精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。

NEW !
テーマ:
久しぶりに、ブランディングセミナーを、開催します!

去年から、何回か開していますが、このセミナーも、大好評ですね。




いろいろな方から、

「目からウロコでした!」

「世の中のカラクリが、よくわかりました!」

「お金って、そういう存在だったんですねー」

「どうして、働いても働いても、豊かになれないのか、その理由が、ようやくわかりました!」

「ヒーリングの仕事で、なかなか利益がでない理由が、よくわかりました!」

こういう感想が、たくさん届いています。




「ワクワクすることをしているのに、なぜか、いつまでたっても、豊かになれない」

こういう方に、特に、受講していただきたいです。


この場合、「ワクワク」の何かの部分が、間違っていたり、もしくは、「ワクワク」は、正しく、宇宙からのサポートも、受けやすい状態になっているのですが、地球の社会や経済の流れと、うまく噛み合っていないために、なかなか豊かさの流れに、乗れないということもあります。

「宇宙の法則」も、大切ですが、同じくらい、「地球の法則」も、大切なのです。

この二つは、両輪のごとしです。

「バシャール」などの本には、前者は、わかりやすく説かれていますが、後者には、あまり言及していないようです。

この部分は、人間が、自力で、考えなくてはいけない部分なのかもしれません。




セミナーを受講した後、すでに、個人事業主として、ビジネスで成功している人も、続出しているようです。

受講生から、成功している話を聞くのが、セミナー講師の最高の喜びです。



このセミナーは、私が、これまでに学んできた、ビジネスとスピリチュアルが、見事に融合した内容になっています。

自分自身を、「ブランド」にするセミナーは、他の会社もやっていますが、私のは、一味も二味も、違います。


ブログやメルマガなどでは、書けないような話も、このセミナーでは、バンバンできるので、ぜひ、聴きにきてくださいね。

自分の魅力発見から、豊かさへの流れを、子供でもわかるようなシンプルな表現で、語ります。




<ブランディングセミナー in 東京>



〇日時:2015年9月13日(日)13時55分(受付開始) 14時15分~17時15分


〇場所:東京都大田区西蒲田の私のオフィスで、開催します。

詳しい住所などは、別途、メールにて連絡させていただきます。


○内容:自分の魅力発見から、豊かさの流れをつくる仕組み作りです。

私が、起業して学んだ全てを、初公開します。

しかも、小学生でも、わかるような簡単な表現で、ビジネスの真髄を語ります。

このセミナーは、特に、ヒーリング関係のお仕事をされている方や、これから、そういう仕事をやろうと考えている方に、受けていただきたいです。

心だけでなく、経済的にも豊かでないと、いいヒーリングは、できないと思います。

ぜひ、心も経済も、両方豊かになってください。



以前に書いたブログです。

セミナーでは、この内容を、さらに幅広く掘り下げます。



○「セルフブランディング」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11536760628.html

○「ナンバーワン」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11537850252.html

○「ダブルスキル」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11538263527.html

○「店」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11539990640.html

○「下手な鉄砲」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11540948243.html

○「ダイヤモンド」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11541702398.html


○定員:10名 深い話がしたいので、少人数とさせていただきます。

定員に達し次第、申し込み締め切らせていただきます。


○受講料:2万円 

お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。




☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp






☆ブランディングセミナー、参加された方たちからのメールが、たくさん届いています。

一部を、紹介させていただきます。

プライバシー保護のため、少し文章を、編集させていただきました。

下記です。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※



○Kさん(女性)


金曜日はセミナーに参加させていただきありがとうございました(*^^*)
セミナーというもの自体初めて参加したのですが、とても楽しく勉強になりました。

私は起業というほどの気合いもなく自分で仕事をしてきましたが、ある一定以上には収入がなかなか増えず、価格設定や立地、広告費、競合などで悩んでいました。

そんな時にトーマさんのセミナーでちょうど悩みの解決につながるヒントをいただき、今回参加でき本当によかったなと思います(*^^*)

私にとって3つの柱はどれかなと色々考えていますが、5合目でもいいというお話に私でも何かできるかも⁈と前向きなパワーをいただきました。
まずは何か一つ決めてやってみたいと思います。

土曜日もできれば参加したかったのですが、先約があり行けずとても残念でした。
セミナーでご一緒させていただいたみなさんもそれぞれ素敵なかたばかりで、もっとトーマさんやみなさんとお話したかったです。

またセミナーか何かでお会いして色々お話できる機会を今から楽しみにしています。
ありがとうございました(*^^*)



○Yさん(男性)


トーマさん

先日は素敵なセミナーありがとうございました。
私は、今回このセミナーを妻から知りました。

私は、ビジネスが好きでいろんなセミナーや本を読んだりしていましたが、精神世界とリンクしたセミナーは始めてでした。

精神世界については、妻から時々教えてもらう程度であまり知りませんでした。
ですので、いつものビジネスセミナーより不安と緊張をしていましたが、トーマさんの人柄や分かりやすいセミナー内容で、とても満足しました。

ありがとうございます。

ビジネスは、対人商売が基本なので精神世界がとても重要な事も分かりました。
これから妻から聞くだけでなく自主的に学んでいこうと思います。

その他、ビジネスの現実的で具体的なお話も参考になり、自分だったらどうすればいいのかと考える日々です。

あぁーこうすればいいかな、いや、こうかなと、ワクワクしながら考えています。

どんどん行動に移して成長していきたいと思います。

本当にありがとうございました。



○Iさん(男性)


トーマさんへ

大阪ブランディングセミナー受講しました、ありがとうございます!

精神的な心構えだけで、あとは、自分の心に聞くしかないという、身もフタもない話ではなく、最終的には自分に心に聞くしかないとしても、この3次元での仕事について、考える基準、整理整頓された理論を教えてくれました。

大変感謝しています。

その基準、理論をふまえた上で、世の中を見渡してみると、たしかに、そうだなと思えます。

陰謀論など興味なく、UFOも別にどちらでもいい、実際、現実をどう生きていくのか、食べていくのかを知りたい私としては、今までとは違う角度からの視点を得られたことは、今後とても役に立つことでしょう。

あまり上手く書けないけれど、 消化して活かしていきたいです。

トーマさんありがとう。



○Kさん(女性)


このたびは、お世話になり、まことにありがとうございました。

私は、今まで色々なセミナーを受けてきましたが、これほど理解しやすくて勉強になり、皆さんと共有できる時間が楽しいと感じたセミナーは、初めてで、さすがトーマさんだと思いました。

トーマさんは、ご自身が体験し学ばれたことを、ブログだけでもすごいと思うのに、こうして私達に惜しみなくわかりやすく教えてくださることが素晴らしいと思うのです。

また、機会がありましたら、お会いできる日を心から楽しみにしています。
(*^▽^)/★*☆♪

(追伸)  

セミナーや懇親会でのお話の素晴らしさはもちろんのことですが、私は、トーマさんに久しぶりにお会いして、こんな私達のことを忘れずに覚えていてくださって、以前と変わらず同じように受け入れて接してくださったことが、とても嬉しかったのです。

ますますトーマさんのファンになりました。(*^_^*)
今後ともどうぞよろしくお願いいたしますm(._.)m



○Hさん(女性)


トーマ様

昨日ブランディングセミナーを参加しましたHです。

貴重なお話ありがとうございました!

