精神世界の鉄人のブログ

UFOやチャネリング、霊、輪廻、超能力などの不思議な話題から、ビジネス、経済、政治、歴史、文化などの社会問題、そして、恋愛や結婚、ダイエット、旅などの現実的な話題まで、幅広く、日々感じたことを、書き綴ってみますね。


テーマ:
いよいよ、7月5日(日)は、指折り数えて待っていた、「沖縄ピラミッドツアー」です。


今から、ワクワクしています。

参加される方、ぜひ、いろいろ語り合いましょう。

そして、この旅行で、魂レベルまで、癒されましょう。

私は、このツアーで、また新たに、生まれ変わろうと思っています。




5月に行った時の旅行記を、総集編として、まとめたので、こちらも、読んでくださいね。

沖縄に、ピラミッドがあったなんて、凄いですねー!




沖縄ピラミッドツアー 1 チャンプルー

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12029694232.html


沖縄ピラミッドツアー 2 本部

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12029925963.html


沖縄ピラミッドツアー 3 今帰仁

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12029935928.html


沖縄ピラミッドツアー 4 古宇利島

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12029981767.html


沖縄ピラミッドツアー 5 北谷神殿

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12030349604.html


沖縄ピラミッドツアー 6 伊江島

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12030708273.html


沖縄ピラミッドツアー 7 伊是名島

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12030951360.html


沖縄ピラミッドツアー 8 オリオン座

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12031191267.html


沖縄ピラミッドツアー エピローグ

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12031512982.html


沖縄ピラミッドツアー

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12032645750.html





PS 伊是名島のピラミッドです。

現地では、「さんかく山」とも、呼ばれているようですね。








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
ゴールデンウイークに、「津軽古代王国」が、存在していたといわれている場所に、行ってきました。

青森県の西側から秋田県の北側あたりに、そういう国があったそうですね。

「ピラミッド」、「龍宮城」、「星信仰」、「エデンの園」など、いろいろな話題が、てんこ盛りです。

特に、

「青森県の日本海側に、龍宮城があったかもしれない!」

という記事は、大反響でしたね。




総集編として、まとめたので、ぜひ、読んでみてください。




津軽古代王国ツアー 1 ワクワク

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12023944607.html


津軽古代王国ツアー 2 ゲル

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12024108136.html


津軽古代王国ツアー 3 レイライン

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12024344185.html


津軽古代王国ツアー 4 モヤ山

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12024436607.html


津軽古代王国ツアー 5 龍宮城

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12024760778.html


津軽古代王国ツアー 6 星信仰

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12024891973.html


津軽古代王国ツアー 7 エデンの園

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12025076688.html


津軽古代王国ツアー エピローグ

http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12026780966.html





PS 秋田県鹿角市の大湯環状列石です。

とても気持ちのいい場所でした。

また、行きたいですね。


150702_180509.jpg





☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
今日の昼間、友人とランチを食べました。


その時に、

「そういえば、判断と決断って、どう違うのかな?」

ということが、話題になりました。


私は、好奇心が旺盛で、常に、いろいろなことを学んだり、考えたりしているのですが、こういうちょっとしたことでも、気になったら、すぐに調べたり、周りの人に、質問したりします。

