サムライセラピーでこころを最適化する@東京両国 ~Heart Optimization~

心技体のバランスアップを図り気づきと実践で仕事のパフォーマンスをアップする。


 
 

~体験セッションのご予約・ご案内~

■ 
【残席3名】 6月の体験セッションも募集しています。

人はいつからでもどこででも変われます。
変わりたいときがベストなタイミングの時です


★【残席4 名】7月サムライセラピー体験セッション受付中
★★★
※お申込みはこちらから。
★★

※ご案内はこちらから。★★★
 

をクリックしてください。)

■ 心技体バランスアップメール ■


 『役に立ちそうだなぁ~』とご興味ある方や


  お友だちやお知り合いなど周りの方で


  『このメルマガを紹介したら役立ちそうだなぁ~』という方が


  いらっしゃいましたら、是非、ご紹介してあげてください。



心技体が整ってくると



・体の負担も軽くなる。


・こころもラクになる。


・人間関係もラクになります。


【心技体バランスアップメール】登録はこちらから!

 



テーマ:

みなさん、おはようございます。


いつもブログに立ち寄っていただきありがとうございます。



今朝のこころのお天気は如何ですか?







さて、今回は


『自由に行動してはいけない (自分の人生を生きてはいけない)』  


についてお届けします。





自分がしたいことができない。あるいは、自分の生きたい様に生きられない。


これって、辛いですよね?



どんな症状、主訴があるのか?具体的に見てみましょう。



・ したいことができない (なぜなら、「自分の考えやすることに自信がない」

 


 

  「したいことをすると、人に嫌われる、人に嫌な思いをさせる」 等)

 


 

・ したいことが見つからない (なぜなら、したいことをさせてもらったことがないので、

 


 

  「したい」 と言う気持ちを抑圧している)

 


 

・ したいことをすると罪悪感を感じる

 


 

・ 言いたいことが言えないので、人に合わせてしまう・・・①

 


 

・ はっきりと断れない、イヤと言えない・・・②  

 


 

         ① と ② は 「子どもであってはいけない」 も関係してきます

 


 

・ 頭では考えるけれども (計画はするけれども)、実際にはやらない

 


 

・ 考えるばかりで、結論を出せない

 


 

・ やらない言い訳、できない言い訳が多い

 


 

・ 行動しようとすると恐怖を感じる、身体が固くなる、心臓がドキドキする

 


 

・ 優柔不断

 


 

・ 心配性

 


 

・ やる前から 「私はできない」 と思ってしまう

 


 

・ 仕事の着手が遅い

 


 

・ 「これでいいですか?」 と他人に行動の許可を求めたがる

 


 


 


 

 これらのような過剰な症状、主訴があります。



これらはどのような経験をして刷り込まれたのか?



・ 過保護で過干渉な心配性の親に育てられたために、

 


 

  「自分がすることで、正しいこと、安全なことは1つもない」

 


 

  「もう自分で考えるのは面倒だから止めてしまおう」 と思い、

 


 

   支持してくれる人を見つけるようになった

 


 

・ 「ああしろ、こうしろ」 と指示的で支配的な親に育てられた為に自立性を失い、

 


 

  「私は考えてはいけない」 「私が考えると間違う」 と思うようになった

 


 

・ 失敗すると責められた

 


 

・ 上手くできても褒められなかった

 


 

・ いじめや虐待を受けたことがある

 


 

・ 親が恐怖心が強く、行動をしない人だった

 


 

・ 「一度失敗すると取り返しがつかないよ」 と言われて育てられた

 




以上のような経験が考えられます。





私もこの『自由に行動してはいけない』という思い込みが強かったです。




私は会社員当時、


上司や周りの目が気になって人前では言いたいことが言えなかったり、


断ることができませんでした。


また、自分で考えてもなかなか行動に移せませんでした。




見ていくと、


それは、母親の過保護、過干渉であったことや、


『母親が何か危ないと思っている』ことを私がしようとすると


すぐ心配して『〇〇したら、どうするの・・・?』、とか、『危ないからやめなさい!』とか、


もし、何か自分の身にふりかかると、『だから、危ない!って言ったでしょ!』と


よく言われて育ちました。



うっとしいと思いながらも、


こころのどこかでそれは、インプットされていて、


行動しようとしても、


『あんなことが起きたら、こんなことが起きたらどうしよう・・・?』と考えてしまい、


ものすごく慎重になりすぎて却って行動できなかったりということがありました。



当時はそのことに全く気づいていませんでした。



ですが、こうした思い込みがあるということを知り、


セッションで扱い、当時の自分に戻って、親に言いたいことを伝えていくことで、


以前よりもかなり、改善もしていきました。




これは母親は、子どもを守る、大切に育てるという意識からなされたことです。


親の愛情からなされたものです。



ただ、その方法が違っていたということです。




母親も同じように育てられたのだと思います。


こうしたことは代々、受け継がれていきますから・・。



大切なのは、そのことに気づく意識を持つということ。






いや、すでに気づく意識は持っているので、



更に敏感にするという感じでしょうか?




その中にどっぷりとつかるのではなく、客観的に見れる自分もいることが大切です。






ただし、これらはみなさん何らかの形で言われたことはあると思います。


 

これらは程度の問題です。





  また、このような症状、主訴でお悩みの方、心理セラピーで症状の改善、軽減は可能です。



  ただし、心理セラピーは治療ではありませんので、薬を服用の方、病院に行かれてる方は



  医師にご相談ください。




こころの最適化 ~Heart Optimization~




よろしければブログランキングにご協力をお願い致します。



1クリックを! 現在45位です。 応援ありがとうございます。




人気ブログランキングへ





また、ペタ、読者登録も宜しくお願い致します。



ペタしてね       読者登録してね


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)