身につけることです。

それから、好きなこと、ワクワクすることを、増やしていったらいいでしょう。

その意識の根底には、宇宙人のような「社会に対する絶対的な信頼」も、大事になってきます。

これは、言い換えると、「ワンネスの意識」ということです。




「宇宙人の決断力」

これを、身に付けた地球人から、幸せな人生を生きる、自由人に進化していくのだと思います。








PS スティーブ・ジョブズのような「宇宙人」の魂を持つ人たちは、「決断力」に、優れているのが、特徴みたいです。

それには、同時に、「他者への絶対的な信頼」も、不可欠な要素みたいです。









☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
facebookに、新しく、「精神世界の鉄人」のページを、作成しました。

原則として、私、トーマの個人セッションやセミナーを、受けたことのある方、限定です。

いろいろな交流も、予定しています。

まだ、参加されていない方、ぜひ、参加してくださいね。

非公開のページです。

申請の際、いつ頃、どこで、セッションやセミナーを受けたのかも、教えていただけると、嬉しいです。



○「精神世界の鉄人」のページ

https://www.facebook.com/groups/828248400524157/



○「トーマ イタル」のページ

https://www.facebook.com/toma.atlas



よろしくお願いします。





PS 「精神世界の鉄人」、フェイスブックにも、登場です!!








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
新しい読者の方も、増えたので、もう一度、サプリメント、「ミトコンドリア・クリーナー(仮称)」の話を、書いてみましょう。

再掲載です。





そもそも、このサプリメントとの出会いを、もう一度書きます。

2008年9月の話ですが、人生最大の試練を、経験していました。

とっても、苦しくて、この時ばかりは、

「もう、ダメだ…」

と音をあげてしまいました。

ただ、15年間、パワーリフティングの競技で、鍛えた精神力が、ここで、いきてきました。

そうです。

どのスポーツでもそうですが、鍛練というものは、

「もう、ダメだ…」

と思ってからが、本当の練習なのです。

パワーリフティングの選手時代、バーベルを、持ち上げていて、まさに、1回も上がらなくなり、

「もう、ダメだ…」

と思ってから、さらに、もう1回、持ち上げることを、繰り返していました。

この「あと、もう1回」が、パワーアップの秘訣なのです。

こういうところで、この鍛錬が、活きてくるとは、思いませんでした。




その苦しみの中、一人の友人が、私に、一つのサプリメントを、持ってきました。

「トーマさん、ずいぶん、お疲れみたいですね。これっ、とっても、素晴らしいサプリメントなんですよ。飲んでみませんか?」

正直言って、それを、差し出された時、

「またか…」

と思いました。

なぜなら、私が、パワーリフティングの選手時代から、サプリメント愛好家だと、知っている友人たちが、ありとあらゆる、サプリメントを、持ってくるからです。

もう、たいていのものは、飲んで、知り尽くして、いるからです。

どのサプリメントも、とっても、いいのです。

だいたい、私に、紹介してくれるものは、100点満点の150点くらいのものなのです。

だから、今回も、

「ふ~ん。まあ、ちょっと、試してみるか…」

くらいの気持ちだったのです。

ただ、飲む前に、この友人が、言った言葉に、ちょっと、心が、ときめきました。

「このサプリメント、体内の細胞内のミトコンドリアを、綺麗にしてくれるもの、だそうですよ」

これを、聞いて、ちょっと、驚きました。

なぜなら、パワーリフティングを、やっていた頃、一人の偉大なパワーリフターを、尊敬していて、その選手を、目標に、トレーニングしていたのです。

その選手は、アメリカで、1960年代くらいに、活躍していた、ポール・アンダーソンという選手でした。

今でも、ギネスブックに、掲載されていると、思いますが、スクワットという種目で、560キロ持ち上げ、トータル、1200キロという記録は、今でも、公式には、破られていないそうです。

