高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
第1日目

朝一番の上高地です。
6時半でした。
2年前に来た時は積雪10cmくらいでしたが、今日はのどかな登山日和です。
みなさん身支度確認に余念がない様子でした。


上高地から明神へと順調に飛ばして徳沢です。

今までトクザワとばかり思っていましたが、トクサワと発音するのが本当と知りました。


横尾で小休止し、本谷橋付近でで更に休憩し、
やっと奥穂の山脈が見えて来ました。
まだ先は長いので焦らず登ります。

半袖の姿の人も居らっしゃいました。
いつも、この辺からが長く感じます。

「ゆっくり歩けば俺にも出来る。」・・・そんな言葉をつい思い出します。

仲間は先に行って、テント場を整地してくれるとのことで、私一人に成りました。

独りになると、やはり粘りが効かなくなります。

此処で腰を下ろして最後の小休止としました!



一歩一歩登ってやっとテント場に到着です。
仲間が整地してくれた場所にテント展張です。


お茶を飲んでテント中で横になってウトウトして居たら、夏の様に暑くて目が覚めました。

早めの夕食を食べ、疲れの回復期待で7時就寝でした。



第2日目
予想通りの快晴です。
今回の目的である奥穂のピークハントと北穂の東稜・・・
明日の天候が荒れるとのことで、今日は北穂の東稜へ登ることに決めました。

4時起床、6時出発で北穂沢を登り上げます。

取付きは、右端に見える広いルンゼを登ります。

傾斜はそれほど強くなく、雪も固くなく柔らかすぎず、サクサクと登れる状態でした。
振り返ると・・・
北穂目指して頑張っている皆さんの様子が伺えます。


前穂です。

前穂の北尾根はいつみても格好良いですね。


常念岳と常念山脈です。

2時間ほどで北穂の尾根に登り上げて・・・
菓子パンに食らいついてエネルギー補給後出発です。

表面は柔らかめですが、シャフトを刺すとバランスをとるくらいの雪の状態でした。

しかし、通称ゴジラの背と呼ばれる部分には全体的に雪は無く、ガリガリとアイゼンと岩との引っ掻き音が聞こえてました。

後方の部分に見える3~4mの岩と雪の混じった垂壁では、安全のためロープ使用して懸垂下降で通過してきました。



頂上直下です。

ピッケルを仕舞って、両手で岩を抱えるような時もありました。


最後のやや急な雪壁を登ります。
このルートのフナーレとでもいう所でしょうか。

慎重に登ります!

もう一歩で・・・
安心できる場所です!


やった~!

最後の小屋まで30mを慎重に歩き、到着しました。


涸沢を出てから、ゆっくりペースで4時間半掛りました。

後続のパーティーです。

そうこうしていると、下で追い越してきた、単独のお兄さんが登って来ました。
右手を差し伸べて握手です。
話をお聞きすると、前日はパーティー参加で今日は単独登頂ということでした。
厳冬期にでも挑戦するのでしょうか。


賑やかな北穂のテラスでゆっくる休憩して、山頂へ向かいます。



記念写真です。

そして、下山開始!

走るように下りて来ました。



第2日目
天気予報のとおり大荒れで、風と雨で騒がしい天気でしたので、停滞としました。


「テント飛ばされた!」

そんな騒ぎもありましたが、最悪小屋へも泊まれすからね。


寝たり起きたり、寝たり起きたり、男3人でのテントは静かなもんです。
夜も雨と風の荒れた涸沢でした。




第3日目
涸沢の雪は・・・
昨日からの雨に濡れ、大分固くなった状態でした。

テントを撤収後、改めて今回のルートを眺めました。

アイゼン付けずに下り、3人が1回ずつ転倒して、横尾~上高地へとで戻って来ました。




無事に我々の春の連休は終わりましたが、事故でお亡くなりになった方が居るとお聞きして、謹んでご冥福をお祈りする次第です。






























AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。