1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /
September 30, 2011

経過報告 2件

テーマ:ブログ
9/30 9月が終わりですね~ 早いもんです。

写真はNさんのTELESAで1枚目はトップとバック材の接着中のショットとその後接合が終わって本日から寝かしに入るところ。
最後の写真はギターのSさんのオーダー品でCCR-312で本日はこちらを接合中。
クランプを沢山使っているでしょ。これでも少し足りないくらいなので後日数本買い足しします。

この2本は今後少しずつ加工を進めて行きます。また数ヶ月に及ぶ長い旅の始まりです。
しかし、ストラトのオーダーが来ませんね~ エレキの7割がストラト系なのにね。

一生モノのストラトをいつかは、とお考えの方は楽器屋さんで色々なメーカーさんやCS製などを弾きまくってからtmpにお越し下さい。根本的な鳴りの違いやピッチの良さ、バランスの良さ、そして感情移入しやすい弾き心地、ベンド感など、ひとつやふたつの特徴の違いじゃ無い事がきっとお分かり頂ける筈です。

まず、弾いてる奏者自身が自分のサウンドに酔いしれなくちゃ人が感動するわけないでしょ?
腕さえ良けりゃ自分のプレイに陶酔だって出来ますからね。それには奏者の感性に即応えてくれる楽器じゃなくちゃね。tmpではそんな楽器を作っています。あと何年かはね。(^v^)





$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 29, 2011

経過報告 川崎市のMさん

テーマ:ブログ
9/29 ヨコハマ晴れ。けっこう暑いです。
ランチタイムを兼ねてこのブログ報告書いています。

写真は川崎のMさん持ち込みのレスポールでリフレット作業中なのですが、コイツがかなりの問題児でしてMさんは中古でこの個体を入手されたばかりとの事でしたが、既にリフレットがされているのですが、これが困ったちゃんの仕事らしく、指板の上面Rがレスポールですから通常300Rで仕上げるものですが、何とフェンダーのストラトに近い200Rに修正されちゃってるんですね。
これじゃブリッジのR設定とリンクしませんからチョーキングしたら音が詰まっちゃいます。

打ち替えた本人も打ち替え後にそれに気付いたらしく、フレットの上面をペッタペタに削り落としてあります。 おっ・・オイッ!( ̄0 ̄;ノ 修理で持ち込まれた楽器を壊してどーする!
しかもフレット打ちと言うよりもフレット接着と呼んだ方がいい仕事の仕方をしてあります。フレットの溝修正だけでもかなりの手間が掛かりました。

でもまあ、フレット打ち作業も数百本程度は経験しない事にはあらゆる対処法が身に付かないので大変な作業ではあるんですよ。まだ経験が浅いリペアーマンはこうした作業には苦労をさせられるものなのです。ましてや現代ではフレット打ちじゃなくてフレットは専用プレス機でブシュッ!と指板に圧着するのが主流ですからますますフレット打ち作業をこなせる作業者が居なくなっているのが実情です。

さて、この個体はネックの仕込み角もキツイので指板の端末を落として結果的に指板上面角を適正になるまで角度修正してあげる予定でしたが、それに加えて指板Rを300Rまで削り修正するとなると指板の端末周辺の指板厚が薄くなり過ぎ、インレイも削れて無くなる可能性があるので参ったなあ~と。

で、今回の対応策は指板上面角修正は予定通り行ないながら、指板Rの削り修正は270R程度に留め、最後にフレット上面の擦り合わせを300Rで済ませて問題点全てをクリアーすることに致しました。
写真は指板修正済みのショット。

Mさん、こんな具合でございましたよ。でもまあご安心下さい。予算内で出来る限りのサウンドにしますからね。お楽しみに。

@この作業を行なって思ったのですが、tmpユーザーさんに限ってはtmp製の楽器でなくてもリフレット作業だけは受けてあげないと今回の個体の様に気の毒な結果に成る可能性があるな~、ちょっと考えようかな、と思いました。 通常tmpではtmpの楽器以外の修理作業は行っていませんからね。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 28, 2011

経過報告 地元のKさん

テーマ:ブログ
9/28 秋晴れの1日。爽快。

秋は作業がし易い感があります。
本日は試奏に見えたギタリストのSさんに提案中だったCCR-312/S・LA-WHのオーダーが正式に決まりました。ご依頼ありがとうございました。

