民主党の細野豪志副幹事長は16日のフジテレビの番組で、米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題の5月末までの決着を事実上断念した鳩山由紀夫首相の政治責任に関し、「辞めることで決着するなら一つの選択肢かもしれないが、今、当事者がいなくなると影響は大きい。首相に責任を持ってやり抜いてほしい」と述べ、続投を支持する考えを強調した。
 また、「5月末という期限が現実的には難しいとなれば、沖縄の皆さん、国民にしっかり説明する責任が首相にはある」と指摘した。 

【関連ニュース】
【特集】世界の航空母艦~米ニミッツ級から中国の空母建造計画まで~
【特集】沖縄と米国海兵隊~ペリーと黒船でやって来た海兵隊~
【特集】迷走!普天間移設~政府、5月決着を断念~
【特集】米国海兵隊兵器総覧~沖縄に配備されているのは?~
増税なしでデフレ脱却、財政再建は可能~みんなの党・渡辺喜美代表インタビュー~

<皇太子さま>首都圏外郭放水路を視察 埼玉・春日部(毎日新聞)
郵便不正、凛の会元会員に有罪…大阪地裁(読売新聞)
改正金商法が成立(時事通信)
<内閣支持率>続落23%「危険水域」近づく(毎日新聞)
連続講座第8回は「庭園論」テーマに(産経新聞)
AD