東京タワーサイドメモリー

あの時君はここにいて僕もここにいた。僕達の前にはいつも東京タワーがあった。
あの頃のトキメキいつまでも忘れないでいたい。


テーマ:
東京タワーサイドメモリー-20081223200749.jpg
今日は東京タワー50才の特別な記念日。
なのにボクは25才のこちらにいます。
裏切ってしまった…。
AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

テーマ:

ど~も、アノ晩以降、引き摺ってますね。


このままだとイクとこまでイッてしまいそうで不安です。


もしかすると、長くても年内まででしょうか。


早ければ数日内にも…。



まぁ、自分でもよく分からないというか、すっきりしないだけなのかもしれませんが。



AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

前略 


角松様




19日の今宵、中野サンプラザでお元気そうなお姿を拝見しました。


少年のような、可愛らしい(失礼しました!)楽しそうな笑顔を間近で拝見し、


私も嬉しく思いました。




モア・アンコールでラストに歌って頂いた「砂浜」、最高でした。


これを聞くため3時間待った甲斐があったというものです。




何でも私の誕生日に新しいアルバムをリリースされるようで、


これもまた大変嬉しく思っております。




来年は、当面ライブには、う~ん、ちょっと参加出来そうにもありませんが、


またお会いする時は、ますますお盛んな角松さんのお姿が


拝見出来るものとご期待申し上げております。




今晩は、ありがとうございました。


これで良い年が越せそうです。




角松さんも奥様とよいお年をお迎え下さい。


それでは。








※ライブレポをお待ちの方、誠に申し訳ありません。


  今晩のレポは以上を持って全てとさせて頂きます。


  角松ファンとしての心境、何とぞご察し頂ければ幸いです。


  詳しくお聞きになりたい方は、個別にお問い合わせ頂ければ、


  いろいろお話させて頂けると思いますので、ご遠慮なく連絡下さい。




  明日中野に行かれる方、目一杯、


  わたくしの今日の分まで堪能してきて下さい。


  それでは皆様、

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ今日からですね。

角松敏生 2008 The beginning of SEASON Ⅲ 中野サンプラザ3DAYS。

中野上空は角松さんらしからぬ(笑)青い空が広がってます。

暖かいし、いい感じです。

先週、北海道からこっちに来た友人が、「東京暑すぎですよ!」と言ってましたが、

今日も北の方からいらっしゃる方は同じセリフを言うのでは?(笑)

どんなbeginningを角松さん見せてくれるのか。楽しみですね。
今晩参加される方は堪能して来て下さい!

僕は後ろ髪引かれる思いで中野をあとにして横浜に行って来ます。
戻って来る頃には、もう終わってるなぁ、角松さんもガンバも(笑)

いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

テーマ:

今朝も6時前に家出て、帰宅は午前様。

明日休みだからいいものの、一昨晩は池袋、昨晩は神田。

12月に入ったこともあり、夜のお仕事も増えてきました。


慌しく過ごす毎日の中、気がつくと、

角松さんにお会い出来る日まであと一週間を切っているではないですか?

不毛な毎日の中、角松詣でをする心構えがまだ出来ておりません!


そんな中でも、前回ご紹介(?)した“角松”こと『TOSHIKI KADOMATSU Ⅰ』、

聞き込んでますよ~。iPodで。


スルメイカ効果で、ますます味が出てきました。このアルバム。

どちらかと言えば(あくまでも!どちらかと言えばです!)、

エレクトリック角松が好きな僕ですが、アコースティックなこの“角松”、

いいんでね~?


特に先日、iPodを家に忘れた日にゃ~、

5曲目「You can go your own way」とラスト9曲目杏里カバーの「砂浜」が、

頭ん中グルグル廻ってしまい、久々にこういう体験しました。


5曲目「you can…」は、“辛い恋の悩みをお持ちの方に何かのヒントになれば”と

作られたそうですが、角松さんがBIC会報に書かれている

「何度失敗してもたちの悪い男としか付き合えない人は、

そういう男性と付き合うことで、辛くても、深層では安心しているから

その状況からわざと抜け出さない」

という話は深く頷かされますなぁ~。


僕の知り合いの子でもいましたよ。

結婚詐欺に逢ったり(でも、その子はそう思ってないのがまた???なのだ!)、

店を出すからと言ってお金を出資させられ、マネージャーになったけど、

いいように使われて、挙句の果てはまた他の女連れて来られたりして。

一見して“たちの悪い男”としか思えないようなヤツとばっかり付き合っていた子。

角松さんのコメントを読んでなるほどな~っと。

でも、その子も今は幸せになったから、いいっか。


この曲、前回書きましたが、オフコースの匂いがして…。

僕だけかもしれないけど。


その秘密の一つは、サビのコーラスですね。

小田さんがハモリで付けるラインの取り方に似ている…

角松さんの歌い方も何となくそれ風のような(笑)

角松さんも小田サウンドを研究したことがあるかもしれませんね。

角松敏生&小田和正でやってもらいたいな~、この曲。

おっと、もちろん、+鈴木康博なら尚良し、ですね。


特に女性の方はこの曲、とてもお気に召されたのではないでしょうか?



9曲目「砂浜」については、また次回ででも(笑)


(金曜日ほんとに中野に行くのか?自分)


いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。