こういう知的好奇心が、異常に強いから、ブログやメルマガなども、たくさん書けるのだと思っています。


最近は、わからないことがあっても、すぐに、その場で、スマホなどで調べられるので、とても便利な時代になりましたね。




調べてみると、いろいろ面白いことが、わかりました。

ハッキリ定義されているわけではありませんが、だいたいのニュアンスは、下記のようです。



「判断」というのは、辞書によると、

「ある物事について、自分の考えをこうだときめること」

と書いてありました。


もしくは、

「過去から現在に起こった事柄について、きめること」

という説明をする人もいます。


ある本には、

「選ぶものの中に、正解と不正解が存在していて、その中から、正解を選ぶこと」

と書いてありました。


簡単に言うと、

「正しいか? 間違っているか?」

ということです。

これは、わかりやすいですね。


「判断」というのは、ある種の「頭の整理」だということです。


そして、この作業は、特に、学校においては、義務教育の頃に、鍛えられます。


正解と不正解の二つが、存在しているということは、

「選んだ後に、間違っていた場合、後悔することもある」

ということです。



漢字を見てみると、

「判」は、「半」と「二」ですね。

これは、

「二つの中から、もう半分である一つを選ぶ」

という意味です。

さらに、「断」は、「米」と「口」と「斤」ですね。

これは、

「米の入っている箱を、斤(まさかり)で壊して、取り出す」

という意味になります。




「決断」というのは、辞書によると、

「きっぱりと、きめること」

だそうです。

これは、ちょっと抽象的すぎて、わかりにくいです。


他には、

「未来に起こり得る事象に対して、きめること」

という説明もありました。


ある本には、

「正解と不正解の中から、正解を選んだ後に、その後、その中から、さらに、自分の好きなものを選ぶこと」

と書いてありました。


シンプルにまとめると、最終的に、

「好きか? 嫌いか?」

で決めるということです。


「決断」というのは、「意思決定」であり、さらに、その後に、「行動」がともなわなくてはいけないということです。


これは、教育の分野だと、大学くらいから、この姿勢が求められますね。

大学に行かなくても、社会人になったら、こちらのほうを、重視される機会が、多くなってきます。



「決断」と言う行為が、「判断」と大きく違うところは、

「決めた後は、その後、たとえ、間違っていたことがわかっても、後悔しない」

という姿勢が、大切だということです。



漢字を見てみると、

「決」は、「三水(さんずい)」と「央」ですね。

これは、もともとは、

「大きな川に、堤防があって、それが、大雨などの増水で、中央に穴があき、そこから、川の水が、流れ出していく」

という意味の漢字だそうです。

厚い壁を、正面から、打ち破るということです。


「断」は、上記の同様の意味です。

これも、思い切って、「エイヤッ!」と、壊す行為ですね。




このように、生きていく上では、様々な場面で、最初に、いろいろな「判断」が、求められます。


まずは、「判断」しなくてはいけないのです。

「道徳的に、正しいのか? 間違っているのか?」

「常識的に、正しいのか? 間違っているのか?」

「法的に、正しいのか? 間違っているのか?」

どんなことも、これなしには、始まらないのです。


しかし、これだけでは、まだ、「子供」の段階です。

学生時代や新入社員の頃は、これだけを、やっていればいいのですが、こういう指示待ちをしているだけの状態では、社会人としては、使いものになりません。




次の段階では、いろいろな「決断」が、求められます。


会社の中で、課長や部長など、ある程度の役職につくようになったら、ある程度、自分の自由で、物事を、決めらえる立場になります。

この時には、道徳や常識、そして、法律上問題がなければ、ある程度は、「好き嫌い」で、決めてもいいのです。

このあたりが、できるようになると、「大人」です。


大切なのは、ただ単に「好き嫌い」で、決めてはダメだということです。

あくまでも、世の中に、迷惑をかけない範囲ないだったら、「OK」ということです。

同時に、その「好き嫌い」で選んだことには、その後の「行動」や「責任」も求められます。

つまり、「行動」や「責任」を、伴った上での「好き嫌い」だったら、問題ないということです。


会社などの仕事は、自分の「好き嫌い」で、動かせるようになったら、面白くなってきます。

それまでは、自分の好きなことは、させてもらえないものなのです。




「判断」や「決断」のさらに上には、「英断」というものがあります。

「子供」や「大人」の段階では、これをやらなくてはいけない場面や機会は、あまりないと思います。



「英断」とは、辞書をひくと、

「きっぱりと事を決めること。また、すぐれた決断」

と書いてありました。


この行為は、

「正しいか? 間違っているか? そして、好きか? 嫌いか?」

ではなく、

「最終的は、それは、世の中のために、いいことなのか? 悪いことなのか?」

ということを基準に、決断するということです。


個人の「正誤」や「損得」、「好き嫌い」ではなく、「後世の歴史まで、視野に入れた決断」をするということです。


これは、

「仮に、それをやることによって、大きな損害を出したり、皆から、嫌われたり、悪者になっても、それでもやる!」

という決意です。


こういうことが、求められるのは、会社の中では、社長だったり、社会の中では、政治家などの指導者的な立場の人が、この決断を、求められることがあります。



「英断」と言う行為が、「決断」と大きく違うところは、

「自分の生きている間は、理解されないかもしれない」

と覚悟することです。

つまり、

「その時には、理解してもらえなかったり、誤解されることもあるかもしれないが、50年後や100年後の未来には、きっと理解してもらえるだろう!」

と思わなくてはいけないということです。



この中の「英」という漢字は、

「すぐれている。すぐれた人」

という意味もあるようです。

「英才」や「英雄」という単語がありますね。


「英断を下す」で、「下す」という表現が、多く使われることからも、わかりますが、これは、

「上の者が下の者に、命令を下す」

という行為のことです。

簡単に言うと、

「上から下に行く」

という指示や行為なのです。




「英」という漢字は、他にも、

「花。花房」

という意味もあるようです。

「石英(クオーツ)」という単語が、表しているように、花開いている状態ですね。


これは、

「英断を下すことができたら、その人の人生は花開く。そして、その行為は、永遠に語り継がれる」

ということかもしれません。




もしかしたら、人間というのは、指導的な立場になって、「英断」を下せるようになったら、成熟した魂、つまり、「本当の大人」になれるのかもしれません。


いつの日か、自分が、指導者的な立場になり、判断でも決断でもなく、「英断」を下さなくてはいけない場面に遭遇した時に、ニッコリ笑いながら、この行為ができるようになりたいと思っています。






PS 歴史に名を残している偉人たちは、いろいろな場面で、「英断」を下すことができた人たちだと思います。

だから、名前が後世まで、語り継がれているのです。

写真は、「石英(クオーツ)」です。








☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

AD
いいね!した人

テーマ:
地球全体で、格差社会が、広がってきている気がします。

それも、ますます加速しながら、二極化しているように感じます。



しかし、ここで話すのは、世間一般の視点ではなく、別の角度からの視点です。


一般的に話題になるのは、「経済格差」の話が多いですね。

「少数の富裕層」 VS 「大多数の庶民」

という構造ですね。

特に、アメリカでは、近年、極端な社会問題となっています。


これは、「お金」による格差です。

もちろん、これも深刻な問題ですが、問題の本質は、もっと深い部分にあると思います。

私は、お金というのは、とても大切なものであることは、百も承知ですが、人生の全てだとは、思っていません。


「お金」よりも、重要度が大きなものが、「時間」です。

なぜならば、「お金」は、失っても、再び取り戻すことは、可能ですが、一度失った「時間」は、取り戻せないからです。

例えば、1億円を損しても、その後の10年間で、取り返せる可能性はありますが、無駄に過ごした10年間という歳月は、二度と戻ってきません。

だから、「格差社会」というのは、

「時間をたっぷり持っている人」 VS 「時間がまったく無い人」

こういう構造に変わってきているのです。



もちろん、「お金」でも、ある程度の「時間」は、獲得できますが、金持ちでも、スケジュールが、ビッシリで、時間に追われている人もいれば、貧しくても、時間がタップリある人もいます。

「お金」があっても、「時間」が無い人もいます。

「時間」があっても、「お金」が無い人もいます。

両方とも大事なのですが、昔は、「お金」のほうを優先させる人が、多かったのに対し、「時間」のほうを優先させる人のほうが、だんだん増えてきているような気がします。

「お金と時間、どれか一つを選ぶとしたら、どれがいいですか?」

との質問に、

「時間です!」

と答える人が、多くなってきていると感じるのです。



「お金」が、まったく無い状態では、社会生活を続けるのは、難しいので、「ある程度のお金」は、やはり必要でしょう。

ただ、昔と比べて、特に、若者たちが、「必要以上のお金」に、あまり魅力を感じなくなっているというのが、最近の特徴だと思います。

特に、日本の若者は、そうなってきています。




このように、日本の社会において、憧れの対象が、少しづつ変化しているのです。


おそらく、1980年代までは、「金持ち」に、憧れた人が、多かったと思います。

それが、1990年代、特に、バブルが弾けてからは、だんだん、「時間持ち」に、憧れが移ってきたような気がします。

お金を、たくさんもっていても、時間に縛られている人よりは、お金は、それほどでもないけど、時間をたくさんもっている人に、憧れるようになってきたように感じるのです。




21世紀に入ってからは、さらに、別の流れがでてきたような気がします。


「ある程度のお金」と「時間」があれば、人生の中に、「自由」が生まれます。

「ある程度のお金」+「時間」=「自由」

という方程式が、ある程度は、成立するのです。



しかし、ここでも、人は、二つに分かれます。


十分な時間が、たっぷりできたときに、「自由な時間」に、「自由を感じる人」と「自由を感じない人」に、分かれるのです。


例をあげると、仮に、会社から、仕事の実績が認められ、特別ボーナスのようなかたちで、1ヶ月間の「有給休暇」が、与えられたとしましょう。

ここで、ある人は、

「うわ~! 1ヶ月間も休みがもらえた! 嬉しいな~! よし、この機会に、行きたかった海外旅行に行ってこよう!」

と、ワクワクします。

この人が、「自由を感じる人」です。

「未来に、明るい希望を感じられる人」と言い換えてもいいと思います。

この人は、「意識が自由な人」です。



一方で、ある人は、

「うわ… 1ヶ月間も休むのか… どうしよう… そんなに休んだら、1ヶ月後に、会社に出社した時に、もう自分の席は、無いかもしれないな…」

と、不安を感じます。

この人が、「自由を感じない人」です。

「未来に、暗い不安しか感じない人」と言い換えてもいいでしょう。

この人は、「意識が不自由な人」です。



そうです。

「意識が自由な人」 VS 「意識が不自由な人」

という構造に、最近では、また、変わってきているのです。

これは、「お金」でもなく、「時間」の問題でもありません。

その人の「意識状態」の違いなのです。



では、両者の意識を、分けているものは、何でしょうか?

