気持ちが楽になる気づきのお手伝い☆Naoko☆

『自分らしさ』を気づくためのヒントやアロマでの癒やしをお伝えすることで、
日々の暮らしが楽に、楽しくなれるようなお手伝いができれば・・・
と考えています♡



テーマ:
今まで自分とは何か
自分の性格って
自分のありかたって
などなど、考えるたびに気になるセラピーを色々学んできた


その学んだ事を多くの方に知ってもらいたいと思い、セラピー活動をしてきたけど…なかなか思うようにいかない〜




でも、
悩んでいる人、
困っている人、
辛いものを抱えている人など…
に何かのお手伝いをしたいという思いは変わらなかった


{89742BBC-9E74-4479-941A-C3898CE582D4}





それは、自分が今まで経験した事…
小学校4年生から突然アトピーに…
頭の皮膚から顔、身体、足まで全身に広がった


顔も酷いがおでこは黄色い液体が出てくるほどグチャグチャ

手の指も皮膚が割れているからいつも痛い

肘や膝の裏側の柔らかい部分は、いつも液体が出ていてグチャグチャ

身体も当然皮膚はボロボロ

そんな酷い状態の時は、多感な中学生〜

体育の授業で短パンにならなくてはいけない…そんな時は先生に事情を話し、膝裏を見せ長ズボンで授業を受けられるようにした


当然のごとく、ズボンの膝裏は液体でびちょびちょ


日々おでこからは液体が垂れてくるので、いつもティッシュのお世話に…



当然そんな生活をしていれば、目線はいつも下向き…顔を正面まで上げた事がない


周りの人、周りの目が気になり話をする時も下を向いて話をする


相手の目を見て話をした事もほとんどない



何が楽しくて生きているのか…といつも考えていた

自殺も2回だけ考えた事がある

母親からは、そんな私を見ていていつもの口癖が…
「こんな身体に産んでしまってゴメンね〜」
と言う…


母親なりに私が可哀想だったのだろう。
しかし、この言葉を言われ続けてきた私の思いは…

ゴメンね、と言われてもアトピーが良くなるわけでもない。
私が存在する事だけで、親には悪い事をしているのではないか…?

そう考えるようになり、それからあまり親には自分の悩みや辛いを言わないようになったし、親に対して気を使うようになっていった。


それからは、自問自答の日々…


そんな日々を送っていたある日、家族で何か話をしていた時に、何気に私が話した言葉を聞いた父が…
「お前は大人の様な考えをしているな〜そんな事を考えていたのか〜」
とボソッと言われたのを今でもハッキリ覚えている。


その時の私は、それまで自分独りで考えていた事を普通に話した事だったから、父親から自分を褒めてもらった(認めてもらった)ような感覚を今でも覚えている。



その事がキッカケかどうか…?はハッキリしませんが、高校生になると少しずつ楽になっていき社会人3、4年目頃には周りからアトピーと分からなくなる程まで治っていきました。



そんな経験をしたからか…辛い、苦しい、悲しい思いをしている人を聴いたり見たりするだけで、独りで頑張って抱えているんだろうなぁ〜と思うと何か私に出来る事は?と考えてしまう。


実際は、何も出来ていない事が多いですが…私と関わる事で少しでも気持ちが楽になれるような存在になりたい、という思いをカウンセリングという形として表現していこうと思いました



長くなりましたが…
今まで経験してきた事の総まとめとして、今後の自分のありかたを見極め今日からやっていく、自分流カウンセリングを立ち上げました




【自分治療カウンセリング】


自分が自分をしっかり認めていく事が大切

自分を認める事事こそが、
色々な意味で心と身体の治療に繋がっていくと考えています。

とは言っても"認める"って…なに?

ですよね〜

でも…
分からなくてもいいんです〜

自分治療カウンセリングでは、そこをじっくり見ていきます


今日からスタートです


今日がマヤンバースデーの
" 自分治療案内人     なおぽん"でした〜

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(1)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。