1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
January 21, 2017

諸々の作業

テーマ:ブログ

2017  0121  ヨコハマ 晴れ

 

本日はネックの塗装を進行させつつ、様々な作業を行っておりました。

在庫の試奏ギターであったヤマハのマーティンチューン品が売約となったために、新たにユーズドのヤマハーLL−55Dを入手し、新たな試奏品とすべくチューンの下準備に取り掛かっております。

毎度のことですが暴れている指板を適正に削り修正&リフレット、ブリッジ台座加工関係、またピックガードもハミングバードタイプに付け替えてあげる為に元のピックガードを剥がして下地処理を済ませました。

以前のヤマハのアコギのブリッジ取り付け位置は前々より申しております様にネック寄りに1.5ミリ手前にブリッジ自体が取り付けられているので、現在主流のライトゲージ弦のオクターブが合わせ切れ無いのです。お悩みの方も多いはずです。

それを解消する為にはサドル位置をピン寄りに1.5ミリ移動させる必要があります。一旦サドル溝を埋め木してからの再加工となります。

 

他にも作業は山済みですが、今日はCS製のテレキャスターのコントロール配線処理も済ませています。2連ポットを採用してのMV+LCV&MT回路です。

二つしかポットをレイアウト出来ないテレキャスターではありますが、これならLCV回路を組み入れることが可能です。パーツ代が高くつきますけどね〜

 

本体も今日で殆ど作業を終了し、あとはネックの仕上がりを待つだけです。

ちなみにアメリカから届いたエイジド仕様のピックガードは新品なのに表面にキズが入ってるんで、ん?不良品かいな?って思ったらレリック仕様なのでワザと擦り傷が入ってる様子。

レリックね〜、、なんだかな〜って感じですが、まっ、いいか!(^o^;)

 

January 19, 2017

完成報告 島根のKさん

テーマ:ブログ

2017  0119  ヨコハマ 晴れ

 

明日からまた冷え込むみたいです。今日塗装を進めることが出来て良かった。

 

今日は写真のストラトを完成させました。弦はアーニーの010ゲージです。

古〜い感じのルックスですが、サウンドも弾いたらまず思い出すのがクラプトンのブラッキーですね。

最近では耳にすることが出来なくなってしまいましたが、クラプトンのファンの方の多くが、最近のストラトよりブラッキーを弾いていたクラプトンのサウンドが好きです、と言う方の方が多いですね。

そんな方には打って付けのストラト、と言えばイメージが伝わり易いでしょう。

更により腰が太く艶っぽいサウンドがこの個体の最大の魅力と言えるでしょう。

この弾き心地はスロープヘッド仕様にしないと出せないんですよ。

 

Kさん、長らくお待ちくださってありがとうございました。明日の発送予定です。

もし到着の希望日時がございましたらメールを入れてくださいませ。

January 18, 2017

経過報告 滋賀のHさん

テーマ:ブログ

0217  0118  ヨコハマ 晴れ

 

晴れたので塗装再開。

Hさんのネックはボディの色合いから薄めのヴィンテージイエロー に仕上げています。

95's CS製テレキャスターの方は本日フレット打ち込みからヴィンテージイエロー仕上げで塗装のコーティング作業進めています。

晴れてはいても気温が低めなので密着性が落ちますので慎重に吹き付けないといけません。

95'S CS製テレキャスターの方は何人か興味を示されてはいますが、まだ売約にはなっておりません。

CS製のほぼフルチューンナップ品で¥238.000の販売価格ですからね〜オールドや市販のCS製を探すよりも確実に鳴りまくりの1本がこの安価で手に入りますからね。

一生モノのテレキャスターをお探しの方にはこの個体をお勧めします。

January 16, 2017

経過報告 数件

テーマ:ブログ

2017  0116  ヨコハマ 晴れ

 

こちらは雪が降ってないので助かります。でも晴れてはいても気温が低くて塗装はできない状態です。

そんなわけで、今日は諸々塗装以外の作業を進めていました。

 

島根のKさんご売約済みのストラトは未だトレモロが到着しないためにセットアップ出来ない状態ですが、その他ピックアップアッセンブリーは既に完成済みです。

MV+LCV+MT 5Way-SW回路です。  

渋〜いルックスです。

滋賀のHさんのテレキャスターのチューンもネック塗装が中断していますので本体のチューン作業を済ませております。

コントロール部分は元パーツを生かしてフラットケーブルで回路を引き直し、ゴトー製ブラス2連サドルは上下アジャストネジを全て一回り太いイモネジに変更してます。この t.m.p 仕様のイモネジは特殊なサイズの為に市販されておらず特注するしかないのです。