当時は、ドーピングもなく、プロテインなどのサプリメントもない時代でした。

その時代に、これほどの記録を、出すというのは、どういうことなのか、とっても、興味が、あったのです。

1990年頃の専門誌に、その秘密が、記事として、掲載されていました。

世界中の科学者が、ポール・アンダーソンの身体を、徹底的に調べた結果、「ミトコンドリア」だという結論に、到達したそうなのです。

詳しい話は、省略しますが、とにかく、筋力や持久力、柔軟性など、スポーツの競技能力の鍵を、握っているのが、「ミトコンドリア」だということを、知って、ずっと、このミトコンドリアのことは、頭から、離れなかったのです。

久しぶりに、「ミトコンドリア」という単語を、聞いた私は、これに、興味をもったのでした。



さて、川崎駅の「LAZONA」というショッピングモールで、待ち合わせした後、ピザ屋さんで、その友人と、食事しました。

「3粒から5粒を、食前に、飲んでくださいね。空腹時が、効果が、あるみたいですよ」

こう言われて、疲れていたいので、5粒飲んでみました。

すると、数分したら、頭が、ぼっーとしてきて、気持ちよいエネルギーが、身体じゅうに、広がってきました。

そして、手足の先が、ビリビリしてきました。

だんだん、カッーと、体温が、上がってくるのが、わかりました。

身体中の細胞内のミトコンドリアが、元気になって、動いているような気がしてきました。

そして、今までに、体験したことのない、エネルギーが、頭上から、降りてきたような気がしました。

なんか、勝手に、瞑想したくなってきて、そのピザ屋さんで、瞑想してしまいました。

とっても、深い瞑想状態に入りました。

今までで、最高の瞑想でした。

だんだん、身体の感覚がなくなってきて、宇宙と一体になったような気がしました。

その後、とっても、やさしい存在に、見守られているような気がしてきました。

いわゆる、「ハイアーセルフ」という存在だと、思いますが、ここまでは、今までにも、何回か、体験したことが、ありました。

どのくらいの時間が、わかりませんが、それから、しばらくすると、なにか、もっと、凄い存在と、繋がったような気がしました。

「…。…。…。」

もう、言葉にできないような体験でした。

「宇宙そのもの」、「愛そのもの」、「神」という表現が、ピッタリの至高体験でした。

これも、どれくらいの時間か、わかりませんが、しばらくして、少しづつ、自分の身体に、戻ってきました。

戻ってきてすぐに、

「ハイエストセルフと、繋がった…」

という言葉が、自然に、口から出てきました。

そして、それまで、あんなに、苦しんで、悩んでいた、人生最大の試練が、とっても小さく見えてきたのでした。

「なんだ、全ては、完璧じゃないか!」

こう思えて、みるみる、笑顔が、蘇ってきました。(笑)

おそらく、私の魂が、あまりにも、苦しんでいたので、目に見えない存在たちが、このサプリメントを、私の目の前に、持ってきたのだと思います。

本当に、大感謝でした。

いつも、ピンチになるたびに、助けてくれる人が、現れるんですよねー。

この時も、そうだったのですが、まさか、サプリメントというかたちで、助けてもらえるとは、思ってもみませんでした。

人生って、面白いですね。




ミトコンドリアの話を、してみましょう。

太古の昔、地球上の海で、原始細胞の中に、呼吸能力のある細菌が入り込んで、共生を始めたのが、ミトコンドリアの起源であると、考えられているそうです。

人や動物の細胞の中で、エネルギーを、作り出しているのが、「ミトコンドリア」という細胞内小器官で、細胞内の発電所に、たとえることが、できるみたいです。

ミトコンドリアは、球形あるいは、細長い棒状の粒子で、1個の細胞の中に、数百個いるらしいです。

もうちょっと、詳しく話すと、人間の身体には、60兆という数の細胞があると、言われているのですが、一口に、60兆といっても、イメージしにくいのですが、だいたい、細胞1個を、米粒1個に、例えると、六本木ヒルズの建物内が、全部、60兆個の米粒で、埋まり、溢れだして、外側に、はみ出し、さらに、建物が、半分くらい、その米粒で、埋没するくらいの数だそうです。

