精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

NEW !
テーマ:
映画「思い出のマーニー」を、DVDで観ました。

素晴らしい作品でした。

2回も、泣きました。




この物語は、誰でも、経験する思春期の複雑な気持ちが、メインテーマだと思いますが、他にも、様々なメッセージが、含まれています。

特に、スピリチュアルな話が好きな方は、凄く感動すると思います。


最初から、マーニーの正体が、わからず、最後まで、明確にはしないところが、いいと思いました。

マーニーという存在は、主人公の女の子のアンナが、頭の中で、創りだした「妄想」だと感じる人も、いるかもしれません。

また、子供の頃に、大切にしていた金髪の人形が、「空想の産物」として、現れたとも言えると思います。

心理学的には、心の奥底にある、「潜在意識」だという表現もできますし、「本当の自分」という単語を使っても、いいと思います。

スピリチュアル的な解釈では、マーニーは、アンナの「守護霊」だとも言えますね。

「天使」という単語を使ってもいいかもしれません。

他にも、先祖が、「幽霊」として、登場したというオカルト的な解釈もできます。

アンナが、異次元空間が、重なった、パラレルワールドに、行ってきて、そこで、自分の「ガイド」である、アーニーと会ったという表現もできます。


どんな表現を使ってもいいように、設定してあるところが、作品を制作した監督の懐の深さを、感じさせます。


私は、個人的には、

「ハイアーセルフという存在が、アンナという女の子が、一番親しみやすい存在としての祖母の姿を選んで、彼女が、人生において、一番苦しい時期に、目の前に、姿を現したのではないか?」

という解釈をしました。

「ハイアーセルフ」は、その人が、自然なかたちで、見えない世界からの愛を感じるような姿で、登場するからです。

姿や形は、手段であって、本人に、愛のメッセージを伝えることが、目的だからです。




思春期の年頃は、どうでもいいような小さなことで、悩んだり、傷ついたりします。

大人たちが、

「どうして、こんなことで、悩んでいるの?」

と思うようなことでも、若者にとっては、世界中のどんな事件よりも、重大なことなのです。

そして、その悩みが、わかるのは、自分だけなのです。

誰も、本当の意味で、その苦しみを、共感してはくれないのです。



しかし、この作品にも、描かれているように、どんなに孤独だと思っていても、実は、自分のことを、見守っている存在たちが、ちゃんといるのです。

それが、「本当の自分」、「守護霊」、「先祖の霊」、「ガイド」、「ハイアーセルフ」などと表現されるような存在たちです。




私も、青春時代は、この主人公のアンナのように、暗くて、孤独を感じていました。

心を閉ざしてしました。

筋トレだけは、大好きで、コツコツやっていました。


30代後半の時に、あるチャネラーから、私の曽祖父が、私のことを、とても大きな愛情で、見守っていたことを、教えていただきました。

そのチャネラーを介して、少し会話もしました。

その時に、その曽祖父が、私に、気づかれないように、そっと筋トレの指導をしていたことも、わかりました。

当時は、筋トレの専門書も読まずに、なんとなく、1人でもくもくと、腕立て伏せなどをやっていたのですが、後になって、

「中学や高校の時の、筋トレは、考えてみたら、ちゃんと運動生理学の理論に基づいた、凄いトレーニング法だったな…」

と、不思議に思っていたのですが、空手の達人だった曽祖父が、天上界から私に、筋トレのアドバイスを、やっていたようなのです。

「先祖って、目に見えないけど、いつも、天国から、サポートしていたんだー!」

こう思って、大感動しました。




この空手の達人だった曽祖父は、母方の先祖なのですが、他にも、父方の先祖のサポートを、感じたこともありました。



1993年~94年までの1年間、東京都の立川市で、仕事をしていたのですが、その時は、自殺の一歩手前まで、精神的に追い込まれていました。

とにかく、その職場の人たちとの関係が、最悪だったのです。

しかし、その時に、なんと、私と同じ名字の先輩が、その職場にいたのです。

その先輩だけは、私が唯一、心を許せる人でした。

父親が、沖縄出身だというので、

「もしかしたら、遠い親戚かな?」

くらいにしか、思っていなかったのですが、去年の夏に、実家で、父親から、家系図を見せてもらって、驚きました。

なんと、その先輩は、遠い親戚なんかではなく、私とは、「またいとこ」の関係の人だったのです。

東京で就職して、同じ会社の同じ職場で、隣の席に、「またいとこ」の人が、座るなんて、奇跡的な確率です。

私の一番苦しい時期に、父方の先祖たちが、私をサポートするために、またいとこの先輩を、隣の席に、座らせたとしか、考えられないのです。




このように、先祖という存在たちは、亡くなった後でも、子孫である私たちのために、常に、愛のサポートを、続けているのです。



ここまで、書いていたら、最近、先祖の墓参りに、行ってなかったことを、思い出しました。

来月あたり、故郷の沖縄に帰ったら、久しぶりに、お墓参りに、行ってこようと思いました。(笑)






☆、映画「思い出のマーニー」、超オススメですよ。



○「思い出のマーニー」

https://www.youtube.com/watch?v=lO79qkKDUNY








PS 「思い出のマーニー」の二人を見ていたら、「アルプスの少女ハイジ」のハイジとクララを、連想してしまったのは、自分だけかな?(笑)








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
だいぶ暖かくなりましたね。

そろそろ、初夏の足音も、聞こえてきましたね。


今年の冬は、いろいろなことがあって、ストレスがたまってしまい、一時体調が、悪くなって、苦しみましたが、現在は、元気で健康な毎日を、楽しんでいます。

健康な体で、散歩を楽しむという当たり前の幸せを、日々、感謝しながら生きています。

「健康が一番!」

という当たり前のことに、あらためて、気がつきました。





「ストレス」というのは、必要以上に感じると、人生が、しんどくなります。

しかし、これが、なさすぎても、ダラケてしまい、人生が苦しくなる人も、多いようです。

「自分にとって、適切なストレス」

というのは、生きていく上で、大切なものみたいです。


昔、お釈迦様も、

「人生において、心の状態は、琴などの弦楽器の弦のようなもので、あまりにも、張り詰めると切れてしまう。一方で、弛みすぐても、いい音がでない。適切に張っていたほうが、毎日を、快適に、過ごすことができる」