自分の個性とは何か、改めて見つめ直す良い機会となりました。

何時の間にか洗脳されていた事や思い込んでいた事は、実はたくさんあって、流されて生活してたな、と気づかされました。

これからは、自分で考える機会をもっと増やしたいなと思います。

その後のお食事会も、スピリチュアルな話しや、色んな職業の方がいて面白かったです。
なんだか、みなさんはじめてお会いする方々でしたが、自然とリラックスして話せました(^-^)/

また他のセミナーも参加してみたいと思います。
ありがとうございました



○Sさん(男性)


拝啓

トーマ様

大阪ツアーの二日間のお付き合い、ありがとうございました。

この二日間は、ここ数年、というか、人生で一定のサイクルでやってくる何度目かの、最大のエポックメーキングなイベントでした。

今ピンポイントで私が欲しかったもの、私に必要なものをいただきました。

自分というOSにダウンロードした「トーマ・イタル」あるいは 「ブランディング・セミナー」という超圧縮ファイルの凄さは、ダウンロード中も十分に衝撃でしたが、これからさらに徐々に解凍されて、さらにその価値を実感していく予感がしています。

集まった方々との懇親も素晴らしいものでした。
有意義な出会いがありました。

今は、有意義でない出会いの方が、ない時になっていますね。
特に2014年になってから。

ペンダント「アセンション」のお試し体験も、私には凄かった!(これは個人個人でその時々で差があることが、私には理解できます。

即効性の感覚がない人でも、知らず何かが変わっている筈だと思います。

その人の現在のチャクラの活性度と関係がありそうです。

逆にいうとチャクラのバロメーターにもなり、活性が始まっている場合、それをスピード アップまたは指数的にパワーアップするという感覚を感じました。

だから、むしろ、ヤバい、と感じたくらいです笑)

しかしこれは必ずいずれ購入したいと思います。

ほんの数分首にかけてから、まだその効果の余韻が続いているような感じです。

「ブランディング・セミナー」初日は、その後の二次会、三次会、そして解散後に、参加者同士で知り合った地元大阪の新しく知り合った方と、二人で4次会に突入。

そのキッチン・バーでも、面白いことがありました。

二人で熱く語り合って帰り際、若いシェフの方が、向こうからこちらに歩み寄ってきて、スピリチュアルなことを話し始めたのです。

トーマさんがこの日大阪のど真ん中にポトンろ落とした石が、我々を通じて、深夜から明け方の大阪にスピリチュアルな波紋を広げているかのようでした。

二日目の今日も、帰り、ある不思議なシンクロニシティがありました。

これは、また今度お会いした時にでも、お話します。

ワクワクで、驚きの二日間。
ありがとうございました。



※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※




PS 2002年の9月に、アメリカから日本に、帰国した時の写真です。

北海道の千歳空港です。

真ん中の黒い服が、私です。

この時から、本格的に起業しました。

1ヶ月半かけて、日本縦断旅行をやったのも、この頃ですね。

楽しかったな~

たくさんの人に、起業の喜びや楽しさを、伝えたいです。


IMG_20150306_174251943.jpg






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
8月になりましたね。

連日、暑い毎日が、続いています。

熱中症に、気をつけてくださいね。


現在は、ほとんど自宅で、仕事していますが、サラリーマンだった頃、毎日、満員電車で、通勤していました。

たまに、暑い時に、冷房が故障している車両に乗って、隣のオジサンの汗だらけの腕が、自分の腕に触れたりして、最悪の時間を過ごしたことも、ありました。

あれは、お互いに嫌ですね。




大学を卒業して、サラリーマンになった頃、周りの人たちから、

「君は、営業に向いているねー!」

と、よく言われました。


自分では、まったく、そう思っていなかったので、皆から、そう言われるのが、不思議でした。

「お世辞で、言っているんだろうな?」

と、最初は思っていたのですが、あまりにも、たくさんの人が、そう言うので、

「そうなのかな…?」

と、思い始めていました。

しかし、その会社での私は、そう言われながらも、営業の成績は、とても悪く、たいした営業マンではなく、そのまま退職しました。




それが、起業して、自分一人の力で、生活していこうと、決意してからは、この才能が、開花したのです。

起業して、たくさんの事業を、やってみました。

失敗したビジネスのほうが、多いのですが、いくつかは、成功しました。


成功したビジネスの理由は、やはり、私個人の営業力だったと思います。

いくつかのビジネスでは、その業界の常識を、くつがえすような驚異的な営業成績をあげて、周囲を、驚かせたことも、何回もあります。

その道のプロのビジネスマンたちでも、できないような営業成績を、ほとんど素人の私が、あっというまに、あげたので、

「どうやったら、そんな凄いことができるの? あなたのその売り上げ、半端じゃないですよ。この業界では、日本記録かもしれませんよ」

と、その秘密を探ろうと、たくさんのビジネスマンが、アドバイスを求めに来たりしました。

しかし、私自身が、どうして、そんなに売れるのか、わからなかったので、返答に困ったことがありました。



あとから、いろいろ考えてわかったのは、私は、会社の看板で、営業するようなやり方は、合わないということでした。

自分の実力だけで、営業するのが、得意だったのです。

普通は、逆だと思います。

自分の実力だけで、営業するよりも、会社の看板で、営業するほうが、楽だという人のほうが多いと思います。


しかし、人間というのは、面白いもので、チームプレイよりも、個人プレイのほうが、向いている人もいるのです。

特に、私など、学生の頃から、バスケットボール、野球、サッカーなどの団体競技が、大の苦手で、陸上競技や筋トレなどが、好きだったような人間は、1人で、コツコツやるのに、向いているのです。

「協調性がない」

というのが、私の学生時代からの個性だったのですが、これは、いい方に解釈すれば、

「孤独に強い」

ということです。

なんでも、自分一人で、できるのです。



大きな会社で、サラリーマンをやっていた頃は、営業は、「チームプレイ」でした。

いろいろな人たちと協力して、仕事しなくてはいけません。

このスタイルの「営業」という仕事のイメージは、「協調性」だと思います。

大きな会社で、いい成績を上げている営業マンは、たくさんの人と、良好な人間関係を築きながら、仕事ができる人たちなんだと思います。

嫌いな人とも、

「これは、仕事だから」

と、割り切ることが、できる人だと思います。


しかし、私には、これが、できなかったのです。

どんなに割り切ろうと持っても、嫌いな人は、嫌いなのです。

人の好き嫌いが、激しい私には、嫌いな人と組むということが、できなかったのです。


また、会社の売り上げを上げるために、納得のいかない商品を、つくり笑いを浮かべながら、自分の正直な気持ちを、押し殺して販売するという器用な真似も、できませんでした。


それが、独立起業してからは、何よりも、自分が本当に惚れ込んで、

「これは、最高だ!」

と、納得したものだけが、販売できるので、水を得た魚のように、楽しく仕事ができたのです。

しかも、嫌いな人と、無理して付き合うこともなく、決まった時間の枠内に、拘束されることもなく、好きな時に、好きなように営業活動ができるという環境は、天国のように感じました。



「才能」というのは、どんなにあっても、それが、発揮しにくい状況だったら、なかなか開花できないということもあるようです。

やはり、「環境」というのも、とても大切なのです。



チームプレイの営業でも、個人的にやる営業でも、二つに共通してることは、たくさんあります。

「営業の基本」は、どちらも、あまり変わらないだろうと思います。

現在は、インターネットが、登場したので、直接会わないでやる、ネットビジネスの機会も、多くなってきたと思いますが、それでも、営業の基本中の基本は、やはり、「対面」です。

お互いに、顔を合わせて会話しながら、交渉したり、契約するのが、営業活動の中心になると思います。

その中で、特に大切だと思うことを、二つだけ書いておきます。




まず、一つ目。


これは、何かの本に書いてあったのですが、どこかの業界で、日本一の成績を誇る営業マンの極意だそうです。

この営業マンは、営業について、一番大切なことを聞かれた時に、

「それは、目の前のお客さんが、何よりも大切だということです」

と、即答したそうです。

具体的には、

「会社の大きさや肩書などに、関係なく、自分の目の前に、座っている人が、世界一大切な人だ」

と、心底思うことなのだそうです。



お客さんと、話をしている時に、仮に、会社の上司や家族、もしくは、とても偉い人から、緊急の電話などがあっても、絶対に、その電話には出ないし、人が来ても、待たせておくのだそうです。

たくさんの人が、人と話をしている最中にも、スマホや携帯が鳴ったら、それを手に取り、別の人と話始めたりしますが、その営業マンに言わせれば、そういう行為は、論外なのだそうです。

それは、営業マンとして、最悪の行為なのです。

目の前の人に対して、

「あなたよりも、大切な人がいるので、ちょっと、待っていてくださいね」

と、遠回しに、言っているからです。

これは、営業だけでなく、恋愛などでも、同じだと思います。



さらに、その営業マンは、営業している最中、つまり、目の前のお客さんと、話をしている時には、そのお客さんのこと以外は、なるべく考えないようにしているそうです。

これは、口で言うのは、簡単ですが、実際にやるのは、至難の業です。


ほとんどの人は、目の前の人と、カフェなどで、会話しながら、他の人のことも、同時に考えているのではないですか?