そのくらいの数の細胞の中に、さらに、500個くらいのミトコンドリアが、いるそうです。

脳の中は、特別に、多くて、3000~5000個くらい、いるそうです。

ミトコンドリアは、呼吸によって、エネルギーを、作り出す発電所ですから、ミトコンドリア遺伝子のわずかな違いが、運動能力に、影響を与えていると、予想されていたようです。

そこで、数年前に、日本の科学者たちが、マラソン選手や駅伝選手のミトコンドリアDNAを、調べたところ、10人中5人に、特別な遺伝子型が、見つかったそうです。

さらに、この遺伝子型の頻度を、日本人、1980人について、調べたところ、122人に、見つかったらしいです。

ところが、この遺伝子型が、長距離走選手において、一般人の15倍の頻度で、見つかったことから、これが、マラソンに、強い遺伝子型であると、推定されたそうです。

さらに、数多くの長距離走選手の協力を得て、現在も、調査が、進められている、みたいです。

もしかしたら、前述した、ポール・アンダーソン選手も、この特別な遺伝子型があって、それで、トレーニングが、効率よく、容易に、できたのかもしれません。



人間が、呼吸をすると、酸素を、吸い込むのですが、この酸素は、細胞内で、ミトコンドリアを、酸化させ、サビつかせる働きも、するそうです。

それで、ミトコンドリアの働きが、どんどん悪くなってくるのだそうです。

結果として、細胞内が、酸化してきて、老化が、進むのだそうです。

人間の体内には、このミトコンドリアのサビをとる機能が、もともとあるのだそうです。

ただ、20歳の時点で、この機能は、100%働いているのですが、40歳になると、80%しか、働かなくなってくるそうです。

その後、50歳で、60%。60歳で、40%。70歳で、20%。80歳だと、なんと、0%になってしまうそうです。

それで、ほとんどの人が、80歳を過ぎると、死んでしまうのですね。

老化というのは、おおざっぱに言うと、細胞内のミトコンドリアが、サビる現象らしいですね。

逆に言うと、人間は、細胞内のミトコンドリアが、酸化しなければ、125歳以上は、生きることができるように、なっているみたいです。




生物学的には、だいたい、こういう話ですが、実際には、ミトコンドリアは、もっと、いろいろと、面白い性質を、もっているみたいです。

精神世界に、詳しい友人に、教えてもらったのですが、このミトコンドリア、人間の体の中に、星の数ほど、生息しているのですが、彼らは、相互に、テレパシーで、通信しているそうです。

そして、興味深いのは、ちょうど、蜂の社会のような構造に、なっているのだそうです。

つまり、女王蜂のようなマザー・ミトコンドリアが、1匹いて、このマザーが、身体中のミトコンドリアたちに、適切にテレパシーで、指令を送っているのだそうです。

身体のどこの部分の細胞に、このマザーが、いるのかは、よくわかっていないのだそうです。

腕かもしれないし、頭かもしれないし、お尻か、足かもしれないということですね。

そして、さらに、興味深いのは、地球上のどこかに、このマザー・ミトコンドリアを、司っている、グランド・マザー・ミトコンドリアも、いるらしいです。

これも、どこにいるのか、わからないそうです。

誰かの身体の中に、隠れているかもしれません。

もしかしたら、この文章を、読んでいる、あなたかもしれませんよ。

もしくは、どこかの野良猫や野良犬、鳥や魚かもしれないということですね。(笑)