写真の右下部に写っているのが元のイモネジで左側の黒いのが、特注イモネジです。t.m.p 仕様は通常のサドルネジより2割ほど太いです。

その他の作業ではネック仕込み設定変更の為に埋め木加工済み、また元がシールド処理が全くなされておりませんでしたのでコントロールキャビティ内部はシールド処理を施しております。完成までお楽しみに。

January 14, 2017

終了報告 2件

テーマ:ブログ

2017  0114  ヨコハマ 晴れ

 

晴れてはいますが、寒いですね〜 

大雪に見舞われた地域の方はさぞ大変でしょうね〜。受験生たちもガンバレ!

 

本日はTAKモデルとジェームスと言うブランドのアコギの2本の作業を無事に終了させました。共に予定していた落とし所に着地出来ましたのでホッとしています。

 

通常のリペアーでしたら、指定された部分の修正で済むのですが、チューンナップの場合は修正ではなく作り変えですから、その効果を結果として出さなくてはいけません。そこが大きな違いなんです。リペアーであるなら指定個所の問題だけクリアー出来ていれば、あとは責任を負う必要はないわけですが、 t.m.p のチューンナップの場合は最初にお約束したレベルに結果的に到達していなければアウトなのです。結果を保証する、お約束する、もし出来ていなければ無料。

これが昔からの t.m.p のスタイルです。

 

例えば、 TAKモデルでしたら、この持ち込まれた市販個体がTAK氏本人所有の個体と比較してもソレを上回るポテンシャルを示していなくてはいけませんし、アコギの方もマーティンのクラプトンモデルと比較しても遜色ないレベルに持ち込むことが落とし所でしたから、現実そのグレードにまで上がっていなくては、ワタシとしては失敗と同じです。

こうしたチューン作業で難しいことのひとつに、依頼者さんには予算というものがあると言うことです。

今回のアコギでは出来ることなら問題のある指板の修正を行った上でのリフレットを行えれば、更にワンランク上のサウンドにまでグレードを上げることは出来たのですが、その場合予算が5万近く加算されますので今回はフルチューンは行えませんでした。

従って依頼者さんのご予算内で目一杯のサウンドを得られるために作業を行った次第です。

お仕事のご依頼を頂戴致しましたことをお二人に感謝申し上げます。m(_ _ )m

お受け取りのご希望日程をお知らせくださいませ。

January 13, 2017

予定外の作業

テーマ:ブログ

2017  0113  ヨコハマ 晴れ

 

今日は昨日の続きでKさんのアコギと同じくKさんのTAKモデルのチューン作業です。

この2本は土曜日に完成させる段取りで作業を行っております。

 

ギブソンのレスポールはアーチドトップ形状の為にコントロール部分のポットの取り付け部分の座グリも裏面から同じ深さで加工した場合、シャフトが長いポットを仕様する必要があります。でなければ、ポットを取り付ける部分をトップまでの座ぐる深さを変えて加工する面倒な状況になるからです。

なのでこのように量産品には同じ深さで座繰り加工してロングシャフトのポットで作業を簡略化してあるのです。

その場合、ロングシャフトのポットは値段も高いので、交換するたびに割高になります。

そこを配慮して今回は内部の座グリの深さをそれぞれ変更し、ロングシャフトタイプのポットでなくても取り付け交換が出来るように加工を済ませてあります。

その他、座グリ内部には導電塗料を塗布し、カバーパネルにも銅箔を貼ってアースを落としてありますのでノイズ対策は万全です。

 

アコギの方はCF加工もブリッジ台座加工も済ませてありますので、今日はナット&サドルの加工処理と追加オーダーされたLRバグスのM-1Pの取り付けを行っておりました、が!