「そういえば、あの人、どうしてるかな?」

「今度は、あの人も、誘うかな?」

なんて、目の前の人以外の人も、頭の中に、登場しますよね。

この営業マンは、目の前の人以外のことは、極力考えないようにしているそうです。

もし、考えたとしても、必要最小限のことにしているとのことです。


恋愛でも、これは、使えますね。

自分以外の人のことも、考えながら、会話している相手と、自分のことだけを、考えてくれている相手だと、どちらが、好感をもてるかということですね。




二つ目です。


これは、私が、個人的に、心がけていることです。


私は、「営業」というのは、「車の運転」のようなものだと、考えています。


たとえば、挨拶の仕方、敬語の使い方、名刺の渡し方、商品の説明、契約の仕方など、こういう「ビジネスマナー」のようなものは、運転でいえば、「ハンドル操作」になると思います。


「売る」という行為が、「アクセル」に相当すると思います。

営業活動においては、これが、何よりも、大切だと思います。

これなしには、何も始まらないのです。

情熱的なセールスというのは、アクセルを、思いっきり踏み込んで、凄いスピードで、走行するようなものです。


しかし、これが、高速道路だったら、アクセルを踏み込むことだけに、集中すればいいと思いますが、一般道路で、民家などが、並んでいる町中では、アクセルだけ踏んでいれば、大変なことになります。

他の車と衝突したり、人を轢いたりして、深刻な事故を起こします。

やはり、信号が赤になったら、停止しなくてはいけないし、横断歩道でも、人が渡る時には、待っていなくてはいけないのです。


そうです。

営業活動において、「売らない」という行為が、「ブレーキ」に相当するのです。




「ハンドルの操作」、「アクセルの踏み込み」、「ブレーキの踏み込み」、この3つの行為が、セットになって、「営業」なんだと思います。

優秀な営業マンは、この3つが、バランス良く行われているのです。


私は、ビジネスが大好きで、いろいろなセミナーを受けたり、本を読んだりしますが、この中の「ブレーキの踏み込み」について、教えている講師や著者が、とても少ないことに、驚きました。

「とにかく売れ! 何が何でも売れ!」

こういう号令をかける社長や営業マンが、まだまだ、とても多いのです。

あとは、小手先の技に頼った、セールスのテクニックです。

そうではなく、「営業」というのは、あくまでも、「人と人との触れ合い」の一部にすぎないと、もう一度、再認識する必要があると思います。

人間関係の延長なのです。


その中で、この「ブレーキ」に相当する、「売らない」という行為は、一番大切だと、私は、考えています。




私が、過去に、いくつかのビジネスにおいて、営業で、スバ抜けた成績を上げた、一番の理由が、これを、最重要視したからだと思います。


当たり前のことですが、

「買いたくない…」

と思っている人に、無理やり売りつけても、恨みをかうだけです。

こんな恨みを増やすようなビジネススタイルが、「売る」だけを、重視した営業なのです。


恋愛でいえば、いきなり初デートで、女性を、無理やり押し倒す強引な男性ですね。


高速道路から下りて、一般道路の街中を走っているのに、信号や横断歩道を無視して、アクセルだけを踏んだ運転をしているようなものです。

これでは、間違いなく、交通事故を起こします。


現在、売り上げが伸び悩んでいる会社は、このあたりが、原因であることが、多いと思います。

「売る」ことばかり、考えていないで、「売らない」ということも、同時に考えないといけないのです。


私は、「売らない」を重視できる営業マンのことを、「売らない師」と呼んでいます。

「占い師」に、ひっかけた個人的な造語ですが、今の時代は、「売らない師」になると、逆に売れることが多いのです。




繰り返しますね。

車の運転のように、「ハンドル」、「アクセル」、「ブレーキ」を、状況に応じて、臨機応変に、的確に使いこなすことが、「営業の極意」なのです。

その中でも、特に、大事なのが、「ブレーキ」だと思います。

20世紀と違って、21世紀の時代、特に、日本は、豊かで物が、溢れているのです。

必要のない物は、誰も、買いたくないのです。



「ブレーキ」の踏み方がうまい人の特徴は、

「相手の気持ちがわかる」

ということだと思います。

「大人」だということです。

私は、「子供」と「大人」の違いは、これだと思っています。

「人の気持ちがわかったら大人」

ということです。


なんでもかんでも、無理やり売る込んでくる営業マンは、未熟であり、「子供」なんだと思います。

本当に成熟した、「大人」の営業マンは、絶対に、押し売りなど、やらないのです。

結果として、お客さんとのトラブルも、少ないと思います。


もしも、現在、営業の仕事をしていて、お客さんとのトラブルが多いと感じている方は、

「自分は、もしかしたら、売ることばかり考えている、アクセルだけの営業をやっているじゃないだろうか? 自分の本質の部分は、まだ、未熟な子供なんじゃないか?」

こう自問自答してみてください。



ちゃんと調べたわけではありませんが、最近、潰れたり、倒産してる会社は、昭和の時代のような「売るだけ」の営業が、多いのかもしれません。


社長や部長などが、このスタイルしか知らないので、部下や新人にも、

「いかに売るか?」

ということばかり、教えてしまうのです。

これは、子供が子供に、教えているようなものです。

「売らないことの大切さ」

これを、教えてくれる上司がいる会社に入社した人は、幸せです。

ちゃんと、大人が子供に教えてくれるからです。




人間というのは、「好きなこと」は、人それぞれです。

100人いたら、100通りの「好き」があるのです。

たとえば、料理などでも、日本料理、フランス料理、イタリア料理、中華料理と、好みがあります。

でも、「嫌いなこと」は、だいたい共通しています。

冷めた料理、腐った料理、虫が入った料理などは、ほとんどの人は、食べたくないと思うのです。


だから、人間関係においては、

「相手が喜ぶことをしよう!」

と、考えるよりも、

「相手が、嫌がることはしない!」

と、考えることのほうが、大事なのです。


営業においても、

「お客さんを、喜ばせよう!」

と、考えるよりも、

「お客さんを、嫌な気持ちにさせない!」

と、考えることが、大事なのです。




結論、「営業の極意」です。


一つ目、


「目の前のお客さんを、世界一大切な人だと認識して、そういう気持ちを心がけること」


二つ目、

「営業は、ハンドル、アクセル、ブレーキの3つが、セットになっていて、その中でも、特に、ブレーキの踏み方が、大切であり、売る必要のない相手には、絶対に売らないことが、長期的な信頼につながる」


私は、この二つが、「営業の極意」だと思っています。







PS 車には、運転席に、必ず、「アクセル」と「ブレーキ」がありますね。

これが、「アクセル」だけの車だったら、どういうことになるか、想像してみてください。

「売る」だけのセールスは、自殺行為ですよ。









☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
7月6日(日)に開催した、「沖縄ピラミッドツアー」が、大好評だったので、また、ツアーを開催することにしました。

今回は、青森県の「十和田湖ツアー」です。

この時期の十和田湖周辺は、最高の光のエネルギーが、充満しているみたいです。

都会から離れて、避暑も兼ねて、湖の近辺を、いろいろ語りながら、一緒にドライブしましょう。



<十和田湖ツアー in 青森>



○日時:2015年9月6日(日)9時05分(集合) 9時25分~17時25分



○集合場所:JR東日本 東北新幹線 八戸駅 新幹線の改札前

青森県八戸市大字尻内町字館田2-2



○スケジュール:あくまでも予定です。


・09時05分 八戸駅の新幹線改札前に集合。

・09時25分 ジャンボタクシーに乗車します。

・10時30分 「大石神ピラミッド」に到着、頂上に登ります。

・11時30分 新郷村の「キリストの墓」に行き、見学します。

・12時30分 「エデンの園」と言われている、「迷ヶ平」周辺を、ドライブします。

・13時30分 十和田湖のレストランで、ランチを食べます。

・14時30分 十和田湖の遊覧船に、乗船します。

・16時00分 奥入瀬渓流を、ドライブします。

・17時25分 八戸駅に戻り、いったん解散します。



ツアーは、八戸駅で、いったん終了しますが、その後、八戸市内で、打ち上げの懇親会も予定しているので、よかったら、こちらも、参加してください。

スケジュールは、当日、部分的に変更することもあります。

まあ、基本的に、「行き当たりバッチリ」で、行こうと思います。(笑)



○内容:だいたい下記のような目的で、旅します。


旅にでると、いろいろなことが、見えてきます。

普段は、意識しない、本当の自分も、よくわかります。

特に、パワースポットと呼ばれている聖地は、聖なる空間だから、それが、顕著にわかります。


現在、地球が、混迷している理由は、多くの人が、現在の状況を、よく知らないからです。

それは、隠されてきた過去からの真実の歴史を、知らないからです。

それが、わからないと、将来のこともわからず、迷走してしまいます。



ツアーの道中では、私が、ガイドとして、日本の古代の歴史、それから、地球の超古代文明から宇宙文明まで、幅広く語ります。

本当の歴史がわかれば、正しい現在の社会がわかります。

それから、自分の将来や生き方、そして、地球の未来や進むべき方向性も、だんだんわかってきます。



エネルギー的には、「大石神ピラミッド」が、「男性性」で、「十和田湖」が、「女性性」の「陰陽」になっていると思います。

「キリストの墓」や「迷ヶ平」のあたりは、「中庸」のエネルギーかもしれません。

ぜひ、これらの「聖なる場所」で、思いっきり、身体も心も、奥深くまで浄化されてください。

あと、途中で、皆で、UFOも呼びましょう!