というような教えを、説いていたそうです。




今回は、この「ストレスの本質」について、考えてみましょう。

ストレスは、様々な要因から、構成されているようですが、一番大きな要因は、本能的な部分が、「不安」を感じることで、生じるそうです。

たとえば、人類が、地球で、生活しはじめてから、数百万年だと、いわれていますが、この期間に、様々な不安を感じながら、生きてきています。




たとえば、一つ目として、

「呼吸が、できなくなる不安」

です。

何かのキッカケで、呼吸が、できなくなると、人間は、ものすごい不安を感じます。

数分で、死んでしまうからです。


この不安を、取り除くには、視界に、「緑」の色があると、いいそうです。

人間は、緑色を見ると、

「あなたの近くには、植物がありますよ。だから、酸素が放出されていますよ。呼吸できなくなることは、ありませんよ」

というメッセージを、潜在意識が、感じるそうです。



二つ目は、

「水が、飲めなくなる不安」

です。

これも、何かのキッカケで、水が、飲めなくなると、人間は、ものすごい不安を感じます。

2週間くらいで、死んでしまうからです。


この不安を、取り除くには、視界に、「青」の色があると、いいそうです。

人間は、青色を見ると、

「あなたの近くには、水が、ありますよ。だから、水が、飲めなくなることは、ありませんよ」

というメッセージを、潜在意識が、感じるそうです。



三つ目は、

「食べ物が、食べられなくなる不安」

です。

これも、何かのキッカケで、食物が、食べられなくなると、人間は、ものすごい不安を、感じます。

1ヶ月くらいで、死んでしまうからです。


この不安を、取り除くには、顎の筋肉を動かすと、いいそうです。

人間は、顎を動かすと、

「あなたは、今、食事をしていますよ。すぐに、お腹が、いっぱいになりますよ。だから、しばらくは、餓死する危険は、ありませんよ」

というメッセージを、潜在意識が、感じるそうです。

具体的には、ゆっくり、食事をするのが、理想ですが、ガムを噛んだりしても、同じようなリラックス効果が、あるそうです。



四つ目は、

「敵に、襲われる不安」

です。

これも、何かのキッカケで、猛獣や敵の人間を目撃すると、人間は、ものすごい不安を、感じます。

戦って殺されるかも、しれないからです。


この不安を、取り除くには、遠くを見て、眼球の筋肉を緩ませると、いいみたいです。

人間は、遠くの景色を見て、眼球の筋肉が緩むと、

「あなたの近くには、敵は、いませんよ。だから、しばらくは、襲われる危険は、ありませんよ」

というメッセージを、潜在意識が、感じるそうです。

逆に、近くのものを見ている時は、眼球が緊張しながら、

「あなたの近くに、今、敵が、近づいています。注意してください!」

と、危険信号を、脳と潜在意識に、送るのだそうです。

現代人は、読書や書き仕事、パソコンやスマホなどで、近くを長時間眺める機会が、多いのですが、これは、無意識的に、潜在意識が、不安を感じているのだそうです。




以上の四つを、まとめると、

「緑色や青色の景色を、なるべく、遠くから、眺めることのできる、海沿いや湖畔、川沿いなどのホテルや旅館などで、なるべく、ゆっくりと、食事をするのが、一番、脳や潜在意識を、リラックスさせる、理想的なストレス解消法である」

と、いえるということです。

現代社会は、この「ストレスの本質」と、賢く付き合っていくことが、幸せになる近道みたいです。




この記事を書いていたら、久しぶりに、海沿いや湖の近くの温泉に、旅行に行きたくなってきました。(笑)






☆ストレスは、身体中の毒素を、体外に放出することで、心身ともに、リラックスすることもできます。

私の愛用しているサプリ、「ミトコンドリアクリーナー(仮称)」も、ストレス解消に、最高です!

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11984905125.html





PS 緑色と青色の見える場所で、ゆっくり食事をすると、本能的な不安が、解消されて、ストレスが、なくなるみたいです。

たまには、都会を離れて、自然の中で、ノンビリするのも、いいですね。

$精神世界の鉄人のブログ




☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
いい映画を観ました。

1971年に制作された、「WALKABOUT ~美しき冒険旅行~」という作品です。

オーストラリアが舞台のイギリス映画ですが、久しぶりに、観終わった後に、じわ~と心に残りました。


最近のアメリカのハリウッドの作品は、SFやアクションなど、大変なお金が、かかっていて、CGの技術も凄いのですが、観ている時は、ドキドキ、ハラハラするのですが、観終わった後には、なにも、心に残っていないという作品も、多いです。

でも、この「WALKABOUT」は、ボクシングのボディーブローみたいに、だんだん、じわじわと心に効いてくるかんじです。

この作品は、観る人によっては、何が何だか、さっぱりわからないと感じる人も、いるでしょうが、本当にいい映画というのは、万人向けのものではなく、

「一部の人だけに、わかってくれればいい…」

と、監督が思って、制作するものかもしれません。




ストーリーは、最初は、オーストラリアの白人の街から、始まります。

ある白人の家族が、ピクニックに行くのですが、突然、父親が、狂ったようになり、その子供の姉と弟は、父から逃げます。

その後、二人は、オーストラリアの砂漠のような場所を、迷子になって、歩きますが、途中で、アボリジニ族の男の子に、出会います。

その男の子は、成人になるための儀式として、「WALKABOUT」という一人旅をしている最中だったのですが、そこから、その男の子、白人の姉と弟で、奇妙な三人の旅が、始まります。



途中で、そのアボリジニ族の男の子が、狩りをするシーンが、でてきますが、この時代は、CGなどもないので、おそらく、本当に、カンガルーなどを、狩っているいる場面を、撮影していると思いますが、かなり残酷です。

