鉄火のマキ@London イギリス教育情報1番乗り

GCSEとAレベルを勉強中の子供達を応援。ディスレクシア&ADD持ちの無謀なオックスブリッジ受験体験。子供達は巣立ってしまいましたが、引き続きイギリスの教育関連ニュースを中心に取り上げていきます。


テーマ:
 日本で生まれ育った日本人の子供が単身でイギリスの学校への留学を考えた場合、やはり英国の学年の区切りに合わせたものである必要があります。開始のタイミングとして以下の3つの場合が考えられます。

   ・中等教育(Secondary School)の始まるYear 7 (11才)
   ・義務教育終了試験(GCSE)課程の始まるYear10 (14才)
   ・大学入試相当のAレベル課程の始まるYear12 (16才)

 イギリスには伝統的な寄宿舎つきのボーディング・スクールが全国にあり、11歳か13歳のセカンダリー開始年齢に合わせ世界中から留学生がやってきます。通常、外国からやってきた子供はこの位の年齢が最もイギリスの教育システムに馴染みやすいと言えます。ただ、日本語を忘れることはないでしょうが、小学生の知識レベルで止まってしまうため、自立した日本人の考えを持てなくなる可能性があります。

 中国からやってくる留学生の中には、お金がかかる中学からではなく高校(6th Form)からやってくるツワモノが相当数います。息子の公立高校には北京にある家を売却し一人息子ために移住してきた家族がいました。英語力が十分でなかったことから特別に試験時間の延長を認めてもらいLSEに合格、娘のグラマースクールに転校してきた女子はたった2年の英語環境の勉強でケンブリッジへ進学が決まりました。ここまでくる為に周到に計画を練ってきたのだと想像できます。

 これが、インターナショナル・バカロレアですと文系・理系の広範囲に渡り高度な勉強が必要になりますが、Aレベルでは専門科目の3~4科目だけでよく英語でエッセイを書くのが苦手でも2年間集中して勉強できます。ですから、理系に強く目的意識の高い優秀なアジア人ならば高校からの留学でもイギリスのトップ大学へ進学が十分可能なのです。

 この6th Form留学についての記事を書くきっかけになったのは日英ダブル合格を報告してくださったfumiさん、 ビーさん、 Satoさんダニエルさん です。日本人で高校からの留学の情報はとても貴重なもの。後に続こうとされる方の参考になるよう以下の質問事項を答えていただけないでしょうか?もちろんすべての事項にお答えいただかなくても結構です。よろしくお願いします!

  1.TOEICや英検など渡英前の英語力。
  2.渡英前の学校のタイプ。
  3.イギリス留学のきっかけと周囲の反応。
  4.留学先の6thフォームカレッジを選んだ基準。
  5.家での勉強時間や苦労した点。
  6.カレッジで勉強以外に楽しかったこと。 
  7.日本の大学の試験科目や面接・小論文の有無など。   
  8.英国の大学受験成功に必要な資質や条件。
  9.その他、お気づきになったこと何でも。


 →皆さんからお答えいただいた体験談はこちら。
 →中国人受験生は戦略的にIBよりAレベルを選んでいる
 →世界大学ランキングに日本の大学を入れるより日本人をそこに送り込め

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
AD
いいね!した人  |  コメント(84)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 英国のEU離脱を問う国民投票が目の前に迫ってきましたが、離脱支持側の勢いが止まりません。離脱側のキャンペーンは、欧州問題の批判だけをすればいいのですから無責任なもので、「移民を追い出し、毎週350mポンド(525億円)のEU負担金を自分達の福祉や医療に使おう」という都合のいい主張を押し通しているのに過ぎません。

在日イギリス大使館によると、在英の日本の企業数は外資ではドイツに次いで2番目に多い1300社あり14万人を雇用しているそうです。これが投資額になるとドイツを上回る6兆円超だとか。日産や日立は英国にEU向け一大生産拠点を持っていますが、イギリス人の高い人件費を払ってこれにさらに輸出関税がかけられるようになったら安く作れる東欧に工場を移すしかなくなります。