それは、ズバリ、「自信」だと思います。

これは、文字通り、

「自分を信じること」

なのです。


「自分のことを信じられる人」 VS 「自分のことを信じられない人」

世の中が、この二つに、二極化しているのです。

これが、今の格差社会の本質だと思います。




以上をまとめると、人生において、なによりも、「自信」が、大切だということが、わかると思います。

まとめると、こういう優先順位になると思います。


「自信」 > 「自由」 > 「時間」 > 「お金」


「人生というのは、自信さえあれば、あとは、何もいらない」

こう言いきってもいいくらい、「自信」というのは、最重要に、大切にしなけばいけないことなのです。

逆に言うと、

「人生において、自信がなければ、何をやってもダメだ」

ということです。



では、その一番大切な「自信」は、どうすれば、獲得できるのでしょうか?


それは、もう、コツコツ努力するしかないのです。

そして、「小さな成功体験」を、積み上げることです。

「大きな成功体験」でなくてもいいのです。

「小さな成功体験」を、すこしづつ、着実に積み上げることが、「自信」を獲得する正攻法です。



「それまで、できなかったことに、挑戦して、努力の結果、それが、できるようになった」

人間の人生において、これほど、価値のあることはありません。


たとえば、それまで、腕立て伏せが、1回もできなかった人が、1週間、がんばって、1回できるようになった。

これは、この世界のどんなことよりも、価値のある行為だと思います。

それから、1ヶ月がんばったら、10回できるようになり、3か月で、30回できるようになった。

こういうことを、大切にするのです。


気をつけなくてはいけないのは、こういう努力に対して、

「それが、どうしたの? 腕立て伏せ、30回なんて、大したことないよ! それぐらい、誰でもできるよ!」

と、バカにしたように、否定的なことを言う人の意見は、聞かないようにすることです。

「凄いねー! よくがんばったねー! 30回なんて、素晴らしいよ。この調子だったら、いつか、夢の100回できるかもしれないね!」

と、自分のことのように喜んで、励ましてくれる人の意見だけを、聞くようにしてください。

もし、誰も、褒めてくれなければ、自分で自分に、ご褒美のケーキを買ったりして、称賛するようにするのです。


こういう小さいことを、繰り返していくことでしか、「自信」というのは、獲得できないのです。







「自分を信じること」

これさえできれば、人生の勝利者になれるのです。

そして、それは、それほど難しいことではないのです。







☆これは、7年くらい前に書いたエッセイです。

すべてにおいて、まったく自信を失っていた中学時代に、前述のように、腕立て伏せからスタートして、筋トレを続け、「パワーリフティング」や「アームレスリング」の競技でも、大活躍するようになった、私の「自分史」です。


http://www.tomaatlas.com/lib200.htm






PS 「昨日の自分よりも、今日の自分は成長している」と感じられた瞬間、人間は、「自信」をつけることができるのです。

そして、そういう小さな成功体験で、「自信」を獲得することによって、人生の手ごたえも、感じられるのです。

下記は、大学の頃、私が通っていたトレーニングジムです。

私の人生道場です。

ここで、揺るぎない「自信」を、獲得することに成功しました。


130730_175430.jpg



特に、ベンチプレスで頑張った経験は、今でも、私の自信の原動力になっています。


130730_175455.jpg






☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
新しい読者の方も増えたので、「不思議なペンダント・アセンション」との出会いについて、もう一度、書いてみます。




このペンダントに、出会ったのが、2007年の6月だから、8年になります。

あれから、8年の歳月が、流れたのですね…


今でも、毎日、首から下げています。

こんなに長いこと、愛用しているパワーグッズは、これだけです。

よっぽど、神のパワーを、発しているのだと思っています。


150615_110850.jpg




2007年の春から夏にかけて、昔、サラリーマン時代の知り合いの男性、Uさんが、失業して、半分ホームレスのような生活を始めたので、いろいろと相談にのっていました。


教会で生活したり、漫画喫茶で寝泊りしたり、公園で野宿をしたりしていました。

数ヶ月に1回くらいの頻度で、一緒に食事をしながら、就職の相談などを聞いていたのですが、だんだん、自分ができることに、限界を感じていました。

このUさんは、すでに、ご両親がいなく、奥さんも子供さんもいませんでした。

お世話をする人が、誰もいないのです。

お兄さんはいるのですが、仲がわるく、アパートを借りるときや、就職をするときの保証人ににも、なってくれない状況でした。

就職も、人間関係が下手で、長続きしなく、当時62歳という年齢は、やはり、就職に不利な条件が重なっていたのです。

ただ、とても純粋で、やさしい心の持ち主でした。

サラリーマン時代、いつも一緒にランチを食べていた仲なので、やはり、どうしても冷たく突き放すことは、できませんでした。

ただ、いろいろ、手はつくしたのですが、どうしようもない状態になっていたのです。

「どうすれば、Tさんのような人が、生きがいや希望をもって、仕事をしたり、ワクワク人生を、毎日送ることができるのだろうか? これからも、Tさんのような人は、たくさん、日本にも出てくる。この問題を、解決する、いい方法はないだろうか?」

いつも、こういうことを、考えていました。

「トーマさん、私は、もうだめです。どこでも、生きていけません。これから、富士の樹海に行って、死んできます…」

いつも、このような弱音をはくUさんを、励ましながら、1年ちかく過ぎていました。

 


ちょうど、そのとき、知り合いのTさんという女性が、田舎に引越して、自給自足の農業を、主体にした、村づくりをはじめていたことを思い出し、このTさんの村に、失業中のUさんを紹介しました。

「ねえ、Uさん、どうせ、死ぬ覚悟をしたんだたら、一度、田舎で、自給自足の生活をしてみませんか? 知り合いのTさんという女性を、紹介しますよ。」

こういって、ついに、Uさんに、Tさんの村に、行ってもらうことになったのです。

それから、数日して、私も、友人を誘って、Uさんも住み込みを始めた、Tさんの家に遊びに行ったのです。

東京から、高速バスで、5時間のある田舎の村でした。

Tさん、Uさんと久しぶりに再会し、楽しく語り合いました。

その時に、Tさんから聞いた話は、たいへん示唆に富む、素晴らしい話でした。

 


このTさんも、たいへんスピリチュアルな方で、この村づくりも、ある日、天啓のようなものを受け、この村づくりを、思い立ったのだそうです。

当時、Tさんから、聴いた話を、いくつかまとめますね。


○まず、Tさんも、アセンションについての定義が、私と同じで、「素直になること」だと、思っているようです。

○それにともなって、やはり、同じように、ビジネスも、ホワイトマジック系のいわゆる、「普通の仕事」、ものを作り出す仕事が、見直されるだろうと、考えていました。

○その中でも、特に、食べ物をつくりだすような、第一次産業が、見直されるだろうとも、考えていました。

○一環として、農業、特に、無農薬、有機栽培の作物を育てることが、大事だと話していました。

○だいたい、ここまでは、よく聞く話でした。

でも、今までにも、たくさんの人が、田舎暮らし、自給自足の生活を夢見て、都会から、田舎に移り住み、こういう村をつくろうとしたのですが、失敗に終わった例がたくさんあります。