○人数:8名様(先着順で、定員になり次第締め切ります)



○セミナー&ツアー受講料:お一人様、2万8千円


振り込み先などは、メールで、別途ご連絡します。


他に、ジャンボタクシーの運賃が、7千円くらい、十和田湖の遊覧船の運賃が、数千円かかると思います。

タクシーの運賃は、人数によって、値段が違ってきます。

これらの交通費は、当日、各自でお支払い願います。

前日や当日に、近くのホテルなどで、宿泊を希望される方も、各自で手配願います。



○その他:基本的に雨天決行ですが、台風などの影響で、ツアー開催が、難しくなった場合は、延期になることもあります。




☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp






☆参考までに、「青森ミステリーツアー」と「津軽古代王国ツアー」の記事を、再掲載します。

まだ、読んでない方、ぜひ、読んでみてください。

今回も、とーっても面白い旅になるだろうと、確信しています。(笑)



○「青森ミステリーツアー(総集編)」


http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11968722860.html




○「津軽古代王国ツアー(総集編)」


http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12045778115.html





PS 十和田湖ツアー、今からワクワクしています!!



神秘的な十和田湖の景色です。






キリストの墓です。










☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
旬の話題です。

ご存じのように、今月、特に今夜、3年に一度だけ、ひと月に2回も満月が訪れる、天体現象が起きます。

「ブルームーン」です。

昨日あたりから、多くの人が、ブログなどで書いていますね。




2回巡ってくる満月のうち、1回目を、「ファーストムーン」、2回目を、「ブルームーン」と呼んだり、満月が2回巡る現象そのものを、「ブルームーン」と呼ぶこともあるそうです。

そんなブルームーンには、

「見ると幸せになれる」

というロマンチックな言い伝えも、いくつかあるそうですね。



ブルームーンが、前回観測されたのが、2012年8月2日と31日。

そして、今夜です。

去る、7月2日(木)、それから、今日の夜、31日(金)に、ブルームーンが、観測できるのです。

次回見られるのは、3年後です。


今夜、時間があったら、ぜひ、月光浴してみてください。




「ブルームーン」という言葉の由来は、はっきりしないそうです。

ただ、いくつかの説は、あるようです。


英語の「Double Moon(2度の満月)」が変化したという説。

これが、後に、「とても稀なこと」を表すこととして、「blue moon」と呼ばれるようになったと、言われているそうです。

「blue moon」=「月が青く見える」

という訳では、ないようです。



ただし、青く見える月も、実際にあったそうです。


大気中の塵の影響で、月が、本当に青く見えることがあり、これも、「ブルームーン」と呼ばれたそうです。

たとえば、1883年のインドネシアでの火山の爆発は、その後、約2年間、日没を緑に、月を青に、変えたそうです。




ちょっと早いけど、先ほど、夜中に散歩していて、駅前で撮影した、ほぼ満月の写真です。


150731_010730.jpg



こうやって見ると、UFOみたいですね。


150731_010714.jpg



たぶん、今夜の月が、本当の「ブルームーン」だと思いますけど、フライングで、写真を、掲載しておきます。(笑)

神秘的な光に、見えますね。


150731_010748.jpg






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
7年くらい前から飲み始めた、サプリメント、「ミトコンドリア・クリーナー(仮称)」の話題です。




私のやっているような仕事は、身体が一番の資本なので、健康には、とても気を使います。


今年の10月に、49歳になりますが、白髪やシワが、ほとんどありません。

これも、会った人たちから、よく驚かれます。

また、小さな病気や怪我は、たまにやりますが、入院するほどの病気や怪我とは、いまのところは、無縁です。

最初の頃に比べたら、体重は、落ちなくなりましたが、たくさん食べても、昔みたいに、ブクブクに太ることは、ありません。

これも、嬉しいです。

やはり、このサプリの効果が、大きいと思っています。

ミラクルサプリメントです。




このサプリは、もちろん、ダイエットの効果もありますが、どちらかというと、一番の効果は、「アンチエイジング」みたいです。

そして、その中でも、「抗酸化作用」、さらに、細胞内の「ミトコンドリアの酸化の防止」を、主な目的にしているようです。

身体全体の細胞が酸化して、老化するのを防ぐのに、ずば抜けた効果があるのです。


「ミトコンドリア」が、細胞の中で、一番大切みたいです。

ここは、「発電機」のような役目をしていて、ここが、酸化してサビつくと、体温が上がらなくなり、脂肪の燃焼効果などが、落ちるのだそうです。

どんなに、ダイエットに挑戦しても、なかなか、脂肪が落ちない場合、「ミトコンドリアの酸化」が、大きな原因であることが、多いそうです。

「新陳代謝」に、一番大切なのが、「ミトコンドリア」なのです。



「ミトコンドリア」のイラストです。







以前に、何かの本で読んだのですが、人間の身体というものは、組織によって、老化のスピードに差があるそうです。

筋肉や骨は、比較的、老けるのが遅いようですが、関節や内臓、特に、腎臓などは、早く老けるのだそうです。

若い頃、スポーツをやっていた人などは、筋肉や骨などの強い組織に、身体全体をあわせようとして、無理をして、早死にしたりすることも多いそうです。

それに対して、病弱なのに長生きする人は、弱いほうの関節や腎臓を大切にして、この組織の強さに、身体全体をあわせるように、無意識で注意しているのだそうです。



私は、個人的には、この地球上で、永遠に、肉体をもったまま生き続ける、「不老不死」というのは、仮に、その技術が開発されたとしても、世の中全体に、普及するのは、いろいろな理由から、難しいのではないかと考えています。

また、その必要も、あまりないような気がします。

ただ、若さを保ったまま、長いこと生きる、「不老長寿」は、可能だと思っています。




「不老長寿」は、若さと生命の永続を願う、中国的表現で、いっさいの権力を、握った一国の権力者が、歳をとってきて、

「死にたくない、いつまでも長生きしたい」

と考えるようになり、部下に命じて、「不老長寿」の薬を探させたという話に、代表されます。


秦の始皇帝が、徐福という人物を、日本に派遣したという話は、有名ですね。

中国では、俗世を超越した仙人(神仙)の像が抽出され、仙人になるために、各種の修行法が、考えられたようです。


その仙人になる方法は、大きくわけて、3つあったようです。


1つは、宇宙の根源である、永遠の道(タオ)と、合一することによって、生死の次元を越えようとする、神秘主義的方法。


2つ目は、人間の肉体を構成する、不純で粗雑な「気」を、純粋で軽妙な「気」に入れ替える方法。

3番目は、人間の体を、不老長寿に変える薬物を、使用する方法などでした。



「ミトコンドリア・クリーナー(仮称)」は、この3番目の方法でしょう。

以前に、この製品を開発した、フランスの博士のインタビューを、DVD(非売品)で観ました。

素晴らしい内容でした。



この博士が、細胞内のミトコンドリアの酸化を、阻止するサプリメントを、開発したのですが、DVDの中で、

「そもそも、どうして、私が、細胞内の抗酸化の研究を、始めようと思ったのか?」

という話をされていました。


博士は、30年前くらい前に、あるサイエンス雑誌で、ひとつの記事を、目にしたそうです。

その記事の内容は、「鳩による寿命の研究」だったそうです。

ドイツの研究チームが、やった実験だったようですが、簡単に言うと、

「抗酸化作用のメカニズムを研究して、鳩の寿命を、どれだけ延ばせるか、実験してみよう!」

という研究だったそうです。


博士によると、鳩という動物は、とてもデリケートで弱く、ちょっとした環境でも、死んでしまったりするので、動物実験には、あまり使われないそうです。

しかし、このドイツの研究チームは、だから、あえて、鳩を使おうと思ったそうです。

細胞内に、「抗酸化作用」のメカニズムを取り入れた、その一羽の鳩が、何年生きたと思いますか?