また作業面では写真のギブソンSGのペグロケーション変更作業を進めていました。
埋木加工が終了し、本日は新たな位置にペグ穴加工です。これだけ位置修正しますと鳴りやバランスは全く別物となります。元の位置設定は??状態でしたし、所有者のKさんも音がボケて抜けない、とお悩みでしたので、それを解消する為には欠かせない設定変更です。完成をお楽しみに。

もう1枚の写真は来週中に完成させる予定のCCR-312/BP+BW-WHです。本日はボディの艶だし研磨作業。美しいブラックパーシモン・トップ+バスウッド・バックのこの個体はトップ材の問題で次に再び同素材で製作出来るかどうかは定かではありませんのでご要望の方はお早めに。
艶が際立った重厚な響きのサウンド設定です。 単品製作品 税別/本体のみ 46万+TAX 



$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 27, 2011

経過報告 東池袋のNさん

テーマ:ブログ
9/27 うわっ、もうすぐ9月が終わる。早いわ~(;^_^A

写真はオーダー希望に対する具体案で仕様が決定したNさんのTELESAです。本日はNさんの設定に合わせバック材へのホロウ加工を施しました。この後は暫く材を寝かして安定具合を見ます。

ネックは同じくNさん用に製作をスタートさせた半加工で寝かしてあった個体です。長らくの燻煙処理で焦げ茶色に灼けまくってます。この状態から端末部の精度出し加工、そして全体のスロープヘッド・ネック形状加工へと進みます。
通常のライン製造品の生地ネックは短期で製作されているが故の変化が起こります。乾燥が進むにつれ余分な水分が飛び反りなどの変形が起こるからです。既製品の場合、製品化から15年程かかって安定化した状態になって行きます。言ってみれば、購入から15年程待たないと本格的には鳴って来ないってことです。
それがtmpの燻煙処理ではこの生地段階で安定化させてしまいますから楽器が完成時点では通常の楽器が10年以上は掛かる鳴り方を最初からしています。これは体験した人じゃないと分からないでしょうね。皆さんホント驚きますから。

この個体の場合はカスタム製作用素材ですから、06~07年あたりに半加工状態で燻煙処理を重ねた上で寝かしてあったものです。すっかり出来上がってますね。写真は端末ボトム面を削って精度出しした直後のショット。
難点は深く煙を吸い込んでいますので白生地状態にはならない点ですかね。新品なのに木が灼けているので最初からオールド的な色合いに成っちゃいます。 
まっ、音さえよけりゃ問題ないでしょ。だって楽器ですもん。

ちなみに、最後の写真は2本のホロウモデルの加工で出た削りカス。要するにこの2本のバック材をくり抜いて出た木屑です。けっこうな量でしょ? 昔はこうして出た木屑を大きなゴミ箱に入れて水を流し込み、ドロドロに溶けるまでかき混ぜ続けてから型に入れ、乾燥させて出来たデカイ蚊取り線香みたいなものを燻煙用の燃焼材にしていました。もう30年近く前の話ですけどね。面倒な事ばっかし。

欲しくてもこの世に無いものは作ればいいのです。(^o^)



$tmpブログ
$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 26, 2011

経過報告 立川市Uさん

テーマ:ブログ
9/26 なんだかハッキリしない天気です。小雨もパラついたり。

写真はUさんの55B-5/TJ で本日艶だし研磨作業でした。写真でもある程度お分かり頂けると思いますが、オールラッカーの薄膜仕上げですから磨き込む事自体がヒヤヒヤもんです。ホント心臓に悪い。
より深く磨き込む事も実際には可能では有るのですが、剥げるのと紙一重状態ですからこれでご勘弁を。
これ以上やったら心臓発作起こしそうですもん。(><;) うっ・まだ死にたくない。(^o^)

もう1枚の写真は随分前に完成していたカスタム・ストラトなんですが、例の311の地震で小物パーツ類の一部が棚から落下しまして、もう1本のストラトと並べて置いてあったこのボディにも小傷が入りましたので暇を見ては塗装修正中でした。もう1本はまだ作業が終わっていませんので取り敢えず、このストラトだけでも完成させます。ボディ、ネック共に非常にクオリティの高い素材です。