Tさんは、もう少し突っ込んで、人間の集まるコミュニティについて、考えていました。

○大切なことは、「絶対に、閉鎖的な村にはしない」ということだそうです。

いろいろな宗教団体も、こういう村を、つくろうという試みをしてきましたが、失敗した一番の理由は、クローズにしたことだったみたいです。

「自分たちは、特別な使命をもって、村づくりを、しているんだ」

こういう気持ちが、昔から、その村に住んでいる人たちと、壁をつくり、敵対してしまうとのことでした。

心理的な境界線を、つくってしまうのですね。

○現代は、まったくの100%の自給自足は、現実的に、難しいと判断したようです。

やはり、最低限の電気、ガス、水道、家賃などは、必要だと言っていました。

携帯電話やパソコンなど、たしかに、現代は、あったほうが便利なのです。

ただ、必要以上の電化製品、テレビなどは、あまり使っていないようでした。

○こういう、「自給自足の村づくりを、ここでやっています!」などの話は、あまり言わないほうが、いいとも、言っていました。

これも、特別な目で見られ、村人を、敵にまわす要因になるのだそうです。

村は、都会よりも、人間関係は、より難しいのだと言っていました。

○人がまったくいない村は、現実問題として、やはり住みにくいようです。

ある程度は、いざというときに、助けてくれるような人が、住んでいるところが、いいみたいです。

○村は、最初に顔を覚えてもらって、なじむまでに、すごく時間がかかるそうです。

一方で、一度心を開くと、皆、とても暖かく接してくれるそうです。

都会の人は、人間関係の構築を急ぎすぎて、田舎ぐらしが、うまくいかなくなることが多いそうです。

まずは、あたりまえに挨拶をしたり、特別なことは、やっていないということで、安心してもらうことが、大事なようです。

○Tさんの家は、とても広く、20人~30人くらいは、雑魚寝できそうなかんじでした。

○他にも、たくさんの空き家などもあり、家賃も、だいたい月に2万円くらいから、住めるそうです。

一軒家に、月、2万円で住めるのです。

しかし、大家さんは、不審な人には、どんなにお金を積まれても、貸さなかったりして、やはり、人間関係が、お金よりも優先するそうです。

逆に、

「この人は、いい人だ」

と思ったら、無料で、貸してくれたりすることもあるそうです。

○Tさんは、自分の小さい畑も、もっているようですが、これも、じっくり時間をかけて、信頼関係を築いてから、譲ってもらったものだそうです。

○Tさんは、まったく農薬をなどを使わないで、農作物をつくっていましたが、この「無農薬」の農業をやっていることも、秘密にしていました。

なぜならば、他の畑の人たちは、農薬を使っているために、こういう「特別な農業」だとわかったら、その村の農民と、あと、「農協」を、敵にまわす可能性があるそうです。

「村社会」とは、本当に複雑で難しいですねー。

○Tさんは、農薬の代わりに、特別な微生物を利用した、「水」を使って、美味しい作物を、つくっていました。

これも、自分からは、絶対に、

「特別な水を、使っています」

とは、村人に、言わないそうです。

その後、後から、Tさんの畑の作物の具合がいいので、まわりの畑の人が、

「どうしてですかね?」

と尋ねてきて、少しづつ自然農法が、広がっていっているとのことでした。

○他にも、たくさん話は、ありますが、Tさんは、大変な現実主義者で、夢や理想だけでは、動いていないということに、気がつきました。

人間の残酷さや恐ろしさ、醜さなども、知りつくした上で、この村づくりを、やろうとしていることに、感動しました。

今まで、他の人たちが失敗してきたのは、閉鎖的でクローズの村をつくったり、特別意識をもって壁をつくったり、田舎の人間関係を甘くみたことが、長く続かなかった理由かもしれません。

○村に住むことを希望する方は、面接をして、いろいろ事情を聞いてから、この村に、住んでもいいかどうか、決めるとのことでした。

基本的には、将来的には自立して、ちゃんと自分の仕事をもつことが、できる可能性があるかどうかが、チェックポイントだという話でした。

○まったく無料というわけではなく、いろいろな諸経費などが、かかるので、一人、月に、3万円は、払ってもらうことにしたとのことでした。

○Tさんは、将来的には、農業だけでなく、畜産業や林業、また、家具などをつくる場所、絵や音楽などをやっている若者が、生計をたてていけるような、イベントや産業なども、考えているという話でした。

○現在、ネット難民などと呼ばれている若者、生きがいをもてない人、組織の歯車にはなれない人、人間関係が苦手な人、家族と仲が悪く、家出を考えているような若者、不登校の学生、失業者などを、この村に集めて、「生き方教室」のような講義もできるような、「学校」もつくりたいと考えていました。

○外国の人も招待して、この村で、日本の最先端の農業などを学んでもらったり、逆に、日本のこの村から、世界中に、農業指導をするような若者を、世界中に派遣することも考えているようでした。

○私も、宇宙存在、「バシャール」の本を読んで、いつか、皆が、毎日ワクワクしながら、本当に好きなことだけをやって暮らし、それでも、皆が、調和をとって生きていけるような、「愛の町」、「愛の国」、そして、「愛の惑星」を、夢見ているのですが、なんか、この村を見ていて、小さな第一歩を、踏み出したような気がしました。




Tさんの家では、夜、この村でとれた、米や野菜、味噌などでつくった夕食を、食べたのですが、本当に美味しかったです。

夜遅くまで、皆で、夢を語り合いました。


この夜、今まで、失業生活で、ずーっと苦しんできたUさんが、初めて大声をはりあげて笑いました。

腹を抱えて、笑ったあとで、

「トーマさん、ありがとうございます。私、こんなに、心の底から笑ったの、10年ぶりです。笑うって、いいですね…。ここにいると素直になれます。畑で土を触りながら、草むしりをしているだけで、本当に幸せを感じます」

と言ったのが、今でも心に残っています。




☆下記の写真が、その時の写真です。

懐かしいですね…。

左から、Uさん、私、Tさん、そして、村の方たちです。

2007年6月です。


$精神世界の鉄人のブログ



Tさんの畑で、村の人たちと、談笑している写真です。











それから、その夜に、「不思議なペンダント・アセンション」の話題になったのです。

Tさんの親しい友人に、天才発明家がいるという話を聞いたのです。

この方が、不思議なペンダントを、発明したという話でした。

現在は、仲のいい友人ですが、その当時は、「宇宙人の魂をもつ人」とだけ聞きました。




ペンダントの中身は、ペリドットやチタン、金、真鍮、そして、未知の物質から、構成されているとのことでしたが、装着してみて、凄まじいパワーを、感じました。

1991年から、精神世界の業界に入って、いろいろなパワーストーン、波動グッズを試してきましたが、それらのものと、比較にならないくらいのパワーでした。

オーラやチャクラなどの修復はもちろん、いろいろな霊的な障害を、改善していくのが、感じられました。

普通のパワーストーンの10倍以上のパワーがあることが、わかりました。


巷に、出回っている、ヒーリンググッズや波動グッズのほとんどは、宣伝だけは、凄いのに、中身は、大したことがないもの、ばっかりですが、このペンダントは、本物中の本物です。