自分の身体の中のミトコンドリアのサビを取り、グランド・マザー・ミトコンドリアと、テレパシーで、繋がることも、大切なプロセスの一つに、なるような気がします。




さて、このサプリメントが、細胞内で、どういう働きをするか、もう少し説明しておきます。

これは、もともと、フランスの研究所で、フランスの科学者たちによって、研究されていた技術らしいのですが、一番の特徴は、

「細胞膜を、通過する」

という技術だそうです。

これまでにも、たくさんのアンチエイジングを、目的とした、サプリメントが、市場に、発売されました。

どれも、まあまあの効果なのですが、それほど、感動するほどの効果は、ありませんでした。

というよりも、そもそも、

「これを、飲めば、長生きしますよ」

と言われても、それで、本当に、長生きするかどうかの検証は、100年後くらいにしか、わからないのです。

また、どのサプリメントも、飲んでも、なんか効いているのか? 効いていないのか? イマイチわからないというかんじです。

自分の基準としては、サプリメントでも、ヒーリンググッズでも、飲んだり、装着してから、10分以内に、エネルギーを、感じないものは、大したものではないと思っています。

本当に凄いものは、だいたい5分以内に、凄さが、わかるものなのです。

ただ、あくまでも、

「自分にとって、凄いもの」

という意味で、全ての人にも、凄いかどうかは、また、別問題です。

さて、このサプリメントは、本当に飲んで、3分くらいで、凄いエネルギーが、身体じゅうを、流れているのが、わかりました。

今までのアンチエイジングのサプリメントと比べて、どうしてこんなに、効果があるのか、紹介してくれた友人に、訊ねてみると、

「トーマさん、いい質問をしてくれました。実は、これが、このサプリメントの秘密なんですよ。今までのものは、喉を通って、胃腸に入った途端に、実は、ほとんどが、胃液に溶けて、バラバラに、分解されていたんですよ。ところが、これは、なんと、胃液に溶けない技術が、入っているのです」

という答えが、返ってきました。

「なるほど…」

と思っていると、さらに、説明を、続けてくれました。

「もっと、凄いのは、細胞内での働きです。ほとんどのサプリメントは、細胞膜で、ブロックされて、中に入れないのですが、これは、実は、細胞内のリボソームとほとんど同じ大豆アミノ酸で、できているために、細胞膜が、勘違いして、細胞内に、入れるのです。だから、こんなに、効果があるのです」

ということでした。

なんでも、今までのものは、細胞内に、3%しか、入れなかったのに対し、これは、80%が、入っていくのだそうです。

フランスでは、細胞内に、このサプリメントが、入っていく映像が、カメラで、撮影されたのだそうです。

そして、この動かぬ証拠で、ヨーロッパのサプリメント業界での、最高の賞を、受賞したのだそうです。




さて、話は、ここで、終わりません。

それを、飲み始めて、実は、もっと凄いことになったのです。

初日から、数日間は、感情の起伏が、激しくなったり、元気すぎて、眠れなくなったり、逆に、身体が、だるくて、一日中、寝たりしていました。

それから、数日後、

まず、お腹がすかなくなりました。

お腹が、

「グ~ グ~」

と鳴っても、脳が、

「食べたくないよ~」

と言っているみたいなのです。

そして、身体の体温が、上がるせいか、ずっと身体が、暖かく、うっすらと、汗をかいている状態が、何日も、続いたのです。

夢が、とっても、クリアに見えたり、予知夢を見たり、過去生の記憶が、クリアに、思い出しやすくなったり、身体も心も霊体も、凄いことになったのです。

思考も、常に、前向きに、考えられるようになりました。

そして、一番、ビックリしたのは、体重でした! なんと、どんどん痩せていき、1週間で、いきなり、5キロ痩せたのです! 

2週間では、7キロのダイエットに、成功したのです! 

何もしないで!!(笑)

それからは、少しづつペースが、落ちて、落ち着きましたが、現在でも体調は、相変わらず、いいです。

しかも、食事が、美味しいのです。

細胞に、栄養が、すーっと入っていくかんじなのです。

おそらく、食べないから、自然に摂取カロリーが、少なくなったのだと思います。

そして、同時に、ミトコンドリアのサビがとれたので、彼らが、活発に動けるようになり、結果として、身体全体の代謝が、急激に上がったせいだと、思います。

本当に、運動しなくても、一日中、ウォーキングをしているかんじなのです。

 


話は、さらに、続きます。

その後、2か月ぶりに、ジムに行ったのですが、なんと、筋力が、落ちていないのです! 

