鉄火のマキ@London イギリス教育情報1番乗り

GCSEとAレベルを勉強中の子供達を応援。ディスレクシア&ADD持ちの無謀なオックスブリッジ受験体験。子供達は巣立ってしまいましたが、引き続きイギリスの教育関連ニュースを中心に取り上げていきます。


テーマ:
 
 英国のEU離脱が決まってから嵐のように政界が一変し、メイ新首相によるフレッシュな内閣人事が発表されました。キャメロン前首相が上流&貴族の子女達が集まる名門イートン校からオックスフォードに進学したのに対し、メイ首相は公立のグラマースクール出身でオックスフォードに進学した叩き上げであることもあってか、彼女が組閣した大臣達の出身校が公立出身者で固められていることが注目されています。

 →Theresa May’s Cabinet(全閣僚の出身高校・大学名あり)
 

内閣の公立出身者が54%から78%に上昇


 そういえば故サッチャー首相もグラマースクール出身でした。サッチャーが首相になった当時、メイは高校生で自分が英国初の女性首相になれなかったことを悔しがっており、少女の頃から一貫して政治家への強い大志を持ち続けていたと伝えられています。

今回の人事で女性の登用が増えたのかと思いきや女性閣僚は1人増えたのみで、一方で8割の新閣僚が公立出身者で占められるというのは戦後はじめてのこと。イギリス全体で私立高校に通う生徒の割合はたったの7%程度であることもあり、保守党内の裕福な特権階級の私立出身者が大きく減ったのは、単なる偶然なのか学閥はずしなのか(イートン校出身はボリスたった一人に…)分かりませんが、実務経験豊富のメイ首相のことですから実力主義を貫いたのでしょう。

これまで強硬路線だった教育相には公立出身でレズビアンで知られるのグリーニングをあててリベラルな教職員組合との調整を狙うところや、キャメロン~オズボーン前財相の親中国派をごっそり追いやったり、さらに何をしでかすかわからない風雲児ボリスをあえて外相にしてEUを煙に巻き交渉を遅らせ有利な貿易条件に持ち込もうとするなどその人選は鮮やか。ひょっとしてEU離脱ショックから思ったより早く立ち直れるんじゃないかという希望を感じさせてくれました。


にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
 
 今から半年前、トルコの浜辺に打ち上げられた小さな移民の男の子の遺体のニュースがありました。これがイギリスでも連日報道されて、それまで難民の受け入れに否定的だった世論が一変。キャメロン首相も小さな子を持つ親として心の痛みを共有する声明を出し賞賛を受けました。ここで声を上げた同じ一般的国民層が半年後のEU国民投票で「移民を締め出せ」という側にまわってしまうのですから、なんとも皮肉です。

私のロンドンでの同僚達もそんないたって普通の常識的なイギリス人。離脱支持でも無知なレイシストじゃないし社会的な責任をちゃんと果たしている。私はイギリス離脱の結果を知った瞬間は血が凍る思いをしましたが「驚き」ではなかったんです。今開催中のサッカーのEURO選手権では、上司が特別に仕事中にビールとピザを取ってくれて皆でテレビ観戦を楽しみました。今回イングランドやウェールズ、アイルランドが勝ち抜けたので、その勢いがナショナリズムと結びついて自分たちの実力を過大評価するような行動に出てしまった部分もあったのかなと思ってます。

事前の世論調査もずっと拮抗していましたからブレクジットは想定外ではなかっただろうに、世界の金融や経済界エリート達の慌てふためきようといったらなかったですね。まずは為替の影響が物価に現れ、そのドミノ倒しのような混乱がもっと深刻なリアリティーになって市民生活に襲い掛かってくるのは考えたくありませんが時間の問題なのでしょうね。


今日の新聞一面「離脱の青信号はついたけど国会には誰もいない」

 今一番差し迫った危機は政治家の責任回避。確かにイギリスは「自国のことは自国で決める」ことができるようになりましたが、キャメロン首相はさっさと辞意を表明。もともと残留派が主流の労働党ももうやっていられないと「1時間に一人が辞める」ような非常事態で、肝心な政治家達がその重大な危険を伴う責務から逃げ始めているのです…