しかし、映像は、

「文明人だといわれている人たちも、同じように、残酷なことを、やっているんですよ」

と、いろいろな映像を、重ねながら、訴えています。

むしろ、文明人のほうが、必要以上に、動物を殺していることも、暗示しています。

「どっちの文化が、狂っているのか?」

という問いかけも、投げかけているようです。

環境問題などについても、いろいろ考えさせられる場面がたくさんでてきます。

ただし、私個人は、このような動物を殺す行為も、大自然の中には、あらかじめ組み込まれていたと思っています。

「動物を殺して食べるのは、人間のエゴである」

と、よく言われますが、この発想自体が、人間と自然を、切り離して考えています。

そうではなく、その人間のエゴも、大きな視点で見れば、自然な行為なのかもしれません。




さて、旅の途中で、そのアボリジニ族の男の子と、白人でイギリス人の女の子との間に、微妙な恋愛感情が、生まれるのですが、文化や価値観が違いすぎて、すれ違います。

特に、男が、ダンスを踊って、求愛や求婚するシーンは、なんともいえない気持ちになります。

このダンスは、アボリジニの男の子が、

「イギリス人の女の子が、文明社会に毒されないように、自分が、守ってあげる!」

と思っての行為だったのかもしれません。

このダンスを、どう解釈するかで、この映画の価値は、決まると思います。


他にも、

「アボリジニ族とイギリス人では、地球人と宇宙人くらい、価値観が違うんだな…」

と思いました。

現代社会では、もう、ここまで、異なる文化が、交流することは、あまりないのかもしれません。

1970年代のオーストラリアだったから、こういう交流が、生まれたのかもしれません。


また、男女の意識にも、違いがあることが、うまく描かれています。

男の子が、夢見がちで、ロマンティックなのに対し、女の子のほうは、やはり、現実的な人生観をもっています。

動物を、勇敢に狩ることができる男も、ちょっと女の子と、恋愛がうまくいかなくなっただけで、心が、もろく壊れてしまうところも、絶妙に表現されています。

自立には、成功したのかもしれませんが、恋愛や結婚には、失敗したようです。

男って、弱いんですよね…



この映画は、自立することの大切さ、大人になるということ、文化や価値観の違いなど、いろいろなメッセージを、含んでいますが、やはり、思春期の若者の恋愛が、主なテーマなのかもしれません。

とても純粋すぎて、壊れやすくて、傷つきやすい男女の心が、すれ違って、また、傷つくという、誰でも、苦い思い出のある初恋が、描かれています。

青春時代の初恋は、甘くせつない思い出になるものですが、この映画の最後の場面のように、大人になったら、記憶の中では、少し美化されているのかもしれません。




映画を観ていたら、小学生の頃、よく、日帰りで帰ってこれるくらいの町まで、1人で歩いていく、小さな冒険を、やっていたことを、思い出しました。

真夏の暑いに日に、喉が、カラカラになるまで歩いて、家に帰ってきた後、冷たい水を、ガブガブ飲んだら、

「やったー!」

という達成感が、湧いてきて、ちょっとだけ、大人になれたような気がした少年時代を、懐かしく思い出すことができました。

人間って、旅をするたびに、成長して、大人になれるのかもしれませんね。





☆下記が、その予告の動画です。



○「WALKABOUT」

https://www.youtube.com/watch?v=pyMSzeXI5NE





○字幕なしでしたら、完全版もあります。


https://www.youtube.com/watch?v=RzeEUnS9_qc





PS オーストラリアにも、旅行に行きたくなってきました。









☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
大変長らくお待たせしましたー!

沖縄でも、「魂の設計図」のセミナーを開催することが、決まりました。

沖縄の皆さん、ぜひ、遊びにきてください!

また、この時期に、沖縄観光を予定している方も、観光のついでに、このセミナーにも、ちょっと参加してみてください!

きっと、いろいろな気づきがあって、いい旅の思い出作りになると思います。


沖縄は、私の故郷でもあるので、一番リラックスできます。

今から、ワクワクしています。



いろいろなセミナーを、開催してきましたが、去年までやっていた、「ワクワクセミナー」を、改良した内容です。

タイトルも、「魂の設計図」という名前に、変更しました。

「生き方」に、よりフォーカスした内容になります。

キネシオロジーも、もちろん使いますが、私が、今までに学んできた精神世界の知識や技法などを、織り交ぜた、ユニークなセミナーになると思います。


いろいろな生き方の講座がありますが、

「魂(本当の自分)の今生での設計図は、どうなっているのか?」

これを、知っているのと、知らないのでは、やはり、生き方が違ってきます。

この機会に、ぜひ、自分の人生の大まかなブループリント(青写真)を、確認してみてください。



他にも、ブログやメルマガなどのインターネット上では、書けなかったことなども、このセミナーでは、話せます。

いろいろな話を、深く語りあえるのを、楽しみにしています。



<沖縄セミナー ~魂の設計図~>



〇日時:2015年5月17日(日)13時45分(受付開始) 14時00分~17時00分まで


〇場所:ホテルオーシャン 3階 ネフリティス

〒902-0067 沖縄県那覇市安里2-4-8

http://www.hotelocean.jp/access.html



〇内容:仕事こと、恋愛や結婚などの人間関係で、悩んでいる方、そして、本当に幸せな人生を生きたいと、思っている方に、オススメのセミナーです。


最初に、簡単なキネシオロジーを覚えていただき、その後、それを使って、自分の心の奥底を、見つめるワークをやります。

特に、人生において、大きな岐路(ターニングポイント)を迎えたと感じている方に、ぜひ受けていただきたいです。

「トーマ流の生き方講座」みたいな内容になると思います。


「運命は、決まっているのか?」

「自分が、現在やってる仕事は、本当に魂が、望んでることなのか?」

「ライフワークは、いつ頃、見つかるのか?」

「自分が、付き合っているパートナーは、本当のソウルメイト(運命の人)なのか?」

「本当のソウルメイトには、いつになったら、出会えるのか?」


こういうことを、キネシオロジーで、遊びながら、確認してみてください。



以前に書いた、セミナーの内容です。

http://www.tomaatlas.com/wakuwaku.htm


○定員:10名 深い話がしたいので、少人数とさせていただきます。

定員に達し次第、申し込み締め切らせていただきます。


○受講料:2万円 

お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。


○その他:脚を上げるワークも、やるかもしれないので、女性の方は、ズボンスタイルで、お願いします。

ペットボトルの「お水」も、1本持ってきてください。(お茶やジュースは、不可です)

セミナー終了後、懇親会も予定しています。

こちらも、時間や場所などは、別途ご連絡いたします。




☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp







☆キネシロジー、楽しいですよ!