18歳も年下の埼玉のSさんがメールで「40歳近くまで頑張り続けて来たけど子供を抱えて生活はカツカツ。苦しい状況はずっと変わらぬまま。正直やる気が失せています」と苦しい胸の内を伝えて来てくれました。さぞかし辛いんでしょうね。
特にこんな時代ですからね、「誰もが皆それぞれ大変なんですよ」と言ったところで苦しい実情が好転するワケでもないでしょう。ワタクシとて同じですからね。決して資金に恵まれて製作家やって来たわけじゃあ無いです。
40半ばで独立してtmpを設立しましたが、同時に子供達を独立させるところまではやはり大変でしたよ。
でも逆に子供さんがいらっしゃらない場合の方がキツいかもしれません。子供が居るから親は成長出来ます。ガマンも出来る様になりますし責任感も身に付きます。身勝手は許されないからです。
それも我が子の為だったら何でも頑張れますしね。子供の前で泣き言は言えないですし。

たぶん、独り身の人間でありながら人間的に成長して行く事の方がかえって難しいでしょう。ですから不景気だし大変そうだから子供はいらない、作らないって夫婦がよくいらっしゃいますが、アレは違うって思ってますね。
こんな世の中じゃ子供が可哀想だし、って言ってる方もおられる様ですが、それは自分たちの不安要素の軽減をしてるだけで人として人生におけるダイナミクスを狭めている気がしますね。
リスクの少ない平坦な道だけ歩む事が人はシアワセかって言ったら、決してそうじゃあないでしょう。いろいろ背負っているからこそ生きる意味や価値がそこから生まれるんだろうと思います。

ワタクシの場合ですが、生きる上で過去に拘らない様にしています。
だって済んじゃった事でしょ所詮。これまでずっと苦しかったとしても、それもそれまでの過去の事。毎日、よーし今日も頑張って行こう!と、それしかないですよ。自分だけじゃなく、関わる周囲の人のこと含めて少しでも自分が出来る事、役立つ事が出来る自分に 生まれ変わって行く のが人生ってもんだと思っています。

ワタクシは楽器作りに於いても 自分が作りたかったから、って次元じゃなくて、よくぞこんな楽器を作ってくれたって音楽家や人様に言われる為に人生を懸けてそれに挑む、って感じで生きてるからこそ難しくても大変でも前に進めるんです。成功は未来にしか無いからです。
明日が来るのなら、それは可能性があるって事でしょ?

Sさん、あえてアナタを励まそうとか勇気づけようとか思っていません。ただ、未来より大切な過去なんて無いんだ、ってお伝えしたいだけです。

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 24, 2011

個別報告 2件

テーマ:ブログ
9/24 早いもので9月も残すところ1週間。皆さんは連休中ってところでしょうか。

まあ毎度の事ですが、入金を頂く前に諸々の請求がドサッと来ちゃうのが何とも参ります。
典型的なサイクリング操業 ふ~っ (-。-;)

写真は地元のKさんご依頼のギブソンSGのチューンナップでペグロケーション変更の為の埋木加工中のショットと立川市のUさんオーダー分のtmp5弦ベース/55-B5-TJ のボディ水研磨が終了した時点でのショット。まだ艶だし研磨を行なう前ですからマッドな状態。水研磨で表面に新しい塗装膜が出て来た訳ですので一旦ここで空気にさらして表面の乾燥を促進させます。それが済んでから艶出し作業です。

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 22, 2011

台風一過

テーマ:ブログ
9/22 大暴れして台風が過ぎ去りましたね。やれやれ。

猛烈な風で庭のテント作業場や燻煙庫が吹き飛ばされそうで心配でしたが何とか踏ん張り切ってくれた様です。ありがとな。

写真は試奏用のTELESA-SS/P90Wです。や~っと完成。ホロウモデルの試奏器が無かったですからこれでやっと試奏可能となりました。生鳴り自体がアコギかと思う様なサウンドです。エレアコいらないな。

もう1枚の写真はCCR-312とTELESAのホロウモデルの半加工状態。本日はCCRのバック材にホロウ加工を施しました。来週ギタリストのSさんが試奏に見えるので、試奏後の打ち合わせ後に最終仕様の結論出しをします。場合によってはこのCCRの素材仕様をベースにしない可能性だって勿論あります。
トップ材がメイプルに変更になるかもしれませんしね。
全ては2本の試奏器を弾いて頂いて感想をお聞きした上で再考し結論を出します。