ちょっと、考えてみてくださいね。











なんと…

34歳まで、生きたそうです!

ちなみに、通常の鳩の寿命は、5年~10年らしいです。

これは、3倍以上も、寿命が延びたことになります。






これが、平均寿命が、80~90歳の日本人だったら、どういうことに、なるのでしょうか?

さらに、この実験は、30年前の実験です。

現在、世界最高水準の「抗酸化作用」をもつ、「ミトコンドリア・クリーナー(仮称)」を、飲み続ければ、将来、人間の寿命は、どういうことに、なるのでしょうか?

興味がつきないです。


ただ、博士は、とても謙虚な方なので、DVDの中では、あまり大げさな表現は、使っていません。

「人間の身体は、鳩よりも、もっと複雑なので、私は、200歳以上生きるとは、言いませんが、現在の平均寿命が、大幅に伸びることは、確信しています」

とだけ述べています。



未来の世界、「不老長寿」が、実現して、若々しい身体で、ワクワクしながら遊びまわる、200歳の人たちが、たくさんいる社会を、イメージしてみてください。

その頃には、現在の医療や保険制度、介護や年金などの社会問題なども、大きく変わると思います。

いったい、どうなるんでしょうね?







☆「ミトコンドリア・クリーナー(仮称)」を、購入希望の方は、友人の豆福さんに、メールしてみてください。


○豆福さん

mamehukulunch@yahoo.co.jp

http://plaza.rakuten.co.jp/mamehuku/




☆以前に書いた、「ミトコンドリア・クリーナー」の詳しい記事です。


「ミトコンドリア・クリーナー」


http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-11984905125.html






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
7月26日(日)の東京セミナーも、大盛況で終了しました。

参加された皆さん、お疲れ様でした。



セミナーも、楽しかったのですが、終わった後の懇親会も、凄く楽しかったです。

参加者の方が、なんと、私の大好きな「縄文土器」の破片を、お持ちだったので、触らせていただきました。

去年あたりから、

「本物の縄文土器を、触ってみたいなー!」

と、思っていたので、また、願いが叶いました。


「縄文土器」については、新説が、どんどんでてきて、その本質も、ある程度、わかってきているようです。

まず、縄の模様は、現代で言えば、「バーコード」になっているものが、多いようです。

数字などの記号が、規則的に並んでいるのが、この土器の特徴みたいです。

何かのサンプルを、保管しておく試験管のようなものだったかもしれません。


さらに、これらの土器は、実は、人間の視覚などではなく、触覚に、アクセスするためのツールみたいです。

だから、触らないと、意味がないそうです。

博物館などでは、ガラスケースに入っていて、絶対に、触らせてくれないのですが、その理由は、いろいろな歴史の真実を、一般の人に、知られたくないからかもしれません。

手で触ると、脳内に、いろいろなビジョンが浮かぶ、記録再生装置が、「縄文土器」なのだそうです。


たしかに、私を含めて、何人かの方が、その破片を、触ってみましたが、いろいろ見えました。

ある方は、

「情報量が、多すぎて、メッセージが、特定できない…」

という感想を、述べていました。

私も、同感でした。

エネルギーも、なんともいえない、不思議なかんじでした。




さて、今回の話題です。

面白い動画を見つけたので、また紹介します。



私が、小学1年生くらいの頃に、テレビアニメで放映されて、大人気だった作品、「バビル2世」について、いろいろな識者が、様々な角度から考察した番組です。

こういうオタクの人たちの意見って、面白いですねー。

「バビル2世」は、リメイク版も、作成されたので、20代や30代の方でも、知っている方も、多いと思いますが、やはり、40代~50代の方で、この作品が、大好きだった方が、多いと思います。




去年あたりから、ハマっている、「宇宙考古学」の視点からも、とても奥深い内容になっています。

まず、気がつくのが、太古の昔に、地球を訪れたといわれる、宇宙人、「アヌンナキ」の存在です。

この宇宙人の直系の子孫は、髪が、赤毛になると言われていますが、マンガの中で、日本人のバビル2世が、超能力を使う時だけで、髪が、赤毛になっています。






作者の方は、このあたりまで意識して、描いていたのかな?



「ウィキペディア」からも、この作品の大まかなストーリーを、抜粋しますね。



はるかな昔、地球に不時着して、帰れなくなり住み着いた宇宙人・バビル。

彼が残した遺産・「バベル(バビル)の塔」と、三つのしもべを受け継いだ、超能力者・浩一が、世界征服を企む悪の超能力者・ヨミと戦う物語。


5000年前、宇宙人・バビルは、宇宙船の故障により、地球に不時着した。

宇宙人、「バビル1世」です。






彼は、その科学力と自らの超能力によって、時の権力者を動かして、巨大なバベルの塔を、建設させる。

当初の目的は、故郷に救助信号を、送るためであった。






しかし、科学的知識に乏しい地球人は、一瞬のミスから、完成直前の塔の大半を、破壊してしまう。

故郷へ帰ることをあきらめて、地球人と結婚したバビルは、破壊されたバベルの塔を、子孫に託そうと決心する。

彼は、宇宙船の機器をもとに、いつの日か、生まれるであろう、自分と同じ体質を持つ子孫を探し出す装置と、三つのしもべを、作り上げた。

この遺産を受け継ぐ人間が、自分の2世になるのである。

バビルは、自分と同じ超能力をもった子孫に、それを託すことができるのを、幸せだと考えた。



ざっと、以上が、おおまかな話です。



これは、いろいろな宇宙考古学者が、主張している歴史と、かなり重なります。


特筆したいのは、この初代の「バビル1世」が、宇宙人で、地球の女性と結婚して、子供をつくっているということです。

そして、その子供の全てが、自分と同じ能力を持つわけではなく、何百世代にも渡って、数千年後に、後継者が、現れるだろうということを、予言していることです。

現れたら、その後継者に、宇宙人の超科学力の全てを、継承すると、言っているのです。

さらに、面白いのは、

「後継者が、この科学力を使って、地球を力で征服しようが、愛と平和の惑星にしようが、どちらでも、かまわない」

ということを、言っているのです。

宇宙人からすると、地球の人間の「善悪」や「正邪」などは、どうでもいいと思っているところが、興味深いと感じました。

実際、そうなのかもしれません。


子供の頃は、なんとも思わなかったのですが、大人になって、振り返ってみると、この作品は、宇宙からやってきたウイルスが、地球の人間に寄生して、宿主である人間を操ったりと、最先端の科学の世界で、話題になっているような話が、たくさん出てきます。

この時代に、そんなストーリーを、すでに描いていたというのは、凄いです。


また、「正義の味方」といいう設定の主人公、バビル2世は、三つのしもべを、従えてはいるものの、基本的には、いつも、一人ぼっちで、孤独に見えるのに、「悪の権化」のような敵役のヨミのほうが、たくさんの部下から、慕われて、けっこう人望もあったりと、ユニークで、複雑な設定になっています。




また調べてみると、この作品は、最初に、「少年チャンピオン」に、連載されたのが、1971年ですが、この後、1974年に、ユリ・ゲラーが、来日して、「スプーン曲げ」などの超能力ブームが、わき起こります。

私の記憶では、「バビル2世」の歌で、「サイコキネシス」や「テレパシー」という単語を、覚えた後に、空前の超能力ブームが、始まったと思います。

だから、この作品は、このブームの下地つくりでもあったのです。



漫画家の方は、皆、天才だと思いますが、この作者の横山光輝さんも、本当に凄い、世紀の大天才だったと思います。

横山先生は、「バビル2世」も、名作ですが、他にも、「三国志」、「鉄人28号」、「魔法使いサリー」、「コメットさん」、「伊賀の影丸」、「時の行者」など、様々なジャンルで、大ヒットを、飛ばしています。


2004年に、ある日、突然、「バビル2世」のアニメが観たくなって、レンタルしてきて、バビル2世とヨミが、炎の中で、戦っているシーンを観た後、眠ったのですが、翌日、朝起きたら、テレビのニュースで、横山先生が、自宅で、火事に遭って、全身に火傷をおい、お亡くなりになったと知って、とても驚きました。

横山先生には、もっともっと、作品を、描いてほしかったですね。

合掌。




余談ですが、私と同世代の女性には、

「私の初恋の男の子、実は、バビル2世だったんです! 凄く憧れてたんですー!」

という方が、けっこう多いです。(笑)