$精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ border=




☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
前回の創造主の話も、大反響でした。

こういう話題が好きな方も、多いようなので、今回も、似たような話を書いてみます。




アメリカなどでは、第二次世界大戦前までは、この世界を、デザインしたと思われる、「神」の存在、つまり、「創造主」の存在を信じる人は、あるアンケート調査の結果、35%だったそうです。

それが、戦後、しばらくすると、60%まで、急に増えたそうです。

これは、迷信を信じる人が増えたわけではなく、科学が飛躍的に進歩した結果、最先端の科学者たちが、

「この世界は、何かの超知性体が、全てを完璧に、デザインしたとしか思えない…」

と、気がつき始めたことが、原因だそうです。

この世界の根本的な理解が、深まった結果、こうなったのです。

つまり、アメリカなどの欧米諸国では、知性的で、科学の知識がある人ほど、「神」や「創造主」の存在を、信じはじめているということです。




日本では、クリスチャンが少なく、あまり聖書を読む機会も少ないので、ピンとくる人が、少ないと思いますが聖書の中には、

「神が、この世界を、7日間で創造した」

という話がでてきます。

6日間で、この世界や生物を創造して、最後の7日目で、休んだという話です。

この7日目の安息日が、現在の「日曜日に休む」という習慣の始まりだという説もありますね。



最近では、いっけん荒唐無稽に思える、この「神による7日間の創造論」も、かなり、科学的に見直されてきているようです。

詳しい話は、長くなるので、全部は書きませんが、一つだけ興味深い話を、今回は書いておきます。




聖書というのは、不思議な書物で、

「いつ、どこで、誰が、何のために書いたのか?」

という根本的なことが、ほとんどわかっていないそうです。

さらに、いろいろな単語や表現にも、隠れた深い意味があったり、数字にも、様々な秘密を、隠しているようです。



たとえば、聖書の冒頭の句、「創世記」の第一章一節は、

「はじめに、神が、天と地を創造した」

という言葉から、始まっているそうですが、この句も、原語のヘブライ語では、「聖なる数字」だとされている、「7」と深く関連しているそうです。


たとえば、この句は、7つの単語からなっていて、28の文字で、書かれているそうです。

いずれも、7の倍数です。

「28」という数字は、1~7までの整数を足した合計であり、「7番目の三角数」とも、呼ばれているそうです。

さらに、「はじめに、神が、創造した」の部分は、14文字で、「天を」は、7文字、「地を」も、7文字で、どれも、7の倍数になっているそうです。

どうやら、「神」と呼ばれている創造主は、聖書の中にも、「創造の7日間」を記念して、聖書の最初の文字の中にも、7の数字を、深く織り込んだ形跡があるのです。




ここまでなら、「偶然」だとも考えられるのですが、どうやら、創造主は、自分自身が創った生物たちの生体リズムの中にも、「7」というサイクルを、記念に刻み込んだ痕跡が、たくさん残っているのです。



人間の身体の細胞の大半が、約7年で、入れ替わるというのは、よく知られれていますね。

他にも、木を伐採すると、年輪が見えますが、地球上の全ての植物の年輪は、7年ごとに、太くなっているそうです。

このことから、地球全体の気候も、7年周期で、大きく変化していたことが、わかります。



他にも、生物たちを、観察していると、生体リズムの中に、「7」というサイクルが、多いことに、科学者たちが、気がつき始めたようです。



たとえば、人間の妊娠期間は、平均で、280日で、ちょうど、7の倍数です。

これは、人種に関係なく、人間は、みな同じ周期みたいです。

犬、猫、タヌキ、狼、コヨーテの妊娠期間は、63日で、やはり、7の倍数です。

ネズミは、21日だそうです。

他にも、スリカタという動物の妊娠期間は、77日で、羊は、147日、ライオンは、98日だそうです。

みな、7の倍数ですね。


ニワトリの卵は、21日、アヒルの卵は、28日で、孵化するそうです。

これも、7の倍数です。

ウミバト、オカメインコ、オナガガモ、コクジャク、コモンシャコなどの鳥たちも、抱卵期間は、21日みたいです。

クジャク、ツメバケイ、ハイイロガン、フラミンゴは、28日が、抱卵期間みたいです。

白鳥は、35日だそうです。

雀、シジュウカラ、ヒヨドリ、燕、レンジャクという鳥たちは、14日みたいです。


魚のハゼの卵は、28日で、ニジマスの卵は、35日で、孵化するそうです。


他にも、牛や豚、ヤギなどの動物の発情期が、21日間だとも言われているそうです。



今、ざっと例をあげましたが、もちろん、これに当てはまらないサイクルの生物たちもいます。

また、環境の天候や温度などによっても、変化するため、必ずしも常に、そうではないようです。

しかし、生物の生体リズムに、「7」の数字が関係していることが、圧倒的に多いことは、事実のようです。


これらを、「偶然」と考える方が、無理があります。

明らかに、なんらかの「意図」が、あったと考えるほうが、自然なのです。




こうやって、自然界を、科学の目で眺めてみると、あらためて、「創造主」の存在に、気がつくことが多いです。

創造主は、とても大きな愛をもって、私たち人間、そして、あらゆる生物を、創造したのだと思います。



この記事を書いていたら、久しぶりに、動物園に、遊びに行きたくなってきました。(笑)







PS 生体リズムに、「7」の倍数が多いのは、偶然ではなく、創造主の意図があると考えたほうが、やはり、自然だと思います。







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
4月4日(土)は、皆既月食でしたね。

夜桜を眺めながら、月食のエネルギーを、楽しんだ方も、多かったと思います。




あたりまえすぎて、あまり考えないことを、考えてみました。

それは、

「どうして、桜の花は、咲いているのか?」

ということです。

この素朴な疑問に、即答できる人は、少ないと思います。

桜だけでなく、地球上の全ての植物に言えることですね。

「花が咲く目的は、何なのか?」

という問題です。


花を見て、

「綺麗だ~!」

と思う人は、多いと思いますが、

「どうして、綺麗だと思えるのか?」

ということまで、つっこんで考える人は、少ないようです。



結論を述べる前に、ちょっと、考えてみてください。


50メートル以上もある、高い木の上のテッペンあたりに、花が咲くことは、あるでしょうか?

反対に、50メートル以上もの、深い土中の場所まで伸びている根っこの先に、花が咲くことは、あるでしょうか?