ネガティブなエネルギーを、全部、ポジティブに変える、不思議なペンダントです。

通常のパワーストーンやヒーリンググッズ、波動グッズは、ネガティブを、「防御」するくらいなのですが、このペンダントは、ネガティブをポジティブに、「変換」するくらいのパワーを、感じました。

電磁波などもカットしますが、人間のネガティブな想念など、完全にブロックします。

特に、ヒーラーの方は、身につけると、ぜんぜん違う効果に驚くと思います。

Tさんは、これをつけて、代謝がよくなり、何もしないで、1ヶ月に、体重が、5キロ落ちたとのことでした。


私も、装着しましたが、身体中に、ビリビリと電流みたいなものが走りました。

「プラーナ」とよばれているエネルギーが、急速に入ってきて、ビックリしました。

「ウワー!!!! なっ、なんだ、このペンダントはー!!??」

と、思わず、大声を張り上げてしまいました。

あまりの効果に、大感激して、その場で、すぐに買いました。

もう、ずーっと、探し求めてきた、ヒーリンググッズでした。


その後、私の親しい友人たちにも、試してもらいましたが、スピ系の友人のほどんどが、

「キャー!!! 何、これ!!?」

と叫び声を、あげました。

女性は、ほとんどの方が、何か感じるみたいでした。

特に、「レイキ」をされている方は、効果が、わかるみたいでした。


まったく何も感じない方もいましたが、ほとんどの方が、3分~5分で、いろいろ感じるみたいでした。

装着すると、ビックリするくらい、まったく疲れなくなりました。


ただ、これは、その発明家が、一人で、じっくり時間をかけて作成するので、1ヶ月に数えるくらいしか、作成できないとの話でした。

心をこめて、1個づつ、作成するらしいので、大量販売をするつもりはなく、店頭での販売も、やらないとのことでした。

私は今でも、これが、「キング・オブ・ヒーリンググッズ」だと、確信しています。




もう少し、製品の説明をしますね。


といっても、私も、実はよく原理や仕組みは、わからないので、あくまでも、個人的な感想ですけど…。

まず、これは、宇宙エネルギーを、正常に戻すような作用が、あるような気がします。

本来のエネルギーを、加速させる感じかな? 


これ自体が、「陰」と「陽」のエネルギーを、完璧に、バランスよく、放出しているそうですが、もっと、わかりやすい表現をすると、「ブラックホール」と「ホワイトホール」の空間が、もしかしたら、ペンダントの周りに、できているのかもしれません。

悪いエネルギーを、全部吸い込んで、それを、全部いいエネルギーに変換して、放出しているような気がします。

ひたすら、なにもかも、よくしてしまいます。

自分の感じたところでは、ペンダントの半径、3メートルくらいに、そういう空間が、できるようです。


この宇宙エネルギーは、生命体を、若返らせる効果があるみたいです。

動物はもちろん、植物や鉱物も、元気にするみたいです。

あと、特に女性の肌も、綺麗になります。

やはり、どんな美容法よりも、細胞に、宇宙エネルギー(プラーナ)が入ることが、アンチエイジングには、大切みたいですね。

ペンダントをつけて、しばらくすると、ビリビリとしたエネルギーを、感じる人も、多いみたいですが、急速に自分の周りの宇宙エネルギーが、正常な方向に、加速しているのだと思います。