たしかに、あの時代、女の子からすると、圧倒的な力をもっている、正義の少年・バビル2世は、理想の男の子だったのかもしれませんね。








☆下記が、その動画です。



○「BSマンガ夜話 「バビル2世」 横山光輝 (1998年)」


https://www.youtube.com/watch?v=ji4_I4TUsKU






○「バビル2世」


https://www.youtube.com/watch?v=gh32By4oeU0






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
素敵な動画を見つけたので、紹介しますね。




京都で行われた、「TEDx Talks」というイベントでのスピーチです。

この素晴らしいスピーチをしたのは、現役のお坊さんである「松山大耕」さんという方です。

松山さんは、日本の禅宗の教えを広めるべく、世界中を飛び回っている方だそうです。

お寺に生まれながら、中学・高校時代は、カトリックの学校に通ったという異色の経歴の持ち主だそうです。

そして、そのことを、大学の留学時代に訪れた、アイルランドで、ある女性に話したら、こう言われたそうだ。

「なぜ、あなたの国では、そんなことができるの? アイルランドで、そんなことをしたら、殺されても、文句言えないわよ」

カトリックとプロテスタントという、血で血を洗う対立の歴史を持つ、アイルランドでは、自分の信じる宗教以外に属する学校に通うのは、考えられないと言われたそうです。



このことを、キッカケに、日本の宗教について、いろいろ考えてみたそうです。

その結果、日本は、世界でも珍しい、とても寛容な宗教観を持っていることに、改めて気がついたそうです。


よく、こう言われますね。

「日本人は、クリスマスを祝い、除夜の鐘をつき、神社に初詣に行く」

普段は、意識していませんが、このような複数の宗教を、同時に受け入れる寛容性は、やはり、世界では、珍しく、寛容な宗教観だそうです。

ご存じのように、世界では、現在でも、「宗教戦争」が、頻繁に起きています。

「日本で、そういったことが、ほとんどないのは、日本人が、いろいろなものを、柔軟に取り入れ、受け入れることができるからなのではないか? だとしたら、それは、どうしてなのか?」

松山さんは、これを、とことん考えたそうです。




仏教の中でも、こうした特徴は、日本の仏教に、独特のもので、インドでは、戒律を守り、経典を学習し、瞑想の修行をすることが、重視されるそうです。

インドの仏教徒からは、しばしば、

「日本の仏教は、もはや、仏教ではなくなってしまった」

と言われることもあるそうです。

しかし、松山さんは、そうした意見に対して、こう語っています。

「私は、日本とインドの仏教の違いというのは、カレーに似ていると思っています。インドでは、非常にスパイシーで辛いカレーを、みなさん召し上がります。カレーも、インドが発祥の地なんです」

続けて、

「インドの方が、日本の甘くてまろやかなカレーを、召し上がったら、これはカレーじゃないと、おっしゃるかもしれません。確かに調理法、具材は違うかもしれませんが、ルーに、お肉や魚、そして、野菜を入れて煮込んで、ご飯やパンと一緒に、いただく。このスタイルはインドでも日本でも、共通しています」


要するに、日本の仏教もインドの仏教も、表面が違うだけで、根底に流れている思想や哲学は、同じということです。

「違っている部分を見るのではなく、お互いの共通項を、認識しよう」

ということですね。


松山さんは、さらに続けます。

「海外では、根底が同じであるにも関わらず、考え方の異なる宗派同士が対立し、たくさんの戦争が起きています。宗教において、自分たちの教義を、忠実に守ることは、大切なことですが、世の中には、もっと大切なことがあります。それは、信じる宗教が違っていても、お互いを尊重し、そして、仲良くするということです」

最後に、こう言って締めくくります。

「私は、世界でも冠たる宗教都市、京都から、日本人の寛容性のある宗教観を、世界に伝えたいと思います。そうすれば、世界は、もっとよくなると、私は強く信じております」


そのとおりですね。


「日本料理が、美味しい!」

「いや、フランス料理のほうが、美味しい!」

「違う! 中華料理が、世界一だ!」

「何を、言っているんだ! イタリア料理こそ、最高の料理だ!」

こう言って、怒鳴り合い、喧嘩しながら、料理を食べたら、せっかくの料理が、台無しです。

「どれが、一番美味しい料理か?」

なんて、どうでもいいのです。

大切なことは、いろいろな料理を、尊重して味わいながら、皆で、その時間を共有して、ニコニコと楽しく会話することです。




「お互いを尊重し、仲良くする」

これからの世界では、こういう寛容の精神が、見直されてくるでしょう。

その潮流のリーダーシップをとるのは、日本です。

「宗教戦争」というのは、基本的に、「寛容」の精神が足りないから、起こるのです。

日本人が、ごく自然に、さりげなくやっていることが、外国人には、できないということが、実は、たくさんあるのです。

これからは、商品やサービスだけでなく、このような素晴らしい、「日本の精神」も、どんどん海外に、輸出していったらいいと思います。





☆松山さんのスピーチ動画です。



○「Reasons for religion -- a quest for inner peace | Daiko Matsuyama | TEDxKyoto」


https://www.youtube.com/watch?v=8mAPA3YKC_A








PS 下記の絵は、「サン・バルテルミの虐殺」を描いたものです。

1572年8月24日に、フランスのカトリックが、プロテスタントを大量虐殺した事件です。

世界史は、こういう争いばかりですね。







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
「琉球ヒストリーツアー」を、キッカケに、また、いろいろな疑問が湧いてきて、書店で、沖縄関連の本を購入したり、ネットで、沖縄の歴史について、検索したりしています。

最高に楽しいです。


今回の記事は、その旅行記のオマケみたいなかんじで、書いてみます。




どんなことをやるにしても、知識というのは、大切な要素だと思います。

料理で言えば、食材にあたるのです。

どんなに、料理の腕が良くても、食材が少ないと、美味しい料理を作るのは、難しいのです。

だから、食材というのは、多ければ多いほど、いいと思います。

逆に、食材だけでも、生野菜を、かじるだけになってしまって、味気ない料理になってしまいます。

やはり、ちゃんとカットして、皿に盛り付け、ドレッシングをかけるような料理の腕も、大切だと思います。

その「料理」にあたるのが、「アイデア」であり、「インスピレーション」などだと思います。


伊是名島のピラミッドに行ったのを、キッカケに、アイデアが湧いてきたり、たくさんのインスピレーションが、入ってくるような気がしています。




ご存じのように、私が、趣味でやっている「宇宙考古学」は、本格的な「学問」として、やっているわけではなく、あくまでも、「遊び」の範囲なので、いつものように、あまり真面目に考えずに、「遊び半分」の視点で、楽しんでくださいね。



最近、やたらと、頭の中で、

「沖縄は、日本の雛形である」

というメッセージが、聞こえるので、気になって、徹底的に調べてみました。


すると、面白いことが、わかってきました。

「琉球ヒストリーツアー」の旅行記の中で、

「沖縄本島は、龍の形をしている」

という話を書きましたが、日本も、龍の形をしているのです。


それで、気になって、昨日、地図を買ってきて、「琉球諸島」の地図を、いろいろ眺めてみました。

ちなみに、「琉球諸島」というのは、北は、種子島や屋久島のあたりから、南は、与那国島までの島々の中で、「沖縄県」に属する島々の総称です。



さて、沖縄の地図を買ってきて、さっそく、それを、白紙にコピーしました。

それから、コピーした地図を、ハサミで切り取りました。

琉球諸島の全ての島を、切り取るのは、大変なので、小さい島は除いて、比較的大きな島だけを切り取り、それらを、テーブルに並べてみました。

久しぶりの工作でした。


頭の中で、子供の頃大好きだった、NHKの「できるかな」の歌が、流れてきました。

「ノッポさん」と「ゴン太くん」が、いろいろなものを、作っている間に流れていた歌ですね。

「でっきる~かな? でっきる~かな? ハテハテフム~♪  でっきる~かな? でっきる~かな? ハテハテホホ~♪」

という感じです。(笑)




まずは、主に、「沖縄本島」と「宮古島」、それから、「八重山諸島」を、切り取りました。

こんなかんじです。



沖縄本島です。

やはり、龍の形ですね。


150720_002415.jpg



宮古島です。


150720_002437.jpg



石垣島と西表島などの八重山諸島です。


150720_002622.jpg



まずは、茶色のテーブルに、これらの白い島々を、だいたいの定位置に、置いてみました。


150720_003032.jpg



それから、これらの島々距離を、少し近づけてみました。


150720_003438.jpg



そのあとに、試しに、「宮古島」と「八重山諸島」を、パズルのように、合わせてみました。

すると、合体させた島が、ちょうど、「北海道」のような形になったので、それを、沖縄本島の南の位置に、置いてみました。

さらに、他にも、「伊江島」を、「四国」の位置に置いたりして、「日本列島」が、できるように、並べてみました。


150720_004150.jpg



ここまで、いいですか?