あまり、聞いたことはありませんね。



ほとんどの花は、人間の視界の届く範囲で、開花するのです。


たとえば、タンポポなどの背の低い花は、上に向かって、咲こうとします。




桜などの背の高い花は、重力の関係もあって、ある程度の高さになると、枝がしなって、下に向かって、咲いてくる花も多いですね。

150404_170137.jpg



世界中で、花の咲く高さを、平均化すると、もしかしたら、人間の目の高さに、なるんじゃないかという話も、どこかで聞いたことがあります。



結論です。

花は、人間に見せるために、咲くのです。

桜の花も、全ての花は、綺麗だと思って、感じてくれる人間を、楽しませたり、和ませたり、癒したりするのが、咲く目的なのです。




よく言われるのが、

「人間が、食物連鎖の頂点にいるとか、万物の霊長だというのは、人間の奢りであって、人間は、地球上のあらゆる存在の一つにすぎない」

という意見です。

たしかに、これも、真理だと思いますし、もっともな意見だと思います。

それと、同時に、

「人間は、やはり、特別な存在であって、地球上のあらゆる存在の主役である」

という意見も、正しいと思います。




太古の昔に、地球を創造した創造主が、存在していて、その「神」と呼ばれていたであろう存在は、人間の目に見せるために、植物から、「花」を、咲かせたのだと思います。


こうやって、考えると、地球上のあらゆる生命を、誕生させた創造主は、人間という存在を、かなり特別な存在として、そして、とても大きな愛をもって、誕生させ、現在も、見守っているということが、わかるんじゃないですか?




創造主は、地球上だけでなく、宇宙全体も、創造し、設計して、さらに、管理しています。


日の出や日の入りの時刻が、遅れることは、まずありません。

これも、よくよく考えたら、不思議なことです。

毎日、キッチリ、1秒も違わずに、その時刻に、太陽は昇ったり沈んだりします。

山手線の電車でも、1分くらい遅延したりします。

飛行機でも、1時間遅れることも、珍しくありません。

しかし、地球や太陽、月などの天体は、遅れることなく、キッチリ動いています。

これは、どう考えても、自然の動きではありません。

自然の動きというのは、空を流れている雲のように、正確な動きが、把握できない動きを言うのです。


惑星や恒星という天体は、宇宙のどこかに、超巨大な管制塔のような場所があり、管制官のようなソ存在たちが、天体の運行の全てを、管理しているのだと考えたほうが、自然なのです。




そして、私は、これらのことを、わかる人だけに、定期的に、そっと教えるイベントが、各種の「天体ショー」なんだと思っています。

「天体ショー」の中でも、「月食」や「日食」は、わかりやすいですね。



前述の桜の話と同様に、素朴な疑問です。



こちらも、あたりまえすぎて、考える人は、少ないようですが、

それは、

「どうして、月食や日食は、起こるのか?」

ということです。

こちらも、この素朴な疑問に、即答できる人は、少ないと思います。

「天体ショーの目的は、何なのか?」

ということです。


月食や日食を見て、

「凄~い!」

と思う人は、多いと思いますが、

「どうして、この現象が起こるのか?」

ということまで、つっこんで考える人は、少ないようです。


いろいろな科学番組や科学雑誌で、特集が組まれ、説明がされていますが、根本的な説明が、欠けています。


当たり前のことですが、月と太陽と地球では、大きさが、違いすぎます。

しかも、距離も、相当離れています。

それなのに、月食や日食の瞬間だけ、「二つの輪」の見た目の大きさが、ほぼ同じになります。

この「ほぼ同じ」というのが、凄いことなのです。

もっと正確に言いましょう。

「人間の見た目には、ほぼ同じに見える」

ということです。


ここまで言ったら、敏感な方は、わかりましたね。

もう結論を、言ってしまいます。

「月食や日食などの天体ショーは、地球に住んでいる人間に、見せるために行うショーである」

ということです。

人間の目に合わせて、三つの天体を重ねるために、月と太陽、そして、地球の距離を、絶妙のバランスで、管理しながら、見せているのです。




有名な「ダイヤモンドリング」など、美しすぎますよね。




この美しさは、人間以外の動物には、わからないと思います。

宇宙の創造主が、地球の人間だけに見せているのです。


私は、これは、創造主が、私たち人間のことを、深く愛しているという証拠だと思っています。




4月4日(土)は、夜桜を見ながら、皆既月食のエネルギーを、全身に浴びながら、こんなことを、考えていました。

この夜は、私にとって、改めて、「創造主の愛」を思いだし、その存在に、感謝できた素敵な時間でした。







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人



いいね!した人

テーマ:
「スーパープロポリス・bee」の話題です。

今までに、厳選した、素晴らしい本物商品を、いくつか紹介してきましたが、このエッセンスも、その一つです。

去年の6月に、出会ったのですが、それから、ずーっと愛飲しています。

とても体調がいいです。



ここで、お知らせです。

それまで、1瓶、4万8千円だったのですが、ブラジルのメーカーと、交渉した結果、価格を安くすることに、成功しました。

4月1日から、1瓶、3万9千円と、よりお求めやすくなりました。

内容成分は、変わっていません。

この機会に、ぜひ、一度試してみてください。




私自身が、健康オタクなので、たくさんの人が、いろいろな商品を、紹介してくれるのですが、ブログやメルマガなどで、紹介する場合は、よっぽどいい商品じゃない限り、紹介しないことにしています。


下記の条件をクリアしないと、紹介しません。


○信頼できる人からの紹介であること。

○自分が、2か月~3か月くらい、実際に試してみて、劇的な効果を感じたもの。

○たくさんの友人や知人にも、試してもらって、7割以上の人が、絶賛したもの。

○ある程度、科学的な根拠があり、納得できるもの。

○価格も、安すぎてもダメだし、高すぎてもダメで、適正価格であること。

○絶対的に安全であること。


このエッセンスは、これらの条件を、クリアしたものです。



私の個人的な実感では、健康にもいいけど、意識の浄化作用に、素晴らしい効果があるような気がします。

具体駅には、夢に、変化が現れます。

摩訶不思議で、面白い明晰夢を見たり、プチパラレルワールドのような体験をしたりします。

今年の初夢も、カビバラさんに、羽があるような不思議な動物が出てくる、面白い世界に行きました。(笑)

他にも、面白いシンクロが起こったり、叶えたかった夢が叶ったりと、素敵な出来事を、体験したりするみたいです



身体の変化としては、最初に飲むと、ほとんどの方が、飲んだ翌朝、顔や身体から、脂のようなベットリした成分が、分泌されているを、感じるみたいです。

おそらく、身体中に溜まっていた毒素が、急激に排出されたのだろうと思います。

それから、肌が、パーンと張って綺麗になります。

風邪なども、ひきにくくなったりするようです。




余談ですが、最近読んだ本に、面白いことが、書いてありました。

蜂の巣というのは、昔から、その形状から、不思議なパワーを、放出していることが、わかっていますが、数年前に、アメリカ人の科学者が、この蜂の巣を、数個、特殊な形に組み合わせると、反重力のような力が、生じることを発見してたそうです。