多くの方から「いつかtmpのギターをオーダーさせて頂きます」とメッセージを頂いています。
素直に有り難いと思っています。いつかその方々とお会いしてご相談に乗れる日を楽しみに待ちます。

今日はいつもよりも早い時間から作業を行っていたのですが朝方見た夢にどーいうワケか亡きギターリストのコーネリー・デュプリーおじさんが出て来ました。以前ヤマハさんの開発仕事でお会いしてデュプリー・モデルの本人の個体を仕上げて以来、その後再びお会いする事も無いままに亡くなってしまいました。
笑っちゃうのはデュプリーさんのマネージャーは彼の奥さんなんですが、夢の中でもデュプリーさんの隣に座ってましたね。詳しい会話内容は覚えてはいませんが音楽やギターの話でない事を穏やかに話していた様な気がします。彼の座ったソファーの横にはあのギターが立てかけられていました。

そんな夢を見たせいか、今日は何だかデュプリーさんにあの時仕上げたギターは今、いったいどうなっているのだろう?と思ったりしていました。
あのギターも現在のtmp設定で作り替えてあげたかったな。今日仕上げた試奏器のTELESAも、きっとデュプリーおじさんだったら喜んで弾いてくれただろうなと確信しています。 
あらためてご冥福を祈ります。

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 21, 2011

個別返答 東池袋のNさん

テーマ:ブログ
9/21 ま~弱ったもんだね、台風の大雨。既に被害が出ている様子。
塞き止められた川に出来たダムも結局は推移を見守るしか手が無い様子で、ある種ビックリ。

溜まった水を下流に流す水路を造るのに期間が掛かりすぎるから見守るだけにしました、って・・えっ?!
それマジで言ってるの? 水路なんか造らなくても決壊を避ける手だてはあるでしょうに。
決壊する前に、でかいホースを塞き止めダム内に突っ込んで下からポンプで汲み上げて下流に流す事が出来ないんでしょうかね? だって高い位置に溜まった水は小さな吸引力でも下に流す事は物理的に可能な筈ですもん。
要するに、事前にそうした状況になった場合を想定し、それに対応した用意がまるで出来ていなかったって事でしょうね。だから対応策は住民を避難させる事だけしか無いのでしょう。決壊すればまたしても住居を失う人々が沢山出てしまうのに。これで先進国と言える?

話は変わって、昨日CCR-312の試奏に来られたNさんへのご要望に対する具体案です。
Nさんはオーダーする気満々で来られた様子でしたが、ワタクシはこれまでのNさんのオーダー内容から、この方はミディアムスケールの楽器ではないだろうと考えていましたので、今回はミディアムスケールの楽器の特色を体感して頂いてからあらためて具体案をお伝えするつもりでいました。

要するに多くの場合、いかに皆さんがギターを長年弾いていようが、こと実際の製作に際しては聞きかじりの知識しか持たれていないので、ご自分でイメージしたこんなスペックの楽器にすればいい筈だ、と勝手に思い込んでおられる場合が殆どでして、実際にその内容で製作すればOKとは成らない場合の方が圧倒的に多いです。
実際に「その仕様ではお望みの音は出ませんよ」ってこれまでどれだけお伝えして来たことか。(^ε^)

で、Nさんの要望を具体化するには、
まずロングスケール・モデルのTELESAをベースにして、音のトータル特色や音圧具合やピッキング反応、ローエンド域の残音感などを考慮した場合、本体は写真のアフリカ欅材のトップで少し重めのライトアッシュ・バック(写真がその実際の組み合わせ)でのホロウモデルとなり、ボディ厚は2ミリアップしエアー容積はミディアム設定。ネックはメイプル指板ネックでヘッドのペグセット部だけマホ接合仕様。これで生鳴り設定はOK。@あくまでNさんのこの度の要望に特化した設定です。
ピックアップはツイン・ハムでフロントは175ロケーション+最もリヤーロケーションでの設定でトグルを前方位置に移動しての2V+LCV+MTで決まりでしょう。
本体のみ/税別¥440.000(特注カラーリングなどオプション無しの場合で)
完成まで半年弱を要します。 Nさん、以上がお見積もり内容です。お返事お待ちしています。