今までのダイエットの常識だと、運動をしないで、食事制限だけで、痩せると、脂肪と一緒に、筋肉や筋力も、失われるということだったのですが、このサプリメントは、何も運動せず、食事制限もしないで、見事に贅肉だけを、落としてくれるみたいです。

筋力など、少しですが、強くなっているくらいです。

柔軟性も、ストレッチを、やっていなかったのに、変わっていませんでした。

あと、もっと驚いたのが、持久力です。

バーベルを担いで、スクワットを、限界までやっても、心臓は、バクバク鼓動して、汗はかくのですが、呼吸が、なぜか乱れないのです。

これには、驚きました。

また、1時間くらい、筋トレをやって、普段は、サウナとジャグジーに、入るのですが、この日は、あまりにも、身体が軽いので、固定式のランニングマシンで、走ってみました。

すると、いつもなら、20分で、けっこう、疲れてやめるのですが、なんと、40分走っても、息が上がらないのです。

あまりの身体の調子のよさに、怖くなって、40分で走るのを、やめてしまいました。

「こっ、これは、凄すぎる…」

人間って、あまりにも、いいことが起こっても、不安になるんですね。(笑) 

しばらく、ジムの中で呆然と、立ちすくんでいました。

スピリチュアルな至高体験を、やっただけでも、ビックリしたのに、運動も食事制限もしないで、約2週間で、7キロのダイエットができる。

しかも、筋肉や筋力を落とさずに、贅肉だけを落とす。

身体の痛いところや筋肉のコリもとれる。

今までに、こんなサプリメントが、あっただろうか? 

企業の誇大広告やほとんど嘘のCMなどでは、毎日のようにやっていますが、自分が、ここまで、体験したのは、初めてでした。




自分にとっての、アセンション体験の一つは、このサプリメント体験です。

そういえば、精神世界では、オーラやチャクラやアカシックレコードなどの霊的な話ばかり、取り上げられますが、肉体も、大事なんですよね。

このサプリメントは、間違いなく、肉体レベルから、細胞を変える、素晴らしいツールになると、思います。

肉体的なDNAレベルのアセンションは、もしかしたら、ミトコンドリアが、鍵を握っているのかも、しれません。

そして、これからの時代は、「ミトコンドリア・アセンション」や「ミトコンドリア・ダイエット」が、主流に、なってくる予感がします。




これも、余談ですが、何回か、皆さんに、紹介した、ペンダント、「不思議なペンダント、アセンション」も、最高に、素晴らしいのですが、このサプリメントも、同じくらい素晴らしいです。

私の場合は、ペンダントでは、いろいろな霊的な体験や若返った効果は、ムチャクチャ感じましたが、ダイエット効果は、他の人が、体験したほどは、感じませんでした。

ただ、このサプリメントは、ダイエットにも、効果が、あるみたいなのです。

ペンダントが、どちらかというと、霊体に、宇宙エネルギーを、入れてくるのに対して、このサプリメントは、どちらかというと、細胞レベルから、肉体に、宇宙エネルギーを、入れてくれるみたいです。

ペンダント、「アセンション」が、「キング・オブ・ヒーリンググッズ」だとしたら、このサプリメントは、「キング・オブ・サプリメント」だと思います。

試しに、キング同士が、どうなるか、実験してみました。

すると、やはり、エネルギーが、共鳴するのです!! 