それから、この力を利用して、空中に浮いて走る、スクーターのような乗り物を、開発したそうです。

まだ、試作品の段階で、販売されていないようですが、やはり、蜂というのは、不思議な生命体みたいです。

以前にも書いたように、宇宙からやっていた生物なのかもしれませんね。





☆友人の品川さんが、このエッセンスを、販売しているので、購入をご希望の方は、メールしてください。

価格は、1瓶、3万9千円です。




○品川さん

vegeshare@outlook.jp





☆以前に書いた記事も、もう一度、読んでみてくださいね。



○「ラージ・エックス」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11901862620.html


○「近未来の世界」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11905360513.html


○「スピリチュアルミーティング」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11920751842.html


○「スーパープロポリス・beeの感想」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11929882524.html


○「スーパープロポリス・beeの故郷」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11950705068.html





PS 「スーパープロポリス・bee」です。

箱は、金の延べ棒みたいに、キラキラ光っています。

マークは、「8(ハチ・蜂)」の意味もありますが、宇宙を表現している、「∞(無限)」のマークでもあります。


140915_085930.jpg





☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm







☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ




以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

精神世界の鉄人

精神世界の鉄人




いいね!した人

テーマ:
大阪セミナーも、超満員の大盛況で、終了しました。

参加された皆さん、ありがとうございました。

懇親会でも、終電ギリギリまで、語り合いましたね。


時間があったら、あれから、もっと、「バシャール」の話を、やりたかったです。(笑)




今日の昼間は、1人で、花見に行きました。

いつもは、友人たちに声をかけて、ワイワイと盛り上がり、おしゃべりを楽しみながら、桜を見るのですが、今日は、なんとなく、1人で静かに、桜の花を見たくなったのです。


とっても綺麗でした。

毎年、この季節になると、1994年の東京の昭和記念公園での夜桜を、思い出します。

あれから、21年の歳月が、流れたのですねー。



当時、東京都の立川市で、会社勤めをしていたのですが、職場の人間関係や借金などで、悩んでいました。

大げさではなく、駅のホームから、ふらふらと、線路に飛び降りそうになったことも、あるくらい、精神的に追い詰められていました。

会社の帰りに、クタクタになり、眠ってしまい、降りる駅で、目覚めたら、その車両の中の乗客が、全員、私を、心配そうに凝視していることに、気がついて、

「どうして、皆が、こちらを見ているんだろう?」

と思ったら、ワイシャツやネクタイが、グチャグチャになるくらいに、濡れていて、眠りながら、大泣きしていたことに気がついたことも、ありました。

自分の魂が、悲鳴をあげていたのです。


バシャールの本に、書かれているような理想的な「ワクワク人生」と、現実社会の「我慢する人生」のバランス感覚が、よくわからなくなって、その狭間で、悩んでいたのです。

「ワクワクしながら、ずーっと幸せで、うまく生き続けることって、本当に可能なんだろうか?」

こういう「バシャール哲学」に対しての疑いや不信感も、湧いてきていました。




その時に、ちょうど、今日のように、1人で、昭和記念公園の夜桜を、見に行ったのです。

肌寒い夜風を感じながら、1人での花見を、楽しんでいる時でした。

散歩していた時に、ふと、小さな気づきがあったのです。


「この先、自分は、どういうふうに、生きていったら、いいのだろう?」

ずっーと、この疑問が解けずに、悩んでいたのですが、この逆のことが、わかったのです。

つまり、

「この先、自分は、どういうふうに、生きていっては、いけないのか?」

これが、わかったのです。


もっと、簡単に言うと、

「自分は、何が、やりたいのか?」

ということは、どんなに考えても、わからなかったのでが、その反対、

「自分は、何が、やりたくないのか?」

ということが、ハッキリわかったのです。

これは、自分にとって、小さくても大きな気づきでした。


「自分は、人生において、何が大好きなのかは、まだ、わからないが、反対はわかった。自分は、こういう生活は、大嫌いだ。こんなに、苦しむために、生まれてきたわけではない。苦しみも、大事なことだけど、人生のメインテーマや最終目標ではない。自分は、もっと幸せになるために、この世界に、生まれてきたんだ」

こういう確信が、持てたのです。

あれだけ、苦しんだから、得られた気づきでした。


「これから先の人生は、なるべく、苦しいことは、やらないようにしよう。もっと、自分を大切にしよう。幸せになることに、貪欲になろう」

こう思ったのです。


それから、自分自身に、

「こんなに、苦しめて、ゴメンね。これからは、もっと、大切にするからね。嫌なことは、これからは、断るからね」

こう言って、自分自身を慰めました。



「ワクワクすること」は、なかなか、わからなかったのに、「ワクワクしないこと」は、簡単にわかったのです。

現在、「自分のワクワクすること」が、わからない人は、思考を逆にして、「自分のワクワクしないこと」を、考えてみると、たくさんのヒントに、気がつくと思います。




その後、会社に、辞表を提出しました。

会社の送別会の後、タクシーの中で、ワンワンと大泣きして、タクシーの運転手に、慰められたのが、懐かしいです。

よっぽど嫌なことを、長期間、我慢していただと、その時に、気がつきました。

多摩川の土手で、タクシーを停めてもらい、その運転手の方と、いろいろと人生について、語りあいました。

私が、自殺するんじゃないかと、心配したらしく、タクシーを降りた後も、マンションの部屋の前まで、見送りにきてくれました。


それから、失業手当をもらいながら、ハローワーク通いしながらの失業生活も、楽しみました。




今年、2015年で、あの時から、21年たちますが、その時に、誓ったように、嫌なことや不愉快なことは、ほとんどやっていません。

「好きなことだけやる人生」

を、貫いています。

自分の中の「好き」を大切にしながら、毎日生きているのです。

それでも、なにもかも、うまくいっています。


やはり、「バシャール」の「ワクワク人生」は、可能だったんだと、21年たった現在、確信しています。

「人生というのは、好きなことだけやっても、大丈夫なんだ!」

今は、自信をもって、こう断言できます。






☆バシャールの本を読んでから、私が体験した、様々な不思議体験談です。

まだ、読んでいない方、ぜひ、下記のエッセイ、読んでみてくださいね。


http://www.tomaatlas.com/bashar.htm





PS 桜の花を見ていると、魂の奥底まで、癒されますね。


150331_143028.jpg


150331_143256.jpg


150331_143152.jpg






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
先日の東京セミナーの後の懇親会で、話題になったことを、こちらでも、書いておきます。




