2015-03-29 23:01:12

共感飲み会

テーマ:日々のできごと

【実家にて】

3月29日は、
千葉工業大のH先生ご夫妻が来富され、
夜は一緒にお食事。

富山市内ではエンジン01真っ最中ということで、
まちなかのお店を避けて、ゆったりと。

カメラを持って行ったのに、
SDカードがないというありがちなミスを犯し、
記録は一切残っていませんが、
楽しくおいしいひとときでした。

Hご夫妻は、北陸新幹線のグランクラスでいらしたそうで、
2時間あまりの乗車時間、
(とくにご主人は)飲み続けだったそう。

2時間の飲み放題だと思えば、
あの金額もうなづけるという話もありました。

専門分野もなにもかも違いますが、
何か通じると感じるのは、

“ひとつのことをいろんな角度からみて楽しむ癖”みたいなものが
共通だからかもしれません。

反骨精神がベースなのかもしれないけど、
「いい!」と言われるとペシミスティックに、
「だめ!」と言われるとオプティミスティックに、
捉えたくなるみたいです。

普通はAといわれてるけど、
実は私はBだと捉える。なぜなら…。

…この“なぜなら”以降こそが、
話の面白いところなわけで。

よく考えたり悩んだりしている人と話すのが面白いのは、
結果そのものよりもその思考プロセス自体が
面白いからなんですよね。

そしてそのプロセスは、
見せていい人といけない人がいる…と思うのです。

共感してほしい人には見せ、
感動してほしい人には見せないもの。


刺激よりも共感がほしい日もありますわね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

勝手に☆とやまの定住コンシェルジュ(明石あおい)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

最近の画像つき記事
 もっと見る >>

コメント

[コメントをする]

コメント投稿







Worldly Design
富山の女子が綴る”itona”
カフェ uchikawa 六角堂
富山県定住交流促進サイト
首都圏若者ネットワーク