鉄火のマキ@London イギリス教育事情一番乗り

GCSEとAレベルを勉強中の子供達を応援。ディスレクシア&ADD持ちの無謀なオックスブリッジ受験体験。子供達は巣立ってしまいましたが、引き続きイギリスの教育関連ニュースを中心に取り上げていきます。


テーマ:
 
 2018年秋大学入学の際のタイム・スケジュールをまとめてみました。この年間計画表は現在ASレベルを勉強中の12年生(16~17才)を対象にしています。全体のおおまかな流れを把握し余裕をもって受験準備に取り組んでいきましょう。  
      
     
2017年2月~ UCASの親向けページやビデオを見ておく。
        ・夏学期~夏休みに就業体験のできる場所探し。
        ・学校の進路指導説明会で資料 を集める。
        ・全国で行われる 大学総合コンベンションで資料集め。
        ・夏にあるロンドン大学主催の Taster Course
         医学部サマーコース、Pure Potentialの登録。 
        ・UCAS Extra の情報から志望大学の競争度を把握。

2017年4月~ 各大学のOpen Daysの予約 開始。
         オックスブリッジの寮に一泊 体験 をお勧め。

2017年5月   ASレベル試験本番。

2017年6~7月大学見学 London Taster Courseへ参加。
        ・アドミッション担当者と志望大学と学部を最終決定。
        ・Personal Statement の下書き開始。
        ・学校の先生へReference
で書いてほしい事を確認。
        ・大学面接対策コースへ参加、模擬面接。
        ・面接対策で読んでおくべき学科についての情報集め。
        ・UKCAT試験(医学部)

2017年8月  ASレベルの結果発表。

2017年9月   LNAT試験(法学部)

2017年9月~ 試験の結果、自己推薦文、学校推薦文、必要な資料を
        揃え 5つの志望大学へUCASを通じてネットで出願
 
2017年10月  オックスブリッジと医学部の出願締め切り。

2017年11月  BMAT試験 (医学部) TSA試験 (オックスブリッジ)

2017年12月  オックスブリッジの面接。
        条件付の合否結果 は翌年の1月。

2018年1月   他の大学の申し込み締め切り。

2018年2月末  申し込んだ5つの大学からの結果がほぼ出揃う。
         どこからもオファーが来なかった場合 UCAS Extra
         使い他大学に申し込むことができる。

2018年3月 ・第一志望のFirmと、グレードをやや下げた滑り止めの
        Insurance の2つの大学を決める。
      ・学生ローン申請のため、家庭の収入を証明する書類
         (P60)を用意しておく。
      ・奨学金や補助についての情報を集める。       

2018年4月~・学生ローンの申し込み受付開始。遅れると入金が入
         学時に間に合わないことも。
       ・学生寮の予約。高条件の部屋からなくなる。

2018年5月頭・本命と滑り止めの2大学選択をUCASへ出す最終締め切り。
         これを過ぎると、大学からもらったオファーが自動的に
         取り消されてしまうので要注意!

2018年6月 ・A2レベル試験本番。必要に応じてASレベルの再受験。
       ・STEP試験(ケンブリッジやインペリアルの数学学部のみ)

2018年8月  運命のAレベルの最終結果発表。
         ここで第1、第2志望にグレードが満たなかった場合
        Clearing を利用して空きの出ているコースへ申し込むか
        ギャップイヤーをとって浪人 するか決める事になる。

2018年9月  晴れて大学生。おめでとう!
        フレッシャーズ週間で飲み潰れないでね。






にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
AD
いいね!した人  |  コメント(33)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 英国を代表するインテリジェント機関GCHQが、サイバー技術者養成のサマースクールの募集を開始しました。参加者にはコースが無料どころか宿泊費や毎週£250のおこづかいまで支給されるという厚待遇ぶり。