懇親会で、ある方から、

「精神世界を勉強している人で、キチンと社会生活を、送っている人もいれば、おかしくなってしまい、まともな社会生活が、送れなくなってしまう人もいますね。この両者は、どう違うのですか?」

という質問がありました。



私自身が、精神世界の勉強を始めてから、25年くらいになりますが、たくさんの人を、見てきました。

精神世界の勉強をしてから、人生が、劇的に素晴らしくなる人もいれば、反対に、かえって悪くなり、最後には、精神病を、患ってしまう人もいました。

つまり、

「精神世界の勉強をしながら、正気を保つ人、それから、狂気に陥ってしまう人。両者の違いは、何なのか?」

ということですね。


言葉で、簡単にまとまる話ではありませんが、気がついたことを、いくつか、あげてみます。




大学の頃、臨床心理士になりたくて、いろいろなカウンセリングを学んでいた頃、精神医学や心理学の本を、たくさん読みました。


その中で、「精神病」という病気の定義について、ある本に、こう書かれていました。

「精神病の要素は、誰でも、多かれ少なかれ、もっているものです。細かいことに、注目すれば、どんな人も、精神病になってしまいます。目安としては、社会生活を、営めなくなるほどの病状になったら、精神病ということです」

簡単に言うと、

「精神病だから、仕事ができなくなるのではなくて、仕事ができないくらいに、精神がおかしくなったら、精神病」

ということです。

逆に言うと、

「会社などで、仕事ができている状態の人は、ちょっとくらい変わった言動や行動をしても、それは、まだ、精神病という病気ではない」

ということです。

これは、自分なりに、腑に落ちました。

医学的な解釈ではなく、社会的な視点から、判断するということですね。



もしも、自分で自分のことを、

「自分は、おかしいのではないか?」

と思っても、会社などで、仕事ができていたり、学校で、勉強できているうちは、あまり深刻に考えなくてもいいということです。

しかし、もしも、仕事ができなくなって、会社から注意されたり、学業成績が、極端に落ちた場合は、精神科医などに、診てもらった方がいいということです。




実際には、病院に行くまでもなく、精神状態が微妙な人が、多いと思いますが、その中でも、注意が必要なのは、

「その人の意見や主張が、ユニークである場合、結論ではなく、過程を重視すること」

ということです。


具体的には、

「UFOを見た、宇宙人に会った!」

「幽霊を見た、霊界に行ってきた!」

「テレパシーが使える、人の心が読める!」

という超常現象を体験したという人がいた場合、

その結論だけを聞いて、

「この人は、頭がおかしい人だ!」

と安易に結論付けては、いけないということです。



あたりまえのことですが、書いておきます。

超常現象を体験した人の中にも、頭のおかしい人もいれば、まっとうな人もいます。

超常現象を体験したことのない人の中にも、頭のおかしい人もいれば、まっとうな人もいます。

だから、

「不思議な体験をした人=頭のおかしな人」

ではないということです。

同時に、

「不思議な体験をしない人=まっとうな人」

でもありません。


超常現象を体験した人の意見や主張を聞く場合、

「どうして、そう思うのか?」

という結論に至るまでの過程を、ちゃんと聞き、その論理に、キチンと筋道が通っていれば、その人は、まともなのです。

もっと言っておくと、筋道が通っていなくても、ただ単に、表現力に乏しかったり、説明が下手なせいで、おかしいと誤解されている、まっとうな人も、たくさんいるということも、忘れないでください。


まあ、このあたりは、たくさんの人から、不思議な体験談を聞いているうちに、だんだんわかってきます。




いわゆる、「いっちゃている人」と言われ、「おかしな人」だという烙印を、周囲から押される人には、いくとかの特徴があります。


まず、会話のキャッチボールが、下手だということです。

こちらが、グローブを構えてもいないのに、いきなり、ボールを投げてきたり、投げても、無視して捕らなかったり、ボールを必ず落としたり、さらに、まったく別方向に、投げたりという、めちゃくちゃなキャッチボールになります。

バランスのいいコミュニケーションが、とれないというのが、最大の特徴です。

対面での会話だけでなく、メールでのやりとり、ブログやSNSなどでの文字によるコメントのやりとりでも、トンチンカンなコメントを書いてきたり、全体の空気を読まずに、自分だけの意見を、主張したりします。

数回コミュニケーションをすれば、その人が、どういう人なのか、だいたいわかります。




正気の部分が少なくなってきて、狂気の部分が多くなってくると、視野が狭くなってくるという特徴がでてきます。


自分の視点だけで、世の中を見るようになってくるのです。

客観的な視点が、なくなってくるのです。

社会的な常識や道徳、マナー、気配りなどが、欠けてくるということです。


さらに、周囲の意見や忠告、アドバイスなどに、耳を傾けなくなり、最終的には、

「自分だけが、まともで正気であり、世の中のほうが、おかしくて狂ってる」

と考えるようにもなってきます。

これは、思うだけなら、特に問題はありません。

実際、そう思いたくなる出来事も、世の中には、けっこうあります。

しかし、それを行動に移し、犯罪をしてしまったら、問題です。

こういう問題を起こしやすい人たちが、集まって組織をつくったものが、「カルト宗教」です。




「正気と狂気」ということについては、過去に、わかりやすい事例がありました。



30年以上前だと思いますが、日本中を震撼させた、ある猟奇事件がありました。

その時に、ある雑誌のコラムに、書いてあったことです。

だいたいこういう内容でした。


その犯人は、逮捕された後、心神喪失だという判断をされ、無罪になってしまったのですが、精神病院からも退院して、普通の社会生活を送るようになったのです。

それだでけでも驚きで、今でも謎ですが、その犯人は、そのあと、いろいろなメディアからの取材を受け、インタビューにも、答えていたのです。

当時、自分の犯罪の描写を、得意になって語る姿に、違和感や嫌悪感を感じた人も、多かったと思います。

それからしばらくすると、なんと、ある大学が、学園祭で、その犯人を、講師として招待し、トークショーみたいなイベントを、開催したのです!