良いもの同士って、やはり、相性がいいんですね。

つまり、サプリメントを飲んで、ペンダントを下げると、お互いにエネルギーを、増幅させる相乗効果が、でてくるみたいなのです。

ペンダントを、持っている方、ぜひ一度、これを、飲んでみてくださいね。

他のサプリメントとの相性も、全ていいみたいです。

大好きなノニジュースと、一緒に飲んでみたのですが、ノニの果汁が、身体じゅうに、広がるような、気持ちいい体験をしました。

あと、念のために、書いておきますが、これらは、あくまでも、私個人の体験談です。

全ての人が、こういう体験をするわけではないようです。

たくさんの友人に、飲んでもらいましたが、だいたい、8割の人が、何かを感じるみたいです。

逆に、2割くらいの人は、何も感じなく、目立った効果もないみたいです。




補足的な説明もしておきますが、このサプリメントは、厳密には、サプリメントでは、ありません。

なぜなら、「サプリメント」の定義は、「栄養補助食品」だからです。

これは、栄養自体は、ほとんどなく、あくまでも、細胞内部のミトコンドリアを、クリーニングするのことが、目的で、開発された錠剤みたいです。

あまりにも、凄まじい効果なので、

「麻薬物質が、混入されているのでは?」

と何回も、疑ったのですが、そういうこともないみたいです。

身体にも、やさしく、ほとんどが、天然成分で、できているみたいです。

主な原料は、豆やオリーブなどで、そこらへんにあるような、普通の植物などを、組み合わせただけみたいです。




厳密には、サプリメントではないので、とりあえず、「ミトコンドリア・クリーナー」と仮に、名前をつけました。

というのは、これだけ、紹介しておいて、申し訳ないのですが、製造会社から、インターネット上での製品名と会社名の公表は、堅く口止めされています。

おそらく、現在、厚生科学省や食品業界が、いろいろな問題を抱えているために、慎重になっているのだと思います。

たしかに、これほどの製品だったら、同業他社のサプリメント会社やフィットネス業界やエステ業界から、嫉妬で、物凄い圧力が、かかるだろうと予想されます。

名前を、伏せるのは、そういう意味も、あるかもしれませんね。




私の友人の豆福さんが、販売しているので、購入希望の方は、メールで、注文してみてくださいね。

「トーマさんのブログで、紹介されていた、ミトコンドリア・クリナーの件で、メールしました」

と書くと、わかりやすいと思います。

お値段は、送料込みで、だいたい1瓶、1万4千円くらいです。

豆福さんは、ちょくちょく、一緒に、ランチを食べる仲の人なので、安心してメールしてくださいね。

いろいろと丁寧に、教えてくれると思います。









☆「ミトコンドリア・クリーナー(仮称)」についての購入については、友人の豆福さんに、お願いしますね。

○豆福さん

http://plaza.rakuten.co.jp/mamehuku/




☆下記は、ハーバード大学が作成した、「細胞内のミトコンドリアのCG映像」だそうです。

ぜひ、見てみてください。

神秘的ですよー。







PS 細胞内のミトコンドリアです。

これからは、「ミトコンドリア」が、いろいろな分野で、注目されると思います。

$精神世界の鉄人のブログ






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人




いいね!した人

テーマ:
以前にも、書いたのですが、新しい読者も増えたので、もう一度書きますね。




精神世界の勉強をしていると、「光」だけではなく、どうしても、「闇」の部分も、学ぶことになります。

ここで、学び方が、大きく二つに、分かれます。

なるべく、「光」だけに、フォーカスして、「闇」は、見ないようにする学び方と、「光」も「闇」も、同じくらい大切なものだとして、平等に、フォーカスする学び方です。

私は、後者のほうです。

「光」も「闇」も、同じくらい大事だと思っています。

だから、ネガティブなことも、どんどん学んでいくという姿勢です。




その中でも、やはり、「悪」の問題は、根本から、解明する必要があると、常に考えています。

地球上のほとんどの動物には、「天敵」が、存在しています。

その存在のおかげで、どの動物も、ある程度、頭数が、バランスよく整い、生態系のバランスが、保たれているという側面もあります。

しかし、人間には、具体的で、わかりやすい天敵は、存在しないように見えます。

強いて言えば、たまに起こる天変地異などですが、やはり、人間にも、天敵は、存在するのです。

それが、大昔から、世界中で、信じられている「悪魔」の存在です。

「ほとんどの人間が、明るい光の場所よりも、暗い闇の場所を、恐れるのは、そこに、そういう存在を、感じとるからではないか?」

という説もあります。




このテーマを、文字から、解明してみましょう。



「悪」という漢字は、「亜」という文字と、「心」という文字の組み合わせです。

この「亜」という文字は、象形文字で、昔の漬物などを、押すための石の形だという説や、竪穴式住居の土台を、掘り下げたくぼみを、表しているという説などが、あるようです。