ロンドン・エジンバラ間を結ぶ英国製日立の新幹線。これが欧州で売れなきゃ大誤算。


 日本企業はもれなくイギリスが欧州のシングルマーケットから外れることに反対していますが、工場閉鎖をちらつかせて従業員を動揺させるわけにいかないので中立の立場をとっていたところ、「日本企業に勤める英国人の雇用は安心」とあたかもトヨタが容認したかのように宣伝利用される始末。その後、トヨタは抗議文を出しています。


「外資の労働者が職を失うのはウソ。EU離脱後もトヨタは英国に留まります」


 もうひとつ、エリザベス女王が「EUは間違った方向に進んでいる」と発言したのに対し、ドーンと出た新聞の見出しは「女王もイギリス離脱を支持!」となってしまうのですから…でもこういった曲解したプロパガンダまがいの扇動に普通の人は結構だまされるんですよね…


一番売れてるスポーツ新聞のThe Sunのトップは明解


 さらにスペキュレイションで動く金融の世界は容赦なく影響が出ており、ロンドンの野村証券は欧州株担当の約600人を解雇したとのニュースが伝えられました。イギリスがEU離脱でも残留でも欧州株は荒れ、世界の投資家が目を向けるのはやっぱり安定した日本のようですね。ポンド&ユーロ安でさらなる円高が予想されます。

 →英国のEU離脱を支持するのはどんな層
AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
 
 今後のイギリスと欧州の未来に決定的な影響を及ぼすイギリスのEUからの離脱を問う国民投票がまもなく行われます。世論調査の動向が注目される中、投票日が迫るにつれ離脱支持が残留派をコンスタントに上回るようになりました。ブリテンとエグジットを合わせた造語のブレクジットへの流れに対し、国際社会からは不安と警戒感の声しか聞かれないのに、なぜorどんなタイプのイギリス人が離脱側を引っ張っているのでしょうか?


1.中高齢者&ノスタルジックな愛国者

 まず最初に考えられるのが古き良きイギリスにノスタルジアを感じている中~高齢者層です。今回の選挙は欧州の中での問題なのに、戦後英領植民地から入ってきた有色人種たちの増加に伴って自分達の固有の文化や価値観がじわじわ侵されてきたことによる鬱屈した感情に独立派のナイジェル・フェラージやボリス・ジョンソンが上手くついたディベートをやって支持を得ていることです。イギリスは大きな代償を払って戦争に勝ったのに国力は没落の一方だというのを自分達の責任ではなく他者に負わせたいように見えます。


2.田舎モノ&ロースキル労働者

 誤解を恐れずに言うと、都市部にいる低スキルの外国人労働者はイギリス人がやりたがらない3Kの仕事に就き社会的に容認されてますが、田舎だと外国人は目立つし低辺のイギリス人と移民系が仕事を奪い合うので差別や偏見意識が生まれやすいです。私が住むロンドンは周囲を見渡してもEU残留すべきというのが当たり前の空気なのでそれぞれ事情の異なる地方の感覚を理解するのは難しいところでもあります。


トランプ&ボリスのストリート・アートで若者に投票をよびかける


3.ナイーヴな若者?

 2年前に行われたスコットランド独立を問う国民投票で美しい理想を掲げて独立機運で盛り上がったのは若者達でした。現実を見つめて厳しい選択をするより、時流に乗ったファシリテーターのカッコよさに引っ張られるというのはあまり今回のEU選挙では見られません。若者は投票率がそもそも低く、前ロンドン市長のボリスは人気があるもののこの層を切崩すところまでいくかは微妙です。ナショナルフロント的な極右もマイノリティーでノンポリな若者をひきつけられずにいます。


4.先住移民

 もちろんイギリスに住んでいる欧州系移民はEU残留を望んでいます。ですが彼らより先に戦後すぐ入ってきた黒人やインド系移民層にブレクジット支持がじわじわ増えているというのです。なぜなら彼らはそもそも欧州文化に親しみを感じていないし、低賃金の仕事を東欧移民に奪われる不安をかかえているからです。それに何より東欧人は「白人」なので自分達みたいに人種差別で苦労しない事に嫉妬しているのだそうですよ。


5.ユダヤ人

 こちらは複雑で重い事情をかかえていらっしゃいます。こちらの記事をどうぞ。→テロを恐れた欧州ユダヤ人、EU離脱を求める勢力に

   →勢いを増す英国EU離脱派と、資本を引き上げはじめた日本企業

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。