それから、それを、さらに、グルリと逆さまにしてみると…

ジャーーーン!!!


150720_004223.jpg



これです!

これが、見たかったんです!

南北を逆にすると、日本列島じゃないですかー!

「このパズルを完成させたのは、もしかして、自分が、世界初かな?」

なんて思ったら、ワクワクしてきました。(笑)




もしかしたら、太古の昔に、神々(宇宙人たち)が、

「いつか、このパズルに、気がついてほしい…」

という願いを込めながら、「琉球諸島」を、このような形と位置に、並べたのかもしれません。



眺めていると、いろいろなことに、気がつきます。


まっさきに、気になったのは、「名護市」のあたりに、ちゃんと、「名古屋」が、対応していることです。

地名なども、シンクロしているんですね。


他にも、「本部半島」が、「紀伊半島」に、対応していて、その中でも、「本部町」が、以前に書いた、「鬼ヶ島」があったかもしれない、「串本町」に、対応しています。

沖縄の聖地である、「斎場御嶽」は、青森県の「岩木山」のあたりになり、「首里」のあたりは、「十和田湖」や「キリストの墓」のある「新郷村」になります。

「那覇港」は、「八戸港」のあたりかな?

「勝連半島」、そして、「平安座島」や「宮城島」、「伊計島」のあたりは、「能登半島」になると思います。

「宮古市」が、「札幌市」のあたりですね。


他にも、これは、私が、直感で置いたのですが、「神の島」である、「久高島」が、「佐渡島」のあたり、「伊江島」が、「四国」にあたるかもしれなと思いました。

「沖縄のピラミッド」である、「伊江島タッチュー」は、「剣山」と繋がっているかもしれません。


さらに、旅行で訪れた、「古宇利島」を、「淡路島」のあたり、「伊平屋島」を、「種子島」、「伊是名島」を、「屋久島」の位置に置いてみました。

これだと、「運天港」のあたりが、「大阪湾」ですね。

有名な「ムーンビーチ」のあたりが、「東京都」になります。

これは、意外でした。(笑)


あとは、「慶良間諸島」や「久米島」は、「ハワイ」になるかもしれません。

「奄美大島」は、「台湾」かな?



これらの話は、沖縄に詳しい人じゃないと、わからないかもしれませんが、暇な時、地図を眺めながら、対応させてみてください。

面白い気づきがあると思いますよ。



たくさんの方がご存じだと思いますが、

「日本は、世界の雛形である」

という話は、よく聞きますね。

こんなかんじです。






昔から、


「日本で起こったことが、世界で起こる。なぜならば、日本は、世界の雛形だから」

という意見は、ありました。

でも、

「沖縄で起こったことが、日本で起こる。なぜならば、沖縄は、日本の雛形だから」

という意見は、ままり聞いたことは、ないかもしれません。

でも、1990年代後半あたりから、沖縄のスピリチュアル業界では、けっこう、ささやかれていた話です。



この話は、根拠に乏しかったので、日本全国に、広がることは、なったのですが、今回、私が閃いたのアイデアでは、たしかに、そうなっていました。


たとえば、1945年4月に、沖縄戦が始まり、アメリカ軍は、日本軍の守備の薄い、沖縄本島中西部を、集中的に砲撃しました。

この位置は、日本では、2011年に、東日本大震災の時に、大津波が襲った、東北地方に、対応しています。

両方とも、こんなかんじですね。


150720_094047.jpg



また、戦後の1972年5月に、「沖縄返還」が行われ、アメリカの占領下だった沖縄県から、日本に戻ります。

だから、もしかしたら、2015年あたりから、実質的にアメリカの占領下にある日本が、本当の独立国としての国の威厳を、取り戻す時期に、きているのかもしれません。




1965年8月、那覇市で、「沖縄返還」の声明を読み上げる、佐藤首相の写真です。






その数日後、石垣空港で、佐藤首相の歓迎式典の写真です。






もちろん、沖縄は、日本に返還された後でも、アメリカによる、不当な圧力は、たくさんありました。

現在でも、それは、続いています。

でも、占領下の時に比べると、これでも、はるかに、マシになったのです。

返還前は、もっと酷かったのです。

日本も、これから、一時的には、酷くなるかもしれませんが、これから、だんだん、いい方向に向かうと思います。




これは、オマケのダジャレですが、最近、「ピース又吉さん」が、「芥川賞」を受賞したことが、話題になっていますが、この方は、お父様が、沖縄で、お母さまが、奄美群島の出身だそうですね。

名前の「ピース(平)」と「また良し」で、

「また、平和で良くなりますよ!」

という神さまから、日本へのシンクロサインなのかもしれないと、思いました。(笑)




まとめると、

「沖縄で起こったことは、日本で起こる。それから、日本で起こったことは、世界で起こる」

ということです。

日本も世界も、これから、主にアメリカを支配してきた、「闇の権力」や「闇の支配者」と呼ばれているグループの支配から、抜け出し、ようやく、本当の自由を、獲得できる時期にきているのかもしれません。



今、日本の政治が、ムチャクチャに悪くなったせいで、目覚めている人が、急速に増えているようです。

もうすぐ、地球は、大きく生まれ変わります。

あと、一息ですね。






PS 参考までに、過去記事です。


「琉球ヒストリーツアー 9 龍」

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12050756840.html





☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
昨日、とてもいい映画を観ました。

DVDで観たのですが、「天国は、ほんとうにある」という作品でした。


スピリチャルな出来事を扱った映画は、たくさんありますが、その中でも、この映画は、かなり面白くて、素晴らしい作品の一つになると思います。

アメリカで、実際に起こった出来事を、映画にしたそうです。

「事実は小説よりも奇なり」

と、よく言いますが、本当にそうだと思います。

現実の世界のほうが、空想の世界よりも、凄かったりするのです。




2014年の12月に、日本でも、劇場公開されたそうですが、私は、その時、ちょうど、足を痛めていて、なかなか映画館に行けない状況でした。

まあ、今のタイミングが、ベストのタイミングだったのでしょう。


日本では、キリスト教の映画というのは、あまり人気が出ないようです。

キリスト教だけでなく、宗教映画というのは、多くの人が、そのバックに、教団の信者集めなどの意図を感じたりするからかもしれません。

しかし、この作品からは、そういう意図は、まったく感じません。

普通の善良な牧師が、息子の「臨死体験」を、キッカケに、それまでの神への信仰を、ますます、深めていくという話です。

宗教など、まったく興味のない人のほうが、逆に、楽しめるし、感動するかもしれません。




この映画の中では、保守的なアメリカの街が、よく描かれています。

子供の頃に観た、「大草原の小さな家」を、思い出しました。


真理に目覚めた、主人公の牧師と、なかなか、真理を認めたがらない、保守的な街の人々との関係が、いろいろ考えさせられます。

「真理を見ることを、恐れる人たちも、たくさんいるんだ…」

周囲から、誤解され、孤立状態になった牧師が、妻や子供に、説明するシーンがありますが、本当に、そのとおりだと思います。

「真理」や「真実」というのは、時として、人々に、「恐怖心」を与えるのです。


一方で、「恐怖心」というのは、「好奇心」の裏返しでもあります。

どんな人でも、心の奥底に、

「死んだら、どうなるんだろう?」

という興味は、存在していると思います。

逆に言うと、これ以上、面白い話は、あまりないのです。

「未知の世界」というのは、とても魅力的なものなのです。



私も、1991年を境にして、「死後の世界」など、いろいろ探求しましたが、その時に、出てきた疑問、それから、恐怖心や好奇心などを、この映画を観ていて、久しぶりに、思い出しました。

当時、私自身も、この牧師さんと、同じような葛藤や悩みがありました。

まず初めに、レンタルビデオ店に行って、丹波哲郎さんの「大霊界」を、観たりしました。

懐かしいです。

この映画は、アメリカ版の「大霊界」かもしれませんね。




ほとんどの「臨死体験」というのは、科学的には、脳による「幻覚」で、説明がつくそうです。

ただし、その中でも、それでは、説明できない現象も、少ない例ですが、存在しているようです。

「これは、本当にあの世に、行ってきたんだな…」

と思えるようなケースも、やはり、あるようです。


この映画の話は、この少ない例のほうだと思います。

本当にあの世に行ってきたケースですね。




観終わった後、とても感動して、爽やかな気持ちになりました。

こんなに、いい気持ちになったは、映画「ペイフォワード」以来です。



「どう生きていったらいいのか?」

という人生哲学を、持ちたかったら、その対極にある、

「死んだら、どうなるのか?」

を知るのが、近道です。

幸せに生きていこうと思ったら、なるべく早く、自分なりの死生観をもったほうが、いいと思います。





☆動画も、貼っておきますね。



○「天国は、ほんとうにある」

https://www.youtube.com/watch?v=7Kqw3W_il94







PS 映画「天国は、ほんとうにある」、ぜひ、観てくださいね。

あと、感想も聞かせてください。








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
「琉球ヒストリーツアー」、大反響ですね。

たくさんの感想のメール、ありがとうございます。

多すぎて、全員に返信できないので、いつものように、まとめて、お礼を述べさせていただきます。

ありがとうございました!




