高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市、28万キロワット)で17日午前10時48分、放射線管理区域内にある放射線管理室の排気モニターの故障を知らせる警報が鳴った。経済産業省原子力安全・保安院によると、モニターに空気を送り込む「ダストサンプリングポンプ」が、「流量異常」のため停止したという。もんじゅの原子炉は機器の調整などのため、16日から停止している。

 排気モニターは、管理区域内の入り口にあるチェックポイントの監視員がいる部屋などから空気を取り込んで放射線を調べる装置で、現在、測定ができない状態という。環境に影響はない。

【関連ニュース】
もんじゅ:再開1週間 トラブル続出
もんじゅ:ナトリウム温度が一時上限値超え 警報が作動
もんじゅ:再開に期待と懸念
もんじゅ:運転再開 火災から14年ぶり
もんじゅ:地元の要望、国が受け入れることで合意 再開へ

普天間未決着でも首相は続投を=民主・細野氏(時事通信)
<電動立ち乗り二輪車>「セグウェイ」で東京湾岸を散歩(毎日新聞)
家康の府中御殿跡か、JR府中本町駅前で発見(読売新聞)
動揺広がる与党=「政権末期」と野党―時事世論調査(時事通信)
肝炎に感染、廃棄用の牛内臓を貯蔵・販売(読売新聞)
AD