宇宙存在、バシャールの講演会を、昔、聴いたときに、バシャールが、大変興味深い話をしていました。


バシャールによると、宇宙の根本のエネルギーは、「ネガティブ(陰)」と「ポジティブ(陽)」から、できているそうです。

さらに、彼によると、「ネガティブ(陰)」と「ポジティブ(陽)」の定義は、それぞれ、

「ネガティブ(陰)」=破壊、争い、攻撃、戦争、競争、分裂、こわさ、恐怖

「ポジティブ(陽)」=創造、助け合い、受容、平和、共生、統合、やさしさ、安心

なのだそうです。

あくまでも、バシャールの個人的な定義です。


人間は、この「ネガティブ(陰)」と「ポジティブ(陽)」割合を、

「50%:50%」

だと考えている人が多いみたいですが、実は、この割合だと、力が完璧に、拮抗している状態なので、エネルギーが停滞し、進化しなくなるそうです。

本当の宇宙のエネルギーの秘密は、この「ネガティブ(陰)」と「ポジティブ(陽)」の割合は、

「49%:51%」

なのだそうです。


「ポジティブ(陽)」のエネルギーが、実は、2%上回っているのだそうです。

この割合だと、「ポジティブ(陽)」の力のほうが上回って、優先するので、エネルギーが、動き出し、進化するのだそうです。

大切なことは、間違っても、ネガティブな方向には、いかないということです。

時間は、かかりますが、少しづつでも宇宙は、ポジティブな方向に動くのだそうです。

この仮説は、科学的な検証は、難しいのですが、なんとなく、直感的に正しいような気がします。

地球の歴史をみても、小さいスパンで見れば、悪いことも、たくさん起こっていますが、大きなスパンで見れば、やはり、少しづついい方向に、向かっていますよね。

やはり、「怖さ」よりも、「優しさ」のほうが、全体としては、上回っているような気がします。


そういえば、「優しさのほうが、先に行く」という漢字が、「優先」ですよね。

昔の人も、ことことを、感覚で、よく知っていたのかもしれません。



このペンダントは、表面が、真鍮で構成されています。

いろいろな科学的な理由から、この金属部分は、何も加工しないで、そのままに、なっているようです。

だから、すぐに錆が、つきやすくなります。

また、汚れやすいです。

少しキズが、つくくらいは、効果に影響はありませんが、錆は、大きく影響するみたいです。

触ってもいいのですが、その場合、身体の脂で、汚れやすくなるので、こまめに磨く必要がでてきます。


ポケットにいれたり、部屋に置いておくだけでも、いいですが、やはり一番効果が、あるのは、胸の位置に下げることみたいです。

ここは、ご存知のように、ハートチャクラがあり、7つの主要チャクラの中心になります。

だから、ここから、エネルギーが、上と下の他のチャクラ全体にも、流れていくそうです。

他のパワーストーンやお守り、波動グッズとの併用も可能です。

他のこれらのものも、ペンダントは、エネルギーを、3~5倍にパワーアップさせるようです。


3日~7日で酸化して、表面に錆がついてきます。

錆で汚れると、パワーが半減するみたいです。

特に、パワーストーンのように、セージや塩水などによる浄化は、必要ありませんが、金属部分を、こまめに、磨く必要があります。


太陽エネルギーが、原動力なので、たまに、日光に、当てたほうがいいみたいです。

「愛」もエネルギー源みたいなので、ペンダントを愛してあげてください。


いろいろ試しましたが、ドイツ製の精密機械を磨く専用金属磨き粉、「GLANOL(グラノール)」が、一番、いいみたいです。

ペンダントの紐は、電気を通す導体の紐、金属製の紐はさけてください。

特別な電流も、流れているそうですが、紐を金属製にすると、この電流が逃げて、効果が半減するそうです。

下げる紐は、必ず絶縁体である、皮や布、麻などを使ってください。

他の波動グッズと併用してつける場合、それらの金属は、特に、影響はうけないようです。

ペンダントにつける紐だけ、絶縁体にするように、注意してください。


私は、お風呂などの水に、触れそうなときは、外しています。

あと、自分にとっては、エネルギーが強すぎるので、眠るときも、外しています。

元気になりすぎて、眠れなくなります。(笑)





☆写真は、不思議なペンダント、「アセンション」の写真です。

なんの変哲もない、普通のペンダントに見えますが、凄まじいヒーリングパワーを、放っています。

敏感な方は、写真からも、エネルギーを感じるみたいです。

大切な人への誕生日やクリスマスなどのプレゼント用に、購入する方も多いそうですね。


150615_110912.jpg




☆さらに詳しいお問い合わせは、下記のサイトから、友人の有明さん(トリプル向日葵さん)に、お願いしますね。


○「トリプル向日葵」

http://triplehimawari.ocnk.net/







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
久しぶりに、はやし浩司さんの動画を、紹介します。

興味深いです。



「ナスカ理論」から、日本列島が、特別な島だったということを、証明しています。

このラインを描いた「神々(宇宙人たち)」という存在は、本州と九州だけに、注目していたようですね。

四国や北海道、そして、沖縄などは、描かれていないようです。

本州の中でも、青森県、それから、北陸地方や紀伊半島も、描かれていません。

どうしてかな?

四国と北海道、沖縄、青森、北陸、紀伊半島は、別のグループの「神々(宇宙人たち)」の管轄だったのかもしれません。

もしくは、その当時は、まだ、それらの島やエリアは、別の場所にあったのかもしれませんね。

私は、後者の可能性のほうが、大きいと思います。

九州も、現在の桜島のある鹿児島湾が、やけに大きかったり、九州自体が、横向きに描かれていますが、その当時は、そういう位置にあったのかもしれませんね。



ぜひ、動画を見てみてください。



○「日本は神々の国だった」

https://www.youtube.com/watch?v=mZlSPKH5Awk







☆7月5日(日)の「沖縄ピラミッドツアー」は、あと2名様で、締め切らせていただきます。

参加をご希望の方は、早めに、お申し込みください。

今回も、素敵なメンバーでの素晴らしい旅行になりそうです。

今から、ワクワクしています。

ブログに書いていないような、とっておきの話を、たくさん話しますね。



○「沖縄ピラミッドツアー」


http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12032645750.html






PS 日本の古代文明、謎に包まれていますね。

これは、読者の方から送っていただいた写真です。

縄文時代の土偶も、もしかしたら、本来は、こういう金メッキの像だったかもしれませんね。


Kame1.JPG





☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
北極上空を通過しながら、地球軌道を移動している、謎の巨大人工衛星が、存在しているそうです。

これは、「タイムズ誌」や「NASA」も認めているそうです。

謎の物体は、

「"Black Knight" Satellite" ブラック・ナイト・サテライト(黒騎士の衛星)」

と名づけられているそうです。




この人工衛星の存在は、1960年から、確認されているそうです。

有名な科学者、ニコラ・テスラも、この存在を知っており、この衛星とコンタクトをしていたようです。

ある学者のグループは、この物体は、近代からではなく、もっと大昔から、地球の上空に滞空していたのではないかと、考えているそうです。



「NASA」によって提供された、「黒騎士の衛星」の写真です。






わりと近くからの写真です。






これは、想像図だそうです。







謎は、どんどん深まっているようですが、ここで、宇宙考古学的な解釈を、試みてみましょう。



こういう場合、情報量も少ないので、最初から、答えをだすことは、目的にしません。

とりあえず、自分の持っている知識の中から、おもいっきり思考を柔軟にして、共通項を繋いでいきます。

それから、大胆な仮説を立ちあげ、こうやって、ブログやメルマガなどで、発表してみるのです。

それが、呼び水になって、いろいろな人の意見が集まり、結果として、答えに少し近づくこともあるのです。



だから、私の勝手な空想をベースに、まずは、仮説を立ててみます。


最初に、この衛星の形を見た時、すぐに、去年訪れた、青森県の「小牧野遺跡のストーンサークル」を、思い出しました。



これです。

衛星の形に、似ていませんか?






そこには、いくつかの「環状列石(ストーンサークル)」 があったのですが、その中に、「馬頭観音」の文字が刻まれている立石が、二つありました。

この文字は、江戸時代くらいに、刻まれたそうです。






一般的な解釈では、この立石は、「馬の供養碑」として利用されたということになっています。

もちろん、この土地の歴史を調べると、それも事実だと思うのですが、私は、もっと太古の時代には、別の目的にも、使用されていたと考えています。




ストーンサークル自体は、日時計などにも、使われたようですが、他にも、宇宙人たちとのコンタクトにも、使われていたようなのです。

この石によって、テレパシーを増幅して、遠くの惑星と、通信していたようなのです。



また、一説によると、日本中にある、「馬の頭」を祀る石や岩などは、もともとは、「馬頭星雲(ばとうせいうん)」を信仰していたグループの拝所だったそうです。

昔から、この星雲が、地球に近づくと、天変地異が起こると言う伝説があって、それを、鎮めたり、回避するために、巫女さんなどが、祈ったりしていたそうです。

望遠鏡もない時代に、この星雲の存在を知っていた人たちがいたんですね。

おそらく、超能力のような霊視などで、見ていたのだと思います。






天文学的には、「馬頭星雲」とは、オリオン座にある暗黒星雲だと、言われています。

方角的には、オリオン座の三ツ星の付近にあるそうです。

SFアニメなどにも、たまに出てきますが、その名前の通り、馬の頭に似た形の星雲で、散光星雲を背景に、馬の頭の形に、浮かびあがって見えます。

この星雲は、近代の科学界においては、1888年に、ハーバード大学天文台の写真観測によって発見されたそうです。




「馬頭観音」という存在は、一般的には、頂上に馬頭をいただく観音像で、憤怒面をかぶっています。

こんなかんじですね。






しかし、「本寿院」という寺の「馬頭観音」は珍しく、実際の馬が、法衣を着て、数珠を持って、座っています。






私は、こちらのほうが、本来の馬頭観音だったんじゃないかと、思っています。




これらの話を、全部繋げてみますね。



太古の時代から、「黒騎士の衛星」という人工衛星は、地球の監視やサポートのために、地球の上空に、滞空していた。

そこから、世界中のストーンサークルに、特殊な電波を送り、地上で作業しているメンバーとも、交信していた。

そのメンバーは、馬の頭をした宇宙人グループだった。

地球の人々は、彼らのことを、後に、「馬頭観音」と呼ぶようになった。

彼らは、「オリオン座」の宇宙人グループで、特に、「馬頭星雲」の近くから、やってきていた。

この星雲が、地球に近づき、天変地異が起こりそうになったら、自分たちのことを尊敬している巫女たちに、それとなく、警告のメッセージなどを、伝えていた。



これらのストーリーは、前述したように、私の勝手な空想です。

証拠などは、ありません。

でも、想像していると、楽しくなってきますね。

それでいいのです。(笑)