そのコラムは、こう結論付けていました。

「その犯人は、間違いなく、現在も、心神喪失状態である。なぜなら、メディアの取材で、インタビューに答えるということ自体が、狂気の行動だからである。被害者の遺族たちが、そのインタビューを聞いて、どう感じるかということが、想像できないということが、客観的で社会的な視点が、欠如している証拠であり、病気なのです」

続けて、

「さらに、付け加えると、大学の学園祭で、その犯人を招待した学生たちも、狂気に陥っているのです。もっと言えば、そのトークショーを聞きにいった人たちも、全員、狂人なのです。被害者の遺族たちの気持ちが、考えられないという集団的な狂気なのです。狂人が集まると、その集団の中では、お互いが、まともに見えるのです」

これを読んで、

「なるほど…」

と思いました。


「狂っている人」というのは、この犯人や学園祭のトークショーに参加した人たちのことを、言うのです。




「狂っている」というのは、こういうことなのです。

「狂気」というのは、自分の中の「狂気」が、わからなくなっている意識状態なのです。


「まっとう」というのは、こういうことが、わかっていることなのです。

「正気」というのは、自分の中の「狂気」が、わかっている意識状態なのです。



酒を飲んで、酔っぱらっている人にかぎって、

「もう、それ以上、酔わないでください」

と注意すると、

「酔っぱらってないよー!」

と叫びます。

怒っている人にかぎって、

「そんなに怒らないでください」

と注意すると、

「怒ってないよー!」

と怒鳴ります。


客観的な視点が、なくなっているのです。


だから、

狂気の人にかぎって、

「自分は、おかしくない」

と思っているのです。


正気の人は、

「自分は、おかしいかもしれない」

と思っているのです。


自分の中の狂気の部分を、認められることができれば、まだ、「正気」なのです。

もしも、今、自分の中の狂気の部分が、認めれらなけば、それは、黄色信号です。

もしかしたら、「狂気」の部分が、多くなっているかもしれません。




自分で自分の正気度や狂気度を、チェックする場合、わかりやすいのは、自分が、現在、付き合っている友人や知人が、見てみれば、わかります。

自分が、おかしくなってきた場合、周囲にも、おかしな人が、集まってきやすくなります。

「類は友を呼ぶ」

「朱に交われば赤くなる」

と言うように、似た者同士は、グループをつくりやすいのです。

もしも、狂気を感じる人が、自分の周囲に、多くなっていたら、黄色信号です。

なるべく、そのグループからは、その集団に、気づかれないように、そして、波風を立てないように、すーっと静かに、立ち去ったほうが、いいと思います。








☆以前に書いた、「悪魔編」も、まだ、読んでいない方、ぜひ、読んでみてくださいね。

http://www.tomaatlas.com/akuma.htm





PS 「狂気」は、かならずしも悪いものでは、ありません。

このエネルギーを、いい方向に使えば、「天才」と言われたりします。

狂気の天才画家ゴッホは、自分の狂気の部分を、絵に変換し芸術として、世に残しました。

これは、彼の代表作、「ひまわり」です。










☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
先日の東京セミナーも、大盛況で、終了しました。

参加された皆さん、お疲れさまでした。

いろいろな話題で、盛り上がりましたね。



さて、大変長らくお待たせしましたー!

名古屋でも、「魂の設計図」のセミナーを、開催することが、決まりました。

中部地方の皆さん、ぜひ、参加してください。




いろいろなセミナーを、開催してきましたが、去年までやっていた、「ワクワクセミナー」を、改良した内容です。

タイトルも、「魂の設計図」という名前に、変更しました。

「生き方」に、よりフォーカスした内容になります。

キネシオロジーも、もちろん使いますが、私が、今までに学んできた精神世界の知識や技法などを、織り交ぜた、ユニークなセミナーになると思います。


いろいろな生き方の講座がありますが、

「魂(本当の自分)の今生での設計図は、どうなっているのか?」

これを、知っているのと、知らないのでは、やはり、生き方が違ってきます。

この機会に、ぜひ、自分の人生の大まかなブループリント(青写真)を、確認してみてください。



他にも、ブログやメルマガなどのインターネット上では、書けなかったことなども、このセミナーでは、話せます。

いろいろな話を、深く語りあえるのを、楽しみにしています。




<名古屋セミナー ~魂の設計図~>


〇日時:2015年4月26日(日)12時45分(受付開始) 13時00分~16時00分


〇場所:パティオ伏見 A会議室

名古屋市中区栄2-2-23 アーク白川公園ビルディング 4階

地下鉄伏見駅5番出口より徒歩3分

http://www.patio-fushimi.com/information/access.html


〇内容:仕事こと、恋愛や結婚などの人間関係で、悩んでいる方、そして、本当に幸せな人生を生きたいと、思っている方に、オススメのセミナーです。


最初に、簡単なキネシオロジーを覚えていただき、その後、それを使って、自分の心の奥底を、見つめるワークをやります。

特に、人生において、大きな岐路(ターニングポイント)を迎えたと感じている方に、ぜひ受けていただきたいです。

「トーマ流の生き方講座」みたいな内容になると思います。


「運命は、決まっているのか?」

「自分が、現在やってる仕事は、本当に魂が、望んでることなのか?」

「ライフワークは、いつ頃、見つかるのか?」

「自分が、付き合っているパートナーは、本当のソウルメイト(運命の人)なのか?」

「本当のソウルメイトには、いつになったら、出会えるのか?」


こういうことを、キネシオロジーで、遊びながら、確認してみてください。



以前に書いた、セミナーの内容です。

http://www.tomaatlas.com/wakuwaku.htm


○定員:10名 深い話がしたいので、少人数とさせていただきます。

定員に達し次第、申し込み締め切らせていただきます。


○受講料:2万円 

お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。


○その他:脚を上げるワークも、やるかもしれないので、女性の方は、ズボンスタイルで、お願いします。

ペットボトルの「お水」も、1本持ってきてください。(お茶やジュースは、不可です)

セミナー終了後、懇親会も予定しています。

こちらも、時間や場所などは、別途ご連絡いたします。




☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp







☆キネシロジー、楽しいですよ!

$精神世界の鉄人のブログ

精神世界の鉄人のブログ border=




☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