高橋 丈のブログ

山を登るということ、辛い時の方が多いかも知れません。
でも、頂上で交わす握手や笑顔は代えがたいものが有ります。

日帰りハイキング、夏山縦走、雪の山、
色んな山について、ここで紹介したいと思っています。


テーマ:
まだ雪も少しは残っているかなと思い、1泊で可能な旭岳の東稜へ登って来ました。
上部には岩稜もあり、積雪期には微妙な雪稜クライミングが楽しめる所ですが、4月中旬ですので、期待しないで山へ向かいました。


第1日目           美しの森観光案内所~出合小屋

天気はまずまずで、明日の天候に期待しながらの出発でした。
                   

林道を40~50分も歩くと岩場が有ります。
良く見るとクライミングの練習をしていたと思うハーケンやボルトが沢山打ってあります。理由は不明ですが、ボルトのハンガーはない状態でした。
壁は高さは10m満たないものですが、上部には立木が有り、支点として利用できます。

時々今回の山域である旭岳や権現岳も頭をのぞかせていました。

右に落ち込んでいるスカイラインが今回のルートです。
結構雪が残っているようです。

景色や鳥の声を楽しみながら、林道歩きを2時間もあるいて沢へ下ります。
沢を5~6回は渡渉したでしょうか、いずれも靴を脱いで渡るような個所が無くて良かったです。

ストック突いてバランスをとりながら渡れました。
写真も雪解けの水が日に照らされて、幾分春の雰囲気も感じるようでした。

沢沿いの道を1時間ほどで出会小屋へ到着しました。

「思っていたより時間が掛ったなァ~。」
「水もあるし、雪もそこそこあるから寝るにも問題ないかな。」
そんな思いで沢を越えて到着しました。


整地の要らない平らな所でテント設営完了です。

小屋を覗きに行ったら、既にテント設営して食事中でした。
4時から夕食作業開始で、干し大根、干ししいたけなど、そして高野豆腐と乾燥野菜のオンパレードです。
最後のスープが出し出ていてとても美味しかったです。ご飯は「尾西の五目ごはん」でした。
お茶を飲みながらコタツ代わりに寝袋の中に足を入れていたら、気付いてら9時前、外は満天の星でした。

第2日目

朝4時半に起きて朝食、出発は6時です。
(やっぱりあと1時間早い方が良かったかな。)

今回の計画は図の赤線のとおりです。


沢沿いを少し歩いて、東稜の末端から登り始めました。

これは帰りに撮影した画像ですが、雪の斜面を登り、忠実に尾根を詰め上げて行きます。


2時間も登ると展望の良い個所へ到着、先を見るとここからはヤセを根を下ることに成りますので、アイゼン装着することにしました。

先には山が見えています。
「このまま進んで先の雪壁を詰めて稜線に出よう。」
戦略も自然に出来上がります。

「しかしと遠いなァ~。」

振り返ると・・・西側から見る赤岳も中々良いものですね。
大天狗・子天狗の岩頭も見えています。

暫くヤセ尾根を歩いて・・・
先程見ていた雪壁です。

「道は間違っていない。」 ・・・(所々トレースが残っていました。)

傾斜は立って登れる程度ですが、安全にダカーポジションで確実に登ります。

雪は締まっていて安心感抜群な状態でした。
その頃になると、「ビレー解除。」と上のほうで掛け声が聞こえました。
先行者が居たのです。


長かった雪壁は100m近くあったと思います。
登り上げると岩場です。
この岩は通称「五段の宮」と言われています。
小さな岩棚が五段になっているからだと思います。

でっかい休憩を繰り返しましたので、此処まで4時間掛ってしまいました。
「遅れているな!」

少々焦りも心に感じながらクライミング開始です。
SMさんのリードでスタートしました。
すんなりとロープが流れてゆきます。

「ビレー解除。」

今度は私が登ります。
雪は全くと言っていいほどありません。
しかし岩についている草は半分以上凍っています。
そこへ目掛けてピックを打ち込んで、体を引きあげます。
今回は草打ちの連続で、まるで草クライミングのようでした。

その上は時折こんな場所もありました。



この頃から雨と風が強くなり、びしょ濡れです。
頂上到着です。・・・テント場発から6時間少々の12時16分到着です。

荷物をザックに詰め込んで、下山開始。
6時間も登って来て頂上に居た時間は、ほんの2~3分でした。
登っている時間が良いのですよね!

ツルネから東稜を下山。


テント場着は14時半でした。
SMさんが差し出した右手を強く握りしめて、ここで握手です。

「そうか~。握手しなかったな!」
バンザイ・・・と心の中でつぶやいて登山終了。

テント撤収時も大粒の雨でしたが、SMさんが作ってくれた温かくて甘~いレモンティは、
雨の中で飲んだためか身も心も温まりました。

テント場から駐車場まで2時間で到着となりました。
旭東稜・・・
思ったより長くて遠かった。・・・我々二人の感想です。















AD
いいね!した人  |  コメント(6)  |  リブログ(0)

登山ガイド 高橋 丈さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。