「抑圧された状態」という意味の「亜」の文字の下に、「心」が、ついています。

だから、「悪」という文字は、

「押しつぶされ歪んだ心」

「胸がつかえる嫌な気持ち」

などを、表しているそうです。



さらに、「亜」という文字の語源の中には、他にも、

「醜いもの」

「2番目のもの」

という意味も、あるそうです。

これが、ずっと疑問でした。



最初のものは、なんとなくわかります。

「悪の意味は、歪んだ醜い心」

という意味になるからです。

でも、どうして、

「悪の意味は、2番目の心」

になるのかが、どうしてもわかりませんでした。



少し調べると、ちょっとわかりました。

スポーツなどの競技で、成績が、発表され、仮に、1番から6番まで、表彰されるとして、3番から6番の選手というのは、それほどまで、1番の選手に、嫉妬しません。

最も1番の選手に、嫉妬するのは、2番目の選手です。

この2番目の選手が、1番の選手に対して、もっとも、「嫉妬心」を、もつことから、この意味が、きているのかと、最初は、推測していました。

「悪の心の大半は、嫉妬心である」

こういう意味だと、自分なりに、解釈していたのです。




これも、ある程度あっていると、思いますが、もっと、ドンピシャの解釈を知りたくて、いろいろ調べていたら、ある講演会で、面白い話を聴きました。

その講演会は、「いじめ」の話でした。

講師の先生は、

「いじめというのは、この世界から、完全になくすのは、難しいです。なぜなら、それは、本能的な部分も、大きいからです。本能的な部分というのは、わかりやすく言うと、人間以外の動物も、やる行為ということです」

と話はじめました。

「例えば、アフリカのサバンナでは、ライオンが、シマウマを、食べるのですが、この行為は、いじめではありません。どちらかというと、ただの捕食行為です。圧倒的に強い動物が、弱い動物を襲って、食べる行為は、いじめではありません」

続けて、

「問題なのは、シマウマたちの群れの中での行為です。たとえば、こういう行動が、確認されています。ある日、1頭のシマウマが、足をケガして、歩けなくなると、不思議なことに、たくさんのシマウマたちが、この1頭の周りに、集まってくるのです。最初に、観察した学者は、皆で、この1頭を、助けたり、励ますために、集まっていると、思ったそうですが、だんだん、真相が、わかってきて、驚愕したそうです」

それから、一呼吸おいて、

「周囲のシマウマたちは、なんと、保身のために、集まっていたのです。つまり、ライオンが、現れて、襲われそうになったとき、自分たちの集団の中に、明らかに、弱ったシマウマが、1頭いたら、ライオンは、そのシマウマを、確実に襲うために、自分たちは、食べられないという安心のために、集まっていたのです」

こう言いました。

この話は、ショックでした。

「動物の世界って、なんて、意地汚いんだ。野生の世界は、こんなに、厳しくて過酷な世界だったのか…」

こう思いました。

テレビのバラエティ番組などで、放映されるような動物の世界は、かなり、美化されているのです。

現実の世界は、こういう世界なのです。




この講師は、他の話もしました。

「シマウマのような哺乳類だけでは、ありません。魚類の世界にも、いじめは、存在します」

続けて、

「例えば、水槽の中で、熱帯魚を飼うと、必ずケガをしたり、病気をしたりして、弱くなる魚が、1匹現れます。この時、よくよく観察すると、この1匹を、真っ先に、しつこくいじめて、殺すのは、その水槽の中で、下から2番目に、弱い魚なのです。この一番弱い魚を、攻撃することで、自分が、周囲から、攻撃されないようにしたり、ストレスを、発散したりしているのです」