 離脱派を牽引したボリス・ジョンソンも投票前のかつての輝きが消え失せ、行く所ごとに市民からブーイングが浴びせられてる始末。そもそも彼は最初から英国独立を信奉していた訳ではなく、保守党内の主流派を弱体化させてトップの座を狙っていただけ。ボリスはすぐに重責を負う覚悟も筋道も持っていないのがバラされています。このまま離脱の話し合いをずるずると遅らせ時間稼ぎをしようとするイギリスに対しそうはさせまいとするEU本部との攻防が始まりそう…どこかで妥協してノルウェー方式のように「建前上EUに入らず個別の分野でお金を払ってEU市場に入らせてもらう」ような、混乱を生んだだけで代わり映えのしない結末になりそうな気がしています。
AD
いいね!した人  |  コメント(2)

テーマ:
 日本で生まれ育った日本人の子供が単身でイギリスの学校への留学を考えた場合、やはり英国の学年の区切りに合わせたものである必要があります。開始のタイミングとして以下の3つの場合が考えられます。

   ・中等教育(Secondary School)の始まるYear 7 (11才)
   ・義務教育終了試験(GCSE)課程の始まるYear10 (14才)
   ・大学入試相当のAレベル課程の始まるYear12 (16才)

 イギリスには伝統的な寄宿舎つきのボーディング・スクールが全国にあり、11歳か13歳のセカンダリー開始年齢に合わせ世界中から留学生がやってきます。通常、外国からやってきた子供はこの位の年齢が最もイギリスの教育システムに馴染みやすいと言えます。ただ、日本語を忘れることはないでしょうが、小学生の知識レベルで止まってしまうため、自立した日本人の考えを持てなくなる可能性があります。

 中国からやってくる留学生の中には、お金がかかる中学からではなく高校(6th Form)からやってくるツワモノが相当数います。息子の公立高校には北京にある家を売却し一人息子ために移住してきた家族がいました。英語力が十分でなかったことから特別に試験時間の延長を認めてもらいLSEに合格、娘のグラマースクールに転校してきた女子はたった2年の英語環境の勉強でケンブリッジへ進学が決まりました。ここまでくる為に周到に計画を練ってきたのだと想像できます。

 これが、インターナショナル・バカロレアですと文系・理系の広範囲に渡り高度な勉強が必要になりますが、Aレベルでは専門科目の3~4科目だけでよく英語でエッセイを書くのが苦手でも2年間集中して勉強できます。ですから、理系に強く目的意識の高い優秀なアジア人ならば高校からの留学でもイギリスのトップ大学へ進学が十分可能なのです。

 この6th Form留学についての記事を書くきっかけになったのは日英ダブル合格を報告してくださったfumiさん、 ビーさん、 Satoさんダニエルさん です。日本人で高校からの留学の情報はとても貴重なもの。後に続こうとされる方の参考になるよう以下の質問事項を答えていただけないでしょうか?もちろんすべての事項にお答えいただかなくても結構です。よろしくお願いします!

  1.TOEICや英検など渡英前の英語力。
  2.渡英前の学校のタイプ。
  3.イギリス留学のきっかけと周囲の反応。
  4.留学先の6thフォームカレッジを選んだ基準。
  5.家での勉強時間や苦労した点。
  6.カレッジで勉強以外に楽しかったこと。 
  7.日本の大学の試験科目や面接・小論文の有無など。   
  8.英国の大学受験成功に必要な資質や条件。
  9.その他、お気づきになったこと何でも。


 →皆さんからお答えいただいた体験談はこちら。
 →中国人受験生は戦略的にIBよりAレベルを選んでいる
 →世界大学ランキングに日本の大学を入れるより日本人をそこに送り込め

にほんブログ村 受験ブログ 大学受験(本人・親)へ
AD
いいね!した人  |  コメント(91)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。