なんとこの個体はサウンドホールが通常よりも直径で1センチ以上も小さくてピックアップが全くホールに収まらなかったのです。あれあれ・・弱ったなあ〜

 

仕方がないのでサウンドホールのピックアップを取り付けたい位置にM-1が治るようにトップ板とピックアップの方にも加工を加えて何とか取り付けたかった位置に納めました。

アコギへのピックアップ取り付けで理想的な取り付け位置はサウンドホールには一箇所しかありませんのでね。

 

この手の作業でこんなに時間を食ったのは初めてでしたね。でも結果オーライで問題無し。明日には完成させます。お二人ともお楽しみに。

 

 

January 12, 2017

目が死んだので終了

テーマ:ブログ

2017  0112  ヨコハマ 晴れ

 

今日も晴れ。

Hさんのスロープヘッド化したネックの塗装もトップコーティングです。

後は朝から写真のKさんご依頼のギブソン TAK Matsumoto モデルのチューンに集中していました。フレットファイリングをニアCF加工で仕上げ、次はポットは全て交換にしてMV+MT+2LCV回路で配線材を全て総交換して引き回しています。

元のパーツで使用するのはジャックとスイッチだけ。

しかし、CFフレット加工処理はルーペで拡大しながらの3時間作業なので、作業し終わりますと目も終わりますね。(@_@)クラクラしてます。

今回もCF設定算出値を元にフレット加工処理を行っています。

内角は89.3168度、0FでのRは1509.477、12フレットでのRは1821.477です。

 

それでも頑張って次の作業。いつもの如く、まずはフラットケーブルを手作りして、フラットケーブル以外の線材もベルデン製とヴィンテージワイヤーと混合で配線します。

 

ちなみに、ハンダは30年以上前にアルミットと言う国産ブランドが誕生した際にアルミットさんがわざわざワタシをその頃作業場の在った恵比寿まで訪ねて来てくださり、ニューブランドのアルミットです、お試しください、とサンプルを下さったのですが、その品質の良さから、もうかれこれ30年以上も使用させて頂いています。*写真のロールで2万以上の価格ですが、ずっと気に入っております。

 

そのアルミットさんも今ではトップブランドです。嬉しく思います。

 

January 11, 2017

経過報告 Kさんのアコギチューン

テーマ:ブログ

2017  0111  ヨコハマ 晴れ

 

今日も晴れ。助かります。

本日はネックの塗装を進めつつのKさんのアコギのチューンをスタートさせております。(諸々段取りの関係上です)

どうやらマーティンのトリプル Oのアレンジ設定の様子ですね。

今日の段取りは、ネック調整を行いCFフレット加工とブリッジの段差加工、ボールエンド位置修正を兼ねたグランドアース落とし、ここまでです。

後はLRバグスのM-1ピックアップが届いたら取り付けとアース接続、ナット&オクターブサドルを水牛の角から作成します。マーティンと引き比べても遜色ないレベルにまでチューンするのが今回のワタシの使命です。

       

以上が今回の作業予定で順調に進めています。明日はKさんのお友達の同じくKさんのギブソンLPーTak Matsusmotoモデルのチューンも進めて参ります。

January 10, 2017

フリー個体

テーマ:ブログ

2017  0110  ヨコハマ 晴れ

 

晴れてくれてありがたい。塗装が出来ます。

 

写真の個体は作業中の95'sのCS製テレキャスターです。ライトアッシュ材の個体。ネックグリップはリシェイプしてあり、太めのナイスグリップ仕上げです。

 

現在はスロープヘッド化を終了し、塗装工程にあります。

この後はフレットを打ちを済ませたらCF加工で仕上げ、ナットはWBHナットで仕上げます。サドルは既に元のブラス2連サドルをオクターブ加工を済ませてあります。

コントロールは元のピックアップを生かしてMV+2連ポットによるMT&LCV回路でまとめます。

ピックガードは新品のエイジドホワイト3P、サイドジャックはプレートジャック仕様に変更してクライオフラットケーブルで再配線します。

以上の作業で元のCS製を完全に凌ぐサウンドに作り変えます。

新年特別価格で税別¥238.000(ハードケース付き)

この個体はまだフリー個体です。1本きりですからご要望の方はメールにてお申し込みくださいませ。今月中の完成予定です。

January 09, 2017

経過報告 滋賀のHさん

テーマ:ブログ

2017  0109  ヨコハマ 曇りのち晴れ

 

ちまたはお休み中ですが、t.m.p は昨日から来客予定で試奏やら試聴やら、チューンの打ち合わせでした。

そのために作業も中断気味でしたが、それでもHさんのテレキャスターのネックはスロープヘッド化と指板R変更も済んで次のフレット打ち工程に進み、本日無事に打ち込みを終了、明日からの塗装工程への準備が整いました。

Hさん、順調に作業は進んでおりますのでご安心を。

また、ここまでご訪問下さった方々もありがとうございました。

結果的に新たなチューン作業が2本追加となりました。問題は工房内が作業待ちの楽器で溢れかえり一段と狭苦しい状況となっていることですね。(^_^;)

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>