これを聴いて、また、ガーンと、ショックを受けました。

そういえば、中学生の頃、熱帯魚の飼育が、趣味で、エンゼルフィッシュを、飼っていましたが、そういうことが、よく水槽の中であったのを、思い出しました。



それで、ようやく、

「悪の意味は、2番目の心」

という意味が、わかりました。



昔の人たちは、こういうことが、わかっていたのでしょう。

「2番目の心」とは、

「上から2番目の嫉妬心」

「下から2番目の保身」

この二つだということです。



特に、後者の「保身」というのは、「いじめ」などの行為の大きな部分を、占めているような気がします。

たとえば、世の中の景気が悪くなり、会社の中で、リストラなどが、囁かれるようになると、真っ先に、いじめのターゲットになるのは、その職場で、一番弱い立場の人です。

そして、その人を、最もいじめるのは、その職場で、下から2番目に、弱い立場の人であることが、多いのです。

政治家などの権力者のよる搾取も、間接的ないじめだと思いますが、直接いじめる人は、そのいじめられる人の次に弱い人であることが、多いということです。

たしかに、そいうケースを、サラリーマン時代に、よく目撃しました。

自分自身が、学生時代から、しばしば、いじめを体験したり、そういう話を、聴きながら、心を、痛めてきましたが、ここにきて、だんだん、そのメカニズムの全貌が、ボンヤリですが、見えてきました。




「悪」という心の状態は、根底に、「嫉妬心」が、あることが多い。

さらに、もっと、大きな部分を、「保身」が、占めていることも多い。

この二つは、どちらも、社会や世間などの周囲の圧力です。

その圧力に、心が、抑圧されると、その心が、「悪」になるのです。

そして、その「悪」に、「魔」が、差し込むと、「悪魔」にあるのです。

大昔から、人々が、恐れてきた「悪魔」という存在は、こういうメカニズムで、創りあげられるみたいです。




人間の心が、「悪魔」の状態になった時には、「光」も「闇」も、両方とも、それを、治してくれます。

「光」は、「悪魔」を、浄化します。

「闇」は、「悪魔」を、癒してくれます。

「光」は、「白日の下にさらす」という表現もあるように、厳しく、悪を、追い払ってくれます。

一方、「闇」は、悪を、「やさしく包む」のです。



「光が、正しくて、闇は、間違い」

ではなくて、

「光は、厳しくて、闇は、やさしい」

のです。

心の中の悪を、光は、吹き飛ばしてくれますが、闇は、やさしく包み込んで、癒してくれます。

心が、本当に、弱っている時って、暗闇が、落ちつきますよね。

そんなかんじで、闇も、いいものなのです。

光も闇も、両方とも、人間の味方です。

ちょうど、太陽の光の日光浴も、健康にいいけど、月明かりの月光浴も、精神が、落ちつくようなかんじです。




心が、抑圧されて、本当に苦しい時は、「陰」のエネルギーである「闇」に、癒されましょう。

それから、少し元気になってきたら、次は、「陽」のエネルギーである「光」で、浄化されましょう。

精神世界には、そのためのヒーリングのテクニックやグッズ、パワースポットが、たくさんあります。

ぜひ、自分にあったやり方で、心の中の「悪魔」を、消し去ってください。








PS 「悪」という文字から、悪の意味の根源が、読み取れます。

昔の人たちは、こうやって、文字の中に、本質を残して、後世に、伝えようとしたのですね。









☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆メルマガ「精神世界の鉄人」も、発行しています。

ブログでは、読めないような内容も、掲載することもあります。

まだ、登録してない方、ぜひ登録してくださいね。

http://melma.com/backnumber_38906/







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人




いいね!した人

[PR]気になるキーワード