☆「黒騎士の衛星」の動画です。


○「13000 YEAR OLD SATELLITE, THE FULL STORY OF THE BLACK KNIGHT UFO 2013 HD」


https://www.youtube.com/watch?v=lT4Vq32zlDs









☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
野生のゴリラに、出会った動画がありました。

興味深いです。

動物園などでは、よく見ますが、野生のゴリラとの遭遇体験は、貴重ですね。




一般的にゴリラは、温厚な性格ですが、その怪力で、殴られたりしたら、大変なことになると思います。


昔のヨーロッパでは、ゴリラも、雪男やネッシーのような「UMA(未確認動物)」の扱いだったそうです。

探検家たちが、どんなに、絵を描いて、

「アフリカの山奥に、こんな凄い動物がいる!」

と説明しても、誰も信じなかったそうです。

それが、とうとう、アフリカで一頭捕まえて、サーカスなどで展示してから、皆が、その存在を、認めたようです。

だから、現在、私たちが、UMAだと思っている生物も、そのうち見つかるかもしれません。



宇宙考古学的には、太古の昔、宇宙人たちが、人類を、遺伝子操作をしながら、創った時に、最初に、試作品として、いくつかの動物を創ったという説が、最近では有力みたいです。

ゴリラやチンパンジーなどの類人猿は、その時の試作品なのだそうです。

その後、かなりの試行錯誤の結果、ようやく、人類は、完成しなのだそうです。

そういう目で、彼らを見ると、また、違った存在として、見えてきますね。



ゴリラには、人間がもっているような「社会的なエゴ」が、ないそうです。

「金持ちになりたい!」

「出世したい!」

という願望ですね。

宇宙人たちが、試しに、そういう生物を、創ったのかもしれません。


「人間から、社会的なエゴを、まったく無くしたら、どういう社会ができるのか?」

というモデルが、ゴリラの社会だそうです。




いつか、アフリカに行って、野生のゴリラに、会ってみたいです。

腕相撲を、挑戦してみようかな?

う~ん、無理そうだ… 

やっぱり、やめとこう…(笑)





☆野生のゴリラの動画です。



○「野生のマウンテンゴリラの群れがカワイイ」


https://www.youtube.com/watch?v=Yb3DPFQEZnk






○「松村邦洋さん、伝説のゴリラ事件!!」


https://www.youtube.com/watch?v=zwM4p2hXMxI







PS 野生のゴリラの家族、会ってみたいです。







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
お待たせしましたー!

久しぶりのセミナー開催です。



いろいろな生き方の講座がありますが、

「魂(本当の自分)の今生での設計図は、どうなっているのか?」

これを、知っているのと、知らないのでは、やはり、生き方が違ってきます。

この機会に、ぜひ、自分の人生の大まかな「ブループリント(青写真)」を、確認してみてください。


前半は、簡単な「キネシオロジー」の理論と技術を、学んでいただきます。

後半から、これをつかって、自分の魂が、本当に求めているものが、何なのかを、魂に、いろいろな質問を投げかけて、体感しながら、それを確認していきます。


ブログやメルマガなどのインターネット上では、書けなかったことなども、このセミナーでは、話せます。

いろいろな話を、深く語りあえるのを、楽しみにしています。




<魂の設計図 in 東京>


<満員御礼! 予約申し込み締め切らせていただきました。ありがとうございました。>


〇日時:2015年7月26日(日)13時55分(受付開始) 14時15分~17時15分


〇場所:東京都大田区西蒲田の私のオフィスで、開催します。

詳しい住所などは、別途、メールにて連絡させていただきます。


〇内容:仕事こと、恋愛や結婚などの人間関係で、悩んでいる方、そして、本当に幸せな人生を生きたいと、思っている方に、オススメのセミナーです。


キネシオロジーを使って、自分の心の奥底を、見つめるワークをやります。

特に、人生において、大きな岐路(ターニングポイント)を迎えたと感じている方に、ぜひ受けていただきたいです。

「トーマ流の生き方講座」みたいな内容になると、思います。


「運命は、決まっているのか?」

「自分が、現在やってる仕事は、本当に魂が、望んでることなのか?」

「ライフワークは、いつ頃、見つかるのか?」

「自分が、付き合っているパートナーは、本当のソウルメイト(運命の人)なのか?」

「本当のソウルメイトには、いつになったら、出会えるのか?」


こういうことを、キネシオロジーで、遊びながら、確認してみてください。



以前に書いた、セミナーの内容です。

http://www.tomaatlas.com/wakuwaku.htm


○定員:10名 深い話がしたいので、少人数とさせていただきます。

定員に達し次第、申し込み締め切らせていただきます。


○受講料:2万円 

お振込み方法などは、別途メールで、ご連絡いたします。


○その他:脚を上げるワークも、やるかもしれないので、女性の方は、ズボンスタイルで、お願いします。

ペットボトルの「お水」も、1本持ってきてください。(お茶やジュースは、不可です)

セミナー終了後、懇親会も予定しています。

こちらも、時間や場所などは、別途、ご連絡いたします。




☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp







☆キネシロジー、楽しいですよ!

$精神世界の鉄人のブログ



精神世界の鉄人のブログ border=




☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm





☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

テーマ:
「紀伊国ヒストリーツアー」も、大反響だったみたいですね。

「いいね!」や「ぺタ」のボタンも、ありがとうございます。

感想メールも、全てに返信はできませんが、貴重な情報など、大感謝です!


