大晦日イブの30日は、髪を切ったり、あんなのことしたり
こんなことしたりと大忙しでした。

というわけで、あんなことやこんなことの中味はといいますと――


くまどり

まずは、日本橋の三井本館に投影された神田から日本橋までの江戸の街を
描いた絵巻物「熈代勝覧(きだいしょうらん)」や葛飾北斎らの作品 を堪能し、



Good

その後、東京駅に移動して
東京タワーの照明で有名な石井幹子氏による
「光都東京・LIGHTOPIA」 に行ってきました。

というわけで、きれいな写真が撮れました。


2006年は、新しく始めた趣味を通して、
いろんな人に出会いました。
また、内々では世代交代があったりして、
去るもの(*)、去ったものが引き合わせてくれた再会が
あったりと、変化の多い年でした。
みなさま、私にいろいろな刺激を与えてくれて
どうも、ありがとうございました。

でも、自分が全然変わってないことに気付いて
今、ちょびっつ反省しております。
2007年はちょびっつ自分を変えてみようかと
思ったり思わなかったり。(笑)

そんなわけで、みなさま、
2007年もどうぞよろしくお願いいたします。
我が家は喪中(*)なので、新年の挨拶は
控えさせていただきますが、
どうぞ、よい年をお迎えくださいませ。
AD
最近、近所のお寺で除夜の鐘を鳴らしてくれなくなりました。
とほぉ~くに聞こえる除夜の鐘を聞きながら、
私も鐘をつきたいわと思うのですが、
どこでつくことができるのか見当もつきません。

そんなときに、このサイトが登場しました。

叩けば鳴ります 除夜の鐘

11のお寺の鐘の音色を楽しむことができますヨ。

あれ、でも、「今度はどのお寺の鐘にしようかな~」な~んて
思ったりするのって、それって煩悩なんじゃないの??
AD

年末ですね。

テーマ:

タイミングはずれだけど、

サンタさんの冒険をアップ しました。


というわけで、年末です。

なんだか、いつもより長い休みをもらったので

ちゃんと年末年始の計画をたてようと思います。


年内 美容院ー光都東京 +三井本館 ー映画(「スキャナー・ダークリー」)


年明け ダリ展ー映画(「エラゴン」)


そして、部屋の掃除!!


だれか、私の部屋を掃除してください!!!



AD

イベント目白押し

テーマ:

今、25日まで東京・丸の内の丸ビルで、「ブライトニング オペラ2006」を開催しています。



サンタ物語


丸ビルの壁でサンタの物語 東京・丸の内

 

子供たちへのプレゼントを探し、サンタクロースが冒険にでかけるファンタジー。

30メートル四方の吹き抜けの壁2面に4台の大型プロジェクターで投影する。

 25日までの午後5時半から午後9時半の間に、30分ごとに約7分間上映する。


私は、もう行くチャンスがなくなっちゃったんですけど、

興味のある方、ぜひ行ってみてください。

そして、感想をお願いします!


============



次は、絶対にいかなくちゃ! と思っているイベント。



三井本館


重要文化財「三井本館」に北斎の江戸投影 東京・日本橋

東京・日本橋の国重要文化財「三井本館」の壁に15日夜、浮世絵が映し出された。

神田から日本橋までの江戸の街を描いた絵巻物「熈代勝覧(きだいしょうらん)」や

葛飾北斎らの作品を投影。


約200平方メートルのスクリーンに、日本橋の過去から未来までをテーマにした

約15分のプログラムが一定の間隔で上映される。

 31日まで。



これは絶対行かねば!!


(↑ つまり、これは備忘録なんですけど。 笑)

そういえば、最近「投影」モノが多いですね。

上野博物館でも、国立博物館の本館の壁に収蔵物が

スライド投影 されました。

これからもジャカスカこういうイベントがあると

いいですね!

緊急着陸の理由は…

テーマ:
少し前の記事ですが、

アメリカン航空便、乗客のおならで緊急着陸

米ワシントン発ダラス行きのアメリカン航空便が4日、途中にあるナッシュビルの空港に緊急着陸した。原因は、女性の乗客が飛行中、自分の放屁のにおいを隠そうとしてマッチで火をつけたため。

 ~ 中略 ~

 女性には同じ便への再搭乗は許可されず、アメリカン航空の利用も拒否された。
 ただ同スポークスマンは「悪意があった訳ではなく不測の出来事だったので、彼女は何ら罪には問われません」としている。

とんだ災難ですね~。>でも、どっちが??
なんと事態が沈静化するまで3時間かかったそうです。
やっぱり火気厳禁ですね!