沖縄滞在の期間は、約1週間だったのですが、旅行に行く前の1週間から、すでにワクワクして、旅行に行っている気分になっていました。

それから、帰ってきてからも、こうやって、旅行記を書いたり、友人たちに、お土産話を話したり、旅行写真を、メールで送ったりして、1週間は、旅行気分が抜けません。

結果として、旅行に行く前の1週間、旅行中の1週間、旅行から帰ってからの1週間と、合わせて、3週間くらいは、旅行しているかんじです。

凄く贅沢な旅行だと思います。


今でも、目を閉じると、伊是名島での日輪や伊平屋島での洞窟のことが、ハッキリと目に浮かびます。

本当に、本当に、楽しい旅でした。



ツアー参加者のSさんが撮影した、「日輪」です。


11709456_673853016079092_2826412620878043503_n.jpg



伊平屋島で、宿泊したホテルに、飾ってあった洞窟の絵です。


150706_130205.jpg




今までに、いろいろなパワースポットに行きましたが、伊是名島のピラミッドのエネルギーは、どの場所とも違う、不思議なエネルギーでした。

特に、願望実現のパワーが、強いと思いました。


11695894_673852826079111_6918913726317159830_n.jpg



私の場合は、ここで、2回、自分の願望を祈願したのですが、2回とも叶いました。

しかし、叶ってみて、わかったのですが、叶った夢は、頭で思い浮かべていたことと、若干違うということでした。

後から、いろいろ分析した結果、わかったのは、ここで祈願した場合、

「願ったことが、叶ったというよりは、叶ったことが、本当に願っていたことだった」

ということです。


もっと簡単に言うと、どうやら、頭で願っていることと、魂で、本当に願っていることが、私の場合は、少し違っていたことが、わかったのです。


いつもではありませんが、多くの場合、意識して願うことは、「エゴ」から来るものが、多いみたいです。

それに対して、意識できない領域、つまり、魂で願っていることは、純粋な「神性」から来ていることが、多いです。


私の本業である、「キネシオロジー」でも、これを探れますが、「エゴ」の願いは、自分勝手で、我が儘な願望が多いので、なかなか叶いにくいことが、多いです。

一方、「神性」からの願いは、自分を含めて、他者への思いやりなど、世の中全体の幸福を願っていることが、多いので、宇宙から応援しやすい状況になっているようです。

結果として、魂レベルでの「神性」からの願いは、叶いやすいのです。


だから、もしも、なかなか叶わない願望があったら、

「この願望は、自分のエゴから、来ているものなんじゃないのか?」

と考えてみると、叶わない理由が、わかるかもしれません。


極端な例をあげると、どんなに、自分が好きな相手でも、相手が嫌がっているのに、いつまでも、しつこく、ストーカーをやれば、その恋愛が、うまくいくことはありません。

また、どんなに、すぐに大金が欲しいからといって、銀行強盗しようとしても、このやり方で、手に入れることは、現在では、ほとんど不可能です。

仮に、手に入れたとしても、いつも、ビクビクしながら、生活していくでしょう。




今回は、2回目の「伊是名ピラミッド」の参拝だったのですが、ためしに、何も願わないことにしました。


考えてみれば、「神」という存在は、何もかもお見通しのはずだから、いちいち口に出さなくても、自動的に、叶えてくれると思ったからです。

だから、

「私が本当に叶えたいことを、叶えてください…」

とだけ、お願いしました。

この場合、後から叶った時点で、それが、何だったのかが、わかるということです。

叶った夢が、自分の魂が、心底願ってたことなのです。




旅行の最後に訪れた、沖縄県立博物館での「気づき」が、それだったみたいです。


叶った瞬間、すぐにわかりました。

感動して、目から涙が出てきたからです。

「感動」が、目安になります。

「沖縄本島が、完璧な龍の形をしていた!」

ということに、気がついたのが、それでした。


この「気づき」が、私の魂が、本当に望んでいたことだったのです。

「歴史の真実を知りたい…」

という願望も、モチロンありました。

これも、嬉しかったです。

でも、これも、頭で考えている浅い部分での思いでした。


私の魂が、本当に望んでいたことは、

「これで、みんなと、楽しく会話ができる…」

という喜びだったのです。


そうなのです。

私の魂レベルでの本当の願望は、

「みんなと仲良くしたい…」

だったのです。

こういう「小さな幸せ」が、自分の魂が、望んでいた願望だったということに、気がつきました。




去年から、約1年間、「宇宙考古学」を、勉強しました。

理由など、あまり考えずに、ただ、ワクワクするから、やっていただけだったのですが、今回の沖縄旅行で、ようやく、その情熱の根源が、わかりました。

頭では、エゴの部分で、

「歴史的な大発見でもして、本が、ベストセラーになって、有名になって、印税で、大金持ちになったら、嬉しいな!」

とも思っていたのですが、魂が、本当に望んでいたことは、

「みんなと仲良くしたい…」

という、ただこれだけの小さな思いだったのです。

これは、自分でも意外でした。




1991年を境にして、本格的に、「精神世界」の勉強を、始めたのですが、最初の頃は、好奇心にまかせて、いろいろなことを知って、楽しかったのですが、だんだん、不思議な体験をするようになってからは、周囲の人たちと、話が合わなくなってきました。

特に、UFOや宇宙人とのコンタクトなどは、まったく理解されませんでした。

「バカ!」

「アホ!」

「キチガイ!」

という罵声や悪口を、さんざん言われて、仲のよかった友人たちが、みんな去って行って、孤立するいう寂しい体験を、たくさんやりました。

精神世界の業界には、このような体験している人が、たくさんいると思います。

だからと言って、こんなに面白い精神世界の探求を、やめるわけにもいかないというジレンマは、多くの人が、一度は通る道だと思います。



自分も含めて、そういう人たち全員が、ハッピーになるためには、どうしても、「わかりやすい証拠」が、欲しかったのです。

UFOや宇宙人の問題は、とても難しく、なかなか決定的な証拠が、出てこないのです。

軍事機密のほうから、証拠を探ろうとしても、様々な陰謀や謀略が、張り巡らされていて、やればやるほど、わけがわからなくなったりします。

挙句の果てには、

「自分は、何者かに、狙われている…」

などという、暗い妄想をかかえたりして、周囲から、ますます孤立したりします。




そういう中、今回の「沖縄本島=龍」という発見は、画期的だったと思います。


こういう証拠を、私の魂は、望んでいたのです。

確実な証拠とは言えませんが、これをキッカケにして、面白くて、楽しくて、周囲の皆が、笑えるような会話になりやすくなります。

こういう明るい会話を、世の中に、広めたかったのです。

そして、自分も含めて、精神世界の勉強をしている人たちが、孤立したり、孤独で悩んでいる状況から脱して、皆で、笑いながら、明るく楽しく、精神世界の話ができるようになることが、私の魂の望みだったみたいです。



博物館で、涙を流したのは、それに気がついたからです。

久しぶりに、「神の愛」に触れた気がしました。

私は、人生の転機に、いつも、「神の愛」に、気がつくんですよね。

今回の旅行では、一番の収穫が、それでした。



「神」という存在は、何もかもわかった上で、常に、その人にとって、ベストな状態で、サポートしてくれているようです。

しかも、本人が気がつかない程度に、さりげなく、やさしくです。

さらに、何の見返りも求めずにです。




今年からは、こういうことに、気がつく人が、どんどん増えてくると思います。

地球が、「愛の惑星」に、生まれ変わるのは、もうすぐですね。









☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