また、行きたい場所が、たくさん出てきました。


夏の間には、再度、沖縄に向かいます。

それから、出雲のあたり、北陸地方にも行ってみたいです。

あと、今年中に、京都府、兵庫県、徳島県、岐阜県、滋賀県にも行くかもしれません。

九州や四国、北海道なども、久しぶりに行ってみたいです。

日本は、歴史的に価値のある宝物が、山ほど眠っている宝の山なんですよ。




大学時代に、恩師である、宮城先生の講義を受けてから、世界の真相に興味をもちました。

それから、政治や経済の裏側にある真相を、いろいろ調べてきました。

いわゆる、「陰謀論」というやつですね。


これを、調べているうちに、その本質が、だんだんわかってきました。

ほとんどの書籍やサイトは、「根っこ」や「幹」の部分には、言及していません。

「枝葉」にあたるような、表面的で、枝葉末節の情報ばかりです。

そんな断片的な知識を、いくら集めても、世界の真相には迫れません。




世界を動かしている「闇の権力」みたいなものは、しょせん、人間がやっていることです。


こういう「陰謀」や「謀略」というのは、根本に、「お金」や「権力」、「支配欲」などがあり、そういうもので、動いています。

だから、「お金」や「食糧」や「エネルギー」などの流れを見れば、だいたいの構造が、見えてきます。

よくわからない戦争や紛争、そして、テロや事件が起こっても、

「最終的に、誰が得をするのか?」

を考えれば、すぐに犯人のグループが、わかってしまいます。


さらに、最近では、世界中で起こっている「陰謀」の仕掛け方に、法則性があることまで、解明されてきて、全ての陰謀が、その方程式のようなものを、いくつか、組みわせているだけだということまで、わかっています。


要するに、底が浅いのです。

人間の考えることは。




これが、数万年以上前から、地球の人類の歴史に関わってきた、宇宙人たちとなると、話は違ってきます。

彼らは、それらを、遥かに凌駕する仕掛けを、大昔から、やってきています。

これを、知ってからは、人間のやるような陰謀には、あまり興味がなくなってきました。


世界中のあらゆる土地で、「神々」と呼ばれ、崇められてきた、「宇宙人たち」が、後世に残るように、そして、それが、理解できる人たちだけのために、いろいろな情報を、パズルや知恵の輪のような暗号にして、残していたことが、どんどん、わかってきているのです。

こんなに、胸が躍るようなことは、あまりないと思います。

「宇宙人たちとの知恵比べ」

なのです。

とは言っても、相手が、遥かに賢いので、実際には、お釈迦様の手のひらで、踊らされているような気分になるのですが、いずれにしろ、ロマンを感じます。



彼らにも、いろいろなグループが存在していて、様々な価値観があるようです。

また、レベルやランクもあるようなのです。

人間の世界でも、そうですが、宇宙人たちも、高度に進化している存在になるにつれて、とても「大きな愛」で、動いています。

そこが、人間がやっているような「陰謀」とは、違うところです。

様々な仕掛けを、解いているうちに、彼らの「大きな愛」が、わかることが、しばしばあります。

そのたびに、驚かされ、感動します。




最近では、友人たちと集まっても、「宇宙考古学」の話題で、盛り上がります。

皆で、

「あーでもない」

「こーでもない」

と、いろいろなアイデアを出しながら、宇宙文明や地球文明のことを、考えるのが、とても楽しいのです。




まずは、自分の近所にあるような「遺跡」や「古墳」、そして、「寺」や「神社」などを、訪ねてみてください。

何か面白い発見があるかもしれませんよ。

また、「神話」や「伝説」なども、もう一度、読んでみてください。

荒唐無稽だと思われていた話が、案外、真実だったりするのです。



ただし、よっぽど、国語力や語学力がある人以外は、昔の文献を、原書で読むことは、オススメしません。

すぐに、嫌になって、やめてしまうのが、オチです。


私のオススメする方法は、「マンガ」です。

歴史を学ぶのに、一番いいのは、「マンガ」なのです。

「アニメ」や「ドラマ」、そして、「映画」でも、いいのですが、アニメや映画などは、勝手に、映像が動くので、なかなか途中で、熟考できません。

また、最近の「映画」などは、CGの技術だけが凄くて、中身は、たいしたことがなかったりもします。


それに対して、「マンガ」は、絵があるので、イメージしやすいし、なんといっても、途中で読むのを中断し、気になった場面を熟考しながら、自分のペースで読めます。



子供の頃から、「三国志」や「ブッダ」、「火の鳥」などが、好きでした。

これらの作品で、「中国」や「インド」、「日本」の歴史に、興味をもちました。

他にも、「ベルサイユのバラ」で、「フランス」の歴史に、興味をもち、「トム・ソーヤーの冒険」や「ハックルベリー・フィンの冒険」で、「アメリカ」の歴史に、興味をもちました。

このように、「絵」というのは、「文字」だけの表現よりも、心に残りやすいのです。


「絵」+「文字」の「マンガ」は、子供だけでなく、大人にとっても、歴史の勉強に、最高の教材なのです。




「歴史」の勉強をする場合、前述したように、ここでも、「枝葉」の勉強では、ダメです。

まずは、「根っこ」や「幹」に相当するものから、学んだほうがいいです。


その「根っこ」や「幹」にあたるものは、日本史だったら、「古事記」です。

世界史だったら、「聖書」です。

とりあえずは、このあたりを、学び直すことを、オススメします。

しかも、「マンガ」で、学ぶのがいいのです。



これらを扱った作品は、たくさんありますが、下記の二つの作品が、超オススメです。

二つとも、少女マンガの巨匠である、里中満智子さんの作品です。

素晴らしいです。



○「まんが古典文学 古事記 (全二巻)」 里中満智子 著 小学館


150614_173305.jpg



○「まんが 旧約聖書 (全三巻」 里中満智子 著 中央文庫


150614_173532.jpg






PS 地球のおける、人間の歴史って、本当に面白いですねー








☆7月5日(日)の「沖縄ピラミッドツアー」、まだ、残席があります。

希望者は、お早めに、お申し込みください。

この旅行は、凄いことになりそうな予感がします。



http://ameblo.jp/tomaatlas21/entry-12032645750.html



☆参加ご希望の方は、私、トーマまで、メールお願いします。

トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp







☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas




☆キネシオロジーの個人セッションも、やっています。

こちらも、ぜひ体験してくださいね。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm




☆精神世界のランキングです。1日1回、ポチッと、クリックお願いしますね。↓



にほんブログ村 哲学ブログ スピリチュアル・精神世界へ

ペタしてね

読者登録してね

アメンバー募集中

フォローしてね

Twitterボタン
Twitterブログパーツ

トーマ イタル

バナーを作成


以上




♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪♪


トーマ

toma_atlas@yahoo.co.jp



☆日記(エッセイ)の過去の全バックナンバーです。

http://www.tomaatlas.com/library00.htm

☆「精神世界の鉄人」のメルマガも、発行しています。

http://www.melma.com/backnumber_38906/

☆キネシオロジーの個人セッションです。

http://www.tomaatlas.com/soul.htm

☆MIXI内にも、「精神世界の鉄人」のコミュを、作成しました。

http://mixi.jp/view_community.pl?id=4663380



☆精神世界の面白いサイトが、たくさんあります。 ↓

http://airw.net/newage/rank.cgi?id=atlas

☆「光のネットワーク(リンク集)」です。

http://www.tomaatlas.com/linksnew.htm

☆私のメインサントです。 ↓

http://www.tomaatlas.com/




☆「精神世界の鉄人」のグルっぽです。

いいね!した人

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