ところで、これでにほいって消えるんですか??

lensbaby

テーマ:

富士フィルムのFinePix F30を使い始めて

(記念写真以外のものを撮るようになって)、

カメラで物を写すってことが楽しいことだと気付きました。


とはいっても、超ド素人なので、カメラの機能に

おんぶにだっこしてもらってるんだけど。

で、お散歩中にキレイなお花を見つけると、この超優秀カメラ君で

パチリと写してみちゃったりするわけですが……


やっぱり、一眼レフがほしいのですよ。


と、一眼レフも買っていないうちから、

「買ったら、このレンズも買いたい」っちゅーレンズを

見つけてしまいました。


lensbaby

(みなさまも、このサイトのギャラリーをチェックしてみてちょーだい)


人様がこのレンズで写した写真に大感動しちゃって。

もー、ステキだし、かわいいのヨ。


あ~、宝くじ、当たらないかな~……。

一眼レフって、本体買っておしまい、じゃないもんね~。

現代音楽は難解?

テーマ:

今日、チェンバロ+パーカッションのコンサートに行ってきました。


前回上野に遊びに行ったとき に、

芸大の売店に置いてあったちらしを見て

このコンサートに興味を持ったのです。

「チェンバロってどんな音がするんだろうね。 聞きに行こうよ!」と。


クリスマス時期なので、チェンバロでクリスマスキャロルちっくな

音楽をたくさんやってくれるんだろうな~と、

友人と私はワクワクしながら会場に入りました。



ああああああああ

チェンバロでクリスマスキャロル…

それは激しく大きな誤解でした……。


曲はすべて、現代作曲家によるもの。

(ほとんどの作曲家の方々が会場にいらしたようです)

チェンバロの音は、電子音のようでした。

いや、多分、違うと思うのですが、そう聞こえました。

気付くと、友人は夢の中…。

そして、私も夢の中……。


コンサートが終わると、友人は一言。

「お能より難解だわ……」


きっと、私たちの心の中には、休憩時間に配られた

プチクロワッサンの思い出だけが残るでしょう。


現代音楽……、

それを理解するには

まだまだ私たちの頭の中味は時代遅れのようです。

カレッタ汐留

雨が降る中、美しい波を見にカレッタ汐留に行ってきました。

ビルの谷間から波
ざっぱぁ~ん

なんでも青色LEDだそーです。
美しかったですよ。

12月25日までの期間限定開催です。
アベックには特にオススメです。

というわけで、ほかにもFlickrに写真をアップしておきました
見てね。

汐留の街には、このほかにも美しいイルミネーションが
満載されてました。ぜひ、行ってみてください。
先日、『紫式部ものがたり』を観てきました。
平安時代、子持ちのキャリアウーマンとして名を馳せた紫式部。
宮仕えしながら『源氏物語』を書き上げた彼女を描いた舞台です。

劇中、いくつかの幕で
『源氏物語』ってのはこんな話~とばかりに
光源氏と女性たちの絵物語が展開されたのですが、
やはりというか、当然というか、
源氏を演じたのは大地真央さん。(笑)

本編で道長を演じている役者さんを差し置いて、
しっとりと公達姿を決める大地真央さんの後ろに
「あぁ~、宝塚~♪」という曲が流れちゃっていたと
感じたのは私だけでしょうか。

とまぁ、そんな話は置いておいて、
今回、初めて神田沙也加さんの芸を観ました。(中宮=帝の奥さん役)

…………スゴい!!!

彼女、今はまだ何をやっても「松田聖子の娘」なんだろうけど、
はっきり言って、これからはお母さんの名声なんていらないです。
正直に言っちゃいますけど、舞台を見慣れない私が
最初から最後までちゃんとセリフを聞き取れたのは彼女だけ。
彼女の舌滑の良さ、声質の良さ、そして
顔の大きさ (←ごめん! でも、重要!)は只者じゃないです!!

ぜひ自信を持って、舞台女優としてまい進してもらいたいです。
あの資質を舞台でいかさないのは惜しい。
下手にTVドラマとか映画は狙わずに、舞台で。
彼女の舞台だったら、また観たいと思いましたよ。
(『紫式部ものがたり』をもう一度観たいか?
 と聞かれると微妙ですけど)

神田沙也加さん以外でスバラしいと思ったのは
酒井美紀さんです。
歌がうまいし、演技に安定感がありました。
だたの清純派女優かと思ってた。ごめんなさい。
彼女も、ほかの舞台で観てみたいと思わせてくれる女優さん。

全然関係ないけど、彼女と山本耕史さんが似てると思うのは
私だけでしょうか??
何故か、「この2人、姉弟?」と思い込んでいました。
そして、何故か酒井美紀さんがお姉さんだと。(笑)