→ GCHQ 学生応募サイトトップ
→ GCHQ 現役学生・新卒キャリアオプション


GCHQは情報分析・暗号解読を専門とする諜報機関


 応募できるのはハッカーの脅威から国を守るスキルを学びたい18歳以上の英国籍を持つ若者で、最低Aレベル2つC以上の成績と、問題解決の持ち前の才能とテクノロジー技能を持つことが条件とされています。今年の夏、選ばれた70人がチェルトナム、スカーバラ、マンチェスター、テムズ・バレーの各地で現役エキスパートから実演講習を受けます。

「戦争ゲーム」スタイルを使ってスキルを試すなんていうのもあり、引きこもり気味のゲーマー君にも広い現場世界の可能性を知るきっかけにもなるかもしれません。また、外国語分析コースではロシア語・中国語・朝鮮語・中東/西アフリカ言語話者が特別優遇だそう。これらのサマークラスの参加だけでも履歴書に書いて光る実績になるでしょう。

コンピューターのセキュリティー技術者の数は圧倒的に不足しており、今後の安全保障・国家戦略にとって欠かせない人材。これまでいくつものテロを未然に防ぐことに貢献してきたGCHQはこういったコースを開催することで早くに才能を見抜き、10代の間に囲い込んでしまおうということですね。
  
 →英国諜報機関GCHQがディスレクシア人材を大量リクルート


適正があれば学歴や階級にこだわらないGCHQは、ディスレクシアなどの学習障害を持つ学生のリクルートにも積極的。さらに全国の大学にリクルーターを送り出しているのも有名な話で、後のISのテロリスト「ジハーディ・ジョン」もウェストミンスター大学在学中にスカウトされています。(彼はそれを蹴ってシリアに行ってしまったわけですが。)応募締め切りが迫っているのでお早めに! 
AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 前回の記事「GCSEのリーグテーブル」 と同時に、昨年夏受験分のAレベル試験の結果順位も発表されています。イングランドにある全4300あまりの高校の試験のスコアだけでなく、トップ大学合格に必要とされる主要科目でAABを取得した割合のデータが、学校選びの参考になるでしょう.
 
  →イングランド教育省:Aレベルリーグテーブル

GCSEのリーグテーブルが国際版にあたるIGCSEの結果を排除した結果、イートン校をはじめとする私立校がランキングからはじき出されてしまい、現在のGCSEリーグテーブルは意味をなさないものとなってしまいました。中学校選びの際は、GCSEの結果ではなくAレベルの結果で判断しましょう

今年からポイントスコアの集計法が新しくなっています。Aレベルのグレードが以下のように点数に置き換えられ(A*=60, A=50, B=40, C=30, D=20, E =10)科目数で割り、生徒一人の平均のグレードが数字で表されています。ですのでランキング上位の50点以上の学校は生徒ほぼ全員がA*AA以上の成績だということ。全国平均が約30ポイントでこれはグレードでCCCですからトップ校と公立校の差はとてつもなく大きいと言えるでしょう。

もうひとつの「生徒の伸び率」表した、プログレス・スコアーという新評価基準ができましたが、Aレベルのコースは16歳~18歳のたった2年間で科目の専門性も高いため、私はこの評価法を子供の学校選びとして使うことにはお勧めしません。

しかしトップ100は見事に名門私立がズラリと並んでいて圧巻です。90%を私立校が占め、残りは公立といってもグラマー・スクールで、入学には11プラスと呼ばれる10才時の学力選抜試験で競争率10倍以上の難関をくぐりぬける必要があります。 要するに私立に通わせる金のない一般家庭でグラマーが通学区に無い場合、このランキング上位にあるような高校に通わせるのは悲しいかな絶望的だということですね…


 →GCSEリーグテーブル発表、新システム移行で学力の底上がる
 →Aレベルから間に合うイギリス高校留学がおすすめ
 →自国の統一試験よりAレベルを選ぶ中国人受験生たち
 →イギリス大学ランキング 最新版
AD
いいね!した人  |  コメント(26)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。