$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 20, 2011

いきなり秋めいて

テーマ:ブログ
9/20 なんだかいきなり肌寒くなりましたね。暑さに弱っていた人はホッとしたかもしれませんね。

マツシタ的には夏がベストなのでこれから寒さが増すにつれガマンの季節になっていきます。

今日は写真のTELESAのセットアップを行なっていたのですが、作業中ずっと違和感を感じていたのです。何か自分の意図している事通りに進んでいない時などに限って感じる違和感です。
ですから、何でだろうなあ~設定通りにここまで進めて来たし・・? と。

で、今日はCCR-312の試奏希望の方が見える予定でしたので一旦作業を止めたとたんに気付きました。
「あっ、このギターは試奏用だ、まだ売っちゃあいけないんだった」 そうなんです。現在tmpには試奏出来るTELESAが1本も無かったのです。

そうだそうだ、コイツには当分TELESAのホロウモデルっつーのはこんな感じのギターです的な役目を果たしてもらわなくてはいけなかったのです。

話は変わりますが、一般的にかなりギターの事に詳しいと自負している方々とお話ししてみると分かる事ですが、実際には皆さんったら本質に関してはぜんぜ~んご存じない。まっ、当たり前ですが。(^O^)
何度も言ってますけど本当の事を知っているのはいい楽器が実際に作れる人だけです。

多くの人から楽器に関する本を出して下さいよ、って声を頂きます。本当の話が知りたい、と。
でもそんな本出したとしても大した部数は望めないでしょうしね~
それに、楽器業界広告収入で関連誌出版が成り立っている以上、その中に本当の話など絶対に書けませんて。
このブログの記載内容にさえクレームは入るしネット上で攻撃食らうくらいですから。( ̄O  ̄*



$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 19, 2011

経過報告 立川市Uさん

テーマ:ブログ
9/19 ヨコハマ晴れのち雲行き怪しい

またしても台風接近ということで、巷は祭日ですがワタクシは作業していました。
本日でUさんの5弦ベースネックのコーティングが終了しました。やっとここまで来ましたわ。

後は塗装の硬化を待ってフレットファイリング整形を済ませてからボディとネックの水研ぎ研磨、その後にいよいよセットアップへと進みます。今月中には完成予定です。

もう1枚の写真はCCR-312のホロウモデル用のイタヤカエデのカーリー材で先日製作したトップ板とは板厚設定違いのものを用意する為の仕込み途中のショットです。
ホロウモデルの音作りに関しては細かく触れれば触れる程に皆さんは混乱して行くだけですからあえて大ざっぱにしか解説は行なっていませんが、今回の材厚違いの場合では仮にその他の設定が同じであった場合ではトップ材のトーンの違い(音の明るさ加減や硬さ、重さ加減)だけで無く、ピッキングの反応も異なって来ます。

ピッキング・アタックを架けた時の歪み方が同材であっても厚さ設定で異なるのがその要因と成っています。製作家はそうした設定違いでの変化全てを把握していなくてはいけません。
製作家キャリアが15年以内じゃ、ちょっと無理かな。

例えば、ジャズのコードランニング時のピッキングストローク・ニュアンスが重要な設定の場合とピッキングアタックの強弱反応を重要視する場合などでは後者の方が若干材厚を薄くして歪みが出やすく設定する、と言った感じですね。勿論、その中間設定で製作、と言ったケースもありますしね。その他、素材によっては同じニュアンス要望に対して厚さ設定も異なって来るのは言うまでもありません。

どこをどうしたら、どんな変化が起こるのか、それをこれまで古典弦楽器を含め徹底的に分析を行なって来ましたからそれらのデータを応用してのサウンドの作り分けが可能ですからお任せ下さいね。
そんなワタクシは絶滅危惧種と一部で言われてるらしい。(^O^)

これらの分野に関しては言葉で説明するのはなかなか難しい部分ではありますが、本職の音楽家相手であれば、こうした会話もちゃんと成り立つものです。
まあ、人によりけりってのはありますが。(-。-;)

$tmpブログ
$tmpブログ
いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 |最初 次ページ >> ▼ /